Menu
Close

データ連携ツール(ETL)のおすすめ9選|選び方や機能、料金で比較

目次

この記事では、データ連携ツール(ETL)について徹底的に解説します。データ連携ツールは、異なるデータソースを一元管理し、ビジネスの効率化や意思決定の精度向上に貢献する重要なツールです。導入目的やメリット・デメリット、選定のポイント、導入手順など、ビジネスパーソンが知りたい情報をわかりやすくお届けします。データ連携ツールを効果的に活用し、競争力を高めるための具体的な方法について、さまざまな視点からご紹介します。

データ連携ツール(ETL)とは

データ連携ツールの基本的な定義と概要

データ連携ツール(ETL)は、異なるデータベースやアプリケーションからデータを抽出し、変換して最終的なデータストアにロードするソフトウェアです。データの一元管理と分析を可能にし、ビジネスの意思決定や戦略策定に不可欠な情報を提供します。

データ連携ツールの役割と重要性

データ連携ツールは、企業内の複数のデータ源からデータをシームレスに統合する役割を果たします。これにより、情報の一貫性を確保し、ビジネス上の課題を解決し、競争力を高めることができます。

データ連携ツールの主な用途と活用例

データ連携ツールは、顧客データの統合、販売データの分析、在庫管理の最適化など、多岐にわたる用途で活用されます。例えば、マーケティングチームは顧客行動データを統合してターゲティングに活用し、効果的なキャンペーンを実施します。

導入目的と期待される効果

データ連携ツールを導入するメリットとは

データ連携ツールの導入により、データの正確性と信頼性が向上します。企業内の異なる部門間での情報共有がスムーズに行われ、意思決定のスピードが向上し、ビジネス上のリアルタイムな課題への対応が可能になります。

ビジネスにおけるデータ連携の重要性

データ連携はビジネスの成長戦略に欠かせない要素です。適切なデータ連携戦略を取り入れることで、マーケットの動向を把握し、競合他社との差別化を図ることができます。

データ連携ツールの導入による具体的な効果と成果

データ連携ツールの導入により、データの重複や不整合が減少し、効率的なリソース活用が可能になります。これにより、生産性が向上し、コスト削減にも寄与します。

データ連携ツール導入時の課題と対処法

データ連携ツールの導入には課題も伴います。導入前に十分な計画と調査を行い、関係者の協力を得ることが成功のカギです。また、データセキュリティへの対策を万全にすることが重要です。

データ連携ツールの主な機能と特徴

データ抽出(Extract)機能について

データ抽出機能では、異なるデータソースから必要な情報を抽出します。柔軟な抽出条件の設定やスケジュール実行などが特徴です。

データ変換(Transform)機能の役割と重要性

データ変換機能は、抽出したデータを目的に合わせて加工・整形します。データの統合や集計、欠損値の補完などが行われ、データ品質の向上に寄与します。

データロード(Load)機能の仕組みと利点

データロード機能では、加工されたデータを最終的なデータストアに格納します。バッチ処理やリアルタイム処理などの方法があり、適切な手法を選択します。

データ連携ツールの拡張性と柔軟性

データ連携ツールは拡張性が高く、ビジネスの成長に合わせて柔軟に対応できることが特徴です。システムのアップデートや新たなデータソースの追加も容易に行えます。

データ連携ツール導入のメリット

時間とコストの削減による効率化

データ連携ツールの導入により、手動でのデータ統合作業が不要となります。自動化されたデータ連携により、時間とコストを削減し、従業員の生産性向上に繋がります。

データ品質向上による意思決定の精度向上

データ連携ツールにより、データの整合性と正確性が向上します。信頼性のあるデータに基づいた意思決定が可能になり、経営戦略の精度と効果を高めます。

企業の競争力向上と戦略的な利益

データ連携により、より包括的な情報を得ることができます。市場動向や顧客行動の傾向を把握し、競合他社に対して優位な戦略を立てることができます。

データ連携ツール導入のROI(投資回収率)評価

データ連携ツールの導入には初期投資が必要ですが、効果的なデータ活用によりROIが高まります。効率化や品質向上によるコスト削減、戦略的な利益による収益増加が期待できます。

データ連携ツール導入のデメリット

初期投資とランニングコストの課題

データ連携ツールの導入には初期投資が必要です。また、システムの運用や保守にかかるランニングコストも考慮する必要があります。

データセキュリティとプライバシーへの懸念

異なるデータソースからのデータ連携では、情報漏洩やセキュリティリスクが懸念されます。適切なセキュリティ対策とデータプライバシー保護が必要です。

データ連携の複雑性と運用上の課題

複数のデータソースや異なるデータ形式の統合は複雑な作業であり、データ連携ツールの適切な運用や管理が求められます。

適切なデータ連携ツールの選び方

ビジネスニーズに合った機能の評価

導入するデータ連携ツールは、企業のビジネスニーズに適合しているかを評価します。必要な機能や拡張性をよく検討しましょう。

導入規模やシステム環境への適合性

データ連携ツールは企業の規模やシステム環境に合わせて選定することが重要です。スケーラビリティやシステムとの互換性を確認しましょう。

ベンダー選定のポイントと注意点

信頼性のあるベンダーを選定するために、過去の実績やカスタマーレビューを参考にし、複数のベンダーを比較検討します。

 データ連携ツールの将来性とサポート体制

データ連携ツールの将来的な発展性を見据え、長期的なサポート体制やアップデート提供なども重要な選定ポイントです。

データ連携ツール導入手順と注意点

導入計画の立案と関係者の協力

データ連携ツールの導入計画を具体的に立案し、関係者とのコミュニケーションを図ることで、スムーズな導入が可能となります。

データマッピングと変換ルールの設計

データのマッピングと変換ルールを明確に設計し、正確なデータ連携が行われるようにします。詳細なドキュメントを作成しておくことが重要です。

導入後の運用と保守体制の確立

データ連携ツールの導入後は、適切な運用と保守が必要です。専任のチームを設けるか、外部の専門家に依頼するなど、運用体制を確立して長期的な安定稼働を目指します。

データ連携トラブルへの対処と予防策

データ連携ツールにはトラブルのリスクがありますが、迅速な対処と予防策の実施により、ダウンタイムを最小限に抑えます。障害発生時のエスカレーションルートや問題解決のステップを確立しておきましょう。

「ETLツール」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • プログラミングによる独自実装可
    • データ暗号化
    • ノーコード運用可
    • 一定間隔起動
    • 国内メーカー
    • オープンソースコミュニティ
    • APIアップデート自動対応
    • Git連携
    • データマスキング
    • 受発注処理業務対応
    • ワークフロー実行履歴
    • フォーマット変換
    • グループ化
    • 文字形式変換
    • 文字整形
    • 連携テンプレート
    • スケジュール実行
    • データマッピング
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
フリー ¥0
備考
月額ライセンス料 ¥0/名+タスク実行料金 ¥0/タスク
自分の業務を自動化したい方のために
スタンダード ¥1,200~/名+¥0.64~5/タスク
備考
月額ライセンス料 ¥1,200~/名+タスク実行料金 ¥0.64~5/タスク
より多くのことを自動化したいパワフルなチームのために
プロ ¥1,600~/名+¥0.64~5/タスク
備考
月額ライセンス料 ¥1,600~/名+タスク実行料金 ¥0.64~5/タスク
業務フロー全体を変革する企業のために
制限なし
Yoomの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ASTERIA Warp Core 30,000円~/月額
備考
ファイル連携、データ変換、REST連携、Excel簡易連携が可能なプランです。
ASTERIA Warp Core + 60,000円~/月額
備考
ASTERIA Warp Coreプランの機能に加え、データベース連携、メール受信・送信、FTP入出力、PDF処理が可能なプランです。
ASTERIA Warp Standard 別途お問い合わせ
ASTERIA Warp Enterprise 別途お問い合わせ
制限なし
ASTERIA Warp Coreの資料サムネイル
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
ASTERIA Warp Core 30,000円~/月額
備考
厳選した基本機能をパッケージ化
ASTERIA Warp Core + 60,000円~/月額
備考
基本機能+データベース連携を実現
ASTERIA Warp Standard 要相談
備考
データ連携ミドルウェアの
デファクトスタンダード
ASTERIA Warp Enterprise 要相談
備考
大規模データ連携基盤
制限なし
ASTERIA Warpの資料サムネイル
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
ランニングコスト 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
スケジュール実行プラン ¥132,000
備考
料金単位:スケジュール数
月額:3個まで、¥ 13,200
リアルタイム実行プラン ¥198,000
備考
料金単位:実行フロー数
月額:3個まで、¥19,800
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
ランニングコスト 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要問合せ
ランニングコスト 要問合せ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
STANDARD $100/月額
備考
基本的なプランです。
ADVANCED $1250/月額
備考
データ パイプラインの制御と拡張性をさらに高めたいチーム向けの高度な機能を持つプランです。
PREMIUM $1250/月額
備考
最高のデータ量を持ち、クラス最高のセキュリティとコンプライアンスを必要とする急成長中の組織向けのプランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
プラン 0円
備考
オープンソースです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
ライトプラン 10万円/月額
スタンダードプラン 30万円/月額
エンタープライズプラン 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
Reckonerの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

データ連携ツール(ETL)のおすすめ9選を紹介

iPaaSワークフローシステムETLツール

トライアル 有り
サポート メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 業務を自動化するSaaS時代のデータベース
  • ボタンを押すだけで仕事が進む
  • SaaSと繋がる入力フォーム
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • データの入れ替え、変換、計算等のExcel業務を効率化し、業務改革を推進
  • RPAを情報システムからも考え、定型業務を自動化
  • フローテンプレートや、データ連携先が豊富
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 業種を問わずさまざまな企業で導入いただいています
  • 豊富な接続先とテンプレートでスピーディーに導入
  • ノーコードだから誰でも使える、ノーコードで実現
トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • ワークロードの実行を高速化
  • データ統合をモダナイズ
  • 信頼できるデータを提供
トライアル 有り
サポート 電話 チャット 

製品のおすすめポイント

  • kintoneのカスタマイズ不要でアプリ間をまたいだ集計が自由自在
  • 誰でもカンタン。パズルをつなぐ感覚で集計コマンドを操作
  • 集計の実行結果はkintone上のログで確認可能
トライアル 有り
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • 自在なデータ連携
  • 効率化と自動化
  • ノンプログラミングで柔軟な設計
トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 信頼性の高いデータの統合/提供
  • データユニバーサル化と柔軟性
  • データ整合性とデータガバナンス
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 連携データあるところにWaha! Transformerあり、業務課題の解決にお役立ち
  • 1,000億件のベンチマークが証明する高速処理性能
  • 作り手が「欲しい!」と感じるメンテナンス機能を随所に搭載
トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • ビジネスデータの流れを制御するのに役立つ機能群
  • データを保護し、透過型で変更ログを管理できる
  • 自動的なエラー処理の仕組みにより、業務を効率化
トライアル 有り
サポート メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • データをアクセス可能にするだけではなく、信頼性の高い形にして統合
  • APIの統合が可能、チームの生産性向上を実現
  • さまざまなITリテラシーレベルの利用者に配慮したコミュニティ
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 幅の広いデータアクセス&統合でビジネス価値を高める
  • データベースソースを最適化し、ガバナンスも強化
  • ノンプログラミングで開発が可能で、チームでの開発管理にも適している
トライアル 無し
サポート メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 日本国内での使いやすさを追及した、丁寧な設計
  • クラウドゆえの便利さと、システムやデータとの連携を効率化するアダプタ
  • 自動運用機能トリガーで連携をスムーズに行う
トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 無駄な時間や行動を省き、効率的な営業・営業企画を支援します
  • 無駄な時間やコストを省いた「効率的なマーケティング活動」を支援します
  • 運用フリーで「データドリブンな環境」を組織に展開します
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 多くのデータソースと連携でき、簡単操作ですぐにデータ分析を行える
  • データの確認は操作をしながら可能、ワークフローはJSON形式にも対応
  • ワークフローの定期実行やフレキシブルな機能で効率的な書き出しが可能

まとめ

この記事では、データ連携ツール(ETL)について、その基本的な概要から導入のメリット・デメリット、選定のポイント、導入手順などを詳しく解説しました。データ連携ツールは、異なるデータソースからデータを抽出し、変換して統合する重要なツールであり、ビジネスの効率化や意思決定の精度向上に貢献します。導入には初期投資やセキュリティ対策などの課題もありますが、長期的な視野での選定と運用体制の確立により、データ連携の効果を最大化できます。

データ連携ツールを活用することで、企業はより信頼性の高いデータに基づいた戦略を立て、競争力を向上させることが可能です。柔軟な機能と拡張性を持つツールの選定、関係者の協力によるスムーズな導入プロセス、そしてトラブルへの迅速な対応と予防策が成功のカギとなります。ビジネスパーソンの皆さんは、この記事を参考にしてデータ連携ツールを効果的に活用し、より効率的な意思決定とビジネスの成長に繋げていただければ幸いです。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1514件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる