Menu
Close

ATS(採用管理システム)29選!料金や機能、強みなどで徹底比較

目次

昨今では、会社で採用する人材も多岐に渡っています。これまでであれば、大卒などの新規採用者がメインでした。しかし、最近は中途採用者として社会人枠を設けている会社も珍しくありません。

また、インターンシップ制度などを活用して将来的に自社にとって有益である人材を発掘することを目的として導入している会社も多いのではないでしょうか。そのため、人事担当部署に属している担当者は、これまで以上に情報管理および解析などに時間を要していることでしょう。

このように、多様化する人材確保に対応するためにはIT化の推進が喫緊の課題となっているのです。本記事では、そのような背景を踏まえてATSの概念や導入に伴うメリットおよびデメリットを解説します。

ATS(採用管理システム)とは

ATSとは、正確にはApplicant Tracking Systemと表記されます。これらの頭文字を取って、ATSと称されているのです。ATSの本質は、採用管理システムに特化しているITであるということです。

そのため、人事担当部署などが執行している人事採用に関連する業務を一元化して管理することが可能となっています。ATSを導入することで、求人管理・情報管理・先行管理・内定者管理などのさまざまなカテゴリを包括的に運用管理することができるのです。

ATSの単語の中に含まれている「Tracking」は、追跡という意味を持っています。このことから、ATSでは会社に応募して来た人材が、採用に至るまでのフェーズにおいてどのフェーズでどのような評価となっているのか追跡できるシステムとなっています。

採用管理システムについての記事はこちら↓

採用管理システム比較29選!自社の採用方法に最適な製品の選び方

ATSに備わっている機能

ATSでは、上述したように求人管理・情報管理・先行管理・内定者管理などのさまざまなカテゴリを包括的に運用管理することが可能です。

そのため、さまざまな機能が搭載されており、これらを活用することで人事採用に関連する業務を一元管理できるのです。なお、ATSに搭載されている具体的な機能とは、次のとおりです。

 

  • 求人を募集するためのホームページ作成機能
  • 人材を募集する際に活用している複数の求人広告を一元管理する機能
  • 求人を行うための媒体と連動させた応募者一元管理を行う機能
  • 会社への応募から面接までのフェーズを自動化する機能
  • 履歴書などの応募者情報を一元管理する機能
  • メールといった応募者と会社でやりとりをするコミュニケーションツールをシステム内で行える機能
  • 応募者の面接評価を隔離する機能
  • 採用に至るまでの選考に関する進捗状況を管理する機能
  • 効果分析およびレポートの作成をする機能

このように、ATSには人事採用に関する業務の効率化に寄与する機能が多数搭載されています。

ATSを導入するメリット5つ

ATSでは、それらの機能を活用することで業務効率の改善が大きく期待できます。また、PDCAサイクルを構築してスパイラルアップさせることで、さらなる業務効率の改善も可能となります。

ATSを導入することで、業務効率の改善による恩恵を受けてコスト縮減が期待できます。これまでに必要であった作業時間を削減することができますので、生まれた時間を有効活用することでこれまで以上に精度の高い採用戦略を構築することが可能です。

このように、ATSの導入に伴って会社に与えるメリットは非常に大きいと言えるのです。ここからは、具体的なメリットについて詳しく解説します。

 

  • 一元管理
  • 情報更新
  • 情報共有
  • ヒューマンエラーの防止
  • データ蓄積および分析

1.一元管理

複数の媒体において掲載している求人案内や採用媒体の情報などを一括管理することができます。これらの情報を一元管理することで、会社に応募している人材の情報を集約することが可能です。

また、適切な一元管理が可能であるということは、それらの情報をデータベース化できますので、情報の検索なども容易になります。

2.情報更新

これまで、人事担当者の情報管理に活用されていたのはエクセルなどが主流でした。しかし、エクセルなどでは応募者の採用に至るまでの進捗状況を迅速に反映させるための労力が非常に大きく、人事担当者の大きな負担となっていました。

ATSではこれまでのエクセルデータとは違って人事担当者が保有している応募者の各種情報を、システムを通じて自動更新することが可能です。そのため、人事担当者が目にする情報は常に最新版のものへと更新されているため、情報に関するタイムラグが限りなく小さくなるのです。

また、エクセルなどと比較すると情報更新に要する労力も飛躍的に小さくなりますので、業務効率改善も期待できます。

3.情報共有

ATSのシステムにて人材情報のデータベースを構築することで、個人の担当者で把握していた各種情報を人事担当部署全員に共有することが可能であるため、業務効率が飛躍的に向上します。

また、採用に至るまでのフェーズごとで進捗状況を確認することも可能であるため、応募者に対してきめ細やかな対応をすることが可能です。なお、会社の人材採用に関する情報は人事担当部署のみが必要であると限定されているものではありません。情報の種類によっては、他部署へも横断的に情報展開する必要があるのです。

ATSでは、ユーザー権限を設定することでアクセス可能となるデータの範囲を細かく設定することができます。例えば、情報の種類が5種類であったと仮定すると、人事担当部署は全ての種類にアクセスすることが可能であり、他部署であれば3つの種類にアクセスできるように設定することができるのです。

このように、さまざまな部署において必要な情報のみピックアップしてアクセスできるように設定することで、情報漏えい防止にも繋がります。

また、ATSのシステムを活用して応募者に関する情報は適切に管理し、リアルタイムにおいて最新情報を社内の関連部署を含めて情報展開できることで、パソコンなどの媒体で確認することができますのでペーパーレス化にも寄与します。

4.ヒューマンエラーの防止

従来において使用していたエクセルなどと比較すると、ATSではシステム上で処理を行っている項目が増える傾向にあります。そのため、これまでは手入力であった部分がシステムで自動化されることで、担当者が自ら手を動かす必要がなくなる項目が増え、データ入力などにおいて発生するヒューマンエラーを防ぐことができます。

また、ATSのシステムにおいて情報の一元化が図れていますので、応募者に関する各種情報の更新や採用に関する進捗状況を他部署間においても情報展開することが可能です。これにより、情報伝達が上手くできていないことに起因するヒューマンエラーも防ぐことができます。

なお、応募者に関する各種情報を更新する機能では、一覧画面などにおいてメモを残すことも可能となっていますので、活用されると良いでしょう。

5.データ蓄積および分析

優秀な人材を採用するためには、応募者の各種情報をカテゴライズして適切に管理する必要があります。そのためには、これまでに応募して来た人の情報や採用者の情報を蓄積することが極めて重要です。蓄積された情報は、それだけでは有効活用することはできません。

しかし、データを分析するためには蓄積された情報が多いほど、さまざまな戦略を考慮した人材採用の計画を構築することができるのです。例えば、求人媒体に着目して応募率や採用率との相関性を確認することで、採用率の高い求人媒体が明確となります。そうすることで、求人媒体の数を取捨選択して効率の良い求人媒体の身に絞ることもできるでしょう。

一方、採用候補者の情報を詳細に分析することで、自社における採用担当者の対応改善などを図ることもできます。

このように、情報の蓄積と分析をすることでさまざまな戦略を構築することができるのです。

ATSの選定ポイント6つ

ATS(採用管理システム)を導入するときは、自社に最適な製品を選ぶことが重要です。本章では下記5つの観点から、自社に最適な採用管理システムを選定するポイントを解説します。

 

  • 新卒や中途、アルバイト・パートなどの採用方法に対応しているか
  • 採用活動において改善・効率化したいことは何か
  • 自社の採用ページを作成できるか
  • 利用している求人媒体やエージェントとの連携に対応しているか
  • サポート体制に優れているか
  • クラウド型かオンプレミス型か

1.新卒や中途、アルバイト・パートなどの採用方法に対応しているか

採用管理システムはどんな人材を採用するのかによって製品選定の軸が異なってきます。システムの種類は大きく下記のように分けられます。

 

  • 新卒採用を強みとしているシステム
  • 中途採用を強みとしているシステム
  • 新卒、中途の両方に対応しているシステム
  • アルバイトやパートの採用を強みとしているシステム
  • クラウド型かオンプレミス型か

 

このことから、システムを検討する際には採用方法を明確にしてから製品を選定することが重要だといえます。新卒も中途も採用したいなどの場合は、一つのシステム上でその両方に対応している製品を選ぶのが良いでしょう

2.採用活動において改善・効率化したいことは何か

採用管理システムを導入する目的として、どのプロセスを改善・効率化したいか考えることも重要です。システムによって強みとしている部分が異なるため、目的に合う製品を選びましょう。

強みの例としては以下が挙げられます。

 

  • 応募者とのやりとりや日程調整などの効率化を強みとしている
  • レポート機能に優れ、採用活動の改善に繋げられることを強みとしている
  • 他システムより多くの求人媒体やエージェントと連携し、一元管理できることを強みとしている

 

さらに、これらの中で一つだけに強みがあるのではなく全てに満足できる機能を備えているシステムもあるので、予算の範囲で可能ならば検討してみると良いでしょう。

3.自社の採用ページを作成できるか

今後の採用活動を求人媒体やエージェントに頼らず内製化していきたい場合は、自社の求人ページを作成できる機能が備わっているシステムがおすすめです。

また、求人ページ作成機能はあっても製品によって検索順位の向上まで図れる機能があったり、作成できるコンテンツの充実度が異なったりするため、自社で求人を作成することの重要度に見合った製品を選定しましょう。

4.利用している求人媒体やエージェントとの連携に対応しているか

採用管理システムでは求人媒体やエージェントと連携して応募者情報を自動で取り込めます。しかし、連携機能があっても自社で利用しているサービスに対応していないと、その機能が使用できないということになりかねません。

そのため、応募者を自動で取り込む機能がある製品を検討している場合は、自社で利用している求人媒体やエージェントに対応しているかを必ず確認しましょう。

5.サポート体制に優れているか

システムの導入時やその後の運用で操作の不明点などが出てくる可能性があります。そのような時に、サポートが優れていれば少ない時間での解決が可能となり、スムーズに業務を進められます。

さらに、製品によっては不明点の解決だけでなく、現状の分析から課題を見つけて改善を提案してくれるサポートサービスも存在します。どの程度サポートが必要か、導入前に検討しましょう。

また、導入前に無料トライアルを利用して、導入後の業務を実際に体験してみることも選定の際に有効です。そのシステムの使いやすさやどの程度業務を改善できるかがわかるため、無料トライアルが実施できるのであれば利用することをおすすめします。

6.クラウド型かオンプレミス型か

ATSは、2種類のタイプに大きく分類することができます。ATSが導入され始めたころは、自社運用型と称されるオンプレミス型が一般的でした。

しかし、昨今においてはインターネット環境などの充実性もあり、イニシャルコストを必要としないクラウド型と称されるATSも増えています。ここからは、タイプの違う2種類のATSについて詳しく解説します。

オンプレミス型

オンプレミス型は、ATS専用のソフトフェアを購入して自社サーバーにインストールすることで利用することができます。しかし、ソフトウェアの購入が必要であり運用するためのランニングコストも必要となるため、コストが大きくなる傾向にあります。

一方、自社サーバーを使用してシステム構築しているため、外部からの不正アクセスなどに対しては極めてセキュリティ性が高く、情報漏えいしてしまうリスクは低減できます。社外秘の情報などをたくさん扱っている会社などに対しては、オンプレミス型の方が優れていると言えます。

クラウド型

クラウド型とは、インターネットなどの環境が構築された媒体から利用することが可能であるATSです。そのため、パソコン・スマホ・タブレットなどインターネットに接続することが可能な媒体であればアクセスすることができますので、社内だけに限定されず社外からでも操作することが可能です。このように、クラウド型は極めてオンプレミス型と比較すると利便性は高いと言えるでしょう。

しかし、インターネットに接続できる媒体から容易にアクセスできるということは、社外の人間などからの不法アクセスもしやすいと言えるのです。そのため、セキュリティ対策に万全を期さなければ情報漏えいにつながってしまい会社の信用が失墜しますので注意が必要です。

一方、クラウド型では自社サーバーを必要とせずソフトウェアを購入する必要がありません。そのため、ATS導入時のイニシャルコストが発生しないことが大きなメリットとなっています。

また、システムのバージョンアップなどの行為はATSシステム管理会社が行ってくれるため、自社で行う必要がないこともメリットであると言えるでしょう。

ATS(採用管理システム)のおすすめ29選を比較

採用管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 初回の契約継続タイミングにおいて契約を継続されたお客様の契約継続率95%以上
  • 徹底した安全性、情報漏洩のリスクを減らすことができます
  • 徹底した安全性、情報漏洩のリスクを減らすことができます
  • 聞きたいときに気軽に相談できる体制を整えています
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 研究により高度なSEOを施した採用Webサイト
  • 主要な求人検索エンジンへの求人情報の自動配信や、セグメントした求職者への広告配信
  • 今後の採用戦略に活かせる効果測定が可能に
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • オリジナルカスタマイズの公式採用Webサイトを作成
  • 求人案件の管理を容易にするための、さまざまな機能を搭載
  • Indeedのオーガニック求人に無料で自動転載
トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 全ての応募者情報を一元管理
  • 1件の応募を大切にする様々な機能
  • 課題の抽出と解決方法をご提案

採用管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 多くの媒体の自動取り込みを実現し、システムも随時アップデート
  • リアルタイムに採用活動を管理し、情報のアウトプットも簡単
  • 求人原稿ごとの応募状況、広告の登録・管理が可能

採用管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 チャット 

製品のおすすめポイント

  • フォーム作成も可能な採用ページを作成し、エージェントとの連携も可能
  • 情報を整理しやすい選考管理の仕組みが心強い
  • 評価と内定通知も適切かつ効率的に推進できる

採用管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 簡単、手軽に求人掲載できる入力フォーマット
  • 採用ページを自社Webサイトに表示可能で、大手求人サイトへの掲載も自動
  • スマートな応募者確認・対応が可能で、面接日時の設定もチャット形式でスムーズ

採用管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • リファラル採用の活動量と定着度を可視化して課題を把握
  • 大事な社員心理のフォローと、分かりやすい紹介のフロー
  • 経験豊富なアドバイザーの支援で運用面も安心
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • マイナビとシームレスに連携しているので、多くの学生が使いやすい
  • 採用のすべてをオンラインで行えるので、仕事場所を問わない
  • Web管理と見やすさを両立するPDF帳票

採用管理システム

トライアル 有り
サポート メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 自社採用のプロセスを効率化し、従業員の定着も行う
  • 人材紹介会社の採用を、プラットフォーム上で管理して効率化
  • 外部ツールとの連携やSNSの利用で採用活動の幅が広がる

採用管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 状況に応じて2種類のWEB面接手法を使い分け
  • AIの力で印象を定量化し、公平な選考を実現
  • 映像データから、AIでコミュニケーションを定量化
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 会社の理解を促進するコミュニケーション機能
  • 経験に即した万全のサポート体制とセキュリティ
  • ビジネスマナーとExcel講座のeラーニングなど充実の教育機能
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • エージェントからの候補者情報を自動で登録
  • 登録数は無制限なので、上限を気にせず採用活動を管理できる
  • メール不要の日程調整機能で、採用業務を効率化

採用管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • リファラル採用を手軽に導入し、社員参加を促進
  • 活動状況が分かりやすいので、分析・対策もスムーズに行える
  • イメージ調査にてNo.1獲得の実績があり、サポートも万全

採用管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 自社の採用Webサイトがドメイン不要で、誰でも簡単に作れる
  • 応募者の進捗がひと目で分かりやすい応募者管理
  • 採用Webサイトを作ることで自社のブランド価値も向上
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • Indeed/Googleしごと検索など各求人検索エンジンと連携
  • 採用のプロフェッショナルチームが専属サポート
  • 採用活動に必要な機能は全て用意しています
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 初めてシステムを利用する方でも誰でも簡単に使えるシンプルな設計です
  • 業界最安値クラスの利用料金を実現・維持しています
  • エージェントとの円滑なコミュニケーションを実現します
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • あらゆる採用手段で母集団形成を強化できます
  • 採用課題を発見、データで採用強化・効率アップ
  • 面倒な作業を削減し、採用活動に集中できる

採用管理システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 新卒採用・中途採用の状況が一元管理できます
  • わかりやすさ」にこだわったデザインです
  • 複雑な採用業務を一目でわかるフロー図で可視化できます

採用管理システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • LINE連携の採用管理システムだと管理が楽になる
  • チャート形式による 選考状況の可視化で、他の採用管理システムにはない使いやすさ
  • Reworksで、新卒採用はこう変わる!
  • AWS利用による万全のセキュリティ体制を実現
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • Indeedを中心としたさまざまな求人検索サイトへの連携
  • 人材業界のノウハウを活かしたリッチな採用HPで応募集客の向上を実現
  • 応募から採用までの煩雑な採用業務を効率化
  • 採用状況を可視化することでボトルネックを解消し採用コストダウン
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 候補者の母集団に頼った採用の限界を突破する
  • HRアナリストが採用面接官のスキルアップをお手伝い
  • 現場への導入はカンタン。パソコン・タブレットでも書類でも

採用管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • これからは、採用「管理」だけでは不十分です
  • next≫なら採用移行率が驚くほど上がります
  • 初回接点から内定後フォローまですべてがLINEで完結
  • 採用担当者にとって「これがあればいい」という採用ツールは存在しない
  • 募管理+採用マーケティングに特化した機能

採用管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • LINEを採用活動で利用する企業が急増中
  • HR PRIMEは採用活動を成功に導きます
  • LINEを使って採用業務工数の削減と、採用成果の最大化を実現する

採用管理システム

トライアル 無し
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • LINEとメールを一元管理でらくらく操作
  • 初めての方でも安心の導入実績600社以上です
  • LINE上で求職者に自動で選考の日程を調整

採用管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 卒採用向け採用管理システムでは導入シェアNo.1
  • 採用効果を高めながら業務を効率化できます
  • ヒューマネージの採用ソリューション。企業が求める人材をいかに獲得するか
  • 豊富な機能と“人”による充実したサポートで採用業務を最適化
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • んなが使いやすい、シンプルでわかりやすい設計
  • 採用コミュニケーションのスピードアップに貢献
  • 圧倒的コストパフォーマンス、必要な機能を低価格で定額で活用可能
  • 外部サービスとの連携も充実、様々なサービスと連携
  • 厳重なセキュリティと高い信頼性で、大切なデータを守ります

採用管理システム

トライアル 無し
サポート メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 採用活動の全てをハーモス採用1つで完結しているので採用状況がカンタンに可視化
  • 採用レポートから、自社の採用課題が分かります
  • データに基づき採用を改善し、自社の採用力が上がります
  • 豊富な機能であらゆる採用業務をサポートします

採用管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • スクラム採用のための採用管理システム
  • 業務に沿ったシームレスな体験で候補者対応がスムーズ
  • 本当に必要なデータだけを正確に可視化

ATSを導入する際の注意点3つ

物事を深く考えずにATSを導入してしまうと、会社にとってプラスどころかマイナスに働いてしまうこともあります。そのため、ATS導入に際しての注意点を理解することが重要です。ここからは、具体的なATS導入時の注意点について詳しく解説します。

 

  • 規模の適正化
  • 操作性
  • 柔軟な連携

1.規模の適正化

会社の規模によっては、大々的に採用しないところもあるでしょう。例えば、年間を通して若干名しか採用しない会社であれば求人についてもそれほど大規模に展開する必要がありません。

そのため、ATSのシステムを導入したとしてもわずかしか求人を出さず、採用者数が少ない貨車であればコストの方が多額となってしまうので、会社の規模を考慮して最適な機能が搭載されているATSを選択することが重要です。

2.操作性

ATSの操作性が複雑であると、システムを運用する担当者の習熟度に大きく影響します。そのため、必要な機能を確保しながらだれでも簡単に扱える操作性を有しているATSを選択することが重要です。

3.柔軟な連携

自社において、既存システムが運用されている場合、新たにATSを導入することで思わぬ干渉を引き起こしてしまう可能性があります。そのため、現在運用しているシステムと新たに導入するATSシステムがおかしな干渉を起こさず、スムーズに連携を取ることが可能なのか事前に確認しておくことが重要です。

ATSのデメリット3つ

ATSを導入することで大きなメリットを受けられるのは上述したとおりです。しかし、ATS導入に伴ってデメリットがあることも忘れてはいけません。デメリットを正確に理解することで、ATSをより一層有効活用することができるのです。ここからは、具体的なデメリットについて詳しく解説します。

 

  • コスト
  • 機能の適正化
  • 操作性

1.コスト

ATSのシステムは各社から提供されていますが、無料という訳ではありません。有料となっていることから、コストは必ず必要となるのです。コストの種類としては、ATS導入時に必要となるイニシャルコストがあります。

イニシャルコストは、ATS導入時にのみ必要となるコストですので、一過性のものであるとご認識いただきたいと思います。なお、ATSの種類によってはイニシャルコストが発生しないものもあります。

次に必要となるコストが、ランニングコストです。こちらのコストについては、ATSを使用し続ける限り永続的に発生するコストとなっていますので注意が必要です。

ATSの使用料として毎月発生するものであり、各社によってばらつきはありますが数万円単位となっているところが多く見受けられます。例えば、会社設立から30年間に渡ってATSを使用したとなると、発生するランニングコストは次のとおりです。

・50,000円(1月当たり)×12ヶ月(1年間)×30年=18,000,000円

このように、長期間の観点で捉えると莫大なコストが発生するため注意が必要です。

2.機能の適正化

ATSでは、人事担当部署などが行っている各種業務を効率化するためのさまざまな機能が搭載されています。しかし、ATS導入前に自社で採用していたフローに柔軟に組み込めなければ意味がありません。

また、これまで活用していた機能やルールをATSで踏襲できなければ、逆に業務効率の悪化に繋がりかねません。そのため、ATSに搭載されている機能が自社が求めている機能とマッチしているかどうかについて、深く考慮する必要があるのです。

3.操作性

ATSを新たに導入すると、従来とは違った手法を採用することになります。今までとは違うシステムを利用しなければならないため、操作方法が分からないといった問題が発生することが懸念されます。そのため、最初はシステムに慣れていないため作業スピードが遅くなってしまうこともあるのです。

また、システムの操作方法などを理解してもらうための研修なども必要に応じて開催しなければなりません。このように、ATS導入に伴う操作について対処しなければならないのです。

ATSが注目されている理由

日本では、現在において高齢化社会の進行が顕著となっていることから、現役世代の労働者は今後においても減少傾向となっています。

そのため、会社が優秀な担当者を欲していても応募が来ない可能性も否定できません。どんな人材でも良いわけではなく、優秀な人材をどれだけ会社全体で確保できるのかが重要なのです。団塊の世代が退職を迎えるタイミングとなっていますので、退職者に応じた人材を確保することは会社にとって急務となっています。

しかし、採用した人材によってはこれまでの担当者が行っていた業務を適切に執行できないこともありえることから、単純な人材補填としての人事採用では適切な会社の執行体制が確保できないのです。

また、人材とは会社の財産であるため、優秀な人材が不在では会社の成長にはつながりません。よって、今求められていることは、「他社の競合会社と比較して自社の強みはどのような項目があり、優秀な人材を確保するためにどのような対策を講じなければならないのか」を正確に把握することです。

ATSの多種多様な機能を活用することで、それらを正確に分析できるようになるためATSには注目が集まっているのです。

ATS(採用管理システム)の導入目的

ATSを導入することの最大の目的とは、会社に人材を採用する際に必要となる業務を効率化させることです。昨今では、どの業界においても働き手は不足しています。そのため、人事担当部署などに配置できる人員数も限られており、一人当たりの業務量は増加傾向にあるのです。

ATSを導入することで、応募者に関連する各種データの一元管理・集計およびデータの分析、人材を募集している職種単位での応募進捗管理・応募者へのメール自動送信など、これまで人事担当者が行っていた実務ベースの作業をさまざまな形でサポートしてくれます。

採用管理システムは多彩な機能を備えていて、応募者が採用に至るまでフローである応募者受付から面接の実施、会社への採用確定までの業務を効率化することができます。業務効率が改善することで、会社としては残業時間の削減など適切な労務管理が可能となります。

また、担当者は適切なライフワークバランスを保つことができますので心身ともに健全な状態を保つことができるでしょう。

ATSによる雇用形態の多様性

昨今では、新規採用者だけでなく中途採用やアルバイトなどを採用することもあり、雇用形態は多岐に渡ります。そのため、ATSのシステムにおいても雇用形態の多様性に柔軟に対応できることが求められているのです。雇用形態によって、ATSに求められている機能とは次のとおりです。

 

  • 新規採用者
  • 中途採用者
  • アルバイト
  • リファラル

1.新規採用者

メールなど、応募者と人事担当者とのコミュニケーションを円滑にするための機能が求められています。新規採用者にスポットを充てた場合、ATSのシステムでは学生や学生関係者との関係性を良好に構築できるコミュニケーション機能が求められます。

そのため、各種就職活動に活用されている媒体を使用することなく、自社に備わっている魅力だけで人材獲得が可能となるノウハウを蓄積することができます。

2.中途採用者

さまざまな経験を有している人材であるため、人事担当部署だけでなく関連する他部署との円滑な情報共有が可能となる機能が求められています。

社会人枠など、同一業種や異業種の経験を積んだ人材を確保することが可能であるため、即戦力として期待できます。

3.アルバイト

産前産後休暇や年度途中の離職など、想定外かつ突発的な事象に対処できる機能が求められています。不測の事態などに直面したときに、欠員などが生じてしまうと部署内における一人当たりの業務量は増大し、繁忙となってしまいます。

そのため、迅速性を持って不測の事態に対応できるように早急に求人情報を更新して人材不足を解消しなければなりません。状況によっては、既に離職してしまっている人材や人事採用において不採用に至った人材にも積極的に情報を流すことも想定されます。人材情報を一元管理しているATSを活用することで、これらの局面を乗り切る手段となるでしょう。

4.リファラル

リファラル採用とは、自社の社員が他社を推薦することで会社への採用を進める手法です。新規採用者や中途採用者の採用と異なり、自社の業務内容を深くまで理解している社員が、該当業務を適切に執行するために問題がない人間であることを前提に人材を採用しますので、自社とのマッチング精度は他の採用方法と比較すると圧倒的に高いことが特徴となっています。

そのため、中途採用者と同様に即戦力であることが期待でき、既存業務の質を速やかに向上することができるのです。現場における採用部門との情報共有が迅速であるATSが良いと言えるでしょう。

採用の多様化・効率化にはATS(採用管理システム)の導入が必須

ここまで、ATSの概念や導入に伴うメリットおよびデメリットについて解説しました。ATSは、昨今においてはクラウド型が主流となっていますのでイニシャルコストを要するこがありませんので、導入に伴うハードルは比較的低いといえます。

また、ATSを導入することで業務効率の改善が期待できますので、会社にとっても社員にとっても嬉しい環境が構築できると思います。ATSを導入することにより恩恵は非常に大きなものとなっていますので、是非ともATSの導入を検討されては如何でしょうか。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる