Menu
Close

スプレッドオフィスの導入事例

財務・経理・総務 業務を効率化したい 社内資産を一元管理したい

この導入事例のポイント

  • 事業の拡大にともない管理業務が煩雑化し、開発チームも手が回らない状況となった
  • 社内メンバーにとって簡単に使えることが決め手となり「スプレッドオフィス」を導入
  • データの一元管理により確認作業の手間がなくなり、取引先からもわかりやすいと好評

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

スプレッドオフィスは、帳票作成と業務のデータ集計に特化した受発注システムです。豊富な帳票テンプレートを標準装備しているため、見積書や納品書・請求書がすぐに作れます。また見積書や請求書などの帳票をエクセルに出力する機能も搭載しています。売上データや資金繰り表などをワンクリックで出力できるのでこれまでに膨大な時間をかけていたデータ集計の作業がすぐに完了します。デジタルが苦手な方にもわかりやすい画面で開発することで使いやすい画面となりました。

製品のおすすめポイント

  • クラウドだからいつでも&どこでも&どこからでも注文・確認OK
  • クラウドだからデバイスを選びません。WindowsもMacOSでもOK
  • 受発注だけではない機能も標準搭載することで販売促進に繋げます。
運営企業情報 株式会社スプレッドオフィス
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 商品マスタ管理機能 取引先情報管理機能 受注一覧機能 受注明細管理機能 受注管理機能 伝票出力機能 発注入力機能 発注一覧機能 カスタマイズ クラウド対応 顧客管理機能 メール自動返信 スマホ対応 データ分析
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 1ヶ月
よく導入している業種 その他 IT・情報通信 ビジネスサービス
よく導入している企業の規模 6名-20名 不明 101名-300名

導入前に知っておきたい基礎知識

「受発注システム」とは

受発注システムとは、受発注に関わる作業を全て自動化し、業務効率化をサポートするツールのことです。

仕入れなどの発注作業の際、発注内容の入力や請求金額の計算などの業務が自動化され、管理業務が効率化されます。受発注の際の入力作業削減など、管理業務が効率化されることで、他の業務効率の向上も見込めるでしょう。また、一度の受発注に時間を要さず、さらに24時間稼働のシステムによって受発注の機会増加も見込めます。さらに、受発注情報がリアルタイムで共有されるため、決算処理作業も早めることができます。
しかし、システムの使用方法が分からないと、かえって時間がかかってしまう可能性があるというデメリットがあります。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

スプレッドオフィス

株式会社スプレッドオフィス

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • クラウドだからいつでも&どこでも&どこからでも注文・確認OK
  • クラウドだからデバイスを選びません。WindowsもMacOSでもOK
  • 受発注だけではない機能も標準搭載することで販売促進に繋げます。

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「受発注システム」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1491件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる