Menu
Close

製品の紹介

Ptengine

株式会社Ptmind

株式会社PtmindのPtengineは、たった一つのタグをサイトに設置するだけで、直感的な分析と直感的なサイト最適化を可能にする、サイト運営プラットフォームです。多くのお客様に信頼いただいております。全世界で20万以上の利用者実績、国内利用者数・顧客数No.1 出典:Builtwith社調査、利用満足度 93.4%以上2020年調査、資本調達額 34億円です。直感的な操作で顧客を知り、体験を向上させます。

最終更新日: 2022/05/30
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

  • この導入事例のポイント
    • コロナ禍でECサイトに注力するため、集客状況の実態や施策ごとの成果を可視化したい
    • ヒートマップ機能やチャットサポートが決め手となり、Ptengineを導入
    • 40%の「ノーリファラー」データを分析可能なデータに転換でき、施策が明確になった
    • 強化すべき施策が明確になりECサイトの新規流入が増加、PV数が135%も改善

    製品を導入することになった背景

    株式会社アミナコレクションは、新型コロナウイルスの感染拡大により、顧客行動が大きく変化したことをきっかけに、ECに特化した戦略を採ることを決定しました。この変化に対応するために、Webマーケティングの本格的な活動を開始。その際、Ptengineというアクセス解析ツールを導入しました。このツールの導入により、オンラインでの顧客行動をデータ分析を通じて可視化することに成功しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社アミナコレクションは、新型コロナウイルスの影響で、ECサイトへの注力が必要となりました。しかし、Googleアナリティクスを用いた初めてのアクセス解析では、ダッシュボードが複雑で専門用語も多く、思うような分析ができなかったという課題がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    この課題に対処するために、株式会社アミナコレクションはPtengineを導入することに決定しました。Ptengineのヒートマップ機能や直感的な操作性が導入の決め手となりました。また、Ptengineのチャットサポートも充実しており、導入後のサポートがしっかりと行われるという点も評価されました。

    製品の導入により改善した業務

    Ptengineの導入により、株式会社アミナコレクションは「ノーリファラー」と呼ばれる、訪問元が不明な流入を分析可能なデータに転換することに成功しました。その結果、注力すべき媒体が明確になり、新規流入が増加。さらに、ECサイトのPV数は135%改善されました。これにより、制作部門が「利益を生める部署」として評価されるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • Webサイト・Webページの良し悪しを客観的に正しく判断するためのデータが必要
    • デザイナー不在でも、ノーコードでサイト編集・改善できるPtengineを導入
    • 30〜40名のディレクター全員が知見を共有し、コミュニケーションが成立するように

    製品を導入することになった背景

    株式会社アイレップは、WebサイトやLPの制作・改善業務の基盤として、2016年からPtengineを利用しています。Web広告の進化とともに、WebサイトやWebページもデータに基づいた改善が必要とされてきました。その中で、担当者が制作のディレクションを担当する同社は、数あるツールの中でPtengineを選択しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    Web広告の技術が進化し、広告テキストやバナーの評価はデータに基づいて行われるようになりました。しかし、WebサイトやLPに関しては、データを持たずに議論や改善が行われるケースが多かった。また、ページ内のどのコンテンツが成果に繋がっているのかを詳細に分析することは難しく、データに基づいた改善が求められていました。

    導入前の課題に対する解決策

    Ptengineは、WebサイトやWebページの制作時に「入れておくべきツール」として位置づけられています。データがなければ主観的な議論しかできず、PDCAが回らなくなるため、PtengineはWeb制作のインフラとしての役割を果たしています。また、Ptengine Experienceを利用することで、外部リソースを使用せずにサイト編集や改善を自社で行うことが可能となりました。

    製品の導入により改善した業務

    Ptengineの導入により、アイレップではサイト改善やLPOの取り組みが効率的に行われるようになりました。ロードマップを作成し、施策の優先度を明確にし、データを基にした改善を進めています。また、Ptengine Experienceを使用してノーコードでのサイト編集が可能となり、外部との連携を減少させることができました。これにより、機動的なPDCAサイクルの実行や、細かいABテストの実施がスムーズに行われるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • CVRを改善しCPAを下げることでより多くの広告費をかけ、売上を上げたい
    • 豊富なテンプレートですぐ制作できる等、ポップアップ機能からPtengineを導入
    • たった3ヶ月で、LINE@の友だち登録者数を100,000人も増やすことに成功

    製品を導入することになった背景

    株式会社TENTIALは、日本最大級のスポーツ・ウェルネスメディア「SPOSHIRU」や、ウェルネスD2Cブランド「TENTIAL」を展開しています。その中で、マーケティングの役割として「売れるべくして売れる」状態を作り出すことが求められていました。そのため、サイトのユーザー体験を向上させ、コンバージョンを最大化するためのツールとしてPtengineを導入することとなりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    TENTIALでは、商品の品質や特徴だけではなく、マーケティングの取り組みが重要であると認識していました。商品を知ってもらうための認知活動や、購入を促す施策の実施が必要でした。しかし、サイト訪問者の動向や離脱ポイントを正確に把握する手段が不足していたため、最適な施策を実行するのが難しかったのです。

    導入前の課題に対する解決策

    Ptengineは、サイトのユーザー行動を詳細に分析し、コンバージョンを向上させるための施策をサポートするツールです。TENTIALは、Ptengineのポップアップ機能やユーザーの閲覧動向を分析する機能を活用し、サイトのユーザー体験を向上させることを目指しました。具体的には、ユーザーの離脱ポイントを特定し、それを解消するためのデザイン変更やポップアップの実装を行うことで、コンバージョンの向上を図りました。

    製品の導入により改善した業務

    Ptengineの導入により、TENTIALはサイトのユーザー行動を詳細に把握することができるようになりました。特に、ポップアップの活用により、LINE@の友だち登録者数を3ヶ月で100,000人増やすという成果を上げることができました。また、サイトのユーザー体験を向上させるための施策の実行や、ユーザーの離脱ポイントの特定と解消など、多岐にわたる業務改善が実現されました。
  • この導入事例のポイント
    • ユーザーと医療機関を繋ぐ取り組みにおいて、メディアの改善に開発リソースを割けない
    • 検証プロセスを非エンジニアのメンバーのみで行えるPtengineを導入した
    • 医療相談例のポップアップ表示テストを実施した結果、非表示の場合と比べて23%改善
    • 検索クエリは検索ユーザーの課題が特定しやすく、案内すべき内容の最適化を実現できた

    製品を導入することになった背景

    株式会社メディカルノートは、医師と患者をつなぐというビジョンのもと、医療情報メディア「Medical Note」を運営しています。新型コロナウイルスの影響で、医療体制が大きく変動し、受診控えが問題化しています。このような状況で、デジタル×医療領域で成功体験を作ることが重要だと考え、Ptengineの導入を決定しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    株式会社メディカルノートは、開発リソースが限られている中で、多くの施策を実施したいというジレンマを抱えていました。特に、オンライン診療ツールの開発が進行中であり、メディア改善に必要なリソースを確保できない状況でした。

    導入前の課題に対する解決策

    この課題に対して、Ptengineは非エンジニアでも検証プロセスを高速に回せるという強みを持っていました。トライアル利用を通じて、その価値を確認し、導入を決定しました。具体的には、非エンジニアのメンバーだけで施策を実施できるようになり、開発ワークフローも効率化されました。

    製品の導入により改善した業務

    Ptengineの導入により、株式会社メディカルノートは施策改善フローが大幅に効率化されました。具体的な成果としては、医療相談例のポップアップを表示するABテストを行い、その結果23%の改善が見られました。また、ユーザー行動に基づいたパーソナライゼーションも可能となり、より適切なコミュニケーションができるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • Web上での顧客体験をリアルに繋げるため、営業とマーケが協力する必要があった
    • 分析と施策がワンプラットフォームで、直感的な操作で行なえるPtengineを導入
    • 1週間で10個以上の施策を実施、中にはすぐにCV数が2倍以上上昇したサービスも

    製品を導入することになった背景

    アットホーム株式会社は、不動産情報サービスのパイオニアとして、多くの不動産関連のサービスを提供してきました。しかし、最近ではAI技術やIoTを活用した新しい不動産サービスの開発やソリューション提供事業の強化が求められています。このような背景から、新しいマーケティングツールの導入が検討されるようになりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    アットホーム株式会社は、営業中心の文化を持つ企業であり、マーケティングテクノロジーの理解が得にくい状況でした。また、営業担当者が直接顧客を訪問するスタイルで成長してきたため、オンラインのマーケティング活動の価値が十分に理解されていなかったのです。さらに、多くの新しいサービスを提供する中で、営業活動をサポートするためのマーケティング活動が不足していました。

    導入前の課題に対する解決策

    アットホーム株式会社は、マーケティング活動を強化し、営業部との連携を深めるための新しいツールを導入することを決定しました。その中で、Ptengineというツールが選ばれました。Ptengineは、分析と施策がワンプラットフォームで行える点や、直感的な操作性、高速なサポートレスポンスなど、多くのメリットがあると判断されました。

    製品の導入により改善した業務

    Ptengineの導入により、アットホーム株式会社は、サイトのパフォーマンスを向上させることができました。また、施策の実施から結果の確認までのスピードが大幅に向上し、営業部との連携もスムーズになりました。さらに、ABテストの結果をリアルタイムで確認できるようになり、より迅速な施策の改善が可能となりました。これにより、マーケティング活動の効果が大きく向上し、組織全体の業績にも貢献することができました。
  • よく比較されている
    「ヒートマップツール」の製品:11件

    11件中 1~4件表示

    ヒートマップツール

    日本マイクロソフト株式会社のMicrosoft Clarityは、実際のユーザーがサイトを実際にどのように使用しているのかをキャプチャする使いやすいツールです。Clarity でユーザーが求めているものを理解できます。セットアップは簡単で、数分でデータの取得を開始できます。Clarity のすべての機能は無料です。トラフィックが制限に達したり、有料バージョンに強制的にアップグレードさせられたりすることはありません。

    製品のおすすめポイント

    • インスタント ヒートマップでユーザーの思考を可視化します
    • セッションのレコーディング(視聴と学習)
    • パワフルな分析情報とGoogle アナリティクスの統合
    運営企業情報 日本マイクロソフト株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 自動キャプチャ機能 期間比較可能 無料トライアル クリックヒートマップ セッションのグラフ化 スクロールヒートマップ マルチデバイス対応 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    ヒートマップツール

    株式会社HARMONYのTwinHeatは、初めてでも使えるヒットマップツールです。ゴールに到達した人と到達せずに帰った人では、見ている項目が違います。ヒートマップを「ゴール到達した人」「しなかった人」に分けて作ることでその違いが見えてきます。だから「TwinHeat」はヒートマップを見慣れていない人でもホームページ運営に普段携わっていない役員の方でもすぐに意味が理解でき、ゴールを増やすためには何をすべきか、決めることができます。

    製品のおすすめポイント

    • TwinHeatは他のヒートマップツールとの違い
    • 圧倒的な読み取りやすさ、改善への活かしやすさ
    • 見比べるとヒートマップの違いがはっきり現れる
    運営企業情報 株式会社HARMONY(ハーモニー)
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 無料トライアル 期間比較可能 スクロールヒートマップ 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    ヒートマップツール

    株式会社インターアローズのAppsee(アップシー)は、次世代のアプリ解析ツールです。ユーザビリティを動画ですべて可視化します。訪問ユーザのアプリ画面やヒートマップ、クラッシュをリアルタイムに録画見直しポイントがすぐわかります。アプリのユーザビリティ改善を即実践できます。導入はカンタンです。appseeのSDKを、貴社iOSやAndroidアプリへ導入してください。たった1行、1分未満の作業です。

    製品のおすすめポイント

    • パワフルなアプリ可視化解析のプラットフォーム
    • ユーザがアプリを実際にはどのように利用しているのか可視化します
    • インサイトからユーザエクスペリエンスを改善
    運営企業情報 株式会社インターアローズ
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 無料トライアル 自動キャプチャ機能 タッチアクションヒートマップ 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種 広告・放送・出版
    よく導入している企業の規模 不明

    ヒートマップツール

    株式会社 UNCOVER TRUTHのCONTENT ANALYTICS(コンテンツアナリティクス)は、ユーザー体験分析ツール(UX分析ツール)です。コンバージョンだけにとどまらず各種ビジネスゴールへの貢献度をスコアリングします。一目であなたの求めるゴールへ貢献しているコンテンツが分かります。これまでのツールに加え、コンテンツアナリティクスを併用することで、より精度の高いユーザー体験向上の施策が可能となります。

    製品のおすすめポイント

    • コンテンツ毎、各種ビジネスゴールに対しての貢献度を分析
    • ページ単位の分析では埋もれていた、コンテンツ毎の成果をあきらかに
    • れまでのヒートマップツールとコンテンツアナリティクスとの違い
    運営企業情報 株式会社 UNCOVER TRUTH
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 ユーザーセグメント機能 無料トライアル 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    よく比較されている
    「ABテストツール」の製品:16件

    16件中 1~4件表示

    ABテストツール

    株式会社ポストスケイプのCVXは、ランディングページの制作・分析・改善運用が手軽にスピーディーにできる、インハウスLP作成/LPO支援ツールです。ランディングページの新規作成もCVXで可能です。約200種類のLPデザインテンプレートを標準搭載しています、「穴埋めに近い感覚」で驚くほど簡単にランディングページ作成が内製化できるます。写真もそのまま自由に使えて、バリエーション豊富なLPデザインテンプレートを多数ご用意しています。

    製品のおすすめポイント

    • デザインテンプレートの活用で制作工数を圧縮
    • A/Bテスト機能を使えば、HTMLの直編集やタグ設置を行う必要がありません
    • 変更したい「テキスト」も「画像」も、カーソルをあわせて、操作するだけ
    運営企業情報 株式会社ポストスケイプ
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 エディター機能 
    推奨環境 なし 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    ABテストツール

    株式会社ギャプライズのOptimizelyは、簡単にA/Bテストができます。すべてのデバイス、チャンネル、すべてのユーザーとのタッチポイントで、最適な顧客体験を提供できます。いろんなサイトで、実績があります。航空件予約サイトにおいて3ヶ月でCVR152%UP、買取サービスサイトにおいて4ヶ月でCVR181%UP、ECサイトで4ヶ月においてCVR161%UP、BtoBサイトで、2か月においてCVR160%UPなどの実績があります。

    製品のおすすめポイント

    • Optimizely Xで高速改善サイクルを
    • Web ABテスト Web Experimentation
    • iOSとAndroiアプリ MobileApp
    運営企業情報 株式会社ギャプライズ
    ソフト種別 なし 
    基本的な機能 マルチデバイス対応 
    推奨環境 iOSアプリ Androidアプリ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    Google合同会社のGoogleアナリティクスはABテストを何度も無料で行うことが可能です。簡単な操作で細かくテストの設計が構築できます。テスト対象のユーザーの割合を細かく指定することができるなど、高額なツールに劣らない高機能を備えています。なんといってもGoogleアナリティクスの指標をそのまま使用できることは魅力のひとつです。設定方法も簡単で、ABテストに不慣れな初心者の方でも取り組みやすいツールと言えるでしょう。

    製品のおすすめポイント

    • ウェブテストは初心者でも簡単3ステップで完了
    • テスト結果はレポート画面で視覚的にわかりやすい
    • コストパフォーマンスの高いサイト改善を実現
    運営企業情報 Google合同会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 多変量テスト レポート出力可能 複数ページテスト 無料ソフト エンジニア不要 エディター機能 セグメントごとの結果 HTMLファイル不要 リダイレクトテスト マルチユーザー対応 マルチデバイス対応 パーソナライズ設定 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    Google合同会社のGoogleオプティマイズは、A/Bテストはもちろん、複数個所を同時に検証する多変量テスト、ランディングページを複数検証するリダイレクトテストの機能が備えられています。導入から利用までの全て無料で基礎的なA/Bテストは無料プランで充分行えます。思い立ったらテストを開始することができるので、どんなツールよりも最速です。初期設定は、Googleアナリティクスと連携するだけなので、あっという間に設置完了。

    製品のおすすめポイント

    • 利用開始まではノンストップ。最速で利用できます
    • 初期設定も簡単シンプル。テストはシンプルなUIを採用
    • 豊富なターゲティング設定機能で幅広い分析が実現可能
    運営企業情報 Google合同会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 多変量テスト 複数ページテスト 無料ソフト エンジニア不要 HTMLファイル不要 リダイレクトテスト マルチユーザー対応 マルチデバイス対応 パーソナライズ設定 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート メール チャット 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    おすすめ比較一覧から、
    最適な製品をみつける

    カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
    1514件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

    すべてみる