Menu
Close

ASTERIA Warpの導入事例

最終更新日: 2022/11/29

その他 不明

情報システム ETLツール

業務・情報を可視化したい 作業を自動化したい 個人の生産性を高めたい

特許申請業務を弁理士自らがノーコードでデジタル化

※出典:【弁理士法人サトー】データ連携事例|データ連携ツール「ASTERIA Warp」|EAI/ESB国内シェアNo.1|アステリア

この事例のポイント

  • テレワークを実施したが、紙の管理表は出社しないと確認できず課題に感じていた
  • 操作がわかりやすく、直感的に使うことができる「ASTERIA Warp」を導入
  • 導入の結果、案件の進捗が一目でわかるようになり、業務効率が大幅に向上した

今回導入した製品

ETLツール

ASTERIA Warp

アステリア株式会社

ETLツール

ASTERIA Warp

アステリア株式会社

アステリア株式会社のASTERIA Warpは、専門的な知識がなくても利用できるノーコードで設計開発行うことで、様々なシステムやサービスと連携し、業務の自動化・効率化やデータの活用を実現するデータ連携ツールです。15年連続国内シェアNo.1の簡単データ連携ツールで、国内シェアNo.1 シェア率44%、導入実績 9,500社以上、対応データソース 100種類以上の実績があります。ノーコード技術で業務の自動化を支援します。

  • 業種を問わずさまざまな企業で導入いただいています
  • 豊富な接続先とテンプレートでスピーディーに導入
  • ノーコードだから誰でも使える、ノーコードで実現
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 連携テンプレート ノーコード運用可 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
製造 小売・流通 IT・情報通信
よく導入している企業の規模
1,001名以上 101名-300名 不明

この製品の導入事例掲載数14

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

ETLツール

ETL(Extract Transform Load)ツールとは、社内システムに点在する複数のデータを抽出(Extract)し、扱いやすいフォーマットに変換(Transform)して書き出す(Load)処理を行うことで、データを統合できるツールのことです。

これまでは、データを統合する際に各データソースに応じてプログラミングをする必要があり、専門的な知識が求められていました。そこで、より簡単にデータを統合するためのETLツールが誕生し、専門的な知識を持つ人材がいない企業でもデータの統合を行えるようになりました。データを統合することにより、統合前まで活用できていなかったデータの有効活用やばらつきのあったデータフォーマットの一括管理が可能となります。複数の社内ツールを導入しているがデータの管理が大変だったり、点在するデータを有効活用できていなかったりする場合はETLツールが大いに役立つでしょう。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

ASTERIA Warp

アステリア株式会社

  • 業種を問わずさまざまな企業で導入いただいています
  • 豊富な接続先とテンプレートでスピーディーに導入
  • ノーコードだから誰でも使える、ノーコードで実現

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る