Menu
Close

Cloud Campusの導入事例

テレワーク対応したい 個人の生産性を高めたい

時間と場所に縛られない授業を可能に!対面と非対面の両輪で新しい授業スタイルを構築

※出典:時間と場所に縛られない授業を可能に!対面と非対面の両輪で新しい授業スタイルを構築 | Cloud Campus(株式会社サイバー大学)

最終更新日: 2023/11/25

この導入事例のポイント

  • 非対面授業の充実、急激な生徒数増加への対応能力の向上、職場全体のDX化
  • マルチデバイス対応の「Cloud Campus」の導入で生徒の利便性が向上
  • 生徒の学習状況の一括管理が実現したことで、個別のフォローアップが可能に
  • 「Cloud Campus」利用料金はユーザー数によらないため生徒数増加にも対応

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

eラーニングシステム

サイバー大学のCloud Campusはソフトバンクグループが運営する文科省認可の大学、サイバー大学で独自に開発されたeラーニングプラットフォームです。完全インターネット大学の中核システムとして利用されている実績や、社会人学生でも学び続けやすいように知見を活かした独自機能は他のeラーニングシステムにはない特長です。IMSJapan最優秀賞を受賞するなど高い評価と多くの実績を兼ね備えているプラットフォームです。

製品のおすすめポイント

  • 必要な機能はすべて揃っているからすぐに運用可能
  • 厳格な本人確認機能でなりすまし受講を防止
  • 月額固定だからこそリーズナブルな料金設定
運営企業情報 株式会社サイバー大学
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 レポート提出 他システム連携 評価・レビュー集計 研修管理 帳票出力 多言語対応 モバイル端末対応 オリジナルコンテンツ作成 コースカスタマイズ可 AI不正防止機能 ITスキル科目 Q&A機能 ビジネスマナー科目 ビジネススキル科目 セキュリティ科目 ディベート投稿 テスト作成 シングルサインオン
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート メール 
トライアル
最低利用期間 1年
よく導入している業種 教育 製造 小売・流通
よく導入している企業の規模 1,001名以上 301名-1,000名 不明

導入前に知っておきたい基礎知識

「eラーニングシステム」とは

eラーニングシステムとは、教材を配信し、インターネット上にて様々なコンテンツを学習可能にするためのプラットフォームの総称です。

インターネットの普及に伴って、eラーニングシステムは近年飛ぶ鳥を落とす勢いで発展してきました。
特に最近では、新型コロナウイルスによる影響でテレワークが増え、新入社員研修などでeラーニングシステムを用いて新入社員教育を行う企業が増えてきています。eラーニングシステムは誰でも気軽に学習を始められるというメリットがあり、また、学習の進捗状況などが見てわかるコンテンツも増えてきています。
ただ、一方通行的な教育になりがちであり、そもそもネット環境がないと成立しないというデメリットはあります。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

Cloud Campus

株式会社サイバー大学

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • 必要な機能はすべて揃っているからすぐに運用可能
  • 厳格な本人確認機能でなりすまし受講を防止
  • 月額固定だからこそリーズナブルな料金設定

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「eラーニングシステム」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1491件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる