Menu
Close

Canvas LMSの導入事例

業務・情報を可視化したい ペーパーレス化したい テレワーク対応したい 個人の生産性を高めたい

慶應義塾大学:わずか 3 か月で Canvas LMS を Google Cloud 上に構築し、最先端の e ラーニング環境を提供

最終更新日: 2024/05/28

この導入事例のポイント

  • COVID-19の影響で急遽オンライン授業への移行が必要となり、わずか3か月でCanvas LMSの導入を実現できました。
  • インフラをオンプレミスからGoogle Cloudへ移行し、Canvas LMSのシステム負荷や機能要求に柔軟に対応できる環境を整備しました。
  • Google Cloudの教育業界への理解と強力な技術サポートが選定の決め手で、特に迅速な対応が特徴で導入期間中のサポートが大変有効でした。

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

Canvas LMSはInstructure社がオープンソースで2011年に提供を開始しました。商用のソフトウエアであるもののオープンソースとして無償で配布。Instructure社は簡単に使えるeラーニングシステムを目指すというポリシーにしたがって利用者の意見を汲み上げ、反映された誰でも簡単に使えるeラーニングシステムを作り上げてきました。GoogleカレンダーやGoogleドキュメントなど外部のWebサービスとの連携も可能です。

製品のおすすめポイント

  • シンプルで誰にでも使いやすいをポリシーとしたLMS
  • ソーシャルメディアや外部システムとの連携が可能なAPIを搭載
  • 豊富な機能を標準装備。受講者も管理者もシンプルで使いやすい多機能LMS
運営企業情報 ボウ・ネットシステムズ株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 多言語対応 レポート課題機能 修了証表示 集合研修管理 録画配信 アンケート機能 コース作成 コンテンツ作成 マルチデバイス対応 ディスカッション機能 テスト作成
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 教育 IT・情報通信
よく導入している企業の規模 1,001名以上 21名-50名

導入前に知っておきたい基礎知識

「LMS」とは

LMSとは、「Learning Management System」の略で、日本語で学習管理システムという意味です。

近年、eラーニングシステムの普及によって、個人単位での学習状況やその進捗などを管理することが負担となってきました。
そこで活躍するのがLMSで、個人の記録をプラットフォーム上で管理することで、膨大な個人記録を管理することが可能になり、担当者は本来の業務(教材の作成など)に集中することができるようになりました。
また、LMSにて収集された膨大な個人記録をデータとして分析・活用し、より質の良い教材が作成できるようにもなったため、企業における社員育成の効率も向上したと言えるでしょう。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

Canvas LMS

ボウ・ネットシステムズ株式会社

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • シンプルで誰にでも使いやすいをポリシーとしたLMS
  • ソーシャルメディアや外部システムとの連携が可能なAPIを搭載
  • 豊富な機能を標準装備。受講者も管理者もシンプルで使いやすい多機能LMS

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「LMS」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる