Menu
Close

ペネトレーションテストとは?実施メリットや脆弱性診断との違いも解説

目次

この記事では、ペネトレーションテストとは何か、その重要性、手法、将来展望について詳しく解説します。セキュリティの観点から、実際の攻撃を模倣して脆弱性を特定し、組織の情報資産を守る手法です。テストの手法や成功要因、そしてAIや新技術の影響についても探求します。この記事を通じて、セキュリティの専門知識を向上させ、組織のセキュリティ戦略に活かす方法について考察していきます。

ペネトレーションテストの基本

ペネトレーションテストとは?

ペネトレーションテストとは、システムやネットワークのセキュリティを評価する手法です。実際の攻撃を模倣して、脆弱性を特定し、悪意ある攻撃から保護するための対策を見つけます。プロセスは情報収集、脆弱性評価、攻撃の実行、アクセス維持、結果の評価の5つの段階で構成されています。

ペネトレーションテストの重要性

セキュリティ脅威の増加に伴い、ペネトレーションテストは絶対的な重要性を持ちます。テストを通じて、未知の脆弱性やセキュリティホールを発見し、攻撃者が悪用する前に対策を講じることが可能です。これにより、顧客データや機密情報を保護し、信頼性の高いシステムを維持することができます。

ペネトレーションテストと脆弱性診断の違い

脆弱性診断とペネトレーションテストは関連性がありますが、アプローチに違いがあります。脆弱性診断は主にシステムの脆弱性をスキャンし、特定することに重点を置きます。一方、ペネトレーションテストはこれらの脆弱性を実際の攻撃を模倣して評価し、攻撃者の視点からの脆弱性を洗い出します。

ペネトレーションテストの手法

ペネトレーションテストのフェーズ

ペネトレーションテストは、情報収集、脆弱性評価と解析、攻撃の実行、アクセス維持と権限昇格、そして結果の評価と報告の5つのフェーズから成り立っています。情報収集では、対象となるシステムやネットワークに関する情報を収集し、攻撃の手がかりを見つけます。脆弱性評価と解析では、見つかった脆弱性を分析し、悪用可能性を評価します。攻撃の実行では、実際の攻撃をシミュレートし、セキュリティの穴を探求します。アクセス維持と権限昇格では、侵入後の動作を模倣し、攻撃者が長期間アクセスを維持する方法を見つけます。最終的に、結果の評価と報告では、見つかった脆弱性や提案される対策をまとめ、クライアントに報告書を提出します。

ペネトレーションテストのツールとテクニック

ペネトレーションテストには多くのツールとテクニックが利用されます。ネットワークスキャンツールを使用して、ネットワーク内のデバイスやサービスを特定します。脆弱性スキャナーは、システムやアプリケーションの脆弱性をスキャンして洗い出します。ソーシャルエンジニアリングのテクニックは、人間の行動や心理に訴えかけ、情報を引き出す手法です。さらに、ゼロデイ攻撃のリスクに対処するために、セキュリティパッチの適用と定期的な更新が重要です。

シミュレートされた攻撃とリアルワールドの差異

ペネトレーションテストは現実の攻撃をシミュレートするものですが、実際の攻撃とは異なる側面も存在します。実際の攻撃では攻撃者は創造的であり、予測困難な行動をしますが、テストではあくまで既知の脆弱性に基づいて行動します。また、実際の攻撃は動的で、新たな脆弱性が見つかる可能性がありますが、テストは特定のタイミングで行われます。それにもかかわらず、ペネトレーションテストはシステムのセキュリティを評価する貴重なツールとなります。

ペネトレーションテストの導入と活用

ペネトレーションテストの導入手順

ペネトレーションテストを導入する際は、組織のニーズを評価しましょう。どのシステムやアプリケーションが最も重要で、どの脆弱性が最も懸念されるかを特定します。専門家を選定し、テストの範囲と目標を明確に定義します。これにより、テストが組織の目標に合致し、最大の価値を提供することができます。

ペネトレーションテストの効果的な活用法

ペネトレーションテストの結果を活用する方法は多岐にわたります。テストによって特定された脆弱性を改善ポイントとし、セキュリティポリシーを向上させることができます。テストの結果を従業員に共有し、セキュリティ意識を高めるためのトレーニングや教育を実施することも重要です。また、法的要件に対する適合性を確保するために、テスト結果を基にセキュリティ対策を実施することが求められます。

ペネトレーションテストの課題と対処法

ペネトレーションテストには限界もあります。テストは特定の時間枠で行われるため、すべての脆弱性を洗い出すことは難しい場合もあります。また、プライバシーや倫理的な考慮事項も重要です。テストを実施する際には、法律や規制を遵守し、権限を超えることなく進行することが大切です。最終的な報告書は、解釈可能な形で提供し、特定された脆弱性に対する具体的なアクションプランを含めることで、組織がセキュリティを向上させるための指針とします。

ペネトレーションテストの成功要因

チームの選定と協力

ペネトレーションテストの成功には、経験豊富な専門家のチームが不可欠です。チームメンバーは幅広いスキルと知識を持ち、複雑なシステムやネットワークを評価できる能力を持つ必要があります。さらに、組織内外の関係者との協力も重要です。テストの範囲や目標を明確にするために、情報技術部門やビジネス部門とのコミュニケーションを円滑に行うことが成功の鍵です。

リアルなシナリオの設計

ペネトレーションテストの効果を最大化するためには、リアルな攻撃シナリオを設計することが大切です。これにより、テストが実際の攻撃を模倣し、現実世界の脅威に対する防御手段を評価することが可能です。シナリオは業界の最新の脆弱性や攻撃手法に基づいて構築し、様々な攻撃ベクトルを考慮に入れることで、より現実的な結果を得ることができます。

継続的な改善と学習

ペネトレーションテストの価値を最大限に引き出すためには、テストの結果を基に継続的な改善と学習を行うことが重要です。テストで特定された脆弱性への対策を実施し、セキュリティポリシーやプロセスを改善することで、将来の攻撃リスクを低減することができます。さらに、過去のテスト結果や新たな攻撃手法に関する情報を定期的に学習し、セキュリティ対策をアップデートすることも忘れずに行いましょう。

ペネトレーションテストの将来展望

AIとの融合による進化

近年、人工知能(AI)の技術が進化する中で、ペネトレーションテストも新たな展望を迎えています。AIを活用することで、膨大なデータを分析し、未知の脆弱性や攻撃手法を自動的に検出する能力が向上します。これにより、テストの効率性が向上し、迅速な対策を講じることが可能になるでしょう。

インフラストラクチャの変化への適応

クラウドコンピューティングやインターネット・オブ・シングス(IoT)など、インフラストラクチャの変化はセキュリティリスクを新たな次元で引き起こしています。将来のペネトレーションテストでは、これらの新たな技術や環境に適応したテスト手法が求められるでしょう。新たな脅威に対応するために、常に最新の知識とスキルを保持することが重要です。

セキュリティ文化の浸透

将来のペネトレーションテストは、単なるセキュリティの評価手法を超えて、組織全体のセキュリティ文化を形成する手段として位置付けられるでしょう。セキュリティへの意識を高め、従業員がセキュリティを日常業務に取り入れる文化を浸透させることで、攻撃への防御力を強化し、持続的なセキュリティを実現する道が拓かれます。

このように、ペネトレーションテストは進化し続けるセキュリティの重要な側面であり、組織の情報資産や信頼性を守るために欠かせない要素となっています。未来に向けてもセキュリティの最前線で活躍するためには、継続的な学習と適応が必要です。

ペネトレーションテストの成果を最大化する方法

リスクベースのアプローチ

ペネトレーションテストを実施する際には、リスクベースのアプローチを採用しましょう。すべての脆弱性に同じ重要度を置くのではなく、実際の攻撃リスクやビジネスへの影響を考慮して優先順位をつけることが重要です。これにより、限られたリソースを最適に活用し、最も重要な脆弱性に対処できます。

レポートの分かりやすさ

ペネトレーションテストの結果を伝える際には、テクニカルな専門用語を避け、ビジネスステークホルダーにも理解しやすい形でレポートを作成しましょう。脆弱性の詳細だけでなく、それに対する具体的なリスク評価や対策提案を含めることで、組織内での意思決定や対策の実施がスムーズに行えます。

定期的なテストと改善

ペネトレーションテストは一度だけの実施ではなく、定期的なサイクルで実施することが重要です。新たな脆弱性や攻撃手法が登場する可能性があるため、継続的なテストを通じてセキュリティ対策をアップデートしましょう。過去のテストの結果を振り返り、改善されたセキュリティポリシーやプロセスが効果的に機能しているかを確認することも大切です。

 

「脆弱性診断ツール/サービス」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • ドメイン設定
    • SQLインジェクション
    • サーバ設定
    • X-Content-Type-Optionsヘッダの未設定
    • URL設定
    • アプリケーションエラーの開示
    • オートコンプリート機能有効化
    • ヘッダインジェクション
    • オープンリダイレクタ
    • クロスサイトスクリプティング
    • HttpOnly属性が付与されていないCookieの利用
    • グラスボックス診断
    • クラウド診断
    • プラットフォーム診断
    • スマホアプリ(iOS・Android)診断
    • Webアプリケーション診断
    • デスクトップアプリ診断
    • SSL設定
    • X-Frame-Optionsヘッダの未設定
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 無料
月額費用 無料~
手数料 ホワイトハッカーへの報奨金の20%
備考
成果報酬型でご提供しております。
制限なし
IssueHunt バグバウンティの資料サムネイル
なし 
電話 / メール / チャット /
簡易プラン 30万円(税別)
備考
機密情報や個人情報を扱わないサイトの診断をご希望のお客様
標準プラン 98万円(税別)
備考
ログイン認証や個人情報を扱うサイトの診断をご希望のお客様
モバイルアプリ診断 72万円(税別)~
備考
パッケージあたり72万円~
(15画面以下の小規模システムについては別途お問い合わせください)
3か月以内の再診断付き
制限なし
脆弱性診断(株式会社レイ・イージス・ジャパン)の資料サムネイル
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン 300,000円
備考
1ライセンス1FQDNの診断の料金です。ページ数制限はありません。
制限なし
Web Doctorの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
備考
予算に応じてLight・Standard・Advancedの3つのコースがあります。
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
One Shotプラン お見積り
備考
まずは1サイト診断したい方
Businessプラン お見積り
備考
診断を内製化したい方
15日
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
プロフェッショナル 85,000円
備考
ドメイン数:1~9個
プロフェッショナル 118,400円
備考
ドメイン数:100~199個
プロフェッショナル 160,000円
備考
ドメイン数:1000~2000個
エキスパート 85,000円
備考
ドメイン数:1~9個
エキスパート 118,400円
備考
ドメイン数:100~199個
エキスパート 160,000円
備考
ドメイン数:1000~2000個
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
利用料金 0円
備考
オープンソースのソフトウェアです。
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
お試しプラン 90,000円(税込)
備考
1社1回限りです。3リクエストまで。無料の再診断がありますが、診断結果が「危険度Medium」以上の項目のみとなります。
スタンダードプラン 440,000円(税込)
備考
10リクエストまで。無料の再診断がありますが、診断結果が「危険度Medium」以上の項目のみとなります。
ボリュームプラン 1,408,000円(税込)
備考
50リクエストまで。無料の再診断がありますが、診断結果が「危険度Medium」以上の項目のみとなります。
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
エクスプレス診断 400,000円
備考
Webアプリケーション診断は、10リクエストまたは6APIまでです。報告会実施の場合別途10万円/回が必要です。再診断は無償です。
エキスパート診断 1,280,000円
備考
Webアプリケーション診断は、50リクエストまたは25APIまでです。報告会実施の場合別途15万円/回が必要です。再診断は無償です。
プラットフォーム診断 250,000円
備考
プラットフォーム診断は、3 IPまたは3FQDNまでです。報告会実施の場合別途15万円/回が必要です。再診断は無償です。
エクスプレス診断 +プラットフォーム診断 550,000円
備考
Webアプリケーション診断は、10リクエストまたは6APIまでです。プラットフォーム診断は、3 IPまたは3FQDNまでです。報告会実施の場合別途10万円/回が必要です。再診断は無償です。
エキスパート診断 +プラットフォーム診断 1,430,000円
備考
Webアプリケーション診断は、50リクエストまたは25APIまでです。プラットフォーム診断は、3 IPまたは3FQDNまでです。報告会実施の場合別途15万円/回が必要です。再診断は無償です。
ペネトレーションテスト 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
デベロッパーライセンス 要相談
備考
自社で開発もしくは運営するWebアプリケーションの診断に利用する場合のライセンスです。各販売代理店から購入できます。
オーディターライセンス 要相談
備考
Vexを利用した脆弱性検査サービスを提供する場合には、こちらの契約が必要です。
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
新規 300,000円
備考
期間限定で99,000円~にて提供の場合もあります。診断方法は遠隔で、診断対象は25ページまでです。
フォローアップ診断 80,000円
備考
再診断メニューです。本診断のレポート提出後、20日以内までの依頼を対象とします。診断方法は遠隔で、診断対象は該当箇所だけです。
個別対応(ReCoVASプロ) 500,000円~
備考
内容は要相談です。
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Webアプリケーション診断(手動) 240,000円~
備考
1リクエストで、報告書を含みます。
スマホWebAPI診断 250,000円~
備考
1リクエスト当たりの料金で、(報告書を含みます。Androidのみの対応となります。
おまかせプラン 要相談
備考
予算等に合わせて対象数を決定いただき、その数を上限にエンジニアが診断対象を選定し、診断を行うサービスです。
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
nessus essentials $0
備考
教育関係者や、サイバーセキュリティのキャリアを始めようとしている学生、個人に理想的なサービスです。 IP アドレスを 16 個までスキャン可能です。
nessus professional $3,729/年額
備考
コンサルタント、ペンテスター、セキュリティ担当者向けのサービスです。サブスクリプションでスキャナー単位のライセンスです。
1年
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン1 $6,995/年額
備考
Burp Suite Enterprise EditionのStarterプラン。自動化されたスケーラブルなWeb脆弱性スキャンを可能にします。5の同時スキャンができます。
プラン2 $ 14,480/年額
備考
Burp Suite Enterprise EditionのGrowプラン。自動化されたスケーラブルなWeb脆弱性スキャンを可能にします。20の同時スキャンができます。
プラン3 $ 29,450~/年額
備考
Burp Suite Enterprise EditionのAccelerateプラン。自動化されたスケーラブルなWeb脆弱性スキャンを可能にします。50以上の同時スキャンができます。
プラン4 $ 399/年額
備考
Burp Suite Professionalです。主要なWebセキュリティおよび侵入テストツールキットです。
1年
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
無料診断 0円
備考
診断回数1回、リスク件数のみ表示です。
ライトプラン 10,000円/月額
備考
1ドメインあたりの料金で、診断ページ数 は500ページ以下です。毎日診断実施可能で、リスク件数、発生している脆弱性の内容・対策方法の案内があります。
スタンダードプラン 17,000円/月額
備考
1ドメインあたりの料金で、診断ページ数 は1,000ページ以下です。毎日診断実施可能で、リスク件数、発生している脆弱性の内容・対策方法の案内があります。
ビジネスプラン 24,000円/月額
備考
1ドメインあたりの料金で、診断ページ数 は1,500ページ以下です。毎日診断実施可能で、リスク件数、発生している脆弱性の内容・対策方法の案内があります。
エンタープライズプラン 要相談
備考
診断ページ数 は1,501ページ以上です。毎日診断実施可能で、リスク件数、発生している脆弱性の内容・対策方法の案内があります。
最低利用期間は1年間(有料版)
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ベーシックプラン 49,800円/月額
備考
1アプリケーションあたりの料金。手軽に続けられる高コストパフォーマンスプランです。
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
Vuls OSS 0円
備考
脆弱性をスキャンします。
FutureVuls standard 4,000円/月額
備考
脆弱性を管理します。1台の料金です。
複数システムの脆弱性を横断管理 要相談
備考
複数システムの脆弱性を横断管理します。最小100台からのプランです。
1ヵ月
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン 0円
備考
オープンソースのソフトウェアです。Greenboneのクラウドサービスなどの料金はお問い合わせください。
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
問合わせの後個別見積
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

重要性と将来の展望

ペネトレーションテストの重要性と将来の展望

ペネトレーションテストは、組織のセキュリティを評価し、未知の脆弱性を特定するための不可欠な手法です。現代のテクノロジー環境では、悪意ある攻撃から情報資産を守ることがますます重要となっています。将来に向けては、AIの活用や新たな技術の進化により、より効果的なセキュリティ対策が求められるでしょう。組織は常に最新の知識とスキルを保持し、ペネトレーションテストを通じて持続的なセキュリティを実現する努力を続けることが大切です。

まとめ

この記事では、ペネトレーションテストとは何か、その重要性、手法、そして将来展望について詳しく解説しました。セキュリティ脅威の増加に伴い、ペネトレーションテストは絶えず進化し、未知の脆弱性を洗い出し、攻撃から組織を守る重要な手段となっています。リアルな攻撃シナリオの設計や継続的な学習を通じて、テストの成果を最大化し、持続的なセキュリティを実現することが求められます。未来に向けてAIとの融合や新たなインフラストラクチャへの適応も重要です。ペネトレーションテストは、組織全体のセキュリティ文化を築き、情報資産を守る鍵となるでしょう。セキュリティのリーダーとして、常に最新の知識とスキルを持ち、未知の脅威に立ち向かう準備をしましょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる