Menu
Close

Sansanの導入事例

最終更新日: 2022/03/03

製造 301名-1,000名

バックオフィス 名刺管理ソフト

属人化を解消したい

Sansan Data Hubの利用で MAやSFAの情報が リッチになりました

※出典:Sansan Data HubでMAとSFAのデータを整備営業やマーケティングを高度化 (エレコム株式会社)- 導入事例 - Sansan - 法人向けクラウド名刺管理サービス

この事例のポイント

  • 名刺管理の属人化、データ化のラグと名刺情報の不正確さが問題だった
  • Sansanで営業先データを確認、正確な情報で営業のターゲティングをはかった
  • 約1000時間の時間の節約になり、受注率が20%から35%になった

今回導入した製品

名刺管理ソフト

Sansan

Sansan株式会社

名刺管理ソフト

Sansan

Sansan株式会社

Sansan株式会社の営業DXサービスSansanは、シェアNo.1で83%を誇り中小企業から大手企業まで幅広く利用されています。業種や従業員規模、売上高、役職者情報を閲覧できる企業データベースを標準搭載し、自社との接点がある・ないに関わらず、企業に関するさまざまな情報を営業やマーケティングに活用できます。また、名刺交換やメールでの連絡、商談履歴といった顧客との接点から得られる情報を正確にデータ化し、接点データベースに蓄積。受注実績を基に企業データベースと組み合わせて活用することで、すでに接点がある類似企業を見つけることができます。さらに、Sansanに取り込んだデータを外部システムと連携・統合することで、企業ガバナンスの強化といった営業やマーケティング以外の目的でのデータ活用も後押しします。

  • 全社員の人脈を社内で共有、人事異動などのニュースが届く
  • 議事録を会社・人物に紐づけし、最適な判断を下せる
  • オフィス内外で活用でき、個人情報を適切に管理
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 名刺管理 名寄せ機能 多言語化 連絡帳連携 公開・非公開設定 組織図表示 撮影取込 専用スキャナー取込 スマホスキャン取込 顧客管理 URL名刺交換 SFA・MA連携 メール配信 データ連携 タグ・ラベル付け ニュース通知 ダウンロード機能 
推奨環境 Windowsアプリ Macアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
ビジネスサービス 製造 不動産
よく導入している企業の規模
1,001名以上 301名-1,000名

この製品の導入事例掲載数9

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

名刺管理ソフト

名刺管理ソフトとは、スキャナを用いて名刺をデータ化し、保存しておくことができるツールのことです。

また、権限を持った社内の人ともらった名刺を共有できる機能もあり、もらった名刺を一箇所で集約して一元管理することができます。ペーパーレス化も期待でき、溜め込んでしまいがちな名刺の収納場所に困ることもなくなるでしょう。PDF化できる製品もあれば、OCRで自動で読み取ってくれる製品も存在し、テキストとして保存することも可能です。
名刺管理ソフトで有名なものとして、「Sansan」や「Knowledge Suite」、「Eight Team」などが挙げられます。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

Sansan

Sansan株式会社

  • 全社員の人脈を社内で共有、人事異動などのニュースが届く
  • 議事録を会社・人物に紐づけし、最適な判断を下せる
  • オフィス内外で活用でき、個人情報を適切に管理

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る