Menu
Close

文書管理システムとタイムスタンプの関係とは?法律に対応したのおすすめシステム6選

目次

近年、デジタル化が進む中で、文書管理システムの重要性が増しています。特に、企業の文書管理には欠かせない「タイムスタンプ」機能が注目されています。タイムスタンプとは、文書やデータに対して、その内容が特定の時点で存在していたことを証明するためのデジタル印のことです。

この小さなデジタル印が、なぜ重要なのでしょうか?それは、電子帳簿保存法やその他の関連法規を含む多くの法的要件を満たすためです。この記事では、文書管理システムとタイムスタンプの基本的な概念から始め、電子帳簿保存法をはじめとする法的背景にどのように対応しているかを見ていきましょう。さらに、電子帳簿保存法対応で特におすすめな文書管理システムを6つ紹介します。

法律を満たさないシステムの利用や文書管理方法は、デメリットとして以下のようなことが生じる可能性があります。

  • 違反に対する指摘:税務調査などで違反が発覚した場合、改善指示が出されることがあります。
  • 罰金:違反が重大である場合、罰金が科されることがあります。ただし、この罰金は法的文書としての要件を満たしていないため、税務上の罰則として適用されることが一般的です。
  • 信用失墜:法的要件を満たさないことで、企業の信用に損害を与え、ビジネスの機会損失に繋がる可能性があります。
  • 法的証拠として無効:法的抗争や監査の場面で、文書が法的な証拠として効力を持たないことで不利な立場に立たされる場合があります。

このような問題を引き起こさないためにも、しっかりと理解することが重要です。文書管理システムとタイムスタンプの関連性を理解した上で、法的に問題なく、かつ自社に合ったシステムを導入していきましょう。

そもそも文書管理システムとタイムスタンプとは

文書管理システムは企業の文書や情報の管理を効率化するツールです。様々な機能を備えた文書管理システムで重宝される機能の一つがタイムスタンプ機能です。これにより、文書が生成や変更された正確な時刻が記録され、後の監査や法的検証で重要な役割を果たします。

このセクションでは、これらの概念とそのビジネスへの影響について更に詳しく解説していきます。

文書管理システムとは

文書管理システムは、組織内の情報を効率的に管理、保存、保護するためのデジタルツールです。主な目的は、情報のアクセシビリティを向上させることと、データの整合性を保持することにあります。文書管理システムの導入により、次のようなメリットがあります。

  • 情報アクセスの迅速化:電子的なインデックス作成により、必要な文書を迅速に検索し、アクセスできる
  • セキュリティの向上:機密情報を暗号化し、不正アクセスから保護する
  • コンプライアンスの確保:規制要求に沿った文書の保管とアーカイブを支援する

これらの機能により、文書管理システムは業務の効率化だけでなく、適切な情報ガバナンスの実現を助ける重要な役割を担います。特に、多くの業界で規制が厳しくなる中、効率的な文書管理は企業運営の基盤となるため、その重要性は今後も高まることが予想されます。

文書管理システムの概要やおすすめシステムは、以下のページを参考にしてみてください。

おすすめの文書管理システム27選徹底比較!

タイムスタンプとは

タイムスタンプはデジタルデータに付与される、データが作成または修正された正確な日時の記録です。この機能はデジタルファイルの透明性と信頼性を大幅に向上させるため、多くの業界で非常に重要視されています。タイムスタンプの主なメリットは以下の通りです。

  • データの改ざん防止:一度タイムスタンプが設定されると、その後のデータの改ざんが困難になるため、データの改ざん防止になる
  • 監査の追跡が容易:文書の歴史を正確に追跡できるため、内部または外部の監査時に有効
  • 法的証拠としての有効性:法的な問題が生じた場合、文書の作成または修正された時点を証明する有力な証拠となる

これらの特性により、タイムスタンプは文書管理システムの重要な機能として組み込まれることが多いです。その結果、企業は法的な要件を満たしながら、文書の信頼性とセキュリティを保持することが可能になります。タイムスタンプの導入によって、組織は情報管理の質を一層高めることができるのです。

それでは、次に電子管理システムにおけるタイムスタンプの法律面の役割について、より具体的な内容を見ていきましょう。

電子文書におけるタイムスタンプの法律面の役割

タイムスタンプは、電子文書管理においてただの時刻情報以上の重要な法的意味を持ちます。このセクションでは、どのような法律と関連し、企業の法令順守の手助けとなってくれるかを詳しく解説していきます。大企業だけでなく、中小企業でも当てはまる話ですので、是非参考にしてみてください。

電子帳簿保存法

電子帳簿保存法は、企業が電子形式で帳簿や記録を保存する際の規範を設定する法律です。この法律のもとでは、タイムスタンプの使用が特に重要です。タイムスタンプは電子文書の信頼性と正確性を保証するために必要であり、以下のような法的要件を満たすことが求められます。

  • 文書の完全性保護:タイムスタンプは文書が生成された日時を証明し、その後の不正な改変から文書を保護する
  • 監査証跡の提供:タイムスタンプは文書がいつ、どのようにして変更されたかの証拠として機能し、内部または外部監査の際に役立つ

タイムスタンプの適切な使用は、企業が電子帳簿保存法の規定に従っていることを示す重要な証拠となるため、これを無視することは法的リスクを高める可能性があります。そのため、法的要件に対応するためのタイムスタンプの正確な利用方法を理解し、適用することが不可欠です。

文書管理システムにおける電子帳簿保存法に必要な機能や対応の流れは、電子帳簿保存法に対応したおすすめ文書管理システムと導入の流れの記事をご覧ください。

e-文書法

e-文書法は、電子文書の作成・保存・表示に関する基準を定めることで、紙の文書と同等の法的効力を電子文書にも与えることを目的としています。厚生労働省のホームページには以下のように記されています。

民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律(以下「e-文書法」という。)は、民間事業者が行う文書の保存、作成、閲覧等について、原則として電磁的記録によることを可能とするもの。

引用元:厚生労働省:民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律の施行に伴う省令の整備について

この法律においてタイムスタンプは、電子文書の信頼性を高め、法的な紛争が生じた際にその真正性を証明する手段として非常に重要です。主なポイントは以下の通りです。

  • 文書の法的効力:正確なタイムスタンプ付きの電子文書は、紙の文書と同様に法的手続きで証拠として使用できる
  • 保存義務の明確化:e-文書法は、タイムスタンプを含む電子文書の保存方法や期間について具体的な指示を提供する

タイムスタンプが適切に使用されることで、企業は電子文書が法的に保護され、必要に応じて正確な記録として利用できることが保証されます。そのため、e-文書法に適合するための文書管理システムの選定は、企業にとって重要な判断となります。この法律が求める厳格な規範に対応することで、企業は法的なリスクを軽減し、業務の透明性を高めることが可能です。

電子署名法

電子署名法は、電子署名が紙の署名と同等の法的効力を持つための条件を規定しています。この法律の下でタイムスタンプは、電子署名の成立時刻を確認し証明する手段として極めて重要です。電子証明法の正式な概要は法務省のサイトをご覧ください。

電子署名法におけるタイムスタンプの役割を理解するには、以下のポイントを理解する必要があります。

  • 電子署名の確認:タイムスタンプは電子署名が行われた正確な時刻を記録することで、署名の有効性を証明する
  • 法的な紛争の解決:タイムスタンプ付きの電子署名は、契約や合意が特定の時点で成立していたことを証明し、法的紛争が生じた際に重要な証拠となる

これらの特性により、タイムスタンプは電子署名の法的な強度を支える重要な機能となっています。企業が電子署名法の要件に準拠して業務を行う場合、タイムスタンプの正確な実装が不可欠です。これにより、電子取引や契約が正確かつ法的に有効であることが保証され、企業活動の透明性と信頼性がさらに向上します。

不正競争防止法

不正競争防止法は、ビジネス環境における公正な競争を確保し、技術やビジネス情報の不正利用を防ぐために重要な役割を果たしています。この法律の枠組み内で、タイムスタンプは知的財産の保護において中心的な役割を担います。

タイムスタンプが不正競争防止法にどのように貢献しているかのポイントをまとめると以下の2つです。

  • 秘密情報の日時証明:タイムスタンプは企業が開発した独自の情報や技術が特定の時点で存在していたことを証明し、後の模倣や盗用の主張に対して防御力を提供します。
  • 法的訴訟における証拠:訴訟時において、タイムスタンプが付された文書は、情報が公開された日時を明確にし、不正利用の有無を判断する上で重要な証拠となり得ます。

タイムスタンプの正確な適用は、企業が自身の独創的な成果を保護し、不正な競争行為から身を守るための強力なツールとなります。このように、タイムスタンプはただの時間記録以上の価値を持ち、企業の法的立場を強化する重要な機能を果たしています。

文書管理システムによっては電子帳簿保存法でのタイムスタンプが不要に

一部の文書管理システムは、高度な機能を備えており、電子帳簿保存法で求められるタイムスタンプの要件が免除されることがあります。このセクションでは、どのようなシステムがその条件に該当し、どのようにして法的要件の例外とされるのかを解説します。

スキャナ保存や電子取引でタイムスタンプが必要なケースが多い

電子帳簿保存法の下で、スキャナ保存システムや電子取引においてタイムスタンプの適用はしばしば必須となります。これは、デジタル化された文書の信頼性と法的有効性を確保するために重要です。特に以下のような状況ではタイムスタンプが求められます。

  • スキャナによる文書保存: 紙の文書をスキャナでデジタル化する際、その文書の生成日時を記録し、後の検証可能性を保つため
  • 電子取引の記録: 取引が行われた正確な時刻を記録し、取引の正確性と透明性を保証するため

これらの文書や取引記録にタイムスタンプを適用することで、企業は法的要求を満たし、監査や法的検証の過程でその文書が本物であることを証明しやすくなります。このようなケースでは、文書管理システムが高機能であっても、タイムスタンプの使用が依然として重要であり、適切な対応が求められます。

JIIMA認証を受けた文書管理システムならタイムスタンプへの適切な対応が可能

日本情報経済社会推進協会(JIIMA)の認証を受けた文書管理システムは、電子帳簿保存法に完全に準拠していることが保証されています。これにより、タイムスタンプを含む多くの要件を適切に管理する能力があることが認められているわけです。国税庁のホームページには、以下のように書かれています。

電子帳簿保存、電子書類保存及びスキャナ保存制度に関して、申請者の予見可能性を向上させ、またその手続負担を軽減させる観点から、市販のソフトウェア及びソフトウェアサービス(以下、「市販のソフトウェア等」といいます。)を対象に、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)による要件適合性の確認(「認証」)を受けたものを利用する場合については、承認申請書の記載事項や添付書類を一部省略することを可能としていました(令和元年(2019年)9月30日以後に行う承認申請から適用。)。
また、電子取引についても、予見可能性向上の観点から、同様にJIIMAによる市販ソフトウェア等の認証制度が設けられています。

引用元:JIIMA認証情報リスト|国税庁

具体的には、JIIMA認証を受けたシステムは以下の機能を備えています。

  • 文書の完全性保証:全ての文書に対して改ざんが不可能なタイムスタンプを自動的に付与し、文書の信頼性を確保する
  • 法的証拠としての適格性:タイムスタンプ付きの文書は、法的な証拠としての要件を満たし、訴訟や監査で有効に利用できる

これらのシステムを利用することで、企業は電子文書の法的要件を簡単に満たすことができ、同時に運用の効率も大きく向上します。JIIMA認証は、そのシステムが信頼性高く法規準拠の管理を行えることの証であり、企業が安心して選択できる基準を提供します。

それでは、実際にJIIMA認証を受けた文書管理システムはどのようなものがあるでしょうか?

タイムスタンプの付与が可能な文書管理システム6選

タイムスタンプの付与が可能で、JIIMA認証情報リストにも掲載せれている文書管理システムで、おすすめな6製品を厳選しました。いずれもJIIMA認証を受けており、電子取引ソフト法的要件認証製品一覧電子書類ソフト法的要件認証製品一覧に掲載があるものです。これらのシステムは、法的要件を満たすだけでなく、使いやすさ等の観点から業務の効率化にも大きく貢献してくれます。

  • OPTIM Contract
  • 楽々Document Plus
  • invoiceAgent 文書管理
  • OPTiM 電子帳簿保存
  • バクラク電子帳簿保存
  • MyQuick
  • 文書管理システム AI OCR 契約書管理システム

    株式会社オプティムのOPTIM Contractは、AIを活用した契約書管理サービスです。契約書データのアップロードでAIが契約書のタイトル・企業名・契約締結日・契約終了日を取得し、契約書一通ごとの情報を管理します。フリーワード・タグ・全文での検索など柔軟な検索機能を持ち、契約更新も自動でリマインドされるなど契約管理に必要な要素が詰まっています。また、権限の与えられた契約書にのみアクセスが許可され、役割に応じた権限管理が可能です。

    製品のおすすめポイント

    1 AIが自動で、契約書の管理台帳を作成

    OPTiM Contractは、契約書管理業務を劇的に効率化できるサービスです。
    契約書の管理台帳をAIが自動作成してくれるので、手間のかかる入力業務をなくすことができます。契約終了や自動更新の時期を自動通知する機能があり、契約管理のミスも削減可能です。OPTiM Contractを導入すれば、契約管理業務の効率化だけでなく、ミスの削減にもつながります。

    2 スキャンした契約書をOCR処理でテキストデータ化

    サービスの使いやすさもOPTiM Contractの大きな魅力といえます。
    既存の契約書をOCR処理でテキストデータ化できるので、紙と電子の契約書が混在していても一元管理が可能です。スキャンデータの契約書に使われている単語でも検索でき、契約書の検索や確認にかかる時間の削減にも大きな効果を発揮します。

    3 電子帳簿保存法に則して電子契約を保管可能

    OPTiM Contractは、国内に利用企業の多い電子契約サービスとの連携機能も充実しています。連携済みのサービスで締結した契約書は、OPTiM Contractに簡単にアップロードが可能です。「Adobe Sign」や「クラウドサイン」、「GMOサイン」、「WAN-sign」、「Docusign」に対応しています。すでに電子契約サービスを利用している場合は、連携によりさらなる業務効率化につながります。

    4 セキュリティ対策も万全

    電子取引保存の法的要件認証であるJIIMA認証を取得しています。契約書PDFの手動アップロードも可能なので、紙契約と電子契約の両方を、改正電子帳簿保存法の電子取引の保存要件を満たした上で一元管理ができます。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 属性検索 外部連携 OCR登録 CSVファイル出力 アクセス制限 ドラッグ&ドロップ登録 他サービス連携 英語対応 手書きの読み取り可 スキャンデータの文字検索可 AI自動管理 リスク検出 帳票種類分け(タグ付け) ワークフロー 英語対応 非定型帳票対応 手書き文字対応 画像読み取り 準定型帳票対応 タイムスタンプ API連携 データベース連携
  • 文書管理システム 契約書管理システム

    住友電工情報システム株式会社の楽々Document Plusは、800社以上の導入実績があり、さまざまな業種や用途で利用されている文書管理システムです。紙文書の抱える問題点や、ファイルサーバーによる電子文書の管理が抱えるセキュリティ問題などを解決し、自社の設定した権限のもと文書管理・活用が可能になります。ペーパーレス化の実現だけでなく、社内の業務効率の向上、テレワークのサポートにもつながります。

    製品のおすすめポイント

    1 ISO文書管理や契約書管理、電子帳簿保存法に対応でき業務の適用性が高い

    ISO9001/14001の要求事項を網羅しているので、マニュアルや規定文書の管理を効率的に運用可能です。契約書管理に関しては自動通知や自動更新などの期限管理機能を搭載、人的ミスをなくします。また電子帳簿保存法のうちスキャナ保存・電子取引に対応しており、JIIMA認証も取得済みのため、安心して利用可能です。

    2 全文検索や高速ビューワ、ワークフローやセキュリティなど、充実した機能性

    高性能な全文検索エンジンと、ヒットしたページを瞬時に表示する高速ビューワで、求める情報をスピーディに探し出すことができ、ユーザビリティの高いシステムです。ワークフロー機能を標準搭載しており、ペーパーレスでの登録・承認・公開が可能です。透かし文字の挿入、アクセス制御など、万全のセキュリティ性で情報漏洩の対策も行えます。

    3 あいまい検索や属性検索、自然文検索など検索性能が高い

    高性能の検索エンジン・高速ビューワだけでなく、あいまい検索や属性検索、自然文検索など検索方法が幅広く、効率的に検索できます。複合機からスキャンしたPDFファイルもOCR処理されるので、全文検索の対象となり効率的に書類を活用可能。誤認識した文字もあいまい検索でヒットできるためペーパーレス化が進みます。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 契約書作成可 変更点検知 他サービス連携 複数部署管理 紙契約書データ化 更新通知 承認フロー設定 スキャンデータの文字検索可 AI自動管理 マルチデバイス対応 属性検索 属性登録 外部連携 変更履歴記録 ワークフロー管理 動画共有 ログイン連携 ISO文書管理 CSVファイル出力 アクセス制限 あいまい検索 OCR登録 モバイル利用 ドラッグ&ドロップ登録
  • 文書管理システム 電子帳票システム

    ウイングアーク1st株式会社のinvoiceAgent 文書管理は、あらゆる帳票の仕分けから保管、検索可能な文書管理ソリューションです。電子帳簿保存法に対応した安心の電子文書管理を実現し、コスト削減、ガバナンス強化、ペーパーレス化を推進します。また、連携アダプターやWeb APIの活用により、様々なシステムと連携した文書管理が可能です。そのため、システム間の相互関連性の確保を実現します。

    製品のおすすめポイント

    1 電子帳簿保存法への対応が可能

    invoiceAgentは、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)から「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」「電子書類ソフト法的要件認証」「電子取引ソフト法的要件認証」を取得しています。電子帳簿保存法に対応するための法的要件を満たしているソフトウェアとなりますので安心です。

    2 インボイス制度対応の業務効率化

    インボイス制度が開始すると、受領する請求書の確認作業と仕分けが必要となり、業務負担が増加します。invoiceAgent 文書管理では、受領した請求書が適格請求書か判定することができるため、文書の仕分けの効率化と、電子帳簿保存法にも対応した文書管理まで一気通貫で対応できます。

    3 文書のライフサイクルを適切に管理

    他システムから出力される文書ファイルや、作成した文書ファイルを自動的に保存、仕分け保管することができます。電子帳簿保存法など保存期間が定められているものや、登記・訴訟関係書類のように永久保存すべきものなどの記録管理も可能です。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 帳票自動分類 帳票検索 電子帳簿保存法対応 インボイス制度対応 タイムスタンプ
  • 文書管理システム AI OCR 電子帳票システム

    株式会社オプティムのOPTiM 電子帳簿保存は、AI解析で請求書・領収書・注文書などの取引書類を電子帳簿保存法に対応できる電子帳票システムです。インボイス制度にも対応して帳票書類の取引情報を一元管理できます。インボイス登録番号のAI読み取り、番号の有効性の自動チェックから企業名や取引金額、取引年月日などの複数条件検索や全文検索機能まで搭載しています。電子帳簿保存法対応のお困り事を解決する電子帳票システムです。

    製品のおすすめポイント

    1 うんざりする台帳記入は全部AIにお任せ

    電子帳簿保存法・インボイス制度の検索要件対応に必要な取引年月日・取引金額・取引先をAIが自動入力!更にインボイス登録番号もAIで入力・有効性を自動判定!

    2 請求書・領収書・注文書など様々な取引関係書類をデータ化

    取引情報のうち、国税庁が主要な保管対象として例示している、請求書・領収書・注文書・見積書・送り状など、書類のデータ化に対応します。

    3 電子帳簿保存法・インボイス制度の保存要件に対応

    OPTIM 電子帳簿保存は電子取引要件だけでなく、紙の書類も保管できるスキャナ保存要件にも対応しており、電子帳簿保存法の要件を満たしている証明であるJiima認証を取得しております。豊富な機能もあるため、サービス導入時から終了までお客様の運用体制に合わせて最適な電帳法対応のご提案が可能です。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 文書管理システム 変更履歴記録 文書編集 CSVファイル出力 アクセス制限 電子帳票システム 帳票検索 帳票編集 帳票印刷 帳票出力 帳票作成 電子帳簿保存法対応 インボイス制度対応 AI OCR機能 AI OCR 自動補正機能
  • 文書管理システム 電子帳票システム

    株式会社LayerXのバクラク電子帳簿保存は、さまざまな書類を電子保存できる文書管理システムで、5000社以上に導入されています。インボイス制度と改正電帳法に対応し、請求書などの国税関係書類を電子保管可能。法対応とペーパーレス化を同時に実現できます。導入サポートや法対応、事業者登録番号・区分・解像度の判定を含む一部機能を無料で利用できるため、気軽に始められる利点があります。サポート体制満足度98%の初心者にも安心のソフトです。

    製品のおすすめポイント

    1 誰でも使いやすいシンプルなデザインで運用コストを削減

    自動読み取り機能が充実しているため入力の設定項目が少なかったり、書類をドラッグ&ドロップで簡単にアップロードできたり、直感的に操作可能です。15機能を搭載しており、多くを無料プランでも使えるため気軽に始めやすいことが利点です。公式サイト上ではユーザー登録なしでインボイス制度対応機能を体験できます。

    2 安心のセキュリティで電子書類も紙の書類も一元管理

    電子書類だけでなく紙の書類も保存するため、ペーパーレスが目指せます。確実に法要件を満たした一元管理が可能です。また、認定タイムスタンプを付与したデータはサービス上から削除できないため、データ改ざんの心配がありません。システム上で訂正履歴の確認もできる万全なセキュリティ体制です。

    3 自動読み取り機能で手入力の労働コストを削減

    取引先名・取引日・金額などの詳細な検索要件項目を読み取り、AI-OCRによって自動入力します。書類の区分や種類、インボイスの事業者登録番号の判定も可能で、範囲検索や複数条件検索、ブランク検索にも対応していることが特徴です。手入力の労働コスト削減になる、社員に寄り添ったサービスです。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 変更履歴記録 属性検索 属性登録 CSVファイル出力 アクセス制限 ページ閲覧者表示 モバイル利用 ドラッグ&ドロップ登録
    運営企業:
    株式会社LayerX
  • 文書管理システム 契約書管理システム

    インフォコム株式会社のMyQuickは、文書管理、文書共有、文書検索など幅広い範囲をサポートする文書管理システムです。文書ファイルの保管だけではなく、文書の属性項目を定義した文書データベースを作成できるので検索しやすい仕組みになっています。電子契約サービスとの連携で、情報資産の共有も可能です。また、閲覧権限、登録権限などから組み合わせて操作権限を細かく設定できるため、組織構造を反映したグループ管理や、文書のアクセス制御が可能です。

    製品のおすすめポイント

    1 さまざまな条件でスピーディに探せる、多機能検索

    文書ファイルに記載されている文字はもちろん、文書の分類、年度や日付、数値情報などから素早く目的の文書を検索できます。よく使う検索条件は、検索メニューに保存しておき、欲しい情報が欲しいときにシステムから自動的にプッシュ通知されるので便利です。また、自動作成されるツリー型カテゴリによる検索機能も搭載されています。

    2 細かい設定が可能なアラート機能で、作業の漏れを防ぐ

    契約書の更新や終了など知らせる機能を持ちます。30日前、1年経過、ファイル登録なしなどさまざまな条件を設定し、条件に一致した文書を知らせるアラートを自動的にメールで配信することができます。複雑な通知も設定できるので、ピンポイントで通知することが可能で作業の漏れを回避します。

    3 電子帳簿保存法の証憑管理に最適な、データ削除・変更の制限

    電子帳簿保存法の改正に伴い、取引データの保存の際のセキュリティ強化および内部統制強化のために一度登録したデータの変更・削除を項目ごとに制限することが可能です。権限管理機能である文書自体の削除権限の設定を合わせることで、電子ファイルの削除を制限しつつ、管理項目の修正許可を行うなど柔軟な運用ができるようになります。

    ソフト種別 クラウド型ソフト
    基本的な機能 属性検索 属性登録 外部連携 ログイン連携 レポート機能 ワークフロー管理 文書編集 アクセス制限 あいまい検索 OCR登録 ページ閲覧者表示 契約書作成可 他サービス連携 更新通知 スキャンデータの文字検索可

まとめ

この記事では、文書管理システムとタイムスタンプの基本概念から、その法的役割に至るまでを詳細に解説しました。タイムスタンプは、電子帳簿保存法やその他の関連法律に適合するために不可欠な機能であり、文書の完全性、透明性、そして信頼性を保証します。また、厳選した6つの文書管理システムを紹介しましたが、これらはすべて、法的要件を満たすと同時に業務の効率化を図るための優れたツールです。

タイムスタンプ機能付きの文書管理システムの選定は、単に法的な義務を果たすためだけではなく、企業のデジタル化推進と情報管理の進化に寄与します。正しいシステムを選ぶことで、企業はリスクを管理し、効率を高めることが可能です。是非自社に合ったシステム導入の参考にしてみてください。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる