Menu
Close

製品の紹介

Microsoft Teams(Web会議)

日本マイクロソフト株式会社

Microsoft社のMicrosoft Teamsは最大10,000人で行えるビデオ会議システムです。他にもチャット機能や、Microsoft製品の共有機能を利用しての使い慣れたアプリでの共同編集をリアルタイムで行えるなど利用用途は多岐に渡ります。また、Microsoft Teams用に開発された提携企業16社のヘッドセットやスピーカーを利用することで更なる利用環境の向上が見込めるのが特徴です。

最終更新日: 2021/12/01
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

Microsoft Teams(Web会議)の特徴

1柔軟なハイブリッドワークをオンライン会議で実現

ビデオ会議はもちろん、バーチャルイベントや電話会議にも利用できる点は魅力の1つです。スケジュールの共有はカレンダーと連携して行うことができます。また、過去会議の資料を1か所にまとめることができ、会議背景の状況についても共有した後に会議を行うことができるため、会議の効率を向上させることが可能です。

2挙手機能、レコード機能など日常の会議にあると便利な機能が搭載

Microsoft Teamsではビデオ会議に様々な機能があります。その一つが挙手ボタンです。ボタンを押すだけで質問があることが分かり、説明中に割り込むことがなくなるため会議をスムーズに進行できます。また、参加者リストやレコード機能もあるため、会議のログの記録に業務時間を割く必要のない点も特徴の1つです。

3データをオンライン会議の参加者に見せながら説明ができる

PowerPointoやExcelのデータを画面共有しながら会議を行えるため、情報の共有が行いやすいのが特徴の1つです。全ての参加者が確認できるため、足並みをそろえて会議を進捗することが可能です。また、画面の共有は1人が終了すると、また別の人が共有できるようになるため、発表や説明会などにも利用できます。

導入の傾向

よく導入している
業種
よく導入している
企業の規模

基本情報

ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能
ファイル共有 音声共有 画面共有 テキストチャット ホワイトボード 録音・録画 投票 ミュート アンケート 通信暗号化 バーチャル背景 挙手 グルーピング ライブ配信 メディア再生
ファイル共有 音声共有 画面共有 テキストチャット ホワイトボード 録音・録画 投票 ミュート アンケート 通信暗号化 バーチャル背景 挙手 グルーピング ライブ配信 メディア再生
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ Windowsアプリ Macアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール チャット
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし

料金プラン

初期費用0円 初期費用は発生しません。
Microsoft Teams (無料)無料 ビジネスのための安全なオンライン会議、チャット、クラウドストレージの使用を今すぐ始めたい場合に最適です。これらの機能を1つにまとめたアプリを無料で利用できます。
Microsoft365BusinessBasic540円/月額 1ライセンスの価格。簡単なリモート業務を必要としている企業に最適です。MicrosoftTeams、安全なクラウドストレージ、OfficeOnline(デスクトップ版を除く)を利用できます。
Microsoft365BusinessStandard1,360円/月額 1ライセンスの価格。リモートワーク時のコラボレーションのツールを必要としている企業に最適。MicrosoftTeams、安全なクラウドストレージ、法人メールが含まれており、常に最新のOfficeアプリをあらゆるデバイスで使用できます。
Office365E31ライセンス2,170円/月額 Microsoft365BusinessStandardの機能+以下の機能を利用できます。フル機能版のMicrosoftTeamsにて最大500,000ユーザー。最大10,000人のオンラインイベントを開催できます。情報保護のための"データ損失防止"をメールとファイルに対して使用できます。無料のFastTrack展開サポート(150シート以上の場合)。

※税込と表記されている場合を除き全て税抜価格を記載しています。

運営企業情報

商号
日本マイクロソフト株式会社
本社
東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
創立
1986 年 2 月
代表者名
吉田 仁志
資本金
4 億 9950 万円
URL
https://www.microsoft.com/ja-jp/

よく比較されている
「Web会議システム」の製品:17件

17件中 1~4件表示

Web会議システム

RSUPPORT株式会社のRemoteMeetingは、ハイブリッドワーク時代に、インストール不要な、簡単便利な企業向けWeb会議ソリューションです。RemoteMeetingでは、自社だけのWeb会議室を99室も利用できます。Web会議室一覧(ラウンジ)UXは独自技術を使った特許を取得しており、空いている部屋を選ぶだけで、すぐに会議を開始できます。クリアな音質と便利な機能で、もう他のWeb会議には戻れません。

製品のおすすめポイント

  • 会議のシーンに合わせて、画面表示モードを選択
  • 画面共有中にも使える便利な協業ツールが充実
  • 会議の満足度も効率もアップする機能が盛りだくさん
運営企業情報 RSUPPORT株式会社
ソフト種別 なし 
基本的な機能 音声共有 画面共有 バーチャル背景 
推奨環境 スマートフォンブラウザ Windowsアプリ Macアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

Web会議システム

株式会社 ChatMessengerのChat&Messengerは、ビデオチャット、テレビ会議、ファイル共有、スケジュール・タスク管理、スクリーンキャプチャ、付箋を統合したグループウェアです。All-in-Oneグループウェアで、「働き方」に変革できます。無料でWeb会議・ビデオ通話・画面共有が利用できます。オンプレミスでもクラウドでも利用できるハイブリッドな仕様です。テレワーク環境でも問題なく利用できます。

製品のおすすめポイント

  • 無料で十分利用できますが、有料プランもご用意
  • Web会議・ビデオ通話・音声通話・画面共有
  • オンプレミス・クラウドのハイブリッド使用とテレワーク
運営企業情報 株式会社 Chat&Messenger
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 ファイル共有 音声共有 画面共有 テキストチャット ミュート 
推奨環境 なし 
サポート メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

株式会社リコーンのRICOH Unified Communication System Appsは、用途や目的によって選べる、2つのタイプの会議システムです。ご要望に合わせて柔軟に構成できるシステムや、場所を選ばないパソコン・スマートデバイスを、シーンによって自在に活用いただけます。また、さまざまな環境をシームレスにつなぐマルチ&グローバルな会議を可能にし、お客様に最適なコミュニケーションスタイルを実現します。

製品のおすすめポイント

  • リコーのテレビ会議・WEB会議システムの全体像
  • コンタクトID接続タイプ:場所や用途に合わせて、もっと自由に
  • 仮マルチ&グローバルに広がる、想会議室接続タイプ
運営企業情報 株式会社リコー
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 音声共有 画面共有 
推奨環境 なし 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

会議室予約システム Web会議システム 予約システム

株式会社ビービーシステムのResource Lookは、会議室予約・来客管理システムです。社内の会議室や備品、カラ予約が多いと全体数の不足、予約運用の非効率などの問題が解決できます。ResourceLookを使って、運用側・利用者側双方で効率よく利用が可能になります。ResourceLookは、受付をスマートに、無人化したい方、iPadなどのタブレットを活用したい方、会議室の予約をシステム化・運用効率を上げたい方にお勧めです。

製品のおすすめポイント

  • カラ予約防止、入室が確認できない予約は自動キャンセル
  • 来客情報や受付情報も一元管理、受付の無人化
  • 会議室端末・集中制御端末・フロアマップといった用途に合わせた利用が可能
運営企業情報 株式会社ビービーシステム
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 予約受付 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1587件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる