Menu
Close

製品の紹介

Soliton SecureDesktop

株式会社ソリトンシステムズ

株式会社ソリトンシステムズのSoliton SecureDesktopは、在宅勤務を実現する業務用リモートデスクトップです。オフィスPCの活用でVDI(Virtual Desktop Infrastructure:仮想デスクトップ)導入コストを3分の1以下で実現できます。タブレットもMacも、すべてのデバイスから、どこからでもアクセスできます。データを端末に残さない+高速画像転送で快適操作を提供します。

最終更新日: 2022/06/30
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

Soliton SecureDesktopの特徴

1手元の端末にはデータが残らない、保存できない

独自方式の画面転送により、接続先のPC画面だけを表示し、遠隔操作します。転送される画面は圧縮および暗号化されています。接続先のPCにあるデータは持ち出せず、手元の端末にはデータが残りません。セキュリティ対策は万全です。万が一端末を紛失した場合でも、情報漏えいの心配は不要です。

2電子証明書による強固な端末認証

ID/パスワードに加え、極めてセキュリティ強度の高い電子証明書による認証に対応。持ち込み端末の対策や、二要素認証として利用できます。未認証端末から社内PCへの不正アクセスを排除します。

3直感的で使いやすいインターフェース

タッチインターフェースを活かして、スマートデバイスからPCが快適に操作できます。キーボードは、ソフトウェアキーボードだけでなく、Bluetoothで接続された物理キーボードも使用できます。タブレットからPCをより操作しやすくするためのショートカットボタンを設けることができます。

導入の傾向

よく導入している
業種
公共機関・非営利団体 卸売 製造
よく導入している
企業の規模
1,001名以上 301名-1,000名

基本情報

ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能
国内メーカー 外部デバイス対応 管理画面からPCの利用停止可 永続的SSD オフライン利用可 ストリーミングプロトコル セキュリティアナリティクス PC以外の端末対応 フルバックアップ パフォーマンスアナリティクス ファイルバックアップ プロビジョニングの自動化
国内メーカー 外部デバイス対応 管理画面からPCの利用停止可 永続的SSD オフライン利用可 ストリーミングプロトコル セキュリティアナリティクス PC以外の端末対応 フルバックアップ パフォーマンスアナリティクス ファイルバックアップ プロビジョニングの自動化
推奨環境 なし 
サポート 電話 メール チャット
トライアル 有り
最低利用期間 1年間

料金プラン

初期費用要相談
料金要相談

※税込と表記されている場合を除き全て税抜価格を記載しています。

運営企業情報

商号
株式会社ソリトンシステムズ
本社
東京都新宿区新宿 2-4-3
創立
1979年3月1日
代表者名
代表取締役社長 鎌田信夫
資本金
13億2,650万円
URL
https://www.soliton.co.jp/

よく比較されている
「仮想デスクトップ」の製品:7件

7件中 1~4件表示

リモートアクセスツール 仮想デスクトップ VDI

Alludo社のParallels Remote Application Serverは、あらゆるデバイスまたはOSからアプリケーションやデスクトップにリモートでアクセスできる、シンプルかつ安全なハイブリッド/リモートワークソリューションです。使いやすいデジタルワークスペースを構築し、ローカルサーバーから AWS または Microsoft Azure といったクラウドまで、アプリケーションやデスクトップを一元管理できます。

製品のおすすめポイント

  • カスタマイズ設計された理想的なデジタルワークスペースを提供できます
  • さまざまな形態や規模のチームでの活用が可能
  • 自由な働き方が可能にし、企業の機密データを保護します
運営企業情報 Alludo
ソフト種別 なし 
基本的な機能 外部デバイス対応 オフライン利用可 PC以外の端末対応 リモートアクセスツール セキュリティ機能 アクセス管理機能 
推奨環境 なし 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

仮想デスクトップ VDI

株式会社ZenmuTech (ゼンムテック)のZENMU Virtual Driveは、秘密分散技術により、PCの利用を安全で快適にするソフトウェアです。ポストVDIとして、セキュリティ/利便性/高生産性を実現します。データをPCとクラウドに分散し、社外でも安全で快適なPCを利用できます。難や紛失に気付いた時点で、本人や管理者がクラウド上の分散片へのアクセスを停止できます。PCの盗難や紛失時も安心です。

製品のおすすめポイント

  • データをPCとクラウドに分散し、社外でも安全で快適なPCを利用できます
  • 秘密分散技術により、PCの盗難や紛失時も安心
  • オフライン時、クラウド上の分散片をUSBやスマートフォンに同期
運営企業情報 株式会社ZenmuTech (ゼンムテック)
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 オフライン利用可 フルバックアップ 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 IT・情報通信
よく導入している企業の規模 301名-1,000名

仮想デスクトップ VDI

アップデータ株式会社のShadow Desktopは、情報漏洩対策や災害時のBCP/DR対策、PC紛失時のバックアップ、ランサムウェア対策と、総合的なデータプロテクション製品です。PCのデータをクラウドへ格納し、PCにデータが存在しない状態にします。しかしPCにはデータが存在しているように見えるうえ、従来のPCと同じようにクラウドを意識せずに利用できます。「データが存在しない」ことにより、セキュリティとデータ保護の性能が各段に向上します。

製品のおすすめポイント

  • 「PCにはデータが存在しているように見える」ことです
  • データを仮想化しているので、読み取ることはできません
  • テレワークでオフィス内と同じ作業をすることができます
運営企業情報 アップデータ株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 管理画面からPCの利用停止可 オフライン利用可 ファイルバックアップ 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 IT・情報通信 旅行・宿泊・飲食 ビジネスサービス
よく導入している企業の規模 101名-300名 1,001名以上

仮想デスクトップ VDI

株式会社アイドマ・ホールディングスのCrowdDesktop(クラウドデスクトップ)は、ブラウザで利?可能な仮想デスクトップです。ログインするだけ誰でもすぐに使える、安心・簡単・すぐ使えるクラウド上のパソコンです。情報セキュリティを導入したけど、コストがきになり、よくわからず、手間がかかりそうと思っている方や、テレワークを導入したいけど、セキュリティが気になり、管理が不安で、PCの貸与などが心配なかたにお勧めです。

製品のおすすめポイント

  • 手持ちのPCがハイスペックマシンになります
  • ローカルと分離できるので、セキュリティ対策ができる
  • 各個人に割り当てられた、クラウド上の仮想デスクトップ
運営企業情報 株式会社アイドマ・ホールディングス
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 国内メーカー 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

よく比較されている
「VDI」の製品:7件

7件中 1~4件表示

リモートアクセスツール 仮想デスクトップ VDI

Alludo社のParallels Remote Application Serverは、あらゆるデバイスまたはOSからアプリケーションやデスクトップにリモートでアクセスできる、シンプルかつ安全なハイブリッド/リモートワークソリューションです。使いやすいデジタルワークスペースを構築し、ローカルサーバーから AWS または Microsoft Azure といったクラウドまで、アプリケーションやデスクトップを一元管理できます。

製品のおすすめポイント

  • カスタマイズ設計された理想的なデジタルワークスペースを提供できます
  • さまざまな形態や規模のチームでの活用が可能
  • 自由な働き方が可能にし、企業の機密データを保護します
運営企業情報 Alludo
ソフト種別 なし 
基本的な機能 外部デバイス対応 オフライン利用可 PC以外の端末対応 リモートアクセスツール セキュリティ機能 アクセス管理機能 
推奨環境 なし 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

仮想デスクトップ VDI

株式会社ZenmuTech (ゼンムテック)のZENMU Virtual Driveは、秘密分散技術により、PCの利用を安全で快適にするソフトウェアです。ポストVDIとして、セキュリティ/利便性/高生産性を実現します。データをPCとクラウドに分散し、社外でも安全で快適なPCを利用できます。難や紛失に気付いた時点で、本人や管理者がクラウド上の分散片へのアクセスを停止できます。PCの盗難や紛失時も安心です。

製品のおすすめポイント

  • データをPCとクラウドに分散し、社外でも安全で快適なPCを利用できます
  • 秘密分散技術により、PCの盗難や紛失時も安心
  • オフライン時、クラウド上の分散片をUSBやスマートフォンに同期
運営企業情報 株式会社ZenmuTech (ゼンムテック)
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 オフライン利用可 フルバックアップ 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 IT・情報通信
よく導入している企業の規模 301名-1,000名

仮想デスクトップ VDI

アップデータ株式会社のShadow Desktopは、情報漏洩対策や災害時のBCP/DR対策、PC紛失時のバックアップ、ランサムウェア対策と、総合的なデータプロテクション製品です。PCのデータをクラウドへ格納し、PCにデータが存在しない状態にします。しかしPCにはデータが存在しているように見えるうえ、従来のPCと同じようにクラウドを意識せずに利用できます。「データが存在しない」ことにより、セキュリティとデータ保護の性能が各段に向上します。

製品のおすすめポイント

  • 「PCにはデータが存在しているように見える」ことです
  • データを仮想化しているので、読み取ることはできません
  • テレワークでオフィス内と同じ作業をすることができます
運営企業情報 アップデータ株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 管理画面からPCの利用停止可 オフライン利用可 ファイルバックアップ 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 IT・情報通信 旅行・宿泊・飲食 ビジネスサービス
よく導入している企業の規模 101名-300名 1,001名以上

仮想デスクトップ VDI

株式会社アイドマ・ホールディングスのCrowdDesktop(クラウドデスクトップ)は、ブラウザで利?可能な仮想デスクトップです。ログインするだけ誰でもすぐに使える、安心・簡単・すぐ使えるクラウド上のパソコンです。情報セキュリティを導入したけど、コストがきになり、よくわからず、手間がかかりそうと思っている方や、テレワークを導入したいけど、セキュリティが気になり、管理が不安で、PCの貸与などが心配なかたにお勧めです。

製品のおすすめポイント

  • 手持ちのPCがハイスペックマシンになります
  • ローカルと分離できるので、セキュリティ対策ができる
  • 各個人に割り当てられた、クラウド上の仮想デスクトップ
運営企業情報 株式会社アイドマ・ホールディングス
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 国内メーカー 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1421件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる