Menu
Close

オンライン会議(web会議)システムのおすすめ18選を徹底比較

目次

オンライン会議は現代社会におけるコミュニケーションの重要な手段となっています。しかし、その活用には適切な知識と理解が必要です。この記事では、オンライン会議の基本的な概念から始め、各種ツールの特徴と使い方、選択基準、メリットとデメリット、そして具体的な活用例まで、幅広く解説します。また、新技術の影響や社会的な課題についても触れます。これらの情報を通じて、オンライン会議をより効果的に活用するための一助となるでしょう。

オンライン会議(Web会議)とは?

オンライン会議の定義と基本的な概念

オンライン会議とは、インターネットを介して行われる会議のことを指します。これにより、地理的な制約を超えて、リアルタイムでのコミュニケーションが可能となります。ビデオ、音声、テキストチャット、画面共有など、多様な通信手段を活用することで、対面の会議と同等の効果を得ることができます。この技術は、ビジネスだけでなく、教育、医療、社会活動など、あらゆる分野で活用されています。

オンライン会議の歴史と普及の背景

オンライン会議の歴史は、インターネットの発展と共に歩んできました。初期のオンライン会議は、主にテキストベースのチャットでしたが、インターネットの帯域幅が広がるにつれて、音声やビデオを用いた会議が可能となりました。特に、2020年の新型コロナウイルスのパンデミックは、オンライン会議の普及を加速させました。リモートワークやオンライン教育の需要が急増し、オンライン会議は新たなコミュニケーションの標準となりました。

オンライン会議の選び方

システムの選択基準:目的、規模、予算など

オンライン会議システムの選択は、目的、規模、予算など、様々な要素を考慮する必要があります。例えば、大規模なビジネス会議を行う場合、多数の参加者をサポートし、高度なセキュリティ機能を持つシステムが必要となります。一方、小規模なチームや個人利用の場合、使いやすさやコストが重要な要素となります。また、特定の機能(例えば、画面共有や録画機能)が必要な場合も、それを提供するシステムを選ぶことが重要です。

無料と有料プランの比較

多くのオンライン会議システムは、無料プランと有料プランを提供しています。無料プランは基本的な機能を提供しますが、参加者数や会議時間に制限があることが多いです。一方、有料プランでは、より多くの参加者、長時間の会議、高度な機能(例えば、録画や分析ツール)を利用できます。しかし、必要な機能と予算を考慮して、最適なプランを選ぶことが重要です。

ユーザーレビューと評価の活用方法

ユーザーレビューと評価は、オンライン会議システムの選択において重要な情報源です。他のユーザーの経験や意見は、システムの実際のパフォーマンスや使いやすさを理解するのに役立ちます。ただし、レビューは個々のユーザーの経験に基づいているため、全体的な評価としてではなく、参考情報として利用することが推奨されます。

オンライン会議のメリットとデメリット

メリット:時間と場所の自由度、コスト削減など

オンライン会議の最大のメリットは、時間と場所の自由度です。地理的な制約を超えて、どこからでも会議に参加することが可能です。これにより、出張費や移動時間を削減し、効率的なコミュニケーションを実現します。また、オンライン会議は、物理的な会議室を必要としないため、設備投資を削減することができます。これらの要素は、特に中小企業やスタートアップにとって大きな利点となります。

デメリット:技術的な問題、コミュニケーションの限界など

一方、オンライン会議にはいくつかのデメリットも存在します。技術的な問題、例えばインターネットの接続不良やシステムの不具合、は会議の進行を妨げる可能性があります。また、非言語的なコミュニケーション(ボディランゲージや視線など)が限定されるため、対面の会議と比べてコミュニケーションの質が低下する可能性もあります。

オンライン会議の主なシステムとその特徴

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 会議のシーンに合わせて、画面表示モードを選択
  • 画面共有中にも使える便利な協業ツールが充実
  • 会議の満足度も効率もアップする機能が盛りだくさん
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 無料で十分利用できますが、有料プランもご用意
  • Web会議・ビデオ通話・音声通話・画面共有
  • オンプレミス・クラウドのハイブリッド使用とテレワーク
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • リコーのテレビ会議・WEB会議システムの全体像
  • コンタクトID接続タイプ:場所や用途に合わせて、もっと自由に
  • 仮マルチ&グローバルに広がる、想会議室接続タイプ

会議室予約システムWeb会議システム予約システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • カラ予約防止、入室が確認できない予約は自動キャンセル
  • 来客情報や受付情報も一元管理、受付の無人化
  • 会議室端末・集中制御端末・フロアマップといった用途に合わせた利用が可能

Web会議システム

トライアル 有り
サポート メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 会議のハイライトを自動で追う機能により、メモ不要に
  • モバイル参加が可能なので、チーム員の作業場所を問わない
  • あらゆる漏洩リスクを排除する、安心の情報管理機能
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 業界を超えて、多くの方々にご愛用いただいております
  • カンペで漏れなく要点を説明、社内共有できます
  • 電話しながらササッと画面を見せちゃいましょう
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 独自の映像伝達システムで高水準の高画質・高音質・低遅延を実現
  • 多彩な通信モードを多様な情報端末で利用可能
  • 業界最高水準のデスクトップ共有機能
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 誰もが感覚的に操作できる
  • 高性能ネットワークと安心のセキュリティ
  • 現在利用しているデバイスもツールも

Web会議システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • クリアな音声でスムーズなWeb会議を
  • 高レベルのセキュリティで経営会議でも安心
  • 高い費用対効果

Web会議システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • いつでも、誰とでもWebで会議可能
  • 世界最高水準のセキュリティと稼働率
  • Web会議で必要とされる快適機能を標準装備

Web会議システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • URLを教えるだけですぐに会議の開始が可能
  • 少人数の利用に絞ったシステムなので音質がクリア
  • シンプルな機能ながら、画面共有とホワイトボードが利用可能

Web会議システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 複数拠点での同時発言があっても音が途切れない
  • Web会議の録音、録画、画面共有も可能で豊富な機能
  • オンプレミスの導入実績と手厚いサポート、セキュリティ

Web会議システム

トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • ボタン一押しだけで簡単に接続可能、運用しやすい
  • 豊富な画面レイアウトと、フルHDにも対応
  • 無線LAN採用かつ、高度なセキュリティを両立

Web会議システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 独自技術により高画質・高音質を達成している
  • 高いセキュリティ性なので機密性の高い会議でも利用可能
  • 完全自社開発の日本製なので安心・高品質を実現
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 安心・安全・高品質を達成、シンプルなインターフェイスで操作可能
  • マルチデバイス対応でブラウザ上も利用できる
  • クラウド型サービスによりメンテナンスが不要

Web会議システム

トライアル 有り
サポート 電話 チャット 

製品のおすすめポイント

  • HD画質やファイル共有、ホワイトボード機能でスムーズなオンライン会議が可能
  • 完全な業務用の電話サービスをクラウドで提供
  • ミーティング後も作業を進められるメッセージ機能

Web会議システム

トライアル 有り
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • Google基準の強固なセキュリティ機能
  • 最大100,000人の参加者でセミナーや大型イベントにも
  • 各自のパソコンからウェブブラウザを使ってオンラインのビデオ会議に参加
トライアル 有り
サポート 電話 チャット 

製品のおすすめポイント

  • 柔軟なハイブリッドワークをオンライン会議で実現
  • 挙手機能、レコード機能など日常の会議にあると便利な機能が搭載
  • データをオンライン会議の参加者に見せながら説明ができる

オンライン会議の効果的な活用方法

ビジネスでの活用例

ビジネスにおけるオンライン会議の活用例は多岐にわたります。例えば、リモートワークの環境でのチームミーティング、クライアントとの商談、社内のプレゼンテーションなど、様々なシチュエーションで活用することができます。また、オンライン会議は、国際的なビジネスにおいても有効です。時間帯や地理的な制約を超えて、グローバルなコミュニケーションを可能にします。これにより、ビジネスの効率性と拡張性が大幅に向上します。

教育や個人利用での活用例

オンライン会議は教育分野でも広く活用されています。遠隔地からの授業参加、オンラインの学習グループ、親子間のコミュニケーションなど、様々なシーンで利用されています。また、個人利用では、友人や家族とのコミュニケーション、趣味のクラブ活動、オンラインのイベント参加など、多岐にわたる活用が見られます。これらの活用例からも、オンライン会議が私たちの生活のあらゆる面で重要な役割を果たしていることがわかります。

オンライン会議のマナーとエチケット

オンライン会議には、特有のマナーとエチケットがあります。例えば、会議の開始前にはテクノロジーのチェックを行い、適切な環境で参加することが求められます。また、ミュート機能を適切に使用し、他の参加者を尊重する態度も重要です。さらに、ビデオを使用する場合は、適切なドレスコードと背景を意識することも必要です。これらのマナーとエチケットを守ることで、スムーズで効果的なオンライン会議を実現することができます。

オンライン会議の未来と展望

リモートワークとオンライン会議の進化

リモートワークの普及に伴い、オンライン会議も進化を続けています。新たなテクノロジーの導入により、よりリアルなコミュニケーション体験が可能になっています。例えば、VR(バーチャルリアリティ)やAR(拡張現実)を活用した会議、AI(人工知能)による自動翻訳や音声認識など、新しい機能が次々と開発されています。これらの進化は、リモートワークの効率性と効果性をさらに高め、新たな働き方を可能にしています。

新技術の影響:AI、VR/ARなど

新技術の進化は、オンライン会議の体験を大きく変えています。AI(人工知能)は、自動翻訳や音声認識、参加者の感情分析など、会議の効率性と効果性を向上させる機能を提供します。また、VR(バーチャルリアリティ)やAR(拡張現実)は、リアルな会議体験を再現し、参加者のエンゲージメントを高めます。これらの新技術は、オンライン会議が単なるコミュニケーションツールから、新たなコラボレーションの場へと進化する可能性を示しています。

オンライン会議の社会的影響と課題

オンライン会議の普及は、働き方や学び方、そして社会全体のコミュニケーションの形を変えています。しかし、同時に新たな課題も生じています。例えば、テクノロジーへのアクセスの不平等、プライバシーの保護、オンライン疲労などです。これらの課題に対処するためには、テクノロジーの進化だけでなく、社会的な理解と対策が必要です。これからのオンライン会議の発展は、これらの課題をどのように解決するかが鍵となります。

オンライン会議でコミュニケーションを円滑にしましょう

この記事では、オンライン会議の基本的な知識から選択基準、メリットとデメリット、そして具体的な活用例まで、幅広く解説しました。オンライン会議は、ビジネスから教育、個人利用まで、私たちのコミュニケーションの形を大きく変える力を持っています。しかし、その活用には適切な選択と理解が求められます。新技術の進化とともに、オンライン会議の可能性はさらに広がります。最適なツールを選び、新たなコミュニケーションの形を探求しましょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる