Menu
Close

MDM(モバイルデバイス管理)とは?目的や活用方法、製品14選を比較

目次

モバイルデバイス管理(MDM)は、現代の企業がデバイスを一元的に管理し、セキュリティを確保しつつ、生産性を向上させるための重要なツールです。この記事では、MDMの基本的な概念からその機能、利点、そして関連する管理手法(EMM、UEM、MAM、MCM)について詳しく解説します。

さらに、MDMの導入プロセス、主要なソフトウェア、活用例、そしてセキュリティとプライバシーに関する考慮点も探ります。最後に、MDMの市場動向、新技術、トレンド、そして将来性についても触れます。これらの情報は、MDMを理解し、適切に活用するための一助となることでしょう。

MDM(モバイルデバイス管理)とは?

MDMの定義と主な目的

モバイルデバイス管理(MDM)は、企業がスマートフォン、タブレット、ラップトップなどのデバイスを一元的に管理するためのソフトウェアです。主な目的は、デバイスのセキュリティを確保し、データ漏洩を防ぎつつ、従業員の生産性を向上させることです。MDMは、デバイスの設定、アプリケーションの管理、セキュリティポリシーの適用、データの保護など、企業のIT部門がデバイスを効率的に管理するための重要なツールとなります。

MDMの機能と利点

MDMの主な機能は、デバイスの設定管理、アプリケーションの制御、セキュリティポリシーの適用、リモートロックやワイプなどのセキュリティ機能、デバイスの監視とレポート作成などです。これらの機能により、企業はデバイスの使用を一元的に管理し、セキュリティを強化することができます。また、MDMは従業員の生産性を向上させるためのツールとしても活用できます。例えば、必要なアプリケーションを一括でデバイスに配布したり、デバイスの設定を自動化したりすることで、従業員が自分のデバイスを自由に使うことを可能にします。

MDMとEMM・UEM・MAM・MCMの違い

EMM(エンタープライズモビリティ管理)とは?

エンタープライズモビリティ管理(EMM)は、企業がモバイルデバイス、アプリケーション、コンテンツを一元的に管理するためのソリューションです。EMMはMDMの概念を拡張し、デバイスの管理だけでなく、アプリケーションやコンテンツの管理もカバーします。これにより、企業はモバイルデバイスの使用をより広範に制御し、セキュリティを強化しながら、従業員の生産性を向上させることが可能になります。

UEM(統合エンドユーザーコンピューティング)とは?

統合エンドユーザーコンピューティング(UEM)は、企業がデスクトップ、モバイルデバイス、そしてその他のエンドポイントを一元的に管理するためのソリューションです。UEMはMDMやEMMの概念をさらに拡張し、モバイルデバイスだけでなく、デスクトップやその他のエンドポイントも管理対象に含みます。これにより、企業はIT環境全体の管理を一元化し、セキュリティと効率性を向上させることができます。

MAM(モバイルアプリケーション管理)とは?

モバイルアプリケーション管理(MAM)は、企業がモバイルアプリケーションを一元的に管理するためのソリューションです。MAMは、アプリケーションの配布、更新、セキュリティ、パフォーマンスの監視など、アプリケーションのライフサイクル全体を管理します。これにより、企業はアプリケーションの使用を制御し、データのセキュリティを確保しながら、従業員の生産性を向上させることが可能になります。

MCM(モバイルコンテンツ管理)とは?

モバイルコンテンツ管理(MCM)は、企業がモバイルデバイス上のコンテンツを一元的に管理するためのソリューションです。MCMは、コンテンツの配布、アクセス制御、セキュリティ、バージョン管理など、コンテンツのライフサイクル全体を管理します。これにより、企業はデータのセキュリティを確保しながら、適切な情報が適切な人々に配布されることを保証します。また、MCMは従業員が必要な情報に迅速にアクセスできるようにすることで、生産性を向上させる役割も果たします。

各管理手法の比較と適用シーン

MDM、EMM、UEM、MAM、MCMといった各管理手法は、それぞれ異なる特性と利点を持ち、特定のビジネスシーンにおいて最適なソリューションとなります。MDMはデバイスの基本的な管理に焦点を当て、EMMはそれを拡張してアプリケーションとコンテンツの管理を含みます。

一方、UEMはさらに広範なエンドポイントをカバーし、MAMとMCMはそれぞれアプリケーションとコンテンツの管理に特化しています。これらの手法を選択する際は、企業のニーズ、IT環境、セキュリティ要件などを考慮する必要があります。

例えば、モバイルデバイスの使用が広範であればEMMが適しているかもしれませんし、アプリケーションの管理が重要であればMAMが最適かもしれません。これらの手法を理解し、適切に適用することで、企業はモバイル環境を効果的に管理し、セキュリティを確保しつつ、生産性を向上させることができます。

MDMの導入と利用

MDMの導入プロセスと注意点

MDMの導入は、企業のIT環境を強化し、デバイス管理を効率化する重要なステップです。導入プロセスは、まず企業のニーズと目標を明確に定義することから始まります。次に、適切なMDMソリューションを選択し、テスト環境で試用します。その後、本番環境にデプロイし、従業員にトレーニングを提供します。導入に際しては、デバイスの互換性、セキュリティ要件、プライバシー問題などを考慮する必要があります。また、従業員の協力と理解を得るためのコミュニケーションも重要です。

MDMの主要なソフトウェアとその比較

市場には多数のMDMソフトウェアが存在し、それぞれが異なる特性と機能を持っています。主要なソフトウェアには、VMwareのAirWatch、IBMのMaaS360、MicrosoftのIntuneなどがあります。これらのソフトウェアは、デバイス管理、アプリケーション管理、セキュリティ機能など、基本的なMDMの機能を提供しますが、ユーザーインターフェース、価格、サポート体制などに違いがあります。選択する際は、企業のニーズと予算を考慮し、複数のソフトウェアを比較検討することが重要です。

MDMの活用例と成功事例

MDMは、多様な業界とシーンで活用され、その効果を発揮しています。例えば、教育業界では、学生や教員のデバイスを一元管理し、教育コンテンツの配布やセキュリティ管理を効率化するためにMDMが使用されます。また、製造業では、工場のデバイスを管理し、生産ラインの効率を向上させるためにMDMが活用されます。これらの成功事例は、MDMが企業のデバイス管理をどのように革新し、業務効率とセキュリティを向上させるかを示しています。

MDMのセキュリティとプライバシー

MDMとデバイスのセキュリティ

MDMは、デバイスのセキュリティを強化するための重要なツールです。MDMソリューションを使用すると、企業はデバイスの設定を一元的に管理し、セキュリティポリシーを適用し、不正なアクセスやデータ漏洩を防ぐことができます。また、リモートロックやデータワイプなどの機能を利用して、紛失や盗難に対するリスクを軽減することも可能です。これらの機能により、企業はデバイスのセキュリティを確保し、ビジネスの継続性とデータの保護を実現します。

MDMとプライバシー保護

MDMは、デバイスのプライバシー保護にも寄与します。MDMソリューションを使用すると、企業はデバイス上のデータを管理し、不適切なアクセスや使用を防ぐことができます。また、データの暗号化やアクセス制御などの機能を利用して、データのプライバシーを保護することも可能です。しかし、MDMの導入に際しては、従業員のプライバシーを尊重することが重要であり、企業はプライバシーポリシーを明確にし、従業員に適切な情報を提供する必要があります。

MDMのセキュリティリスクと対策

MDMは多くのセキュリティ利点を提供しますが、それ自体が新たなセキュリティリスクを生む可能性もあります。例えば、MDMサーバーが攻撃を受けた場合、管理下の全デバイスが影響を受ける可能性があります。また、不適切な設定はデータ漏洩を引き起こす可能性があります。これらのリスクを軽減するためには、MDMソリューションの選択と設定に細心の注意を払うことが重要です。さらに、定期的なセキュリティチェックとアップデート、従業員の教育と意識向上も重要な対策となります。

MDMの将来性

MDMの市場動向と予測

MDM市場は、モバイルデバイスの普及とともに急速に成長しています。企業は、従業員の生産性を向上させ、データのセキュリティを確保するために、MDMソリューションの導入を進めています。また、リモートワークの増加やBYOD(自己所有のデバイスの業務利用)の普及により、MDMの需要はさらに高まると予測されています。これらの動向を踏まえ、MDM市場は今後も持続的な成長が見込まれます。

MDMの新技術とトレンド

MDMの領域では、新たな技術とトレンドが続々と登場しています。AIや機械学習の活用により、デバイス管理がより効率的かつインテリジェントになっています。また、クラウドベースのMDMソリューションが増えており、これにより企業はより柔軟かつスケーラブルなデバイス管理を実現できます。これらの新技術とトレンドは、MDMの可能性を広げ、企業のデバイス管理をさらに強化します。

MDMの将来性とビジョン

MDMの将来は、デバイスの一元管理から、より広範なエンドポイント管理へとシフトしていくと予測されています。これには、IoTデバイスやウェアラブルデバイスなど、従来のモバイルデバイスを超えたデバイスの管理が含まれます。また、AIや機械学習の進化により、MDMはよりスマートかつ自動化された管理を実現するでしょう。これらの進化により、MDMは企業のIT環境をより安全かつ効率的に管理するための重要なツールとなり続けます。

モバイルデバイスなどのIT資産を管理できるツール14選

物品管理システムIT資産管理ツール

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • PINコードや生体認証も可能、堅牢なセキュリティ
  • TrakaWEBで一元管理、スタンドアロン機能も使用可能
  • タッチパネルで簡単操作、タブレットやPCの充電機能も

IT資産管理ツール

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 画面が分かりやすいので、習得にコストがかからない
  • 機能を選択できるため、費用と工数を削減できる
  • グローバル対応が可能で、多言語利用が可能

IT資産管理ツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • Ivantiの独自技術によってソフトウェア配信が素早く正確
  • パッチのタイミングや形式が豊富で工数を削減できる
  • 社外ネットワークも、グローバル拠点も一元管理可能、

IT資産管理ツール

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 高い信頼性とスケーラビリティで実力を発揮
  • 多機能・高性能でありつつ、低コストで負担軽減
  • 使いやすいだけでなくサポートも万全なので迷わない

IT資産管理ツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • IT資産管理から情報漏洩対策、労務管理まで支援
  • 勤怠管理システムとの併用で、労務管理を支援
  • 社内に混在する、WindowsとMac端末を一元管理
  • 60種類以上の必要な機能を、オールインワンで提供
  • 情シス担当者”にやさしい、ダントツの使いやすさ

IT資産管理ツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • Excel調の画面で簡単に社内のIT機器を管理
  • 導入から運用まで一貫したサポートをお約束
  • オプション機能の選択も自由自在ニーズにあわせてコストも削減

IT資産管理ツール

トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • オーダーメイド:最小コストで、最大限の効果を発揮します
  • 統合管理ができるため、IT投資効果が高い
  • アクセス権を限定して権限委譲することで分散管理が可能

IT資産管理ツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 環境に合ったインベントリ収集で、正確かつ効率的なIT資産管理を実現
  • 保有している情報資産を一元管理により、リスクアセスメントの精度を向上
  • ハードウェア(周辺機器含む)構成管理が可能

IT資産管理ツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • リスクを低減させ、生産性の向上を実現します
  • 『IT資産管理ツール』から『統合型エンドポイントマネジメント』へ
  • ユーザー同士のコミュニケーションを大事にしています

IT資産管理ツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • リスク軽減を図るため様々な機能を制御・制限とログ収集
  • スマートデバイスやパソコンを紛失した場合、各種リモート機能で被害を最小限
  • セキュリティチェック&セキュリティチェック結果確認
  • ハードウェア情報収集、ソフトウェア情報収集

IT資産管理ツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 業界トップクラスの「配布機能」を搭載しています
  • 状況に合わせた計画的なソフトウェアの配布を実現します
  • 管理者がリアルタイムにクライアントPCの現在の環境を収集可能

物品管理システムIT資産管理ツール

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • さまざまな業務に対応した専門的な機能が集まったクラウド型社内資産管理システム
  • 台帳管理をサポートする、汎用性・拡張性が高い機能が満載、
  • さまざまな管理業務に対応した社内資産の統合管理ソフト

リモートアクセスツールIT資産管理ツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 豊富な機能を搭載した統合エンドポイント管理
  • 統合エンドポイント管理によるマルチプラットフォームの一元管理
  • デバイス資産の可視化し、管理の時間と資金の節約を実現できます

IT資産管理ツール

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • ライセンス使用状況の最適化ソリューション
  • 検証を容易にし、ITチャージバックを実現
  • 企業全体のモニタリングし、IT資産の正確な概要を把握

モバイルデバイスの一元管理にはMDMの導入が必須

この記事では、MDM(モバイルデバイス管理)の基本的な概念から、その機能、利点、そして関連する管理手法(EMM、UEM、MAM、MCM)について詳しく解説しました。さらに、MDMの導入プロセス、主要なソフトウェア、活用例、そしてセキュリティとプライバシーに関する考慮点も掘り下げました。

最後に、MDMの市場動向、新技術、トレンド、そして将来性についても触れました。これらの情報は、MDMを理解し、適切に活用するための一助となることでしょう。MDMは、企業がデバイスを効率的に管理し、セキュリティを確保しつつ、生産性を向上させるための強力なツールとなります。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1493件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる