Menu
Close

DIGGLEの導入事例

市場・顧客分析したい 業務・情報を可視化したい 財務・経理・総務 業務を効率化したい 当事者意識を持たせたい コストを削減したい

株式会社ZUND|経営財務チームのリソースが限られる中、DIGGLEを使って集計や分析をスピード化

※出典:株式会社ZUND|経営財務チームのリソースが限られる中、DIGGLEを使って集計や分析をスピード化 | 予実管理インサイト

最終更新日: 2022/06/14

この導入事例のポイント

  • 限られたリソースで、いかに予実管理の重要性を社内に伝えていくかという課題があった
  • 『DIGGLE』レポート機能で店舗毎の予実差異を把握し、全社指示をするフローに
  • 月次資料の作成・確認や予実差異のバックチェックにかかる工数が削減された
  • 店舗毎の予実差異が見える化→本部サイドと営業サイド間にあった温度差が少なくなった

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

経営管理システム 予算管理システム

DIGGLE株式会社のDIGGLEは、予実管理を簡単にスマートに行え、従来のエクセル業務を簡略化させる経営管理システムです。経営報告をより簡単により正確に、早くすることが可能。JR東日本やchatwork、東急不動産SCマネジメントといった有名企業に導入されています。そのため信頼度も機能性も十分信頼度のあるソフトウェアです。経営管理に悩みを持っている企業や今度の経営管理をもっと簡単にしたいと考えている企業にとって最適なソリューションを提供できます。

製品のおすすめポイント

  • 予算や実績のデータ、突合・集計・蓄積を省力化
  • 企業の予算消化を可視化し、直感的に情報を収集できる
  • 予算・着地差異の要因を瞬時に把握し、アクションに映せる
運営企業情報 DIGGLE株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 差異分析機能 予実突合 実績の自動反映 見込自動作成 経費や時間の自動按分 Excelファイル取込み
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 ビジネスサービス 医療・化学 IT・情報通信
よく導入している企業の規模 不明 101名-300名

導入前に知っておきたい基礎知識

「経営管理システム」とは

経営管理システムとは、経営管理を効率的に行うために様々な経営情報をデータ化し、管理できるツールの総称です。

経営管理システムには様々なツールが存在し、営業活動の生産性向上を促進するSFA(Sales Force Automation)や商品の生産ラインの管理を行うSCM(Supply-Chain Management)、資材調達から販売までの一連の流れを自動化するVCM(Value Chain Management)など用途に合わせて様々な種類のツールが利用可能です。
近年推進されるDX化により、経営管理システムの需要は高まってきていると言えるでしょう。

「予算管理システム」とは

予算管理システムとは、経営における予算案の作成や予算状況管理、それらのデータに基づく業績予想やレポート自動作成などを行ってくれるツールのことです。

ペーパーレス化が進むにつれ、全てクラウド上で完結できる予算管理システムの需要は高まってきており、働き方改革などでテレワークを推進している企業にとっても大きな手助けとなります。今まで時間がかかっていた経営情報のデータ集計作業も自動かつ一元的に管理することが可能なので、作業工数増加によるタイムラグの発生などを抑え、迅速な経営判断が可能となります。
また、最近ではシームレス性を重視した予算管理システムも多いため、集計作業の属人化などの防止効果も見込めるでしょう。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

DIGGLE

DIGGLE株式会社

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • 予算や実績のデータ、突合・集計・蓄積を省力化
  • 企業の予算消化を可視化し、直感的に情報を収集できる
  • 予算・着地差異の要因を瞬時に把握し、アクションに映せる

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「経営管理システム」とは 「予算管理システム」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1492件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる