Menu
Close

LANSCOPEの導入事例

業務・情報を可視化したい 外部からのセキュリティを高めたい 内部のセキュリティを高めたい

LanScope Catはセキュリティの証 プロテクトキャット導入でこれまで気づけなかった潜在リスクをゼロに。

※出典:株式会社森創 様 | お客様の事例 | LANSCOPE エンドポイントマネージャー オンプレミス版

最終更新日: 2023/05/02

この導入事例のポイント

  • プロキシサーバーを活用していたが、情報が取れていないなどあり、入れ替えを検討
  • AIで既存、未知のウイルスを事前に検知・隔離してくれる同社のツールを導入
  • 導入の結果、これまで検知されていなかったリスクを可視化し対策を打てるようになった

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

IT資産管理ツール

エムオーテックス株式会社のLANSCOPEは、IT資産管理/内部不正/外部脅威対策を1つのツールとして提供することで、統合型エンドポイントマネジメントを実現します。これまでかかっていた運用コスト/時間/リソースの大幅な削減が可能となります。これにより、セキュリティリスクを下げながら、企業が本来なすべきことに集中できる環境をご提供します。ウィルス対策も情報漏洩対策もこの一本で対策可能です。

製品のおすすめポイント

  • リスクを低減させ、生産性の向上を実現します
  • 『IT資産管理ツール』から『統合型エンドポイントマネジメント』へ
  • ユーザー同士のコミュニケーションを大事にしています
運営企業情報 エムオーテックス株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 不正機器検知 ログ収集 スマホ管理 ソフトウェア管理 PC管理 ファイル配布 リモート管理 テレワーク支援
推奨環境 なし 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 IT・情報通信 製造 公共機関・非営利団体
よく導入している企業の規模 301名-1,000名 101名-300名 1,001名以上

導入前に知っておきたい基礎知識

「IT資産管理ツール」とは

IT資産管理ツールとは、ソフトウェアやソフトウェアなどの社内のIT資産を、一つのツールで一元管理可能にするシステムのことを指します。

IT資産を一元管理することで、各端末の情報やセキュリティ対策一目で確認することが可能となります。社内のシステム管理者の業務負担大幅削減も期待でき、その他の業務効率向上も見込めることでしょう。
また、社内システムとして社内のPCにソフトウェアを導入したい場合、IT資産管理ツールを利用することで、社内PCに一括でソフトウェアをダウンロード・インストールすることが可能になります。
ツールによってはバックアップ作業を自動化してくれるものも存在します。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

LANSCOPE

エムオーテックス株式会社

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • リスクを低減させ、生産性の向上を実現します
  • 『IT資産管理ツール』から『統合型エンドポイントマネジメント』へ
  • ユーザー同士のコミュニケーションを大事にしています

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「IT資産管理ツール」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる