Menu
Close

ERPの導入事例6選|導入前の課題や導入後の効果を紹介

目次

本記事では、企業がERPを導入することで、どのような効果を得られたのかについて紹介します。導入した企業の業種と規模を確認し、導入前の課題から改善の施策、導入後の効果を知ることでERPを導入する際の参考にしましょう。

導入事例1:株式会社フォワード
(導入製品:クラウドERP MoneyForward)

上場に向け、充実したバックオフィスをクラウドツールで実現

※出典:上場に向け、充実したバックオフィスをクラウドツールで実現 – 「マネーフォワード クラウド会計Plus」導入事例

業種 企業規模
人材サービス 6名-20名

導入前の課題

弊社はブランド戦略策定支援やインナーブランディング支援などの領域でクライアント企業の支援を行っており、現在2名体制でバックオフィス業務を担当しています。しかし、アウトソースしていた会計業務ではリアルタイムでのデータ把握ができず、上場を見据えて経理業務の内製化と内部統制の強化が必要であることが課題となっていました。

改善の施策

上場基準に適合し、使いやすさも重視した会計ソフトを導入することを検討しました。マネーフォワード クラウドのサービスをトライアルで試し、税理士さんとのやりとりやデータ移行の円滑化を図るため、親会社との連結納税を一本化することも考慮しました。

導入後の効果

マネーフォワード クラウドの導入により、業務の効率化が実現しました。会計作業のタイムラグが短縮され、経理・会計の専門スキルの有無に関わらず操作しやすくなりました。さらに、クラウドサービスの利便性により、いつでもどこでもデータにアクセスできるようになりました。社内整備のきっかけとなるメリットもあり、バックオフィス業務の流れが把握され、社内の業務効率も向上しました。

導入した製品:クラウドERP MoneyForward

クラウドERP MoneyForwardの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/13112/

クラウドERP MoneyForwardの事例一覧はこちら→https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=13112

導入事例2:プラスオートメーション株式会社
(導入製品:クラウドERP MoneyForward)

事業拡大に応えるバックオフィス作りを目指し、マネーフォワード クラウドで全従業員の生産性を向上

※出典:事業拡大に応えるバックオフィス作りを目指し、マネーフォワード クラウドで全従業員の生産性を向上 – 「マネーフォワード クラウド会計Plus」導入事例

業種 企業規模
IT・情報通信 21名-50名

導入前の課題

小坂様の会社は経理財務領域をアウトソースしており、他社ソフトを利用して記帳代行を行っていました。しかし、PDFの伝票をメールで送る手続きや会計処理の検討・親会社へのデータ提出などにおいて工数が増え、スピード感が損なわれていました。また、上場企業向けの機能が豊富な分、操作が難しく、立ち上げ当初の組織にはオーバースペックでした。

改善の施策

小坂様は会計ソフトの選定にあたり、経営陣や経営企画部との情報共有を重視しながら、企業規模に合った機能と操作性のバランスを求めました。クラウドソフトを選択することで、操作性の高さとユーザーフィードバックの反映を期待しました。また、移行作業においても導入サポートを活用し、専門性が要求されたデータ出力などの問題にも根気強く対応してもらいました。

導入後の効果

マネーフォワード クラウドの導入により、バックオフィス業務全般が効率化されました。会計Plusの簡単な共有やエクスポート機能により、データ提出依頼や情報共有がスムーズになり、齟齬やタイムラグが解消されました。自動仕訳機能により作業効率も向上し、ログ機能によって変更履歴の管理やミスの防止が可能となりました。さらに、マネーフォワード クラウド経費や債務支払、請求書、給与などのツールも導入され、社員からは喜びの声が寄せられました。経費精算や請求書作成がオンラインで行え、連携による業務の簡略化が実現しました。

導入した製品:クラウドERP MoneyForward

クラウドERP MoneyForwardの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/13112/

クラウドERP MoneyForwardの事例一覧はこちら→https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=13112

導入事例3:ライスハウァー株式会社
(導入製品:多業種対応ERPシステムPlaza-i)

会計を先行導入。その後基幹システム、受発注機能…と段階的に追加導入

※出典:ライスハウァー株式会社様 | 株式会社ビジネス・アソシエイツ

業種 企業規模
卸売 不明

導入前の課題

従来、旧Plazaを使用していましたが、MS Accessの共存の問題などがあり、Plaza-iへのマイグレーションを決定しました。旧Plazaは機能的には満足していましたが、Plaza-iの方がより豊富できめ細かい設定ができると判断しました。また、MS Access版の制約により、システム移行に伴う問題が発生する可能性があったため、新しいシステムへの移行を選択しました。

改善の施策

まず、単独で運用できるGLS一般会計システムを導入しました。これにより、会計関連の書類をリアルタイムに出力することができるようになり、業務効率が向上しました。次に、基幹業務機能にあたる販売管理、購買管理、物流在庫管理、債権管理のモジュールを導入しました。

導入後の効果

GLS一般会計システムの導入により、会計関連の業務効率が向上しました。自社で会計処理を行うことで、リアルタイムな書類出力が可能になりました。また、基幹業務機能の導入により、親会社への英文報告書類提出がスムーズに行えるようになりました。Plaza-iの豊富な機能ときめ細かい設定は、業務改善に貢献しました。さらに、提供元が同じ会社のため、弊社の業務をよく理解したコンサルタントのサポートにより、安心してシステム移行を進めることができました。また、段階的な導入により、システム移行費用を分散することができました。

導入した製品:多業種対応ERPシステムPlaza-i

多業種対応ERPシステムPlaza-iの製品情報はこちら→https://digi-mado.jp/products/12925/

多業種対応ERPシステムPlaza-iの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=12925

導入事例4:第一中央近海株式会社
(導入製品:多業種対応ERPシステムPlaza-i)

海運業に必要な機能を網羅したコンパクトな会計システムで、外貨での経理処理、決算を実現。

※出典:第一中央近海株式会社 様 | 株式会社ビジネス・アソシエイツ

業種 企業規模
卸売 不明

導入前の課題

Plaza-i一般会計の前身であるPlaza財務会計を導入する前、外貨取引が増えたため会計処理のシステム化を検討しました。複数のシステムを比較検討しましたが、外貨取引の適切な処理とプロジェクト管理が容易なパッケージシステムは当時ほとんど存在しませんでした。そこで、実績のあるPlazaを選択しました。さらに、管理のしやすさのために帳票を追加カスタマイズしました。

改善の施策

Plaza-iの導入後、豊栄汽船では外貨建金額の集計などPlaza-iの特徴である機能を活用することで決算作業の迅速化を実現しました。また、カスタマイズしたプロジェクト明細表を使用して船別次航別の運航損益管理を行いました。さらに、船主会社の船別船費管理にもPlaza-iを適用しました。導入後の効果は、外貨取引の処理やプロジェクト管理の効率向上、決算作業の迅速化などでした。また、保守サービス体制も万全であり、トラブル時には遠隔操作で即座に対応してもらえました。

導入後の効果

Plaza-iの導入により、豊栄汽船では外貨取引の処理やプロジェクト管理の効率が向上しました。外貨建金額の集計機能を活用することで、決算作業が迅速化されました。さらに、カスタマイズしたプロジェクト明細表を使用して船別次航別の運航損益管理を行い、船主会社の船別船費管理にも適用しました。これにより、豊栄汽船はより効果的に業務を管理できるようになりました。また、Plaza-iの保守サービス体制も満足できるものであり、トラブル時には遠隔操作で迅速に対応してもらえました。

導入した製品:多業種対応ERPシステムPlaza-i

多業種対応ERPシステムPlaza-iの製品情報はこちら→https://digi-mado.jp/products/12925/

多業種対応ERPシステムPlaza-iの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=12925

導入事例5:プレキシオン株式会社
(導入製品:NetSuite)

NetSuite OneWorld導入によるグローバル経営管理

※出典:NetSuite OneWorld導入によるグローバル経営管理 – プレキシオン株式会社| NetSutie導入事例

業種 企業規模
医療・化学 51名-1,00名

導入前の課題

同社はグローバル展開を目指すにあたり、業務スタイルへの懸念を抱えていました。迅速かつ的確な意思決定と業務遂行が必要不可欠であり、また、グローバル全体のビジネス状況を可視化する必要もありました。しかしながら、アナログな書類中心の仕組みで労働力に頼る事業運営を行っており、大規模なグローバル事業展開には業務フローが追いついていかない懸念がありました。また、ERP導入に関する知識や専門用語にも理解できない状況であり、必要な機能や多通貨対応についての要求も満たせない可能性があることが明らかになりました。

改善の施策

このような課題に対し、同社はERP導入を決断しました。ERP導入プロジェクトチームを結成し、NetSuiteを選定しました。導入プロジェクトでは、ERP導入経験のないメンバーでも業務をシステム化できる対応力を重視しました。NetSuiteのクラウド型ERPであるNetSuite OneWorldは短期間での導入が可能であり、ハードウェア資産への投資や運用の必要性もなく、多言語や多通貨にも対応しているため、グローバル展開に最適であると判断しました。導入プロジェクトでは、NetSuiteの標準機能を活用し、最小限のカスタマイズを行うことで短期間での導入を実現しました。また、NetSuite社のプロフェッショナルサービス部門が、プレキシオンと同じ目線に立ち、業務や経理を理解した上で適切な設定やアドバイスを提供してくれました。

導入後の効果

NetSuiteの導入により、プレキシオンは業務効率とスピードの改善を実現しました。従来は書類を持ち歩く必要があった決済処理なども、スマートフォンを活用してリアルタイムに行えるようになりました。業務の透明性が向上し、状況把握とコンプライアンスの向上にも寄与しました。

また、若いスタッフはITに慣れているため、NetSuiteの導入により、ワークライフバランスも改善されました。さらに、NetSuite CRMの活用により、お客様への販売後のサポートが向上し、きめ細かいサービスを提供することが可能となりました。これは、約10年にわたって使用される高額機器を販売する同社にとって重要な要素です。

導入した製品:NetSuite

NetSuiteの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/12906/

NetSuiteの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=12906

導入事例6:株式会社モンスターラボホールディングス
(導入製品:NetSuite)

急激に成長するグローバル企業 NetSuiteで海外拠点の統合管理基盤を構築

※出典:クラウドerpの導入事例 – 株式会社モンスター・ラボ | NetSuite

業種 企業規模
IT・情報通信 不明

導入前の課題

モンスターラボは急速な成長を遂げてきましたが、グローバルなビジネス統合管理と内部統制に関しては課題を抱えていました。拠点やグループ会社の増加により、会計の統合管理を行うための適切なツールが不足していました。海外拠点同士の取引や記帳の整合性の確保が困難であり、トラブルを未然に防ぐ必要性を強く認識していました。さらに、連結決算のための専用ツールも試してみましたが、通貨や税制の違いへの対応や多言語への対応が難しく、課題が生じていました。表計算ツールを使用して一部の管理会計を行っていましたが、数字のまとめには多大な労力がかかり、予測も困難でした。

改善の施策

モンスターラボは、適切な統合管理と内部統制を実現するために、優れたITツールの採用を模索しました。目標としては、グループ会社の会計管理を統括し、短期間でミスなく連結決算を行えること、海外の小規模な拠点でも導入しやすく運用しやすいこと、各国・地域の言語や通貨、制度に対応できること、そしてプロジェクト管理や販売管理などの機能を効率的に利用できることでした。その結果、クラウドERPソリューションである「Oracle® NetSuite」の導入に至りました。

導入後の効果

NetSuiteの導入により、モンスターラボは多くの利点を享受しています。まず、統合管理に必要な機能がすべて揃っており、柔軟に利用できるため、モンスターラボのさまざまな課題を解決することができました。NetSuiteはクラウドベースであるため、導入が迅速でありながらも高いカスタマイズ性を備えています。これにより、部門の情報の変更などの作業が容易になり、運用費の削減にも寄与しています。

導入した製品:NetSuite

NetSuiteの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/12906/

NetSuiteの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=12906

ERP7製品の比較一覧

ERPプロジェクト管理ツール

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 豊富な標準機能から必要な機能を選択して利用可能
  • 上場企業も安心、内部統制を強化する機能が充実
  • 会計システムと連携可能により、煩雑な連携作業は不要
トライアル 有り
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • オールインワンのERPモジュールで一元管理
  • ウェブブラウザによってマルチデバイス対応に
  • 全タレントと ビジネスプロセスを統合で生産性向上
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • オールインワンでシームレスな連携とコスト削減
  • マルチデバイスの導入に向けた手厚いサポート
  • 基幹業務だけではない標準機能でグローバル展開
トライアル 有り
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • AIを活用したデータ連携で面倒な業務を自動化
  • 手厚いサポートで低コスト・短期間での導入が可能
  • ペーパーレス化で様々なデータの一元管理が可能
トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 他Microsoftソフトと連携してひとまとめに
  • 2次元OLAPツールとマイクロソフト製品とのシームレスな連携
  • サプライチェーン全体を合理化・最適化
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • テンプレ・カスタム無しで誰でもそのまま操作可能
  • 会計のプロによる設計・プログラミングで効率化
  • 海外進出を目指すときでもしっかりサポート
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • ダッシュボードによる可視化
  • 業務内容別に簡単カスタマイズ
  • 各国の多言語 / 法令基準に対応
  • リアルタイムなBI機能を標準装備
トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 入力作業における無駄を起こさない
  • 経営データをリアルタイムで可視化
  • ペーパレスで業務の効率化

ERPについての詳しい記事はこちら

ERP7選を徹底比較|導入のメリットと中小企業における成功事例

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1493件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる