Menu
Close

エアリーフレッシャーズクラウドの導入事例

最終更新日: 2022/08/31

IT・情報通信 301名-1,000名

採用・組織 採用管理システム

採用力を強化したい

専用アプリで迅速なやりとりを実現し内定者の不安を解消させるフォローを実施

※出典:導入事例 コムシス株式会社様 専用アプリで迅速なやりとりを実現し内定者の不安を解消させるフォローを実施|エアリーフレッシャーズクラウド

この事例のポイント

  • 内定者とのやりとりをメールや電話、郵送で行なっていたが、管理に課題に感じていた
  • セキュリティの心配もなく、コミュニケーション管理を一元化できる同社のツールを導入
  • 迅速なコミュニケーションが可能となり、通知の見落としも防止できるようになった

今回導入した製品

採用管理システム

エアリーフレッシャーズクラウド

EDGE株式会社

採用管理システム

エアリーフレッシャーズクラウド

EDGE株式会社

EDGE株式会社のエアリーフレッシャーズクラウドは、内定者をフォローするクラウドサービスです。会社と内定者の相互理解を促進して、ミスマッチを防止します。また、電話やメールに抵抗のある内定者にはスマホアプリのプッシュ通知で連絡をスムーズに行うなど、細かいケア体制も整えられています。定期的な情報発信を通じて、会社や社員、働き方を知ってもらうことが可能です。提供社の実感値として、導入企業の98.6%が内定辞退に効果があったとされています。

  • 会社の理解を促進するコミュニケーション機能
  • 経験に即した万全のサポート体制とセキュリティ
  • ビジネスマナーとExcel講座のeラーニングなど充実の教育機能
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 入力フォーム作成 新卒採用に強い アンケート機能 フラグ機能 セグメント配信 チャット機能 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
IT・情報通信 その他 製造
よく導入している企業の規模
1,001名以上 301名-1,000名 101名-300名

この製品の導入事例掲載数14

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

採用管理システム

採用管理システムとは、企業における採用活動において、人事評価や求人情報、選考ステップの進捗状況などの採用情報を、一元的に管理できるシステムのことを指します。

別名「ATS(Applicant Tracking System)」とも呼ばれ、多くの企業で採用管理システムを採用、導入している現状があります。近年人材不足が深刻化してきており、採用活動に力を入れようとシステムを導入する企業が増えてきているためです。
採用管理システムを導入することで、採用活動における業務効率アップが見込めるだけでなく、応募者の情報共有がスムーズになり、採用活動の属人化防止にも役立つでしょう。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

エアリーフレッシャーズクラウド

EDGE株式会社

  • 会社の理解を促進するコミュニケーション機能
  • 経験に即した万全のサポート体制とセキュリティ
  • ビジネスマナーとExcel講座のeラーニングなど充実の教育機能

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る