Menu
Close
Loglass 経営管理の資料サムネイル

\ 会員登録なしでOK!詳しい情報が載った資料をプレゼント! /

  • Loglass 経営管理の機能・導入実績・導入効果などが3分でわかる資料
  • Loglass 経営管理が提供する3つの価値が詳しく図解付きで紹介
  • 「経営会議での、より精度の高い意思決定」をサポートする機能やセキュリティもわかる資料

この製品の資料をダウンロードする

製品の紹介

Loglass 経営管理

株式会社ログラス

株式会社ログラスのLoglass 経営管理は、すべての経営管理がこれで変わるクラウド型の経営管理システムです。アナログ運用の多い、経営管理領域のデータを一元化ができます。表計算ソフトにおいてデータ収集・統合が難しく、経営分析の時間がとれない、スムーズにデータを取り出せない、データ保管における問題を解決します。東証プライム市場をはじめとした多くの企業に導入されています。予算策定、予実管理、見込み更新、管理会計のフローを効率的に仕組み化し、柔軟に“次の一手”を打ち出せる機動力を届けます。

最終更新日: 2023/08/18
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

  • この導入事例のポイント
    • 経営報告資料の作成の手間と、データの収集と整理が煩雑で、効率と精度の向上が課題
    • 経営陣のPLへのコミット力が向上、表計算からの脱却で高度なPL管理が可能に
    • Loglassを用いた経営会議での報告が円滑に、紙の資料から改善し、質疑も減少
    • 迅速なサポートと高度な機能により、事業部の業績数値に対するコミットメントが向上
    • Loglassの数字を活用し、リカバリ施策を即座に立案、外的要因に効果的に対応
  • この導入事例のポイント
    • 会社統合に伴う多様なステークホルダーへの事業説明責任と資金調達への課題
    • 導入とマネージャーへの財務諸表閲覧権限付与による課題解消と情報共有の効率化
    • 経営会議の円滑な進行と経営判断のスピード向上、資料作成業務の大幅効率化
    • Loglassのペーパーレス化により議事録膨張や紙媒体の資料作成手間が削減された
  • この導入事例のポイント
    • スプレッドシートによる予実管理は大規模で複雑な組織において、更新や集計に非効率
    • 経営陣が事業理解に優れ、ノーコードで使いやすく、スケジュールとコストも適切
    • Loglass導入により、週次の実績データ更新や見込みの迅速な反映が可能に
    • エンジニア・コーポレート部門も活用を促進し、全体でのシステムの導入率向上を実現
  • この導入事例のポイント
    • 月次決算が20日以上かかり、予実共有が難しく、経営陣は適切な数字を見ずに舵取り
    • 帳票管理工数削減、部門別予算実績表示。カスタマーサクセスのコミットが決定打
    • 票管理工数と業務時間が軽減、部門別予算実績共有が進み、経理内から全社利用へと拡大
    • 予実情報が経理内でスタートし、部門全体でコミュニケーションも強化された
  • この導入事例のポイント
    • 事業拡大に伴い、表計算ソフトでの予実管理が限界。組織複雑化と連携の不足が課題
    • Loglassの決め手は、既存業務との親和性が高く、トラブルリスクを回避できる点
    • 予実管理の工数削減と迅速な予算策定、統合作業が不要になり、意思決定スピード向上
    • 月次の予実管理作業も効率化し、分析業務にリソースを振り分ける余裕が生まれた
    • ドリルダウン機能で分析業務の効率向上、数字の詳細を会議中にも迅速に確認できる
  • この導入事例のポイント
    • 予実管理が属人的で、表計算ソフトを使った作業が非効率、全社での情報共有が課題
    • Loglassの導入で予実の数字をオープンに共有、経営意識を向上する仕組みを構築
    • Loglassを活用し、予実の数字を部門間で共有、内訳や摘要が透明で効率的に
    • 予実の見える化に課題を抱える企業に適し、数字の管理を効率的かつ透明に実現できる
  • この導入事例のポイント
    • 予算のExcel作業が手間と時間かかり、統合後に業務回りが厳しくなりました
    • 予算作成と集計の自動化を実現し、マスタメンテナンスが大幅に効率化した
    • Loglass導入で数字へのアクセスが向上し、組織変更や実績の確認が効率的に
    • フォローも迅速で、ワンクリックで補助科目や明細が表示可能、使いやすさが格段に向上
  • この導入事例のポイント
    • 予算・実績データの手動取りまとめに時間を費やし、育成や理解に支障が出ていた
    • データ取りまとめを劇的に短縮し、異常値や非財務データも即座に把握可能に
    • 数字のまとめ時間が削減、メンバーが数字を理解しやすくなり、報告が迅速でスムーズに
    • Loglass導入で、異常値の即時確認や報告効率向上により、経営判断がより的確に
  • この導入事例のポイント
    • 手作業での予算集計や分析による工数増加、情報共有の非効率性、スピード不足が課題
    • 手作業削減、管理会計業務の効率向上、リアルタイムな情報共有による解決策
    • 半年経過で業務時間明らかな削減され、それにより、コミュニケーションの改善した
    • ユーザーレスポンスの速さと、機能アップデートの迅速性が2つ目の結果に寄与
  • この導入事例のポイント
    • UI/UXが使いづらく、操作性やデザインに課題があり、急な不具合も発生
    • Loglassは使いやすいUI/UXや機能の充実、既存システムとの親和性が決め手
    • 織変更時の業務効率向上、組織全体でのシステムフリーズ解消、分析時間削減
    • Loglass説明会での社員向け工夫により、初月からスケジュール通りに運用
  • この導入事例のポイント
    • 既存の経営・予算管理システムは手間と時間がかかり、データ利活用が難しい状況
    • UIが使いやすく、ユーザー部門でも迷わず活用可能。表計算ソフトとの連携も実現
    • 導入により経理業務の効率向上と報告レポートへの質問への迅速なレスポンスが実現
    • 数字をまとめる時間を4日から1日に短縮、店舗ごとの投資回収や減損管理も効率的に
  • この導入事例のポイント
    • 表計算ソフトの増加によるデータ混乱や、予算策定の手間、連結対応の困難性が課題
    • グループ全社の経営データをLoglassで一元管理し、表計算ソフトとの連携を活用
    • 導入後、予算と実績の一元管理、関数エラーの解消、経営会議での数字出しの迅速化
    • Loglass導入で、データ比較が容易になり、予実の分析が迅速に行えるように
    • Loglassの導入で、経営計画業務の効率向上と意思決定スピードの向上が実現
  • この導入事例のポイント
    • 予算策定や管理会計を独立したスプレッドシートで行い、ミスや権限管理の課題があった
    • 予算策定のプロセス最適化や新機能の追加が期待でき、Loglassが最適と判断
    • データ統合により工数削減、予実を柔軟にエクスポートし、スピーディーな集計が可能に
    • 子会社の予実や連結数値のスピーディーな確認が実感でき、スプレッドシートの課題解消
  • この導入事例のポイント
    • 予実管理がエクセルで非効率的で、複雑なファイル管理と配賦のロジックが課題
    • 柔軟な配賦ルールと使いやすいUIに魅力を感じて、スムーズな管理を見込む
    • 予算策定スピードの向上と前年比データの容易な取得で質も向上、実績明細も一元化
    • フォロー体制が充実し、Loglassの柔軟性を活かした新たな業務効率化を実現
  • この導入事例のポイント
    • 事業部の経営数値管理が煩雑で、現場メンバーが手間とマインドシェアを負担していた
    • Loglassの導入で経営向けの機能が手軽に利用でき、会計ツールとの連携が楽に
    • 事業部リーダーが担当事業の数字を直接確認でき、経営管理側の工数が減少した
    • 経営・役員会議の資料作成工数が削減、組織図設計で内部取引の管理も効率的に
  • この導入事例のポイント
    • スプレッドシートによる予実管理が混乱し、部門単位の分析に時間がかかっていた
    • スプレッドシートの連携で部門別予実が可視化、多重階層や統一フォーマットで手間削減
    • 月次決算翌日に予実差異特定ができ、意思決定スピード向上し、取締役会提出時間が短縮
    • 実績締めや分析にかかる時間大幅削減速し、報値を即座に展開、取締役会提出の時間短縮
    • Loglassの拡張性とサポートの信頼性があり、複数事業を展開する企業におすすめ
  • この導入事例のポイント
    • 拡大により予算管理の混乱と属人的な管理。正確性と迅速なレポート作成の課題。
    • スプレッドシートと連携、正確性を担保し、業務スピードの向上ためLoglass導入
    • データ集計スピードが向上し、ミスチェックの負担軽減し、科目別データ一覧も効果的
    • Loglassの配賦機能の柔軟性やサポートの手厚さに気付き、業務の適応力が向上
    • 経営管理に煩雑さがを感じている企業や成長中の企業だけでなく、大企業にも推奨
  • この導入事例のポイント
    • 新設子会社が報告ツール不足で、マスタープランの報告に組織差があり、リソースも不足
    • Loglass導入でグループ各社統一の報告基盤を構築し、ノウハウを共有可能に
    • Loglassより報告が効率的になり、組織と本社のコミュニケーションが確立
    • 事業シミュレーションが容易になり、Loglass活用で経営層との対話が増加
    • 経営会計に適し、管理会計の自在な表現とIFRS報告の合わせやすさが魅力
  • この導入事例のポイント
    • シート数が多く複雑なExcel管理でシステム投資情報が不透明で予算比較も難しい
    • シンプルな操作感で、デモで使いやすく感じたLoglass経営管理システムを導入
    • データ肥大、表示遅延、破損が解消され、工数が30%削減し、予算比較効率向上
    • 予算比較が容易で、対比表で効率アップし、誤入力が早期発見でき、高精度報告が可能に
    • 部署全体が数字を共有でき、Loglassを使用することで業務の影響を実感
  • この導入事例のポイント
    • データ読み込み遅延やヒューマンエラーが多発し、複数比較が困難でデータが分散
    • 業務網羅性向上、API連携によりマスタ設定柔軟化、UI/UXが優れて使いやすい
    • 100以上のスプレッドシートを一元化、新機能や部署別対比表で予実レポート精度向上
    • 導入後、明細ポップアップ機能が予実分析大幅向上、異常値特定や詳細確認がスムーズに
    • ユーザー意見を反映した新機能が実装、将来性に期待できる効果的なデータ管理が可能に
  • この導入事例のポイント
    • 組織のDX推進での業績管理が複雑で、事業部別のフローの違いが分析を難しくしていた
    • Loglassの導入で、経営管理の統合を実現、業務フローの統一とデータ活用を促進
    • 業績データのアップロードが容易になり、現場の負担が軽減し、風通しが向上
    • 組織再編時に対比表を瞬時に作成でき、データ加工作業の削減により効率向上
    • ユーザビリティが高く、事業の業績管理がワンクリックで切り替えできDX推進に貢献
  • この導入事例のポイント
    • Excelの予実管理はエラーが多発し、データ探索の手間やリードタイムが課題
    • 予算・見込みが即座に利用でき、UIと機能の特化で効率的な予実管理を実現
    • Loglassの効果で予算・見込みの更新が迅速化し、手動作業が大幅に削減
    • Loglass導入により、予算調整が簡素化され、経営陣が的確な意思決定が容易に
    • Loglassの柔軟性と使いやすさで、企業課題の効果的な解決策が迅速に導入できた
  • この導入事例のポイント
    • 予実管理がスプレッドシートでは経営層に正確な数字を提供できない課題が生じていた
    • UI/UXが優れ、専任の担当の支援で会計知識不要なLoglassを導入
    • 異常値も把握しやすく、子会社のデータも統一でき、データ入力30分がで完了
    • 推移表が優れていて使いやすく、金額順ソートで異常値を効果的に把握できた
  • この導入事例のポイント
    • Excelの予実管理のデータの更新が煩雑で、部門損益の見えにくい状態
    • UI/UXや分析機能が豊富で、複数システム統合に対応しているLoglassの導入
    • Loglass導入により、業務が楽になり、マスタ更新でPLレポートも即時反映
    • 部門間の連携向上し、一括更新機能で予算や実績がスムーズに更新でき、業務効率が向上
    • Loglassの活用で利益ベースの分析が進んで、組織全体の意識が向上
  • この導入事例のポイント
    • Excelでの予実管理が手間とエラー多発、データ散在、検索難と課題の多い状態
    • Loglass経営管理システムの導入で、データ統合、予算実績の正確な提供が可能に
    • 高精度の資料提供ができ、経営陣と現場でデータの共有が可能で、業務効率が向上
    • 来年度予算作成が容易になり、過去実績データの迅速な確認で効果的な予算策定が可能
    • LoglassのUI・UXが優れていて、導入と利用が簡単で、データ管理が効率的
  • この導入事例のポイント
    • 元帳を見ないと予算差異の内訳が分からない・数字取りまとめとレポートに時間がかかる
    • Loglassにより、予算~元帳まで一気通貫で可視化できる経営管理システムを構築
    • 元帳なしで明細データにアクセス可能になり、 経営陣の質問にすぐ対応できるように
    • 数字の取りまとめにかかる時間が、今後4営業日が1営業日程度に短縮する見込みである

    製品を導入することになった背景

    株式会社力の源ホールディングス様は、世界15カ国・地域で博多ラーメン店「一風堂」や「RAMEN EXPRESS」等の飲食店の運営・フランチャイズ展開や物販、通信販売などの飲食関連事業を展開しています。同社の経営戦略グループは、実績の集計や予算、見込みの取りまとめを行っていましたが、既存システムの使い勝手に課題があり、経営管理業務に多くの手間と時間がかかっていました。このような背景から、経営管理クラウド「Loglass」の導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社力の源ホールディングス様の経営戦略グループは、既存の経営管理システムを使用していましたが、そのシステムはデータ集計ツールとしてしか機能せず、データの格納やレポートの配信に手間がかかっていました。また、このシステムではPLの部門や科目単位でしか数字を持てず、詳細な内容確認のためには会計システムにアクセスする必要がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    株式会社力の源ホールディングス様は、部門別・科目別の予算、実績値、見込みから元帳までを一気通貫で見ることができる経営管理システムの導入を検討していました。Loglassに関する情報は、プレスリリースを通じて知ったとのことです。Loglassの特徴や機能を他のサービスと比較検討した結果、Loglassを導入することを決定しました。

    製品の導入により改善した業務

    Loglassの導入により、経理業務での数字の確認作業が大幅に効率化されました。以前は会計システムから帳票を出力して確認する必要がありましたが、Loglassに連携することでその手間が解消されました。また、報告レポートに対する質問へのレスポンスも早くなり、元帳を出力することなくLoglassで内容を確認できるようになりました。さらに、全グループ会社の部門別の数字をまとめる作業時間も短縮され、以前は4営業日かかっていた作業が1営業日程度に短縮される見込みです。
  • この導入事例のポイント
    • 手作業による管理会計業務に時間がかかり、部署間の連携をよりスムーズにしたかった
    • 将来的にグループ全体で予実や見込み情報を共有する仕組みを『Loglass』で構築
    • 予実管理にかかる時間が3割削減され、 部門間連携が円滑化&業務が効率的になった

    製品を導入することになった背景

    株式会社セプテーニ・ホールディングスは、表計算ソフトを使用して経営管理に関する業務を手作業で行っていました。このため、グループ全体の予実の集計・分析やレポーティングに多くの工数がかかっていました。また、表計算ソフトの制約から部署間の連携がスムーズでないという課題がありました。事業の拡大とともに、迅速な意思決定が求められる中、早急な改善が必要とされました。このような背景から、経営管理クラウド「Loglass」の導入を検討することとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    セプテーニ・ホールディングスでは、財務経理部が管理会計に関わる業務を担当しており、その主な業務はグループ全体の予算集計と各グループ会社からの見込み数字の分析、経営陣への提示でした。しかし、これらの業務はすべて表計算ソフトを使用した手作業で行われていたため、多くの工数がかかっていました。複数のグループ会社を持つ中、予算編成や数字の集計、分析もすべて手作業で行われていたのです。

    導入前の課題に対する解決策

    新しい経営管理システムの導入を検討する中で、4社の経営管理システムを比較検討しました。その中で「Loglass」は、表計算ソフトとの整合性が取りやすく、分かりやすいシステムであると感じられました。また、コスト面でも他の製品と比較して優れている点や、アップデートによる機能拡充の予定がしっかりと立てられている点が評価されました。これらの要因から、Loglassが最も適切な解決策であると判断されました。

    製品の導入により改善した業務

    Loglassの導入により、管理会計に関わる業務時間が大幅に削減されました。手作業と比較して、業務時間が明らかに減少しました。また、部署間のコミュニケーションも円滑になり、以前のような行き違いや二度手間が減少しました。情報共有の方法がLoglassに変わったことで、連携がよりスムーズになりました。これにより、経営管理に関する業務が効率的に行われるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • 実績データの取りまとめに時間を取られ、サマリーを作る時間を確保できなかった
    • 『Loglass』を導入し、予算・実績データの取りまとめ業務をシステム化した
    • 数字の取りまとめにかかる時間が大幅に短縮され、業務が効率化していることを実感
    • 経営企画室メンバーがLoglassで分析・判断する側の感覚を身に着けることを期待

    製品を導入することになった背景

    「グローバルプラットフォーマー」として新しい市場を創造するためのプラットフォームを提供するBEENOS株式会社は、国内外に19社のグループ会社を持ち、多岐にわたる事業を展開しています。その中で、取締役会などの会議体で使用する資料の作成には多くの時間が必要であり、特に各グループ会社からの実績データの取りまとめには多くの業務時間が割かれていました。このような状況の中で、業務の効率化と資料作成の時間短縮を目指し、次世代の経営管理クラウド「Loglass」の導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    BEENOS株式会社は、多数のグループ会社を持つため、取締役会などの会議体で使用する資料の作成に膨大な時間がかかっていました。特に、各グループ会社から報告される実績データの取りまとめは、業務時間の大部分を占めていました。この取りまとめ業務に時間を取られることで、他の重要な業務に手が回らない状況が続いていました。また、資料のバージョン管理にも課題があり、経営企画室のメンバーの育成にも影響が出ていました。

    導入前の課題に対する解決策

    実績データの取りまとめ業務の効率化を目指し、BEENOS株式会社は「Loglass」の導入を検討しました。Loglassは、経営管理クラウドとして、業務の効率化やデータの取りまとめをサポートする機能を持っています。このサービスを導入することで、実績データの取りまとめ業務の時間を大幅に削減することが期待されました。また、Loglassの機能を活用することで、数字の裏側を深く理解し、より質の高い資料作成が可能となると考えられました。

    製品の導入により改善した業務

    Loglassの導入後、BEENOS株式会社は実績データの取りまとめにかかる時間が大幅に短縮されるとともに、データの詳細な分析が容易になりました。異常値があった場合には、即座にその計数を確認・分析することが可能となり、業務の効率化が実現されました。さらに、経営企画室のメンバーがLoglassを活用することで、数字の背景や意味を深く理解することができるようになり、質の高い資料作成や報告が可能となりました。
  • この導入事例のポイント
    • 経営陣の設計通りのデータ集計・法人/ユニット単位での予実管理・ 管理職の意識UP
    • 『Loglass』を導入した結果、データの集計や分析の時間を短縮の成功した
    • バージョン管理も実現し、正しい集計がスピーディーに行えるようになった
    • 法人単位での予実管理が実現し、事業計画策定時の分析作業もしやすくなった
  • この導入事例のポイント
    • 再編時のマスタメンテ作業に時間がかかる&膨大なデータでExcelがフリーズする
    • 予算作成・とりまとめの手作業をやめ『Loglass』により経営管理システムを構築
    • 組織変更時作業がスピーディーになり、集計作業と分析作業が効率的になった

    製品を導入することになった背景

    住商メタルワン鋼管株式会社は、住友商事グループとメタルワングループが日本における鋼管事業を統合し、国内鋼管流通のナンバーワン企業として誕生しました。全国の多数の拠点で「在庫」「加工」「配送」の業務を一貫して提供しています。しかし、国内外の多くの拠点や機能(組織)に関する実績データの集計や分析作業に課題がありました。この課題を解決するためにシステムの導入が検討され、経営管理クラウド「Loglass」の導入が決定されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    住商メタルワン鋼管株式会社は、PL(損益計算書)の採用単位として多くの国内外の拠点や機能を持っていました。このため、実績データの集計作業や分析作業に時間がかかり、課題感を感じていました。特に、予算作成や集計のExcel作業は手作業であり、入力ミスや異常値の確認に追われるなど、効率的な作業ができていなかったのです。

    導入前の課題に対する解決策

    住商メタルワン鋼管株式会社は、課題の解決のためにシステムの導入を検討しました。その中で、経営管理クラウド「Loglass」が選ばれました。Loglassは、集計の自動化に強みを持っており、規模が大きな企業にとって非常に効果的であると判断されました。また、Loglassの導入により、組織変更時のマスタメンテナンス作業が効率的に行えるようになり、作業時間の短縮が期待されました。

    製品の導入により改善した業務

    「Loglass」の導入により、住商メタルワン鋼管株式会社は多くの業務改善を実現しました。組織変更時のマスタメンテナンス作業がドラッグ&ドロップで簡単に行えるようになり、作業時間が大幅に短縮されました。また、実績データのアクセス性が向上し、数字に関する情報を簡単に取得できるようになりました。これにより、分析作業が効率的に行えるようになり、業務の質が向上しました。
  • よく比較されている
    「経営管理システム」の製品:12件

    12件中 1~4件表示

    カオナビは、経営管理にもご活用できます。利用企業数3,300社以上※、8年連続シェアNo1※のタレントマネジメントシステム「カオナビ」なら、登録した人材データをダッシュボード上にグラフで可視化し、経営会議や戦略会議など、重要な意思決定の根拠としてデータを活用できます。データを組み合わせて分析することで、事業への貢献度が高い人材を明らかにでき、将来の幹部候補の育成や抜擢に活用できます。直感的な見やすさとわかりやすさで、スピーディーな意思決定を支援します。
    ※2023年9月末時点
    ※ITR「ITR Market View:人材管理市場2023」人材管理市場

    製品のおすすめポイント

    • 人事のKPIをダッシュボードで簡単モニタリング
    • マトリクス分析によって埋もれた人材を発掘できる
    • 事業部や子会社の情報も統合。グループ間の人材再配置を加速
    運営企業情報 株式会社カオナビ
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 タレントマネジメントシステム 人事異動シミュレーション 各種適正度表示 各種指数表示 スキル管理 経営管理システム 人材データ活用 マトリクス分析 ダッシュボード機能 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    経営管理システム 予算管理システム

    データがつながる、経営情報が整う、全てのヒトに届く次世代の経営管理システム【AVANT Cruise】

    AVANT Cruiseは、社内に点在したデータを明細単位で一つに集め、全てのステークホルダーにとって価値ある情報に加工し、利活用する経営管理システムです。
    ESG経営にかかわる非財務情報の義務化をはじめ、急速に変化する市場や外部環境への対応などVUCA時代における企業経営は困難を極めており、経営情報の管理・活用は一層、複雑化・高度化・多様化しています。
    財務・非財務に関わらず様々なデータを、組織や事業、用途に応じて一元的に活用できるように加工し、経営管理に必要な業務テンプレートを標準搭載。既に他のシステムを導入していても統合を必要としない分散型とデータレイク型を兼ね備えた次世代のアーキテクチャに基づいています。

    製品のおすすめポイント

    • グループ経営管理のベストプラクティス
    • データを一元管理
    • 経営管理ニーズに対応できる柔軟性・拡張性
    運営企業情報 株式会社アバント
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 予算管理システム 実績の自動反映 多言語対応 会計システム連携 予算の自動仕訳 予測プランニング 取引明細の自動取得 自社システム連携 見込自動作成 書類テンプレート グループ経営対応 Excelファイル取込み Excelに組込み可 ERP連携 PL/BS/CF連動 データ加工機能 経営管理システム 差異分析機能 予実突合 集約レベル入力 連結会計 通貨設定 相殺消去 オフィスソフト連携 オートメーション機能 シート間連携 Excelライク仕様 マルチデバイス対応 ファイル自動配布 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    経営管理システム 予算管理システム

    京セラコミュニケーションシステム株式会社のAmoeba Proは、企業の成長発展に欠かせない「経営改善・意思決定のスピード向上」をサポートするクラウドサービスです。業種・業界・企業規模を問わず、計画・予定の立案から、実績の集計作業を効率化し、自由度の高いレポート、グラフによる分析を行うことが可能です。部門別に加え、商品別やプロジェクト別などの様々な切り口で多角的に分析し、企業の実態把握・改善点を具体的に洗い出し、改善スピード向上をサポートします。アメーバ経営・管理会計の豊富な導入経験を持つ経営・ITコンサルタントが運用をサポートします。

    製品のおすすめポイント

    • 管理会計のPDCAを強力にサポート
    • 多軸(多次元)管理によるセグメント分析
    • 豊富なノウハウと導入実績
    • 小規模ユーザー向けライセンス体系あり
    運営企業情報 京セラコミュニケーションシステム株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 実績の自動反映 会計システム連携 予算の自動仕訳 自社システム連携 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 12か月
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    経営管理システム 予算管理システム

    予算会計エクスプレスは、複式簿記のプロセスで予算財務諸表(P/L・B/S・C/F)を作成し、予実管理と着地予想を一元管理するシステムです。非会計数値にも対応しており、自動仕訳を組み込んだ予算会計システムとして特許を取得しています。予算会計エクスプレスを導入することで属人化業務の課題を解決し、業務の標準化が可能になり、データ集計・レポート作成・外部データ入力等の自動化で工数を大幅削減できます。予実比較、着地予想レポートがタイムリーに確認できるため、PDCAの実効性が大幅に改善でき、予算財務諸表(P/L・B/S・C/F)の自動作成化により、業務レベル・生産性の向上を実現します。

    製品のおすすめポイント

    • お客さまの入力方式に合わせた柔軟な画面設計
    • 人手や工数を大幅削減し、ミスを減らすことができる
    • 高度な予実管理でPDCAサイクルをスムーズにする
    運営企業情報 株式会社スリー・シー・コンサルティング
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 差異分析機能 予算の自動仕訳 インメモリDB Excelファイル取込み PL/BS/CF連動 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    よく比較されている
    「予算管理システム」の製品:23件

    23件中 1~4件表示

    経営管理システム 予算管理システム

    データがつながる、経営情報が整う、全てのヒトに届く次世代の経営管理システム【AVANT Cruise】

    AVANT Cruiseは、社内に点在したデータを明細単位で一つに集め、全てのステークホルダーにとって価値ある情報に加工し、利活用する経営管理システムです。
    ESG経営にかかわる非財務情報の義務化をはじめ、急速に変化する市場や外部環境への対応などVUCA時代における企業経営は困難を極めており、経営情報の管理・活用は一層、複雑化・高度化・多様化しています。
    財務・非財務に関わらず様々なデータを、組織や事業、用途に応じて一元的に活用できるように加工し、経営管理に必要な業務テンプレートを標準搭載。既に他のシステムを導入していても統合を必要としない分散型とデータレイク型を兼ね備えた次世代のアーキテクチャに基づいています。

    製品のおすすめポイント

    • グループ経営管理のベストプラクティス
    • データを一元管理
    • 経営管理ニーズに対応できる柔軟性・拡張性
    運営企業情報 株式会社アバント
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 予算管理システム 実績の自動反映 多言語対応 会計システム連携 予算の自動仕訳 予測プランニング 取引明細の自動取得 自社システム連携 見込自動作成 書類テンプレート グループ経営対応 Excelファイル取込み Excelに組込み可 ERP連携 PL/BS/CF連動 データ加工機能 経営管理システム 差異分析機能 予実突合 集約レベル入力 連結会計 通貨設定 相殺消去 オフィスソフト連携 オートメーション機能 シート間連携 Excelライク仕様 マルチデバイス対応 ファイル自動配布 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    予算管理システム

    株式会社ディーバのDiva System FBXは、グループ予算や見通しの管理など、グループ経営管理業務に必要なデータ集計・レポーティングを一元的に行える予算管理アプリケーションです。子会社や各事業部における予算管理業務など、メールやExcelにより手作業で行っている作業をシステム化し大幅に効率化します。集計フォーマットを変更する必要がなく使い慣れたExcelをそのまま利用することも可能なため、スムーズに導入できる点も魅力です。

    製品のおすすめポイント

    • 財務情報から非財務情報まで、関連組織からの報告の収集・統合業務を一元管理できる
    • 手作業が多い工程のみ自動化、使い慣れたExcelフォーマットはそのまま利用可能
    • 収集・統合業務のための集計・履歴管理・進捗管理・権限管理など、多様な機能が充実
    運営企業情報 株式会社ディーバ
    ソフト種別 なし 
    基本的な機能 予算の自動仕訳 見込自動作成 グループ経営対応 Excelファイル取込み Excelに組込み可 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 利用期間の最低制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    経営管理システム 予算管理システム

    京セラコミュニケーションシステム株式会社のAmoeba Proは、企業の成長発展に欠かせない「経営改善・意思決定のスピード向上」をサポートするクラウドサービスです。業種・業界・企業規模を問わず、計画・予定の立案から、実績の集計作業を効率化し、自由度の高いレポート、グラフによる分析を行うことが可能です。部門別に加え、商品別やプロジェクト別などの様々な切り口で多角的に分析し、企業の実態把握・改善点を具体的に洗い出し、改善スピード向上をサポートします。アメーバ経営・管理会計の豊富な導入経験を持つ経営・ITコンサルタントが運用をサポートします。

    製品のおすすめポイント

    • 管理会計のPDCAを強力にサポート
    • 多軸(多次元)管理によるセグメント分析
    • 豊富なノウハウと導入実績
    • 小規模ユーザー向けライセンス体系あり
    運営企業情報 京セラコミュニケーションシステム株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 実績の自動反映 会計システム連携 予算の自動仕訳 自社システム連携 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 12か月
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    予算管理システム

    アドワー株式会社のBzPLANは、単年度の事業計画、予算編成・予算実績管理・見通し管理のための、100社以上の導入実績を誇る純国産の予算策定・管理会計パッケージです。予算・見通し・予実の3つのフェーズを販売・人員・投資・変動費・固定費の5つの切り口で管理、運用します。各部門・ビジネスユニット別の予算の集計や管理、損益計算を効率化し、見通し計画による年度未着地点の分析や仮説検証機能による経営判断をサポートします。

    製品のおすすめポイント

    • 部門別、セグメント別、製品別等の予算管理・損益計算が可能
    • 150種類以上の業務テンプレートを搭載、各種業務機能の短期導入が可能に
    • 全ての画面のEXCEL・PDFへの出力・二次加工が可能なため、資料作成に活用できる
    運営企業情報 アドワー株式会社
    ソフト種別 パッケージ型ソフト 
    基本的な機能 会計システム連携 見込自動作成 書類テンプレート Excelファイル取込み Excelに組込み可 PL/BS/CF連動 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 利用期間の最低制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    おすすめ比較一覧から、
    最適な製品をみつける

    カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
    1527件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

    すべてみる