Menu
Close

troccoの導入事例

業務・情報を可視化したい 作業を自動化したい 個人の生産性を高めたい

trocco®️ によってデータを統合。エンジニア工数の創出と営業CVR向上を実現

※出典:trocco®️ によってデータを統合。エンジニア工数の創出と営業CVR向上を実現 | trocco(トロッコ)

最終更新日: 2022/11/29

この導入事例のポイント

  • システム間のデータが連携されておらず営業活動のインセンティブ設計ができなかった
  • メルカリ社の選定基準であるQCDSの基準を満たしていた「trocco」を導入
  • データ統合がされた結果、営業活動と決済実績を紐付けて計測・評価できるようになった

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

株式会社primeNumberのtroccoは、ETL/データ転送・データマート生成・ジョブ管理・データガバナンスなどのデータエンジニアリング領域をカバーした、分析基盤構築・運用の支援SaaSです。すべてのデータエンジニアが、攻めのデータ分析に集中できるように、データエンジニアリングの泥臭い作業をなくし、攻めの仕事に集中できるように支援します。あらゆるデータの連携・整備・運用を自動化し、スピーディーにデータ活用環境を整備できます。

製品のおすすめポイント

  • 無駄な時間や行動を省き、効率的な営業・営業企画を支援します
  • 無駄な時間やコストを省いた「効率的なマーケティング活動」を支援します
  • 運用フリーで「データドリブンな環境」を組織に展開します
運営企業情報 株式会社primeNumber
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 ワークフロー実行履歴 Git連携
推奨環境 なし 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 IT・情報通信 ビジネスサービス 不動産
よく導入している企業の規模 101名-300名 301名-1,000名 1,001名以上

導入前に知っておきたい基礎知識

「ETLツール」とは

ETL(Extract Transform Load)ツールとは、社内システムに点在する複数のデータを抽出(Extract)し、扱いやすいフォーマットに変換(Transform)して書き出す(Load)処理を行うことで、データを統合できるツールのことです。

これまでは、データを統合する際に各データソースに応じてプログラミングをする必要があり、専門的な知識が求められていました。そこで、より簡単にデータを統合するためのETLツールが誕生し、専門的な知識を持つ人材がいない企業でもデータの統合を行えるようになりました。データを統合することにより、統合前まで活用できていなかったデータの有効活用やばらつきのあったデータフォーマットの一括管理が可能となります。複数の社内ツールを導入しているがデータの管理が大変だったり、点在するデータを有効活用できていなかったりする場合はETLツールが大いに役立つでしょう。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

trocco

株式会社primeNumber

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • 無駄な時間や行動を省き、効率的な営業・営業企画を支援します
  • 無駄な時間やコストを省いた「効率的なマーケティング活動」を支援します
  • 運用フリーで「データドリブンな環境」を組織に展開します

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「ETLツール」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる