Menu
Close

弥生会計 22の導入事例

最終更新日: 2021/12/01

広告・放送・出版 1-5名

バックオフィス 会計ソフト

ペーパーレス化したい

弥生会計が存在していたことが『起業しても大丈夫』という後ろ盾にもなりました

※出典:弥生会計が存在していたことが『起業しても大丈夫』という後ろ盾にもなりました

この事例のポイント

  • 起業時の経理に割くリソースを削減し、多忙な決算時期の決算作業も簡易化したい
  • UIに優れ、同サービス利用者間での経理情報共有が容易な「弥生会計」を導入した
  • 「スマート取引取込」機能によって、レシート・領収書画像のデータ化が可能になった
  • 弥生会計と「Misoca」の連携により、経理作業の大幅削減を実現できた
  • 他アプリとの連携による売上レポート機能によって、業務のモチベーションが向上した

今回導入した製品

会計ソフト

弥生会計 22

弥生株式会社

会計ソフト

弥生会計 22

弥生株式会社

弥生株式会社の弥生会計 22は連続23年売上実績No.1を誇り、3人に2人が使用している会計ソフトです。初心者でも使え、帳簿付けから経営状態の確認、試算表、決算資料を簡単に作成できます。初心者用のナビやAIにより、複雑であったり煩わしかったりする作業を簡単に行えます。簿記に自信が無い人でも安心して使えるでしょう。分からない場合はカスタマーセンターがケア。初心者でも使えますが、同時にプロの使用に耐えうる機能を備えています。

  • 初心者でもすぐに使い始められる充実した基本設計
  • テレワークにおける最新の法令改正にも対応
  • クラウドとAIで管理し、業務効率を向上させる
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
基本的な機能 伝票入力 帳簿作成 経営分析 資金管理 予実管理 決算書作成 自動仕訳機能 
推奨環境 PCブラウザ Windowsアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
小売・流通 広告・放送・出版 旅行・宿泊・飲食
よく導入している企業の規模
6名-20名 1-5名 51名-100名

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

会計ソフト

会計ソフトとは簡単にいうとお金の動きを管理・集計できるソフトです。主に会計担当や経理担当、財務担当の業務を自動化・サポートし、業務の効率化が実現します。現代ではテレワーク化が進み、従業員と経理が顔を合わせないことも多く、紙書類の扱いも難しくなったため会計のクラウド化に拍車がかかっています。

近年の会計ソフトは今までの「紙とペンと電卓を使う計算」を自動化するような単純なものでなく不随する機能が多くあり、種類や製品ごとの違いが分かりづらいという特徴があります。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

弥生会計 22

弥生株式会社

  • 初心者でもすぐに使い始められる充実した基本設計
  • テレワークにおける最新の法令改正にも対応
  • クラウドとAIで管理し、業務効率を向上させる

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る