Menu
Close

BIツールの導入事例7選|導入前の課題や導入後の効果を紹介

目次

本記事では、企業がBIツールを導入することで、どのような効果を得られたのかについて紹介します。導入した企業の業種と規模を確認し、導入前の課題から改善の施策、導入後の効果を知ることでBIツールを導入する際の参考にしましょう。

導入事例1:株式会社ハイレックスコーポレーション
(導入製品:軽技Web)

全社のデータ活用基盤として様々な業務システムと連携 各部門の業務効率化・改善に大きく貢献

※出典:株式会社ハイレックスコーポレーション|導入事例|誰でも使えるBIツール軽技Web

業種 企業規模
医療・化学 101名-300名

導入前の課題

株式会社ハイレックスコーポレーションの情報システム部門における課題は、各部署からのデータの抽出・検索依頼が集中し、対応に追われる状況でした。毎日40~60件の依頼が殺到し、急ぎの要件も多く、そのためにIT本来の仕事に影響が及び、業務が停滞していました。依頼は業務に直結した重要なデータ活用要件ばかりであり、各部署の要望に応じて帳票や集計表をエクセル・データに落としてメールで返信する作業が日常的に行われていました。

改善の施策

この課題を解決するため、株式会社ハイレックスコーポレーションではBIツールの導入を検討しました。ITグループの藤田耕治氏が担当し、数あるBIツールの中から、[軽技Web]という製品に注目しました。多機能で高価なツールは必要なく、限定的な機能で使いやすく、全社員に浸透するシンプルなツールを求めました。導入コストが他のツールと比較して桁違いに低く、長期的な運用コストも合理的であることから、[軽技Web]を選定しました。このツールはBIツールとしての役割を果たすと同時に、EUC(エンドユーザ・コンピューティング)ツールとしての側面を持っており、現場での効率改善にも寄与します。

導入後の効果

BIツールの導入により、情報システム部門の業務が大幅に改善されました。月間60件の依頼があったデータ抽出・検索作業は、社員各自が自由に行えるようになり、ITグループの負担が軽減されました。社員は直接データの検索を実行し、CSVやエクセルに落として必要な加工を行い、業務に活用することができます。以前は1件当たり30分かかっていた作業も、ユーザーフレンドリーなインターフェースを持つ[軽技Web]のおかげで効率的に行えるようになりました。また、フォームやレポートの作成が一度行えば何度も使い回せるため、業務の効率化が実現されました。このツールは全社に定着し、日常業務に長く幅広く活用されています。さらに、重要度の高い業務においても欠品リスクを回避するなど、生産性の向上にも寄与しています。

導入した製品:軽技Web

軽技Webの製品情報はこちら→https://digi-mado.jp/products/27154/

軽技Webの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=27154

導入事例2:株式会社マーケットエンタープライス
(導入製品:Sisense)

新人でも膨大なデータ上から問題発見できる仕組み作りを 「次世代BIテクノロジー[Sisense]の活用インタビュー」

※出典:新人でも膨大なデータ上から問題発見できる仕組み作りを 「次世代BIテクノロジー[Sisense]の活用インタビュー」|MarTechLab(マーテックラボ)

業種 企業規模
IT・情報通信 301名-1,000名

導入前の課題

従来、当社では複数のSEOツールを導入しており、自社売上とアフィリエイトのデータを統合して分析する際、重要成果地点が複数存在し、手動集計による収益状況や問題の発見に多くの工数がかかっていました。メディア運用において、CPM、クリック、成果報酬などが複雑に絡み合っており、課題への対応が遅れることが機会損失につながっていました。また、新卒や未経験者もデータを掛け合わせる分析に携わっており、問題を発見できるメンバーが限られている状況でした。

改善の施策

Sisenseの導入により、データ分析の視点を統一し、問題発見にかかる時間を劇的に短縮しました。Sisenseは膨大なデータ量を一度に取り扱い、簡単に問題点を見つけることができる強みがありました。全メディアデータをSisenseに入れておけば、週に1時間程度の時間で、いつでも変動した収益やアクセス状況を把握し、課題を素早く見つけることができるようになりました。特に記事のPV増加と収益の相関関係を素早く把握し、戦略の立案がタイムリーに行えるようになりました。また、データの出し方と掛け合せ方が統一されたため、新人でも分析方法を理解せずに対策を見つけることができるようになり、新たな発見が増えました。

導入後の効果

Sisenseの導入により、問題発見にかかる時間が大幅に短縮されました。従来の3時間かかっていたPVと収益の相関関係の分析は、変化量にフィルタをかけるだけで可能となり、戦略立案プロセスが迅速化しました。また、全メンバーが同じ指標を見ることができるため、記事ごとの収益状態の観測が容易になりました。これにより、新人でも分析が行えるようになり、さまざまな施策の成果観測や新しい「発見」が増えました。今後はSearch ConsoleやKW順位・SimilarWebデータとの連携を強化し、サイト全体の状況と統合的に分析していく予定です。

導入した製品:Sisense

Sisenseの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/25068/

Sisenseの事例一覧はこちら→https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=25068

導入事例3:サラヤ株式会社(導入製品:Zoho Analytics)

Zoho Analyticsの導入で海外拠点の営業の見える化を実現 効率的なデータ分析と経営判断の迅速化にも貢献
※出典:BIツールで海外拠点の営業の見える化を実現|Zoho Analytics 導入事例

業種 企業規模
医療・化学 1,001名以上

導入前の課題

海外事業展開において直面した課題は、海外拠点における営業活動の把握と分析でした。海外拠点からのデータ収集に手間がかかり、また、拠点ごとに使用言語や事業環境が異なり、データの形式もバラ付きがありました。適切な業務支援を行うためには、海外拠点とのコミュニケーションにも課題がありました。

改善の施策

この課題に対して、Zoho Analyticsの導入が行われました。Zoho Analyticsはさまざまなデータソースからデータをインポートできるため、海外拠点のデータ形式の違いを解消することができました。各拠点から収集したデータをスムーズにインポートし、一元化して集計できるようになりました。また、ダッシュボード機能やAI機能「Zia」を活用して、拠点ごとやセグメンターごとに必要なデータを抽出し、効率的な分析業務を行うことができるようになりました。

導入後の効果

Zoho Analyticsの導入により、海外拠点の状況をスピーディーかつ視覚的に把握・分析できるようになりました。データ収集や分析作業が効率化され、莫大な時間と手間を節約することができました。また、経営層へのレポーティングが迅速化され、不確実性の高い経営環境でも迅速な経営判断を支援する役割を果たしています。さらに、海外拠点同士のコラボレーションを促進し、営業推進のツールとしても活用されています。

導入した製品:Zoho Analytics

Zoho Analyticsの製品情報はこちら→https://digi-mado.jp/products/24328/

Zoho Analyticsの事例一覧はこちら→https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=24328

導入事例4:BookLive(導入製品:Domo)

株式会社BookLive

※出典:BookLive Domo導入事例 – Domo | ドーモ株式会社

業種 企業規模
IT・情報通信 101名-300名

導入前の課題

以前は、参照頻度が高いデータを管理ツールで定型化して集計しましたが、深堀りやクロス集計が必要な場合には、システム部門に集計を依頼する必要がありました。このため、データの視覚化と共有がスムーズに行われず、マーケティング部門やストア部門が日々の業務でデータを活用するのに課題がありました。さらに、売上結果を把握するのが月末まで待たなければならなかったため、リアルタイムなマーケティング施策の実施が困難でした。また、データの定義が部門ごとに異なり、共通言語が欠如していました。このような点が、効率的な意思決定と全社員のデータ利用を妨げる課題となっていました。

改善の施策

これらの課題を解決するために、我々はDomoを導入しました。Domoはデータのスピーディーな視覚化と共有を可能にし、マーケティング部門やストア部門などが日常的にデータを活用できるようにしました。特にリアルタイムな売上把握が可能になったことで、目標と実績の管理を日々行い、タイムリーなマーケティング施策を実施する体制を整えました。これにより、売上が目標に達していない場合には迅速に対応し、クーポンの発行などの施策を行うことができます。逆に、売上が順調な場合には広告出稿を抑えて利益率を高めるなど、状況に応じたアクションが可能となりました。

導入後の効果

Domoの導入により、社内の約半数の社員がデータを共通言語として語ることができるようになりました。データの共通化が進んだことで、部門間や個人間での情報の不一致が減り、意思決定が円滑化されました。また、データに基づいた判断が一般的となり、勘や経験だけでなく客観的なデータを頼りにした社風が根付きました。Domoによるリアルタイムなデータの視覚化と深堀りにより、新たな気づきが生まれ、マーケティング施策が効果的に実施されるようになりました。売上や利益が着実に増加しており、データに基づく経営がより確立された結果と言えます。

導入した製品:Domo

Domoの製品情報はこちら→https://digi-mado.jp/products/24418/

Domoの事例一覧はこちら→https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=24418

導入事例5:株式会社ベネッセスタイルケア
(導入製品:Yellowfin)

【導入事例】株式会社ベネッセスタイルケア

※出典:【導入事例】株式会社ベネッセスタイルケア | Yellowfin BI

業種 企業規模
その他 1,001名以上

導入前の課題

介護サービスを提供する同社は、デジタル化を進める際に「理念」と社員の「行動」とをつなげる仕組みを求めていました。同社の理念に共感した社員が集まっているため、デジタル化は単なるペーパレスや作業効率化だけではなく、「ベネッセメソッド」と呼ばれる無形のノウハウを核として活用し、高品質なサービスを提供できる介護人財を育てることを目指していました。

改善の施策

そこで、同社はYellowfinを導入することで、「気づきナビゲーションシステム(気づナビ)」を構築しました。Yellowfinの組み込み機能を活用することで、介護現場の記録データを可視化し、現場スタッフの「気づき」を促し、円滑なマネジメントをサポートしました。また、日々の基本的な記録データやセンサーデータを可視化することで、変化や傾向を見逃さずに把握できるようにしました。さらに、フレイルや事故防止など様々な観点や関連データをダッシュボードに集約し、アウトカムの状況や変化を簡易に捉えられるようにしました。

導入後の効果

Yellowfinの導入により、デジタルデータを活用した真の介護DXを実現するための資産となる自由記述された記録データの意味と価値が深まりました。同時に、介護人財「マジ神」の高い専門性と実践力を持つ知見や観点をデータに融合させた「マジ神AI」の開発も進行中です。これにより、現場スタッフとマネジメント層の行動と判断が変わり、高品質な介護サービスの提供と人財の育成が促進されています。同社はこれらの取り組みを通じて、理念と行動を結びつけ、デジタル化を単なるツールではなく、人財育成の強力な支援手段として活用しています。

導入した製品:Yellowfin

Yellowfinの製品情報はこちら→https://digi-mado.jp/products/24074/

Yellowfinの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=24074

導入事例6:北海道ガス株式会社(導入製品:Dr.Sum)

お客様との強い信頼関係の構築へ向けて顧客情報と地域情報を一元化 ガス業界初の「全社規模の接点業務支援システム」で「 地域とともに発展する総合エネルギーサービスグループ」へ

※出典:北海道ガス株式会社 | 導入事例|ウイングアーク1st

業種 企業規模
その他 301名-1,000名

導入前の課題

北海道ガスは長年にわたり「データに基づく経営」を重視していましたが、2003年のシステム刷新ではBI基盤を導入しました。しかし、データの構造を公開して汎用性を高めたために利用の難易度が上がり、普及が思うように進まなかったとされています。旧システムでは情報システムの管理担当者には融通が利くものの、一般の業務担当者にはデータの取得や抽出が難しく、業務担当の利用しやすさに課題がありました。また、システム拡張や改修によってシステムやデータが散在し、業務担当者は使い勝手の異なる複数のシステムを利用せざるを得ない状況に直面していました。

改善の施策

そこで、北海道ガスは「フレアスト」システムを導入することで、これらの課題に対処しました。システム選定の際には柔軟性を重視し、要件が多様で変化に対応できることを評価しました。また、操作が単純かつ直感的であり、業務担当者が利用しやすいインターフェースを重視しました。具体的な施策として、業務担当を2層に分け、1層目ではシンプルな画面で条件の設定が容易にできるデータ抽出機能を提供し、2層目ではデータ抽出の定義を作る業務担当者層に対しても利便性のあるインターフェースを提供しました。さらに、ウイングアーク1stのBIコンサルタントの支援を受け、データマートの設計に時間をかけ、利用部門からの異なる要望にも対応しました。

導入後の効果

フレアストの導入により、直感的な操作が可能になり、トライ&エラーで目的の情報を引き出せるようになりました。これにより、属人化の解消と業務の標準化、利用拡大が促進されました。さらに、スマートデバイスを利用することで外出先でもデータの即時入力が可能になり、業務の精度とスピードが向上しました。その結果、業務効率は約20%向上したと推測されています。他のシステムとの連携も実現し、二重入力の削減や無駄な中間帳票のなくなりなど、業務系の部門からも評価されました。さらに、利用事例を積極的に紹介し、使い方を知ることで現場での利用が広がっています。

導入した製品:Dr.Sum

Dr.Sumの製品情報はこちら→https://digi-mado.jp/products/23474/

Dr.Sumの事例一覧はこちら→https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=23474

導入事例7:兼松エレクトロニクス株式会社
(導入製品:MotionBoard)

営業パイプラインを見える化し、迅速に意思決定 「報告会議」から「戦略会議」へ会議の質が向上

※出典:兼松エレクトロニクス株式会社 | 導入事例|ウイングアーク1st

業種 企業規模
IT・情報通信 1,001名以上

導入前の課題

兼松エレクトロニクスは、営業部門における商談管理において、手間のかかるデータ加工と限られた表現力のアウトプットが課題となっていました。営業担当者は自社開発の営業管理システムからデータを取り出し、表計算ソフトで加工・分析していたため、時間がかかり、分析のタイムリーな活用が難しくなっていました。営業本部長は会議の戦略的な転換を目指し、手軽かつ直感的に実績や進捗を把握するためのBIツールを要望していました。

改善の施策

兼松エレクトロニクスは、BIツールの導入を検討し、ウイングアーク社の「MotionBoard」を選択しました。MotionBoardはウイングアーク自身が活用しており、具体的な提案内容とグラフィカルな表現力が高く評価されました。また、データ整理にかかる時間と手間を削減するために、ウイングアーク社とリアライズ社の共同ソリューションである「Data Empowerment Solution(DES)」を導入し、データの正規化を委託しました。これにより、BIツールへの早期アクセスが実現し、データ分析のスピードアップが図られました。

導入後の効果

導入からわずか2ヶ月で、兼松エレクトロニクスの営業部門では劇的な効果が現れました。クロージングオペレーションのダッシュボードにより、営業担当者は売上目標の達成状況を直感的に把握し、効果的な戦略を立案することができるようになりました。さらに、月次のマンスリーレポートのダッシュボードにより、実績や着地見込みの時系列データを俯瞰的に分析することが可能となりました。営業部門の利用拡大により、実績管理が統一化され、マネジメントレベルの向上が図られました。

BIツールの活用により、会議の場が単なる報告目的から戦略策定の場へと変化し、データに基づく戦略的な営業が展開されています。さらに、オンボーディングプログラムによるスキル磨きを通じて、兼松エレクトロニクスは自らの能力を高め、営業部門の未来のリクエストにも対応できる準備を進めています。

導入した製品:MotionBoard

MotionBoardの製品情報はこちら→https://digi-mado.jp/products/23116/

MotionBoardの事例一覧はこちら→https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=23116

BIツール16製品の比較一覧

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 必要な機能を標準装備 同業他社のナレッジをすぐに活用できます
  • CSVデータをアップロードするだけで 事業の現状と問題点を見える化できます
  • BIをどのように業務に活用すれば良いか 明確にわかる業務フローを整備
  • 導入時研修と定着化研修を 標準サービスとして提供しています
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 様々なデータソースと連携が可能
  • 様々なデバイスから情報共有が可能
  • 高度なセキュリティを担保
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • テレビCMの効果を事業数値に紐づく指標で計測可能
  • 独自ツールと専門人材による効果分析や施策立案で効果を最大化
  • 高精度のレポートを放映後にすぐ作成、素早く一目で効果がわかる
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 安心利用継続できる自社開発・充実したサポート体制、成功に向けたノウハウ提供体制
  • 業界特有のニーズもカバーした多彩な表現力
  • データ活用を加速させる豊富な機能が揃っています
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 使いやすい、統合プラットフォーム、準備、ブレンド、分析をスピーディーに実行
  • 高度な分析機能とエンタープライズ向けの拡張性
  • アナリティック・プロセス・オートメーションでビジネスを変革
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 担当者が直接データ検索条件を設定でき、スピーディな情報検索環境を実現
  • Excelや帳票の定型レポートをワンクリックで自動生成
  • 業務システムから抽出したデータを簡単操作で集計・分析
  • タスクの組み合わせで、現場レベルの業務をまとめて自動処理
  • 帳票ソフトやデータ分析ソフトと連携し、更なる高機能化を推進
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 「GIAS」でBIツール導入時のよくある悩みを解決
  • 「Sisense Analytics」の簡単な仕組みで高度な分析を可能に
  • Embeded Analyticsで様々なサービスのデータを活用したマネタイズが可能に
  • 100以上のコネクターを用意しており数分でデータ連携が可能
  • プロフェッショナルがダッシュボードの構築からサーバー管理までサポート
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • ビジネスに関する総合的な洞察を引き出すことが可能
  • 多彩な可視化ツールを使用し、様々な切り口からデータを視覚的に分析
  • 高い拡張性と柔軟性を誇るプラットフォーム
  • 強力なセキュリティとガバナンスでデータの持続的な管理と運用を行える
  • テクノロジーでデータ分析を強化し、データからすばやく洞察を取得
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 帳票レイアウトの設計から帳票出力、管理が可能
  • モバイルデータの表示と分析に特化したモバイルBI
  • 独自開発の70種類以上のHTML5グラフでデータをシンプルに表現
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • ETL機能を利用した統合データベースの構築が可能
  • Excelのような使い心地で定型分析・非定型分析を共に実現
  • 既存のExcelファイルとの連携・ELT機能により、最新レポートの簡単共有が可能
  • 分析レポートだけでなく、業務帳票など固定帳票の作成も可能
  • 会社内の複数部門で利用ができる細かな権限設定も可能
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 企業内のデータが一目でわかり、意思決定がタイムリーに!
  • 既存のデータを連携し、データ活用の促進に
  • 社外や外部データとも統合可能でデータの価値UP
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • Web画面のみで完結!ノーコードで簡単操作ができる
  • 1つのライセンスで社内全員のユーザーが利用可能でコスパが抜群
  • 国内メーカーが一貫して対応!高い継続率で安心のサポート体制
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • データの状態が一人目でわかる、わかりやすいダッシュボード
  • AIによる自動分析・監視で専門知識や不必要な手間がかからない
  • 多様なデータの表現でどんな業務にも対応可能
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • ノーコード開発で設定・操作が簡単。使いこなすまで時間がかからない
  • 特許を取得している高速集計データベースで大量データもさくさく処理
  • 自社開発で安心のサポート体制。保守継続率は90%以上
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 各業界特有のニーズにも対応できる多様なデータ表現力
  • データ活用機能が豊富!全社で利用できるプラットフォームを提供
  • 多様なプランでぴったりな利用環境を選べる
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 連想技術により自由度の高い分析が可能
  • マルチデバイスに対応
  • 安全性の高いセキュリティ
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 様々なデータソースと簡単に接続可能
  • 編集・管理・共有が簡単
  • DMPとの連携が可能

BIツールについての詳しい記事はこちら

BIツール16選を徹底比較!企業の経営改善に必須の理由と選び方を解説

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる