Menu
Close

アルテマブルーの導入事例

営業プロセスを最適化したい 業務・情報を可視化したい 個人の生産性を高めたい 社内資産を一元管理したい 当事者意識を持たせたい コストを削減したい

放置されていたkintoneを再構築。アルテマブルーとの連携で活用度の高いデータ管理を実現。

※出典:放置されていたkintoneを再構築。アルテマブルーとの連携で活用度の高いデータ管理を実現。 | 導入事例 | アルテマブルー | 営業力に差をつける法人向け名刺管理

最終更新日: 2023/07/12

この導入事例のポイント

  • 以前は名刺管理の質が悪く、情報を入力するだけで使い物にならない状態だった
  • 情報共有化に向けkintoneとの連携ができる「アルテマブルー」を導入
  • 導入後はしっかりと管理し始めたこともあり、データが明らかにきれいになった
  • 「自動」処理と「手動」処理の設計思想は、実装のバランスもとても良いと感じている
  • データがきれいになることで、不完全なデータに気付きやすくなるというメリットもある

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

キヤノンエスキースシステム株式会社のアルテマブルーは、現場の使いやすさを考えた豊富な機能を兼ね備えたクラウド型で提供される法人向けの名刺管理ソフトです。導入企業の業界/業種や規模は多岐にわたります。従来の名刺管理ソフトのように名刺をデータ化&共有して終わりではなく、データの活用を促進するために、人脈の見える化を実現する機能や失敗を防ぐ事前コンサルティングなどによって、営業力を最大化させます。主要なSFA/CRMとの連携も可能です。

製品のおすすめポイント

  • 運用のことを第一に考えた機能により、管理者の業務負担の軽減を実現する
  • 使い方を導入前に相談できるコンサルティングサービス
  • 名刺管理によって、営業活動に利活用できる人脈を広げられる
運営企業情報 キヤノンエスキースシステム株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 名刺管理ソフト 名寄せ機能 専用スキャナー取込 組織図表示 顧客管理 撮影取込 スマホスキャン取込 タグ・ラベル付け SFA・MA連携 データ連携
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 1年
よく導入している業種 IT・情報通信 その他 ビジネスサービス
よく導入している企業の規模 101名-300名 301名-1,000名 21名-50名

導入前に知っておきたい基礎知識

「名刺管理ソフト」とは

名刺管理ソフトとは、スキャナを用いて名刺をデータ化し、保存しておくことができるツールのことです。

また、権限を持った社内の人ともらった名刺を共有できる機能もあり、もらった名刺を一箇所で集約して一元管理することができます。ペーパーレス化も期待でき、溜め込んでしまいがちな名刺の収納場所に困ることもなくなるでしょう。PDF化できる製品もあれば、OCRで自動で読み取ってくれる製品も存在し、テキストとして保存することも可能です。
名刺管理ソフトで有名なものとして、「Sansan」や「Knowledge Suite」、「Eight Team」などが挙げられます。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

アルテマブルー

キヤノンエスキースシステム株式会社

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • 運用のことを第一に考えた機能により、管理者の業務負担の軽減を実現する
  • 使い方を導入前に相談できるコンサルティングサービス
  • 名刺管理によって、営業活動に利活用できる人脈を広げられる

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「名刺管理ソフト」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる