Menu
Close

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

Reckoner

株式会社スリーシェイク

株式会社スリーシェイクのReckonerは、直感的なインターフェースのノーコード型ETLツールです。通常のデータ連携では連携のためのプログラムが必要となりますが、Reckonerであればプログラム不要でSaaSとデータ分析基盤統合を実現でき、初期の設定からデプロイまでを直感的な操作で行えます。インフラ環境はスリーシェイクが運用している基盤を利用できるため、環境構築やバックアップ、セキュリティ対応などが不要であることも強みです。

情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

最終更新日: 2022/10/26

Reckoner
の特徴

1多くのデータソースと連携でき、簡単操作ですぐにデータ分析を行える

広告・SFA/MA・CRMなどのあらゆるデータソースと連携できるため、分析に必要なデータを読み込み活用することが可能です。データを読み込む際は一覧からサービスを選択し、必要情報を入力するだけで読み込めるため必要な操作は数クリックで完了します。基盤の準備が不要で導入後すぐにデータ分析を行えます。

2データの確認は操作をしながら可能、ワークフローはJSON形式にも対応

通常ではデータ解析後に想定通りのデータを得られたか確認する作業が必要となりますが、Reckonerであれば画面上にリアルデータで結果のプレビューを表示できるため、結果を確認しながら操作を行えます。また、作成したワークフロー単位で詳細なセキュリティ設定やJSON形式でのエクスポートにも対応されています。

3ワークフローの定期実行やフレキシブルな機能で効率的な書き出しが可能

データ転送処理はスケジューリング機能によって定期実行を行えます。また、フレキシブルな機能が用意されていて、ワークフローごとに依存関係の作成やAPIを使用したワークフローの実行など、使用用途に応じて機能を使用できます。集約したデータは広告・SFA/MA・CRMなど20種類以上のサービスで有効活用が可能です。

導入の傾向

よく導入している
業種
IT・情報通信 ビジネスサービス
よく導入している
企業の規模
21名-50名 51名-100名 101名-300名

基本情報

ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 受発注処理業務対応 国内メーカー 一定間隔起動 ワークフロー実行履歴 文字整形 文字形式変換 オープンソースコミュニティ グループ化 Git連携 APIアップデート自動対応 連携テンプレート ノーコード運用可 プログラミングによる独自実装可 フォーマット変換 スケジュール実行 データ暗号化 データマッピング データマスキング
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール チャット
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし

料金プラン

初期費用要相談
要相談要相談

※税込と表記されている場合を除き全て税抜価格を記載しています。

資料ダウンロード

運営企業情報

商号
株式会社スリーシェイク
本社
東京都新宿区大京町22-1 グランファースト新宿御苑3F・4F
創立
2015年1月
代表取締役
吉田 拓真
資本金
URL
https://3-shake.com/

この製品の導入事例

この製品の導入事例

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る