Menu
Close

ひかりクラウド スマートスタディの導入事例

ペーパーレス化したい 作業を自動化したい

教育ICTサービスを最大限に活用。会議がほぼゼロに

最終更新日: 2023/08/16

この導入事例のポイント

  • 伝達系社内会議がなくなり、業務の効率化を実現
  • 先生個々の情熱に任せていた、授業の予習・補習・復習をeラーニングで実現
  • 家庭へのアンケートや保護者会での資料配布にも活用できる

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

東日本電信電話株式会社のひかりクラウド スマートスタディは、研修やテストの学習機能に加えストレスチェックもできるeラーニングシステムです。研修資料や教材映像の配信、Web会議や管理者と受講者間でのメッセージのやり取りに加え、無料コンテンツとしてストレスチェック制度があります。研修に利用するツールとしてはもちろん、受講している社員とのコミニュケーションツールとして活用できるのが特徴です。なお、8カ国の言語に対応しているため現地社員にも対応可能です。

製品のおすすめポイント

  • 受講者は1名から可能!運用費用を抑えられる
  • eラーニングだけでなく、Web会議や情報共有としても活用可能
  • ストレスチェック制度に対応!設問作成や変更も可能
運営企業情報 東日本電信電話株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 多言語対応 レポート課題機能 マルチデバイス対応 多言語対応 レポート提出 研修管理 オリジナルコンテンツ作成 ライブ配信可 モバイル端末対応
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 教育 医療・化学 IT・情報通信
よく導入している企業の規模 1,001名以上 6名-20名 301名-1,000名

導入前に知っておきたい基礎知識

「eラーニングシステム」とは

eラーニングシステムとは、教材を配信し、インターネット上にて様々なコンテンツを学習可能にするためのプラットフォームの総称です。

インターネットの普及に伴って、eラーニングシステムは近年飛ぶ鳥を落とす勢いで発展してきました。
特に最近では、新型コロナウイルスによる影響でテレワークが増え、新入社員研修などでeラーニングシステムを用いて新入社員教育を行う企業が増えてきています。eラーニングシステムは誰でも気軽に学習を始められるというメリットがあり、また、学習の進捗状況などが見てわかるコンテンツも増えてきています。
ただ、一方通行的な教育になりがちであり、そもそもネット環境がないと成立しないというデメリットはあります。

「LMS」とは

LMSとは、「Learning Management System」の略で、日本語で学習管理システムという意味です。

近年、eラーニングシステムの普及によって、個人単位での学習状況やその進捗などを管理することが負担となってきました。
そこで活躍するのがLMSで、個人の記録をプラットフォーム上で管理することで、膨大な個人記録を管理することが可能になり、担当者は本来の業務(教材の作成など)に集中することができるようになりました。
また、LMSにて収集された膨大な個人記録をデータとして分析・活用し、より質の良い教材が作成できるようにもなったため、企業における社員育成の効率も向上したと言えるでしょう。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

製品のおすすめポイント

  • 受講者は1名から可能!運用費用を抑えられる
  • eラーニングだけでなく、Web会議や情報共有としても活用可能
  • ストレスチェック制度に対応!設問作成や変更も可能

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「eラーニングシステム」とは 「LMS」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる