Menu
Close

東京商工リサーチの導入事例

市場・顧客分析したい 業務・情報を可視化したい

マスターデータ統合で、名寄せ作業と顧客のリスク管理を省力化!

最終更新日: 2024/02/03

この導入事例のポイント

  • 特許技術を活用し、部署ごとに分散管理されていた顧客データを正規化・統合。プロセス透明性向上でリソースを他の重要タスクに振り替え
  • 従来の手動名寄せにかかる時間と手間を大幅に削減。統合されたマスターデータにより、正確で統一された取引先情報が利用可能に
  • リスクスコアと評点の併用により、与信管理の精度向上。統一されたルールに基づく取引先判断が可能となり、リスク軽減に寄与

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

株式会社東京商工リサーチの東京商工リサーチは、240ヵ国超、4億件を超える世界最大の企業情報を持つ企業データベースです。与信管理や取引先候補など様々なデータのニーズに応えます。営業・マーケティング戦略に役立つデータが豊富で、ターゲット企業の抽出や顧客データの整理、分析など用途は多岐にわたります。北海道から沖縄まで日本全国に事業所があり、その充実したネットワークにより、財務情報を取得し、財務情報提供数も日本一を誇ります。

製品のおすすめポイント

  • 世界最大の企業データベースとして、世界へ挑戦する企業を支援
  • ニーズに合わせて企業の詳細な情報を獲得できる
  • 確度の高い見込み客へのアプローチをサポート
運営企業情報 株式会社 東京商工リサーチ
ソフト種別 なし 
基本的な機能 名寄せ機能 営業活動管理 営業リスト作成 人物データベース 企業信用調査 倒産予測値 顧客分析 特許動向調査 業界・市場調査 ニュース配信
推奨環境 なし 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 製造 旅行・宿泊・飲食 卸売
よく導入している企業の規模 不明

導入前に知っておきたい基礎知識

「企業データベース」とは

企業データベースとは、企業の会社名や従業員数だけでなく業務内容や業績、主な取引先や倒産リスクまで様々な企業に関する情報をデーターベースにしたものです。主にBtoBの営業として、営業リストの作成や広告のターゲティング設定などに用いられ、様々な情報から自動抽出することもできるため、手間を省きながら精度の高い営業リストを作成することができます。
また、与信管理やリスク調査、さらにはMAツールやSFAツールなどと連携してそのまま営業活動を行うなどといった活用方法もあります。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

東京商工リサーチ

株式会社 東京商工リサーチ

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • 世界最大の企業データベースとして、世界へ挑戦する企業を支援
  • ニーズに合わせて企業の詳細な情報を獲得できる
  • 確度の高い見込み客へのアプローチをサポート

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「企業データベース」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1491件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる