Menu
Close

報告と連絡の違いとは?違いや報告・連絡の注意点を解説

目次

ビジネスシーンにおいて、報告と連絡は欠かせないコミュニケーションツールとなっています。しかし、この2つの違いや使い分けに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

報告と連絡の目的や注意点を理解し、適切に活用することで、業務の効率化とミスの防止につながります。本記事では、報告と連絡の違いを明確にし、それぞれの例文や注意点を解説していきます。これらを参考に、ビジネスコミュニケーションのスキルアップを目指しましょう。

報告と連絡の重要性

ビジネスシーンにおいて、報告と連絡は欠かせないコミュニケーションツールとなっています。これらを適切に使い分けることで、業務の効率化とミスの防止につながるでしょう。報告と連絡の違いを理解し、目的に応じて活用していくことが重要です。

報告とは

本章では、まず報告について見ていきます定義や類語を説明するので、参考にしてください。

定義

報告とは、業務の進捗状況や結果、問題点などを上司や関係者に伝える行為を指します。報告の目的は、情報共有と意思決定のためであり、的確な判断を下すために必要な情報を提供することが大切です。

報告の類語

報告の類語には、「通知」「申告」「報せ」などがあります。これらの言葉は、情報を伝達するという点で共通していますが、ニュアンスに違いがあるので、状況に応じて使い分けるのが良いでしょう。

連絡とは

次に、連絡について説明します。

定義

連絡とは、業務に関する情報を関係者に伝達し、確認を取る行為のことをいいます。連絡の目的は、情報の共有と認識の統一化であり、スムーズな業務遂行のために欠かせません。

連絡の類語

連絡の類語としては、「通信」「コミュニケーション」「情報交換」などが挙げられます。これらの言葉は、情報のやり取りを表現していますが、それぞれ使用される場面が異なりますので、適切な言葉選びが大切です。

ビジネスで使える報告の例文3選

報告は、業務の進捗状況や結果、問題点などを上司や関係者に伝える重要なコミュニケーションツールです。適切な報告を行うことで、的確な判断を下すために必要な情報を提供することが可能となります。

本章では、ビジネスシーンで活用できる報告の例文を3つ解説します。これらの例文を参考に、状況に応じた報告を行ってみてください。

例文1

「先週の会議で討議された新プロジェクトについて報告いたします。市場調査の結果、需要は前年比で20%増加しており、売上目標達成の可能性が高いことが判明しました。一方で、競合他社の動向にも注意が必要だと考えられます。今後は、マーケティング戦略の強化と開発スピードの向上に注力していく方針です。詳細は添付の資料をご確認ください。」

この例文は、会議で討議された新プロジェクトの進捗状況を報告しています。市場調査の結果、需要の増加と売上目標達成の可能性について言及しつつ、競合他社の動向に注意が必要であることも伝えていますね。今後の方針として、マーケティング戦略の強化と開発スピードの向上を挙げており、具体的な行動計画が示されています。また、詳細な情報は添付資料を参照するよう促すことで、報告をコンパクトにまとめているといえるでしょう。

例文2

「本日、A社との契約交渉が終了しましたので報告します。当初の予定通り、3年間の長期契約を結ぶことで合意に至りました。契約金額は年間1億円で、今後のキャッシュフローの安定化に寄与するものと期待されます。ただし、契約条項の一部に関しては、弊社にとってやや不利な点も見受けられたため、次回の契約更新時には再交渉が必要かもしれません。契約書の写しは別途送付いたしますので、ご確認ください。」

この例文では、A社との契約交渉の結果を報告しています。長期契約の締結と契約金額について言及し、キャッシュフローの安定化に寄与することが期待される一方で、契約条項の一部に不利な点があることも伝えていますね。

次回の契約更新時には再交渉が必要である可能性を示唆しており、将来の課題にも言及。契約書の写しを別途送付することを明記し、報告の信頼性を高めています。

例文3

「先日実施した新製品のキャンペーンについて、その効果を報告いたします。キャンペーン期間中の売上は、目標値の120%を達成することができました。とくに、SNSを活用したプロモーションが奏功し、若年層の購買者が大幅に増加した点が成功の要因と考えられます。今後は、このキャンペーンの手法を他の製品にも応用していくことで、更なる売上拡大を目指していきたいと思います。詳しい数値データは、添付の資料に記載しておりますので、ぜひご一読ください。」

この例文は、新製品のキャンペーンの効果を報告しています。売上目標の達成率と、成功の要因としてSNSを活用したプロモーションの効果について言及していますね。今後の展望として、このキャンペーンの手法を他の製品にも応用していくことで、更なる売上拡大を目指すことを伝えています。詳細な数値データは添付資料に記載されていることを明記しているので、報告の信ぴょう性が高いです。

ビジネスで使える連絡の例文3選

適切な連絡を行うことで、情報の共有と認識の統一化を図ることが可能となり、スムーズな業務遂行につながります。本章では、ビジネスシーンで活用できる連絡の例文を3つ解説します。これらの例文を参考に、状況に応じた連絡を行ってみてください。

例文1

「明日14時から予定されていた会議ですが、社外の急な来客対応のため、15時からに変更させていただきたいと思います。ご出席予定の皆様には、お手数をおかけしますが、スケジュールの調整をお願いいたします。なお、会議室は当初の予約通りA会議室を使用する予定です。ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。」

この例文は、会議の開始時間の変更を関係者に連絡しています。変更の理由として社外の急な来客対応を挙げ、スケジュール調整を依頼していますね。会議室については当初の予約通りであることを明記し、混乱を防止。また、不明点がある場合は問い合わせを促すことで、連絡内容の確実な伝達を図っています。

例文2

「本日、A社よりB製品の納期に関する問い合わせがありました。現在の生産状況を確認したところ、当初の予定通り、来月末までに納品可能であることが判明しました。つきましては、A社担当者に対して、納期を再度確認し、了承を得ていただくようお願いします。なお、万が一納期に変更が生じる場合は、速やかにご報告いたしますので、ご安心ください。」

この例文では、取引先からの納期に関する問い合わせに対する社内連絡を行っています。生産状況を確認した結果、当初の予定通りの納品が可能であることを伝え、取引先担当者への納期再確認と了承取り付けを依頼していますね。また、万が一納期に変更が生じる場合は速やかに報告することを明記し、取引先との信頼関係維持に努めています。

例文3

「来週月曜日に予定しているC部門との合同会議ですが、討議資料の準備が整いましたので、お知らせいたします。資料は、会議の3日前までにメールで送付いたしますので、事前にご確認いただければと思います。また、当日は プロジェクターとホワイトボードを使用する予定ですので、必要な機材の手配をお願いいたします。ご質問やご要望がありましたら、お気軽にお申し付けください。」

この例文は、合同会議の討議資料の準備状況と、資料送付のスケジュールを連絡しています。資料は会議の3日前までに送付予定であることを明記し、参加者に事前確認を促していますね。また、会議当日に使用する機材についても言及し、必要な手配を依頼しています。

質問や要望があればお申し付けいただきたい旨を伝えることで、連絡内容の確実な伝達と、参加者との円滑なコミュニケーションを図ることが可能です。

報告の注意点

本章では、報告を行う際の3つの注意点を解説します。これらの点に留意して、効果的な報告を心がけましょう。

  • 要点を絞る
  • 事実を伝える
  • 順序を意識する

要点を絞る

報告は、相手の時間を考慮し、必要な情報を簡潔にまとめることが大切です。要点を絞り、結論から先に伝えるようにしましょう。詳細な説明が必要な場合は、補足資料を準備し、報告の中では概要のみを伝えるのが効果的だといえます。また、報告の目的を明確にし、それに沿った内容を選択することで、より伝わりやすい報告になります。

事実を伝える

報告では、客観的な事実を正確に伝えることが求められます。主観的な意見や推測は避け、データや具体例を用いて説明するようにしてください。また、失敗や問題点についても隠さずに報告し、改善策を提案することが重要です。事実を偽りなく伝えることで、信頼関係を築くことが可能となり、適切な判断につながります。

順序を意識する

報告内容を論理的な順序で構成することで、相手の理解を深めることが可能となります。時系列に沿って説明したり、重要度の高い情報から順に伝えたりするなど、状況に応じて適切な順序を選択しましょう。また、報告の最初と最後に要点をまとめることで、内容が整理され、より伝わりやすくなります。

連絡の注意点

本章では、連絡を行う際の3つの注意点を解説します。これらの点に留意して、スムーズな情報共有を図りましょう。

  • 連絡が必要な人を把握する
  • 連絡手段を選択する
  • 漏れがないことを確認する

連絡が必要な人を把握する

連絡を行う際は、情報を共有すべき人を漏れなく把握することが大切です。関係部署や担当者、取引先など、連絡が必要な相手をリストアップし、確実に連絡が行き届くようにしてください。また、連絡先の変更などにも注意を払い、常に最新の情報を持っておくことが重要です。

連絡手段を選択する

連絡手段は、状況に応じて適切なものを選択する必要があります。緊急性の高い情報はメールではなく、電話や対面で伝えるようにしましょう。一方、詳細な内容を伝える場合は、メールや文書での連絡が効果的だといえます。また、連絡手段の選択は、相手の利便性も考慮することが大切です。

漏れがないことを確認する

連絡した内容が確実に伝わったかどうかを確認することが重要です。とくに、重要な情報を伝える場合は、相手からの返信や確認の連絡を待つようにしてください。また、連絡事項をメモやチェックリストにまとめておくと、漏れを防ぐことが可能となります。複数の人に連絡する場合は、全員に確実に伝わったかを確認することを忘れないようにしましょう。

報告と連絡の違いを理解しビジネスに活かそう

ビジネスにおける報告と連絡の違いを理解し、適切に使い分けることが円滑なコミュニケーションと業務遂行に欠かせません。

本記事では、報告と連絡のそれぞれの定義や例文、注意点を詳しく解説しました。ビジネスシーンで活用できる例文も紹介しているので、これらを参考に、状況に応じた報告と連絡を行ってみてください。また、注意点に留意することで、より効果的なコミュニケーションが可能となります。

報告と連絡を適切に使い分け、簡潔明瞭に、相手の立場に立って伝えることを心がけましょう。このスキルを身につけることで、業務の質の向上とミスの防止につながり、ビジネスパーソンとしての成長が期待できるでしょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1586件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる