Menu
Close

Hubbleの導入事例

業務・情報を可視化したい テレワーク対応したい 個人の生産性を高めたい 社内資産を一元管理したい コストを削減したい

リーガルテック先進企業、太陽誘電の法務組織のつくりかた

※出典:リーガルテック先進企業、太陽誘電の法務組織のつくりかた | Hubble

最終更新日: 2022/11/29

この導入事例のポイント

  • 契約業務に関わるデータや統計が管理できておらず、難易度ランクなども不明だった
  • コミュニケーションの円滑化及び効率化を進めるため「Hubble」の導入を決定
  • 導入後はコミュニケーションが適切に行えるようになり、急ぎの案件にも即時に対応!
  • コメントの送信前に情報を整理することが習慣化し、伝えるポイントも明確になった
  • 在宅勤務を導入した際も、タイムラグがなく情報共有ができて非常に便利だと感じた

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

契約書管理システム

株式会社Hubble(ハブル)のHubbleは、契約書の作成から管理までを行える契約書管理クラウドです。さまざまなコミュニケーションツールや電子締結サービスとも連携しながら、バージョン管理、差分チェックなどの契約業務を効率化できます。契約書締結までの共同作業を、飛躍的にスピードアップさせます。締結後の期限管理や検索機能も充実していて、契約データベースとしても活躍。契約に関わる業務を一本化し、あなたの仕事を強力にサポートします。

製品のおすすめポイント

  • 契約業務のフローを最適化、案件の抜け漏れを防ぎます
  • 契約書の全ての情報がストック、情報の一元管理
  • 契約情報も管理でき、さまざまなAPIとも連携できます
運営企業情報 株式会社Hubble(ハブル)
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 他サービス連携 紙契約書データ化 自動バージョン管理 テンプレート管理
推奨環境 PCブラウザ Windowsアプリ 
サポート メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 IT・情報通信 製造 ビジネスサービス
よく導入している企業の規模 101名-300名 21名-50名 51名-100名

導入前に知っておきたい基礎知識

「契約書管理システム」とは

契約書管理システムとは、「契約書入力」や「契約書検索」など、契約書を管理する上で重要な機能を備えたツールのことです。

契約書を保管する上でも非常に役立つツールであり、契約書の保管に困ることも少なくなるでしょう。また、契約書のテキストをPDFとして保存し、必要に応じてOCRを用いて文章を読み取ることも可能なので、手作業での入力作業等も不必要になります。
契約書の契約期限が近づいた場合、アラートで担当者に知らせてくれる機能がついたツールも存在し、契約書に関する業務上の不備を削減することも可能です。
請求書管理システムはデータとして全ての請求書情報を管理できるため、社内のペーパーレス化にも貢献してくれるでしょう。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

Hubble

株式会社Hubble(ハブル)

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • 契約業務のフローを最適化、案件の抜け漏れを防ぎます
  • 契約書の全ての情報がストック、情報の一元管理
  • 契約情報も管理でき、さまざまなAPIとも連携できます

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「契約書管理システム」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる