Menu
Close

無制限で使えるオンラインストレージ5選を紹介|比較表で機能や料金プランを比較

目次

この記事では、オンラインストレージの導入目的や主な機能、メリット・デメリット、選び方、導入手順、注意点をわかりやすく解説します。ファイル管理の効率化やチームとの共同作業のスムーズ化を実現し、重要なデータを安全に保護する方法について詳しくご紹介します。オンラインストレージの利用で、ビジネスの効率向上とリスク軽減に一歩踏み出しましょう。

オンラインストレージの導入目的

ビジネスパーソンがオンラインストレージを利用するメリット

オンラインストレージは、仕事におけるファイル管理を効率化し、チームとの共同作業をスムーズにする優れたツールです。文書、プレゼンテーション、スプレッドシートなどのファイルをクラウド上に保存し、どこからでもアクセスできる利便性は言うまでもありません。

加えて、ファイルの自動バックアップや共有リンクの発行により、大切なデータを守りつつ、他のメンバーとのコラボレーションを促進できます。

また、オンラインストレージは容量を気にせずにファイルを保存できるため、デバイスのストレージ不足の心配もなくなります。

ファイル管理や共有における課題と解決策

従来のファイル管理では、メールの添付ファイルやUSBドライブでの共有が一般的でしたが、これらではバージョン管理が煩雑になったり、ファイルの損失リスクが高まることがあります。

しかし、オンラインストレージを活用することで、リアルタイムでのファイル編集や履歴管理が容易になり、チーム全体での作業の進捗状況も把握できます。また、共有リンクを活用すれば、相手がアカウントを持っていなくてもファイルを安全に共有できます。

他のストレージとの比較

オンラインストレージは他のストレージ方法と比較して、手軽さと柔軟性に優れています。外付けハードディスクやローカルストレージでは、データの取り出しや共有に制約がありますが、オンラインストレージはインターネットに接続していればいつでもどこからでも利用できます。

また、クラウドベースのセキュリティ対策も進化しており、個人デバイスよりもデータの安全性を高めることが可能です。

主なオンラインストレージの機能

ファイルのアップロード・ダウンロード機能

オンラインストレージでは、シンプルなドラッグ&ドロップ操作でファイルをアップロードできます。同様に、必要なファイルをダウンロードする際も簡単なクリックだけで行えます。大容量ファイルの送受信も手軽に行えるため、効率的なコミュニケーションが実現します。

ファイル共有や協力機能

オンラインストレージでは、共有リンクや共有フォルダを通じて他のユーザーとファイルを共有できます。共有リンクを発行すれば、パートナーやクライアントとも簡単にファイルを共有できるため、プロジェクトの進行や意見交換がスムーズに行えます。

また、同一ファイルへの複数人の同時編集も可能で、リアルタイムでのコラボレーションが可能です。コメント機能を使用して、意見やフィードバックを共有し合うことで、チームのコミュニケーションが強化されます。

セキュリティ機能とプライバシー保護

オンラインストレージでは、ファイルのセキュリティが重視されており、暗号化技術によるデータの保護が行われています。また、二段階認証やアクセス権限の設定など、セキュリティレベルを自由にカスタマイズできます。

個別のファイルやフォルダに対してアクセス権を設定することで、機密情報を厳重に管理し、不正なアクセスから守ります。さらに、定期的なデータバックアップにより、データの損失を防止します。

オフラインアクセスのサポート

オンラインストレージは、一時的にインターネット接続が途切れた場合でも、特定のファイルやフォルダを事前にダウンロードしておくことでオフラインでのアクセスを可能にします。

ビジネス旅行や移動中など、インターネット環境が不安定な場面でも、重要なデータにアクセスできるため、業務の効率化に貢献します。

バージョン管理機能

オンラインストレージでは、ファイルのバージョン管理機能が備わっています。ファイルを編集するたびに自動的にバージョンが作成され、過去のバージョンに簡単に戻ることができます。

これにより、誤って変更を加えてしまった際や、過去のデータとの比較が必要な際に便利に利用できます。大切なデータの整合性を保ちつつ、スムーズな作業をサポートします。

オンラインストレージのメリット・デメリット

メリット:利便性、柔軟性、拡張性

オンラインストレージは、利用にあたって特定の場所やデバイスに依存せず、インターネット環境があればどこからでもアクセスできる利便性があります。さらに、複数のデバイスで同期が行われるため、自宅やオフィス、モバイル端末などで連続した作業が可能です。また、必要に応じて容量を拡張することも簡単にできます。

メリット:データの保護、バックアップの自動化

オンラインストレージは、データをサーバーに保管するため、ハードディスクの故障や紛失などによるデータ損失のリスクを軽減します。さらに、一部のサービスではデータの暗号化が行われるため、セキュリティレベルも高められます。また、ファイルのバージョン管理や自動バックアップにより、大切なデータの保護を確実に行うことができます。

デメリット:セキュリティリスクとその対策

オンラインストレージはインターネットを介してデータをやり取りするため、セキュリティリスクがつきものです。不正アクセスやデータ漏洩のリスクにさらされる可能性がありますが、強力なパスワードの設定や二段階認証の利用、定期的なパスワードの変更など、セキュリティ対策を徹底することでこれらのリスクを軽減できます。

デメリット:データ依存と制限事項

オンラインストレージを利用するにはインターネット接続が必要となるため、ネットワークの不調や接続不能の際にはデータにアクセスできません。また、一部のサービスではファイルの最大容量やアップロード制限がある場合があります。これらの制約に対して適切な対策を考えておく必要があります。

オンラインストレージの選び方

ストレージ容量の考え方と必要量の見積もり

オンラインストレージの容量はサービスによって異なります。まずは自社のファイル容量や成長の見込みを把握し、必要な容量を選ぶことが重要です。将来的な拡張も考慮し、十分なストレージ容量を確保しましょう。

サービスの信頼性とカスタマーサポート

信頼性のあるサービスを選ぶことはデータの安全性にとって重要です。過去の実績やユーザーレビューをチェックし、安定した運用が行われているか確認しましょう。また、問題が発生した際に迅速に対応してくれるカスタマーサポートがあるかも確認しておきます。

インターフェースと操作性の評価

ストレージのインターフェースや操作性は、日々の作業に大きな影響を与えます。使いやすく直感的なUIを備えているか、データの整理や共有がスムーズに行えるかを確認して選びましょう。

データのセキュリティとプライバシー対策の確認

重要なデータをオンラインストレージに預けるため、セキュリティ対策がしっかりとされているかを確認します。SSL暗号化やデータの分離保管、セキュリティ証明書の取得など、セキュリティに関する情報をチェックしましょう。

料金プランとコスト比較

料金プランはサービスによって様々です。利用頻度や必要な機能に応じて適切なプランを選び、コストを抑えることを考慮します。無料プランの利用条件や有料プランの詳細を比較検討し、適切な選択を行いましょう。

オンラインストレージの導入手順

サインアップとアカウントの設定

  1. 選んだオンラインストレージサービスの公式ウェブサイトにアクセスします。
  2. 「サインアップ」または「新規アカウント作成」を選択します。
  3. 必要事項を入力してアカウントを作成します。
  4. アカウント確認のためのメールが送信される場合があるので、確認手続きを行います。

ファイルのアップロードと整理

  1. ログインしたら、画面上部やサイドメニューから「ファイルのアップロード」を選択します。
  2. ファイルをドラッグ&ドロップするか、「ファイルを選択」ボタンをクリックしてファイルをアップロードします。
  3. アップロードしたファイルは適切なフォルダに整理しましょう。

共有設定とチームメンバーの招待

  1. 共有したいファイルやフォルダを選択し、共有設定を行います。
  2. 共有リンクの発行や特定のユーザーにアクセス権を与えることができます。
  3. 共有したいチームメンバーに招待メールを送信し、アクセス権限を付与します。

オフラインアクセスの設定方法

  1. オフラインアクセスを利用したいファイルやフォルダを選択します。
  2. 「オフラインで使用」などのオプションを選択して、ファイルをダウンロードします。
  3. ダウンロードしたファイルはインターネットに接続されていなくても閲覧や編集が可能です。

バックアップとデータの復元手順

  1. オンラインストレージでは、ファイルのバックアップが自動的に行われる場合が多いです。
  2. 万が一、ファイルが削除されたり破損した場合は、ゴミ箱やバージョン履歴からデータを復元します。
  3. 復元手順はサービスごとに異なるため、それに応じて対応します。

無制限で使えるオンラインストレージ5選

firestorage

ロジックファクトリー株式会社のfirestorageは、会員登録することなく誰でも手軽に使えるオンラインストレージサービスです。高画質な写真や動画等もfirestorageにアップロードして発行されたURLをお相手に送付するだけで共有できます。発行したURLに保存期間を設定すると保存期間が過ぎると自動で削除されるため、セキュリティも安心です。高いセキュリティと簡単操作で多くのビジネスシーンを支えています。

firestorageの製品詳細はこちら

box

株式会社Box Japanのboxは、セキュアなコンテンツ管理、ワークフロー、コラボレーションのためのファイル共有サービスです。Boxを利用すれば、スマートフォンなどのモバイルデバイスからでも仕事が行えます。指先の操作一つで快適に音声や動画、ファイルの閲覧や編集ができ、多様な働き方を実現。また、ゼネラル・エレクトリックやJLL、ネーションワイドの各社を含むグローバルをリードする企業など、日本の6,000社以上の企業に利用されています。

boxの製品詳細はこちら

Fleekdrive

株式会社FleekdriveのFleekdriveは、企業の情報資産を社内外問わず有効活用できるファイル共有サービスです。いつでも、どこからでも業務ファイルにアクセス可能で、フォルダの階層も一目で理解できるなど、使いやすいインターフェイスが特長。また、取引先へのメール送付や社内の承認作業など、簡易タスクを自動化する管理機能も魅力です。企業の様々なニーズにきめ細かく応える設計が、多くの導入実績につながっています。

Fleekdriveの製品詳細はこちら

セキュアSAMBA

Chatworkストレージテクノロジーズ株式会社のセキュアSAMBAは、従業員100人以下の中小企業におけるシェア率がNO.1のファイル共有サービスです。操作が簡単で使いやすく、ドラッグアンドドロップの簡単操作でデータ送付が可能。安心の徹底したサポートで利用者の不安なく利用できます。また非同期型のオンラインストレージのため、ネットワーク不調により更新漏れが起きません。AI-OCR「DX Suite 」と連携でき利便性も高い事が特徴です。

セキュアSAMBAの製品詳細はこちら

Bizストレージ ファイルシェア

Bizストレージ ファイルシェアは、法人向けファイル転送・ファイル共有サービスで、大きく分けてファイル送受信機能と共有フォルダー機能の2つの機能を利用することが可能。セキュリティ機能が豊富なことが特徴で、多くの利用者からセキュリティ・安全性ともに高い評価を得ています。また、年間稼働率100%の可用性の高さ誇っており、システム障害や運休による利用不能期間などを気にしなくていい点もメリットです。

Bizストレージ ファイルシェアの製品詳細はこちら

「オンラインストレージ」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • スマートアクセス制御
    • Salesforce連携
    • コンプライアンス機能
    • 独自サブドメイン
    • 削除データ復活
    • オフライン利用可
    • 自動バックアップ
    • 自動ダウンロード
    • アカウントロック
    • 操作ログ確認
    • 二段階認証
    • モバイルアプリあり
    • Microsoft Teams連携
    • ファイル暗号化
    • Googleドライブ連携
    • 世代管理
    • チャットツール連携
    • 脅威検知
    • 多言語対応
    • 分析機能
    • データ保持機能
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
Premium 500 GB(個人用プラン) 199USD
備考
一括払い
Premium 500 GB(個人用プラン) 49.99USD
備考
年間サブスクリプション
Premium Plus 2 TB(個人用プラン) 399USD
備考
一括払い
Premium Plus 2 TB(個人用プラン) 99.99USD
備考
年間サブスクリプション
Customプラン 10 TB(個人用プラン) 1190USD
備考
一括払い
2 TB pCloud for Family(Family用プラン) 595USD
備考
一括払い
10 TB pCloud for Family(Family用プラン) 1499USD
備考
一括払い
Businessプラン 7.99USD
備考
年間サブスクリプション
Business Proプラン 15.98USD
備考
年間サブスクリプション
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
20GB 0円
300GB 880円/月額
3TB 1,320円/月額
10TB 4,400円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 30,000円
1GB 12,000円/月額
10GB 69,800円/月額
100GB 180,000円/月額
200GB以上 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
Pro Lite 718円/月額
Pro I 1,438円/月額
Pro II 2,878円/月額
Pro III 4,317円/月額
ビジネス 2,159円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 プラン1 110,000円
初期費用 プラン3 0円
初期費用 プラン5 55,000円
プラン1 98,780円/月額
プラン3 999,350円/年額
プラン5 54,780円/月額
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
スタート 2,750円/月額
備考
5IDで100GBのプランです。
スタンダード 6,600円/月額
備考
10IDで1TBのプランです。
アドバンスト 23,100円/月額
備考
30IDで3TBのプランです。
プロフェッショナル 39,600円/月額
備考
50IDで5TBのプランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Team 500円/月額
備考
1ユーザーあたりの料金で、最低10ユーザーから利用可能です。ストレージ容量は10GB×契約ユーザー数。
Business 1,500円/月額
備考
1ユーザーあたりの料金で、最低10ユーザーから利用可能です。ストレージ容量は200GB×契約ユーザー数。
Enterprise 4,000円/月額
備考
1ユーザーあたりの料金で、最低10ユーザーから利用可能です。ストレージ容量は無制限。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
50GB 3,000円/月額
備考
ユーザー数10です。
100GB 5,000円/月額
備考
ユーザー数50です。
1TB 50,000円/月額
備考
ユーザー数1,000です。端末認証機能は有償で追加可能です(20,000円/月額)。ご契約後の端末認証機能追加はできませんので、ご注意ください。
セキュア版 10,000円/月額
備考
ユーザー数200で、ディスク容量は200GBです。端末認証機能は標準提供。
最低利用期間の制限はありません
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
スタンダード 30,000円/月額
備考
500GBのストレージ容量です。
ユーザー数無制限、定額制サービスです。
アドバンスド 50,000円/月額
備考
1TBのストレージ容量です。
ユーザー数無制限、定額制サービスです。
ビジネス 90,000円/月額
備考
3TBのストレージ容量です。
ユーザー数無制限、定額制サービスです。
プレミアム 180,000円/月額
備考
10TBのストレージ容量です。
ユーザー数無制限、定額制サービスです。
エンタープライズ 300,000円/月額
備考
30TBのストレージ容量と、基幹システムとの連携による業務効率化と情報漏洩防止。
ユーザー数無制限、定額制サービスです。
1年間
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 55,000円~
5GBプラン 27,500円/月額
2TBプラン 280,500円/月額
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
スターター 7,600円/月額
備考
容量200GBです。
プロフェッショナル 19,800円/月額
備考
1TBです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 ライトプラン15,000円、ビジネスプラン35,000円
フリープラン 0円
備考
ユーザ数3、5GBまでです。
ライトプラン 15,000円/月額
備考
ユーザ数無制限、100GBまでです。
ビジネスプラン 35,000円
備考
ユーザ数無制限、500GBまでです。
別途お見積り  
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 20,000円(税込22,000円)
1GByte 16,500円(税込)/月額
備考
ID:1,000、ディスク容量:1GBです。
2GByte 28,600円(税込)/月額
備考
ID:2,000、ディスク容量:2GBです。
10GByte 71,500円(税込)/月額
備考
ID:10,000、ディスク容量:10GBです。
100GByte 104,500円(税込)/月額
備考
ID:10,000、ディスク容量:100GBです。
500GByte 165,000円(税込)/月額
備考
ID:10,000、ディスク容量:500GBです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Fileforcefor テレワーク 要お問い合わせ
備考
在国内宅勤務やファイル共有など、これからのテレワーク体制の構築に最適なシンプルプランです。
FileforceCorporate 要お問い合わせ
備考
Fileforceの標準プラン。社内ファイルサーバのクラウド化など、企業規模でのご利用に最適です。
FileforceIntegration 要お問い合わせ
備考
Corporateプランに更に高度なファイル共有機能や権限設定の機能が加わった最上位のプランです。
FileforceExclusive 要お問い合わせ
備考
シングルテナント環境で実業務に即した貴社専用サービスをご提供します。
FileforceBYOS 要お問い合わせ
備考
貴社ストレージと連携、BringYourOwnStorageプラン。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要お問い合わせ
備考
Businessプラン
Businessプラン 要お問い合わせ
Business Plusプラン 要お問い合わせ
Enterpriseプラン 要お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

オンラインストレージ16選を紹介

オンラインストレージ

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • ファイル管理・共有
  • 無制限の機能
  • セキュリティ
  • いつでもどこでもアクセス
  • サポート

文書管理システムファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 誰もが使いやすいインターフェイスで業務効率を向上
  • 管理者の手間を省く、現実的で豊富な管理機能が魅力
  • モバイル活用もできるので、社外からの業務も行いやすい

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 法人向けサービスは業務における大容量ファイル送信が可能
  • 送受信機能を利用し、ファイルのやり取りをする相手が都度異なる場合に対処
  • 共有機能により、企業間での継続的なファイル共有が楽
  • 転送ファイルのウイルスチェック、アクセスログ管理で万全なセキュリティ対策

文書管理システムファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 機械学習とポリシー設定によるコンテンツの保護
  • 共同作業を効率的に行い、ワークフロー作成を迅速に作成可能
  • 電子サインの搭載とアプリの統合機能により業務を円滑に

オンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • いつでも、どこでも、好きな端末で使えます
  • 容量を気にせずすべてをバックアップできます
  • お客様の大切なデータを守るために厳格な選定基準に合った国内データセンター

オンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 誤送信が発生しても無効にできる安全なファイル送付
  • 高度なセキュリティ環境、ユーザごとに制限が可能
  • きめ細やかな管理者機能とセキュリティポリシー

オンラインストレージ

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • オンプレミス専用のサーバーでの利用が可能
  • 大量ユーザ、大規模環境にも耐えられる性能で、オンラインファイル編集も利用可能
  • 専用モバイルアプリが、無料で利用可能です

オンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • ユーザー制御のエンドツーエンド暗号化を用いて設計
  • あなたのビジネス用の安全なソリューション
  • 要素認証と回復キーをエクスポートをご提供

オンラインストレージ

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • firestorage安心・安全への取り組み
  • 「firestorage法人プラン」と「firestorage」との違い
  • 法人向けオンラインストレージの中でfirestorage が選ばれる理由
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 使い慣れた端末と画面で操作ができて、機能性も高い
  • 端末や場所によって、好みで選べる2種類の使い方
  • 社内外ともにスムーズなファイル共有が可能

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • クラウドサービスが初めての方にも使いやすいシンプルな設計
  • 充実したセキュリティ機能で大切な情報を保護
  • 名刺をスキャンして、どこでも情報を参照できる

オンラインストレージ

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 高いセキュリティによりさまざまな不正アクセスから大切なデータを守る
  • 利便性の高いクラウドストレージの設計がされている
  • 管理者機能やAPIの実装により開発をサポート
  • ユーザー数無制限で5プランから容量別に選択可能

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 高い信頼性を持つファイル共有サービスなので安心して使用できる
  • 徹底した対策により高い安心と安全性を獲得
  • ユーザーの視点に立ったサービス展開と高い機能性

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 慣れ親しんだデザインでローカルのような使い心地
  • 端末上のアプリで直接ファイルやフォルダを開ける
  • 従来のストレージサービスには無い操作感の実現

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • きめ細やかなアクセス権限を設定し運用可能
  • ユーザーとデータを一元管理し、インシデントの原因究明が可能
  • 信頼のおけるアマゾンウェブサービスのデータセンターを利用

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 新バージョンと旧バージョンが選べる、使い勝手に優れたストレージシステム
  • EFFICIENCY MANAGEMENT 極めて高い水準の安全性と運用性
  • 社内組織、チーム内でのスムーズなファイル共有
  • 通信経路および保管データの全てを強力に暗号化

オンラインストレージの注意点

データのセキュリティ確保のための対策

オンラインストレージを利用する際には、強力なパスワードの設定や二段階認証の有効化など、データのセキュリティを強化する対策が必要です。パスワードは簡単に推測できないものにし、定期的な変更を行いましょう。

利用規約とプライバシーポリシーの理解

オンラインストレージサービスの利用規約やプライバシーポリシーを理解し、同意した上で利用することが重要です。データの取り扱いや共有情報についての明確な理解が、トラブル回避につながります。

帯域幅と通信速度への影響

大容量のファイルをアップロード・ダウンロードする際には、インターネット接続の帯域幅や通信速度が影響します。特に複数のユーザーが同時に大容量ファイルを扱う場合は、通信環境の安定性を確保することが重要です。

サービスの提供元の信頼性と将来性の考慮

オンラインストレージサービスを利用する際には、提供元の信頼性や将来性も考慮しておくことが大切です。長期間にわたって安定して提供されることが予想されるサービスを選ぶことで、データの安全性と利便性を確保できます。

ファイル整理とデータの定期的な整合性チェック

オンラインストレージを効果的に活用するためには、ファイル整理とデータの整合性チェックを定期的に行うことが重要です。不要なファイルや古いバージョンのファイルを削除し、データの整理と更新を進めることで、ストレージの効率化とデータの整合性を保ちます。

まとめ

この記事では、オンラインストレージ無制限の導入目的や主な機能、メリット・デメリット、選び方、導入手順、注意点について詳しく解説しました。ビジネスパーソンがオンラインストレージを活用することで、ファイル管理の利便性や共同作業の柔軟性を享受できることがわかりましたね。

オンラインストレージのメリットとして、データの保護や自動バックアップによる安心感があります。一方で、セキュリティリスクやデータ依存に注意が必要です。

適切なオンラインストレージを選ぶためには、ストレージ容量や信頼性、操作性、セキュリティ対策、コストなどを比較検討することが重要です。

導入手順では、サインアップやアカウント設定、ファイルのアップロードと整理、共有設定、オフラインアクセスの設定、バックアップとデータの復元手順について説明しました。

最後に、オンラインストレージの活用にあたっては、セキュリティ確保や利用規約の理解、通信環境の安定性、提供元の信頼性を意識し、定期的なデータ整理とチェックを行うことが大切です。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる