Menu
Close

クラウドストレージ比較16選!比較表で機能や料金を徹底比較

目次

この記事では、クラウドストレージについて詳しく解説します。クラウドストレージの基本的な概念から導入目的、主な機能、選び方、導入手順、注意点、そして未来の展望まで、読者のニーズを満たす内容となっています。データの保存と共有、自動バックアップ、セキュリティとアクセス制御など、クラウドストレージの利点をロジカルに紹介します。ビジネスにおいてクラウドストレージの重要性が高まる中、適切な選定とセキュリティ対策の重要性を理解して、効率的な活用を目指しましょう。

クラウドストレージの基本とは

クラウドストレージの概要

クラウドストレージとは、インターネットを通じてデータを保存・管理できるサービスのことです。自社のサーバーにデータを保存する代わりに、信頼性の高いクラウドプロバイダーのサーバーにデータを保管します。これにより、データにアクセスできる場所や時間が制限されず、柔軟な作業環境が実現できます。

クラウドストレージの仕組み

クラウドストレージは複数のサーバーにデータを分散保存することで冗長性を確保し、高い信頼性を実現しています。データは暗号化され、セキュリティ対策が施されているため、機密性も確保されます。利用者は専用のアカウントを作成し、Webブラウザや専用アプリを通じてデータにアクセスできます。

クラウドストレージの利用例

クラウドストレージはビジネスに幅広く活用されています。プロジェクトメンバーは同じファイルにリアルタイムでアクセスし、文書の共同編集やタスクの進捗管理をスムーズに行えます。また、営業担当者はクラウド上にプレゼン資料を保存し、いつでもどこからでも顧客への提案が可能です。

クラウドストレージの導入目的

ビジネスにおけるクラウドストレージの重要性

クラウドストレージの導入は、ビジネスの効率性向上や情報共有の円滑化を目指す重要な一環となります。データの集中管理により情報漏洩のリスクを低減し、データの可用性を向上させることができます。

クラウドストレージ導入のメリット

クラウドストレージ導入により、従来のデータ保存方法に比べてコスト削減が可能となります。また、容量の拡張やバックアップの自動化により、業務の効率向上が期待できます。さらに、地理的な制約を超えてリモートワークが円滑に行える点も大きな利点です。

クラウドストレージ導入のデメリット

クラウドストレージはインターネットに接続された環境が前提となるため、ネットワークの安定性が重要です。また、セキュリティ面での懸念もあるため、信頼性の高いプロバイダーの選定と適切なセキュリティ対策が必要です。

クラウドストレージの主な機能

データの保存と共有

クラウドストレージでは、重要な文書やファイルを安全に保存できます。複数のメンバーが同じファイルにアクセスし、リアルタイムで共同編集が行えるため、チーム内のコラボレーションがスムーズに進みます。また、特定の相手とのみファイルを共有することで、セキュリティを確保しながら効果的な情報共有が可能です。

自動バックアップ機能

クラウドストレージは自動バックアップ機能を備えているため、データの損失を防ぐことができます。ローカルのデバイスに障害が発生した場合でも、クラウド上に保存されたデータは安全に保護されています。大切なデータの消失リスクを最小限に抑えることができます。

セキュリティとアクセス制御

クラウドストレージは高度なセキュリティ対策を備えており、データの漏洩や不正アクセスを防ぐことができます。通常は暗号化技術を使用してデータが保護されており、ユーザーによるアクセス権限の設定や監視も可能です。組織の機密情報を厳重に保護するために、適切なアクセス制御を行いましょう。

バージョン管理と同期機能

クラウドストレージではファイルのバージョン管理が簡単に行えます。ファイルが更新されるたびに新しいバージョンが作成され、過去のバージョンも保持されます。誤って編集した場合でも、以前の状態に戻すことができます。また、複数のデバイスで同じデータを同期させることで、常に最新の情報にアクセスできる便利な機能です。

クラウドストレージの選び方

ビジネスニーズに合ったクラウドストレージの選択

まずは自社のビジネスニーズを把握し、クラウドストレージの提供する機能と要件が一致するかを確認しましょう。データの量やセキュリティレベル、コラボレーションの必要性など、具体的な要件に基づいて選択することが大切です。

サービス提供元の評価基準

信頼性のあるサービス提供元を選ぶことが重要です。過去の実績や評判、セキュリティ対策などを調査し、信頼性の高いプロバイダーを選ぶようにしましょう。また、カスタマーサポートの充実度も評価基準として考慮しましょう。

料金プランと容量の比較

料金プランと容量はクラウドストレージを選ぶ上で重要な要素です。使用するデータ量に応じた適切な容量を選択し、コストを最適化しましょう。料金プランの詳細や追加オプションにも注意して比較し、最適なプランを選択します。

セキュリティとプライバシーの考慮

セキュリティ対策やプライバシーポリシーはクラウドストレージ選びにおいて重要な要素です。データの暗号化や二要素認証の提供、データの所在地などを確認し、個人情報の保護や企業秘密の漏洩を防止するための対策を確認しましょう。

クラウドストレージの導入手順

クラウドストレージの登録とアカウント設定

選定したクラウドストレージプロバイダーの公式ウェブサイトにアクセスし、新規アカウントを作成します。必要な情報を入力し、確認メールを受け取ったらアカウントを有効化します。その後、アカウントのセキュリティ設定を確認・調整しましょう。

データのアップロードと整理

クラウドストレージにデータをアップロードします。フォルダーを作成してデータを整理し、必要なファイルを適切なフォルダーに格納します。ファイルやフォルダーにわかりやすい名前を付け、効率的なデータ管理を心掛けましょう。

共有設定とチームメンバーの招待

共有したいファイルやフォルダーを選択し、アクセス権限を設定します。必要なメンバーに対して共有リンクを発行したり、メールによる招待を行ったりします。アクセス権限を適切に設定して、情報漏洩のリスクを最小限に抑えましょう。

クラウドストレージの連携と活用

クラウドストレージをデバイスやアプリケーションと連携させることで、より便利に活用できます。スマートフォンやタブレットに専用アプリをインストールし、クラウド上のデータにアクセスしたり、ファイルのアップロード・ダウンロードを行ったりすることが可能です。

クラウドストレージの注意点

セキュリティリスクと対策

クラウドストレージを利用する際は、セキュリティリスクを理解し、適切な対策を講じることが重要です。パスワードの定期的な変更や強固なパスワードの使用、不審なメールのリンクをクリックしないなどのセキュリティ対策を徹底しましょう。

データの損失予防とリカバリー

クラウドストレージ上のデータもローカルのデータ同様に損失のリスクがあります。重要なデータは定期的にバックアップを取得し、クラウドストレージ内でも冗長性を持たせることでデータの損失を予防しましょう。万が一の際には、事前にリカバリー手順を確認しておくことが重要です。

利用規約と法的な注意事項

クラウドストレージの利用規約や契約内容をよく理解し、法的な注意事項を把握しておくことが大切です。特に、データの所有権やサービス提供者の責任範囲などを確認し、自社の情報管理ポリシーに適合しているかを確認しましょう。

クラウドストレージの更新と監視

クラウドストレージのセキュリティアップデートや新機能のリリースを定期的に確認し、最新のバージョンを利用するよう心掛けましょう。また、アクセスログやアクティビティを監視し、不正アクセスの疑いがある場合には早急な対応を行い、情報漏洩やセキュリティ侵害を未然に防ぎましょう。

「オンラインストレージ」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • アカウントロック
    • 多言語対応
    • Salesforce連携
    • 二段階認証
    • Microsoft Teams連携
    • ファイル暗号化
    • Googleドライブ連携
    • 世代管理
    • チャットツール連携
    • 脅威検知
    • 分析機能
    • 自動ダウンロード
    • モバイルアプリあり
    • スマートアクセス制御
    • データ保持機能
    • コンプライアンス機能
    • 独自サブドメイン
    • 削除データ復活
    • オフライン利用可
    • 自動バックアップ
    • 操作ログ確認
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
Premium 500 GB(個人用プラン) 199USD
備考
一括払い
Premium 500 GB(個人用プラン) 49.99USD
備考
年間サブスクリプション
Premium Plus 2 TB(個人用プラン) 399USD
備考
一括払い
Premium Plus 2 TB(個人用プラン) 99.99USD
備考
年間サブスクリプション
Customプラン 10 TB(個人用プラン) 1190USD
備考
一括払い
2 TB pCloud for Family(Family用プラン) 595USD
備考
一括払い
10 TB pCloud for Family(Family用プラン) 1499USD
備考
一括払い
Businessプラン 7.99USD
備考
年間サブスクリプション
Business Proプラン 15.98USD
備考
年間サブスクリプション
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
20GB 0円
300GB 880円/月額
3TB 1,320円/月額
10TB 4,400円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 30,000円
1GB 12,000円/月額
10GB 69,800円/月額
100GB 180,000円/月額
200GB以上 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
Pro Lite 718円/月額
Pro I 1,438円/月額
Pro II 2,878円/月額
Pro III 4,317円/月額
ビジネス 2,159円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 プラン1 110,000円
初期費用 プラン3 0円
初期費用 プラン5 55,000円
プラン1 98,780円/月額
プラン3 999,350円/年額
プラン5 54,780円/月額
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
スタート 2,750円/月額
備考
5IDで100GBのプランです。
スタンダード 6,600円/月額
備考
10IDで1TBのプランです。
アドバンスト 23,100円/月額
備考
30IDで3TBのプランです。
プロフェッショナル 39,600円/月額
備考
50IDで5TBのプランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Team 500円/月額
備考
1ユーザーあたりの料金で、最低10ユーザーから利用可能です。ストレージ容量は10GB×契約ユーザー数。
Business 1,500円/月額
備考
1ユーザーあたりの料金で、最低10ユーザーから利用可能です。ストレージ容量は200GB×契約ユーザー数。
Enterprise 4,000円/月額
備考
1ユーザーあたりの料金で、最低10ユーザーから利用可能です。ストレージ容量は無制限。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
50GB 3,000円/月額
備考
ユーザー数10です。
100GB 5,000円/月額
備考
ユーザー数50です。
1TB 50,000円/月額
備考
ユーザー数1,000です。端末認証機能は有償で追加可能です(20,000円/月額)。ご契約後の端末認証機能追加はできませんので、ご注意ください。
セキュア版 10,000円/月額
備考
ユーザー数200で、ディスク容量は200GBです。端末認証機能は標準提供。
最低利用期間の制限はありません
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
スタンダード 30,000円/月額
備考
500GBのストレージ容量です。
ユーザー数無制限、定額制サービスです。
アドバンスド 50,000円/月額
備考
1TBのストレージ容量です。
ユーザー数無制限、定額制サービスです。
ビジネス 90,000円/月額
備考
3TBのストレージ容量です。
ユーザー数無制限、定額制サービスです。
プレミアム 180,000円/月額
備考
10TBのストレージ容量です。
ユーザー数無制限、定額制サービスです。
エンタープライズ 300,000円/月額
備考
30TBのストレージ容量と、基幹システムとの連携による業務効率化と情報漏洩防止。
ユーザー数無制限、定額制サービスです。
1年間
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 55,000円~
5GBプラン 27,500円/月額
2TBプラン 280,500円/月額
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
スターター 7,600円/月額
備考
容量200GBです。
プロフェッショナル 19,800円/月額
備考
1TBです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 ライトプラン15,000円、ビジネスプラン35,000円
フリープラン 0円
備考
ユーザ数3、5GBまでです。
ライトプラン 15,000円/月額
備考
ユーザ数無制限、100GBまでです。
ビジネスプラン 35,000円
備考
ユーザ数無制限、500GBまでです。
別途お見積り  
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 20,000円(税込22,000円)
1GByte 16,500円(税込)/月額
備考
ID:1,000、ディスク容量:1GBです。
2GByte 28,600円(税込)/月額
備考
ID:2,000、ディスク容量:2GBです。
10GByte 71,500円(税込)/月額
備考
ID:10,000、ディスク容量:10GBです。
100GByte 104,500円(税込)/月額
備考
ID:10,000、ディスク容量:100GBです。
500GByte 165,000円(税込)/月額
備考
ID:10,000、ディスク容量:500GBです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Fileforcefor テレワーク 要お問い合わせ
備考
在国内宅勤務やファイル共有など、これからのテレワーク体制の構築に最適なシンプルプランです。
FileforceCorporate 要お問い合わせ
備考
Fileforceの標準プラン。社内ファイルサーバのクラウド化など、企業規模でのご利用に最適です。
FileforceIntegration 要お問い合わせ
備考
Corporateプランに更に高度なファイル共有機能や権限設定の機能が加わった最上位のプランです。
FileforceExclusive 要お問い合わせ
備考
シングルテナント環境で実業務に即した貴社専用サービスをご提供します。
FileforceBYOS 要お問い合わせ
備考
貴社ストレージと連携、BringYourOwnStorageプラン。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要お問い合わせ
備考
Businessプラン
Businessプラン 要お問い合わせ
Business Plusプラン 要お問い合わせ
Enterpriseプラン 要お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

クラウドストレージのおすすめ16選を紹介

オンラインストレージ

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • ファイル管理・共有
  • 無制限の機能
  • セキュリティ
  • いつでもどこでもアクセス
  • サポート

文書管理システムファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 誰もが使いやすいインターフェイスで業務効率を向上
  • 管理者の手間を省く、現実的で豊富な管理機能が魅力
  • モバイル活用もできるので、社外からの業務も行いやすい

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 法人向けサービスは業務における大容量ファイル送信が可能
  • 送受信機能を利用し、ファイルのやり取りをする相手が都度異なる場合に対処
  • 共有機能により、企業間での継続的なファイル共有が楽
  • 転送ファイルのウイルスチェック、アクセスログ管理で万全なセキュリティ対策

文書管理システムファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 機械学習とポリシー設定によるコンテンツの保護
  • 共同作業を効率的に行い、ワークフロー作成を迅速に作成可能
  • 電子サインの搭載とアプリの統合機能により業務を円滑に

オンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • いつでも、どこでも、好きな端末で使えます
  • 容量を気にせずすべてをバックアップできます
  • お客様の大切なデータを守るために厳格な選定基準に合った国内データセンター

オンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 誤送信が発生しても無効にできる安全なファイル送付
  • 高度なセキュリティ環境、ユーザごとに制限が可能
  • きめ細やかな管理者機能とセキュリティポリシー

オンラインストレージ

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • オンプレミス専用のサーバーでの利用が可能
  • 大量ユーザ、大規模環境にも耐えられる性能で、オンラインファイル編集も利用可能
  • 専用モバイルアプリが、無料で利用可能です

オンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • ユーザー制御のエンドツーエンド暗号化を用いて設計
  • あなたのビジネス用の安全なソリューション
  • 要素認証と回復キーをエクスポートをご提供

オンラインストレージ

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • firestorage安心・安全への取り組み
  • 「firestorage法人プラン」と「firestorage」との違い
  • 法人向けオンラインストレージの中でfirestorage が選ばれる理由
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 使い慣れた端末と画面で操作ができて、機能性も高い
  • 端末や場所によって、好みで選べる2種類の使い方
  • 社内外ともにスムーズなファイル共有が可能

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • クラウドサービスが初めての方にも使いやすいシンプルな設計
  • 充実したセキュリティ機能で大切な情報を保護
  • 名刺をスキャンして、どこでも情報を参照できる

オンラインストレージ

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 高いセキュリティによりさまざまな不正アクセスから大切なデータを守る
  • 利便性の高いクラウドストレージの設計がされている
  • 管理者機能やAPIの実装により開発をサポート
  • ユーザー数無制限で5プランから容量別に選択可能

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 高い信頼性を持つファイル共有サービスなので安心して使用できる
  • 徹底した対策により高い安心と安全性を獲得
  • ユーザーの視点に立ったサービス展開と高い機能性

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 慣れ親しんだデザインでローカルのような使い心地
  • 端末上のアプリで直接ファイルやフォルダを開ける
  • 従来のストレージサービスには無い操作感の実現

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • きめ細やかなアクセス権限を設定し運用可能
  • ユーザーとデータを一元管理し、インシデントの原因究明が可能
  • 信頼のおけるアマゾンウェブサービスのデータセンターを利用

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 新バージョンと旧バージョンが選べる、使い勝手に優れたストレージシステム
  • EFFICIENCY MANAGEMENT 極めて高い水準の安全性と運用性
  • 社内組織、チーム内でのスムーズなファイル共有
  • 通信経路および保管データの全てを強力に暗号化

クラウドストレージの今後の展望

クラウドストレージの技術進化と可能性

クラウドストレージの技術は着実に進化しており、より高速で大容量のデータの取り扱いが可能になっています。さらなるデータの高速化やAI技術との連携など、未来の可能性が広がっています。

ビジネスにおけるクラウドストレージの役割

クラウドストレージはビジネスにおいて不可欠なツールとなっており、効率性の向上やリモートワークの普及などに大きく貢献しています。今後もビジネスの中核を担う重要な役割を果たすと予想されます。

クラウドストレージの未来の課題と解決策

クラウドストレージの普及により、データの増加やセキュリティ上のリスクが課題として浮上しています。データ管理の最適化やより高度なセキュリティ対策が求められる中、技術の進化と適切なリスク管理が解決策となるでしょう。

まとめ

この記事では、クラウドストレージの基本的な概念から導入目的、主な機能、選び方、導入手順、注意点、そして今後の展望に至るまで、詳細に解説しました。クラウドストレージはデータの保存と共有、自動バックアップ、セキュリティとアクセス制御、バージョン管理と同期機能など多岐にわたる利点があります。

ビジネスニーズに応じたクラウドストレージの選定とデータのアップロード・共有においては、注意が必要です。セキュリティリスクを最小限に抑え、リカバリー対策を整えることが重要です。そして、クラウドストレージの技術進化と未来の課題についても意識しておくことで、ビジネスの成長と効率化に寄与できるでしょう。クラウドストレージの利用は今後ますます拡大すると予想されます。ビジネスの発展を支える頼りになるツールとして、クラウドストレージを活用していきましょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1493件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる