Menu
Close

ファイル転送の種類や方法とは?大容量にもおすすめなサービス15選を紹介

目次

この記事では、ファイル転送の基本的な概念から、具体的な転送方法、選択のポイント、関連する課題まで、幅広く詳しく解説します。それぞれの転送方法が最適となるシーンを理解することで、タイムスケジュールに合わせた効率的なファイル転送を実現することができます。これらの知識を活用し、ファイル転送をスムーズに行うための一助としてください。

ファイル転送とは?

 

ファイル転送の基本的な概念

ファイル転送とは、一つのコンピュータシステムから別のシステムへデータを移動するプロセスを指します。これは通信プロトコルを介して行われ、データはバイト列として送信されます。ファイル転送は、単純なテキストファイルから複雑なマルチメディアファイルまで、あらゆる種類のデータを含むことができます。このプロセスは、情報の共有、バックアップ、データ移行など、多くの用途で不可欠です。

ファイル転送の歴史と進化

ファイル転送の歴史は、コンピュータネットワーキングの初期にまで遡ります。初期のファイル転送は、主にコンピュータ間での直接的な物理的接続を介して行われました。しかし、インターネットの出現と共に、ファイル転送は電子的な形式へと進化しました。現在では、FTP、HTTP、SMTPなどのプロトコルを使用して、大量のデータを迅速に、そして安全に転送することが可能です。

ファイル転送方法の種類

USBケーブルを使用した方法

USBケーブルを使用したファイル転送は、デバイス間での物理的な接続を必要とします。以下にその手順を示します。

  1. USBケーブルを使用して、2つのデバイスを接続します。
  2. ファイルを転送するデバイスで、転送したいファイルを見つけます。
  3. ファイルを選択し、コピーまたはカットします。
  4. 他のデバイスを開き、ファイルをペーストします。

この方法は、大量のデータを迅速に転送するのに適していますが、物理的な接続が必要なため、距離が離れているデバイス間では使用できません。

Bluetoothを使用した方法

Bluetoothは、短距離の無線通信技術で、デバイス間でのファイル転送に広く使用されています。Bluetoothを使用したファイル転送は、デバイスが互いに近接している場合に特に有用です。以下にその手順を示します。

  1. 両方のデバイスでBluetoothを有効にします。
  2. デバイスをペアリングし、接続します。
  3. 転送したいファイルを選択し、「共有」または「送信」を選択します。
  4. 「Bluetooth」を選択し、ペアリングしたデバイスを選択します。

クラウドストレージを使用した方法

クラウドストレージは、インターネットを介してデータを保存し、共有するためのサービスです。以下にその手順を示します。

  1. クラウドストレージサービスにログインします。
  2. 「アップロード」を選択し、転送したいファイルを選択します。
  3. ファイルがアップロードされたら、共有リンクを生成します。
  4. このリンクを受信者に送信します。

メール添付を使用した方法

メール添付は、小さなファイルを転送するための簡単な方法です。以下にその手順を示します。

  1. 新しいメールを作成します。
  2. 「添付」または「ファイルを追加」を選択します。
  3. 転送したいファイルを選択し、アップロードします。
  4. メールを受信者に送信します。

これらの方法は、それぞれ異なるシナリオと要件に適しています。適切な方法を選択することで、効率的かつ安全にファイルを転送することができます。

その他の方法

ファイル転送の方法は、上記のものだけに限定されるわけではありません。例えば、Wi-Fi Directは、デバイス間で直接的なWi-Fi接続を確立し、大量のデータを高速に転送することが可能です。また、NFC(近距離無線通信)は、非常に近い距離での小規模なファイル転送に使用されます。さらに、特定のアプリケーションは、特定のファイル形式の転送を容易にするための専用の転送方法を提供することもあります。

ファイル転送方法の選び方

ファイルのサイズ

ファイル転送方法を選択する際の重要な要素の一つが、転送するファイルのサイズです。大きなファイルは、メール添付や一部のクラウドストレージサービスでは取り扱いが難しい場合があります。そのため、大容量のファイルを転送する場合は、ファイルサイズ制限が大きい、または無制限のサービスを選択することが重要です。

セキュリティの要件

ファイル転送は、セキュリティ上のリスクを伴う可能性があります。特に、機密性が高い情報を含むファイルを転送する場合、データの暗号化やパスワード保護などのセキュリティ機能を提供するサービスを選択することが重要です。また、転送されたファイルのアクセスログを提供するサービスは、不正アクセスの検出に役立つ場合もあります。

送信速度

ファイル転送の速度は、時間が重要な要素となる場合に特に考慮すべきです。大容量のファイルを転送する場合や、時間に制約がある場合は、高速な転送速度を提供する方法を選択することが重要です。しかし、速度はインターネット接続の品質や、転送するファイルのサイズにも影響されます。したがって、最適な転送速度を達成するためには、これらの要素を考慮に入れる必要があります。

使いやすさ

使いやすさは、特に技術的な知識が少ないユーザーにとって重要な要素です。複雑な手順や理解しにくいインターフェースは、ファイル転送のプロセスを困難にする可能性があります。そのため、直感的なインターフェースと簡単な手順を提供するファイル転送方法を選択することが、効率的なファイル転送を実現するために重要です。

ファイル共有とファイル転送の違い

定義と目的の違い

ファイル転送とファイル共有は、似ているように見えますが、定義と目的には重要な違いがあります。ファイル転送は、一つのデバイスから別のデバイスへの一方向のデータの移動を指します。一方、ファイル共有は、複数のユーザー間でデータを共有し、同時にアクセスと編集を可能にすることを目指しています。したがって、適切な方法を選択するためには、これらの違いを理解することが重要です。

使用シーンの違い

ファイル転送とファイル共有は、それぞれ異なる使用シーンに適しています。ファイル転送は、一方的に大量のデータを送る場合や、特定のデバイス間でデータを移動する場合に適しています。一方、ファイル共有は、チームでのコラボレーションや、複数のユーザーが同時にアクセスする必要がある場合に有用です。これらの違いを理解することで、特定のタスクに最適な方法を選択することができます。

ファイル転送の課題と解決策

セキュリティの問題

ファイル転送は、セキュリティ上のリスクを伴う可能性があります。データが第三者によって傍受されたり、改ざんされたりする可能性があります。また、転送されるファイルがマルウェアに感染している場合、それが受信デバイスに広がるリスクもあります。これらの問題を防ぐためには、信頼性の高い転送方法を選択し、必要に応じてデータを暗号化することが重要です。

大容量ファイルの転送問題

大容量のファイルを転送する際には、いくつかの問題が生じる可能性があります。例えば、転送時間が長くなる、転送中にエラーが発生する、受信デバイスのストレージスペースが不足するなどです。これらの問題を解決するためには、ファイルを圧縮したり、大容量ファイルに対応した転送方法を選択したりすることが有効です。

送信速度の問題

ファイル転送の速度は、転送するファイルのサイズや、使用する転送方法、インターネット接続の速度などによって大きく影響されます。送信速度が遅いと、大量のデータの転送に時間がかかりすぎて作業効率が低下する可能性があります。これを解決するためには、高速な転送速度を提供する方法を選択するか、不要なデータを削除してファイルサイズを小さくするなどの対策が必要です。

ファイル転送サービスのおすすめ15選

文書管理システムファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 誰もが使いやすいインターフェイスで業務効率を向上
  • 管理者の手間を省く、現実的で豊富な管理機能が魅力
  • モバイル活用もできるので、社外からの業務も行いやすい

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 法人向けサービスは業務における大容量ファイル送信が可能
  • 送受信機能を利用し、ファイルのやり取りをする相手が都度異なる場合に対処
  • 共有機能により、企業間での継続的なファイル共有が楽
  • 転送ファイルのウイルスチェック、アクセスログ管理で万全なセキュリティ対策

文書管理システムファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 機械学習とポリシー設定によるコンテンツの保護
  • 共同作業を効率的に行い、ワークフロー作成を迅速に作成可能
  • 電子サインの搭載とアプリの統合機能により業務を円滑に

ファイル共有サービス

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • セキュリティと保護対策の実施で安全なファイル共有
  • すべてのデバイス間でファイルを自動的に同期
  • オンラインバックアップとデータのリモートワイプ
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • ファイル自体をAESで自動暗号化して保護
  • ファイル無害化、メール無害化製品との連携
  • 承認ワークフロー、ログ管理、ウイルスチェック
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 安全性の強化・改善、24時間×365日有人監視
  • 社内不正対策の強化(PPAP対策の強化も可能)
  • 大容量・大人数も対応、直感操作で低コスト

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • クラウドサービスが初めての方にも使いやすいシンプルな設計
  • 充実したセキュリティ機能で大切な情報を保護
  • 名刺をスキャンして、どこでも情報を参照できる

ファイル共有サービス

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • ユーザー数無制限なので、使用する人が増えても心配なし
  • 普段のパソコンと同じような操作で、業務効率アップ
  • セキュリティを守りながら、取引先とデータを共有化

文書管理システムナレッジマネジメントシステムファイル共有サービス

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • ウィキペディアのように利用し、情報を書き込み蓄積する
  • 高機能の検索エンジンで欲しい情報が簡単に見つかる
  • アクセス制限やファイル共有など機能が豊富

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 高い信頼性を持つファイル共有サービスなので安心して使用できる
  • 徹底した対策により高い安心と安全性を獲得
  • ユーザーの視点に立ったサービス展開と高い機能性

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 慣れ親しんだデザインでローカルのような使い心地
  • 端末上のアプリで直接ファイルやフォルダを開ける
  • 従来のストレージサービスには無い操作感の実現

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • きめ細やかなアクセス権限を設定し運用可能
  • ユーザーとデータを一元管理し、インシデントの原因究明が可能
  • 信頼のおけるアマゾンウェブサービスのデータセンターを利用

ファイル共有サービス

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • メール添付、メディア輸送から脱却し利便性と安心感を両立
  • 共有ミスが起こりにくいシステムを実現、ミスを少なく
  • 法令上の「委託」に該当することなく個人情報をアップロード可能

ファイル共有サービスオンラインストレージ

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 新バージョンと旧バージョンが選べる、使い勝手に優れたストレージシステム
  • EFFICIENCY MANAGEMENT 極めて高い水準の安全性と運用性
  • 社内組織、チーム内でのスムーズなファイル共有
  • 通信経路および保管データの全てを強力に暗号化

ファイル共有サービス

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 純国産だから信頼できる国内データセンターと暗号通信
  • ファイル共有を自動化して業務効率を改善
  • ファイル共有・転送の安全性を高めるセキュリティの管理機能
  • あらゆる業種、あらゆる規模、さまざまなビジネスシーンでの確かな実績

ファイル転送を活用しましょう

この記事では、ファイル転送の基本的な概念から、具体的な転送方法、選択のポイント、関連する課題まで、幅広く詳しく解説しました。適切なファイル転送方法を選択することで、セキュリティの確保、大容量ファイルの効率的な転送、送信速度の最適化など、多くの課題を解決することが可能です。また、それぞれの転送方法が最適となるシーンを理解することで、タイムスケジュールに合わせた効率的なファイル転送を実現することができます。これらの知識を活用し、日々の業務やプライベートでのファイル転送をスムーズに行うための一助としてください。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる