Menu
Close

GMOサインの導入事例

ペーパーレス化したい 作業を自動化したい テレワーク対応したい コストを削減したい コンプライアンスを強化したい

面談のオンライン化とあわせ入会申込書の電子化に着手。頻繁にアップデートされるサービスに満足

※出典:面談のオンライン化とあわせ 入会申込書の電子化に着手。頻繁にアップデートされるサービスに満足|電子印鑑GMOサイン

最終更新日: 2022/04/28

この導入事例のポイント

  • 入会時の面談をオンラインス化するタイミングで入会申込書の電子化に着手した
  • ユーザーの利便性を考え頻繁にサービスがアップデートされる「GMOサイン」を導入
  • 導入の結果、業務が効率化され、増員することなく対応ができるようになった

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

電子契約書 電子印鑑ソフト

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社のGMOサインは、自治体でも採用されている、導入企業数260万社以上の電子契約書です。大和証券やミズノ、三条市などに使われており、多くの実績があります。導入企業数電子契約のNo.1ソフトとなっており、業務の効率化だけでなくコストの削減、ガバナンスの強化が可能です。スマートフォンを活用するGMOサインのスマホアプリも展開しており、スマホ上で契約締結業務を完了できます。

製品のおすすめポイント

  • 契約印タイプの送信料は1件当たり110円で使える
  • 部外秘の文書も権限設定や閲覧制限で安心保管できる
  • 電子帳簿保存法に対応し、安心して利用可能
運営企業情報 GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 外国語対応 一括アップロード ワークフロー設定 印影登録 期限通知 押印機能 2段階認証 アクセス・参照制限 SMS送信機能 マルチデバイス対応 テンプレート登録
推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 不動産 小売・流通 広告・放送・出版
よく導入している企業の規模 不明 101名-300名 301名-1,000名

導入前に知っておきたい基礎知識

「電子契約書」とは

電子契約書とは、データで作成・保管できる契約書のことです。

契約書などの書類は紛失のリスクがありましたが、電子契約書として契約を結ぶことで書類の紛失のリスクが軽減されます。
年リモートワークが推進されるにつれて、対面不要である電子契約書の普及が進んできましたが、実は電子契約書には印紙税がかからないといったメリットもあります。また、インク費用や保管費用、トナー費用などがかかる心配もないため、事務経費のコスト削減にもつながるでしょう。
しかし、書面のみでの契約締結が義務付けられているものもあり、そういった場合には電子契約書が利用できないというデメリットがあるので注意しましょう。

「電子印鑑ソフト」とは

電子印鑑ソフトとは、データ化した印鑑を発行することが可能なツールのことです。

近年、テレワークによってオフィスへ行く機会が少なくなりましたが、捺印作業などは来社して作業する必要がありました。しかし、電子印鑑ソフトを利用することで、来社しなくても文書に捺印することが可能になり、昨今ではテレワーク環境下において非常に重要な役割を担っています。
また、電子印鑑ソフトを利用することで、紙やインクの削減につながり、ペーパーレス化が期待できるでしょう。しかし、電子印鑑ソフトはサービスが発足してからそれほど時間が経っておらず、利用の制限がかかる場合もあるため注意しましょう。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

GMOサイン

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • 契約印タイプの送信料は1件当たり110円で使える
  • 部外秘の文書も権限設定や閲覧制限で安心保管できる
  • 電子帳簿保存法に対応し、安心して利用可能

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「電子契約書」とは 「電子印鑑ソフト」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1485件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる