Menu
Close

製品の紹介

FineReport

株式会社JCBC

株式会社JCBCの「FineReport」は、Web帳票、分析ダッシュボード設計、データ入力、モバイル対応など様々な機能をオールインワンに集結したBIツールで、日系大手を含む、世界15,000社以上の企業が活用しています。様々なシステム帳票、業務の可視化ダッシュボードの作成などに利用でき、経営管理者だけでなく、業務部門・IT部門・開発者・Slerなど、各部署の業務効率化を大幅に向上させます。また、Window/Linux/Unixなどの環境におけるデプロイが可能で、業務システムと容易に連携することができます。

最終更新日: 2022/06/14
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

  • この導入事例のポイント
    • 入札管理からコスト管理までの全プロセスの分析が業務に反映されない…等の課題があった
    • FineReportにより、入札・契約・入金・コストの4段階にして経営状況を分析
    • 注文・生産活動や入金周期の把握が可能に、プロセス管理によりコスト削減&効率UP

    製品を導入することになった背景

    上海市都市建設設計研究総院は、1963年に設立され、総合的な設計・コンサルティング・研究機関として活動しています。2004年から企業情報化プラットフォームの建設を段階的に進め、一部業務のペーパーレス化とデータ共有を実現しました。しかし、業務の拡大とともに、より効率的な運営管理のプラットフォームが必要とされました。そこで、2014年にFineReportを導入し、600枚以上の帳票とダッシュボードを開発。これにより、経営生産、プロジェクト管理、人的資源活用、書類管理などの各業務に広く使われ、業務効率の向上を実現しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    総院は、入札管理からコスト管理までの全プロセスの分析が業務とつながらないという課題を抱えていました。また、人的資源管理と研究活動管理への取り組みが不足していた。さらに、戦略的リスクの早期発見と対応体制も不完全でした。

    導入前の課題に対する解決策

    総院は、入札、契約、入金、コスト分析の4段階に分けて経営状況を管理する解決策を提案しました。また、会社の人材と特許の可視化管理を行い、人的資源の価値を高める方針を採りました。CMS業務管理システムの記録を読み込み、ワークフローの状況を監視することで、業務運営の安定化を図りました。

    製品の導入により改善した業務

    FineReportの導入により、プロセス管理でコスト削減と効率向上が実現しました。特に、各業務のフロー本数や承認までの所要時間などを参考にして、業務プロセスをデータ可視化し、リスクの早期発見が可能となりました。また、社員のキャリアライフサイクルを記録し、積極的に社員教育を行うことで、組織の活性化が促進されました。
  • この導入事例のポイント
    • 調査と分析の不足でターゲットユーザー群の分析ができず、市場変化に対応できていない
    • FineReprortにより一連のプロセス~11コラムを含むユーザーマップを構築
    • ユーザーの転化率20%増・製品販売総額30%増・ユーザーの購買転化率平均50%増

    製品を導入することになった背景

    長江証券株式会社は、20年以上の経験を持つ全国的な証券会社で、多くの賞を受賞し、業界と市場での良好なブランドイメージを築いています。しかし、業務のデータ分析の需要が断片化しており、レポート開発者が仕事を完了するのが難しくなっていました。このような背景から、データの価値を最大限に引き出すための新しい方法を模索していました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    オフラインでのユーザー状況の把握は困難で、ITプラットフォームの構築は難航していました。また、金融投資系商品や市況分析ツールなどのマーケティング活動はデータベースではなく、経験に頼っていました。その結果、科学的な施策ができず、市場の変化に対応するのが遅れていました。

    導入前の課題に対する解決策

    FineReprort帳票システムを導入し、ユーザーニーズの調査からテンプレートの作成、権限の配分までの一連のプロセスを経て「ユーザーマップ」を構築しました。このユーザーマップを通じて、オンラインとオフラインの統合問題を解決しました。さらに、ユーザー研究の重要なステップを確認し、FineReprortシステムを使用してこれを実現しました。

    製品の導入により改善した業務

    ユーザーマップの導入とモニタリング機能により、マーケティング活動の効率が大幅に向上しました。オンラインでのユーザーの購買転化率が平均50%増加し、オフラインの人力コストも削減されました。また、ユーザーの転化率は20%向上し、製品の販売総額も30%増加しました。これにより、企業はより迅速かつ全面的な意思決定を行い、業績を向上させることができました。
  • この導入事例のポイント
    • 複雑なデータベース体系でデータの収集が難しく、各社員が受動的で価値表現が困難
    • FineReportでデータベースを総括&自動分析できる社内管理システムを開発
    • コスト予算の正確率30%増・契約更新率20%増・PJコストが約2000万円減

    製品を導入することになった背景

    浙江省中之傑インテリジェンスシステム有限会社(ChinaJey)は、中小企業のデジタル化を支援する企業です。経営規模の拡大に伴い、情報収集と情報共有の需要が増加していました。複数のオンラインシステムを持ち、データの収集が難しく、社員の価値表現も困難でした。これらの課題を解決するために、FineReportツールを導入することになりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    ChinaJeyは、複数のオンラインシステムを持っており、データの収集が困難でした。データソースの違いや統計方法の不一致などが原因で、データの収集が難しく、エラーが発生しやすかったです。また、社員が受動的で、仕事の価値をうまく量化できない状況がありました。

    導入前の課題に対する解決策

    課題に対して、FineReportを通じて受託管理の専用システムやプロジェクト資料の保存システムを構築する解決策が提案されました。このツールには、プロジェクトの全過程の管理・制御及び改善が可能な機能があります。また、アフターサービスシステムを完備させ、チームの価値を定量的に表現することも計画されました。

    製品の導入により改善した業務

    FineReportの導入により、見積もり作成のプロセスが簡素化され、コスト予算の精度が30%向上しました。プロジェクトコストが約2000万円減少し、重複なExcel作業を削減することができました。さらに、アフターサービスチームの仕事意欲・効率が向上し、契約更新率が20%アップしました。これらの改善により、企業全体の業績が大幅に向上しています。
  • この導入事例のポイント
    • 統計解析によって経済効果を生むというデータ分析と可視化に対するニーズが高まった
    • 自社システムから入力されたデータとFineReportビッグスクリーン機能を紐付
    • 研究開発の時間3/4節約・コールセンターの応答率30%UP・意思決定時間が半減

    製品を導入することになった背景

    浙江長龍航空会社は、旅客輸送展開が発足してから5年で、42機の航空機を持つまでに成長しました。その発展とともに、大量の業務データの分析と可視化のニーズが増してきました。既存のデータや新しいデータを活用して、経済効果を生み出すための統計解析が必要でした。しかし、自社でのシステム開発は人手と時間がかかり、外注するには多くの資金が必要でした。そこで、帆軟社のFineReportをデータ分析・可視化ツールとして採用することになりました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    浙江長龍航空会社は、飛行任務の執行状況をリアルタイムで確認できるデータ可視化画面の作成や、ダイヤルサービススタッフのデータ化、クルーの出勤状況と現在地の把握、パスワードの発行や記憶の負担など、多くの課題を抱えていました。

    導入前の課題に対する解決策

    FineReportの埋め込みディプロイを利用して、自社システムからのデータとFineReportのビッグスクリーン機能を連携させました。また、スタッフの通話時間や電話数を統計し、効率を向上させるための解決策を導入しました。さらに、FineReportをLDAPシステムに接続することで、ワンクリックでのログインを実現しました。

    製品の導入により改善した業務

    FineReportの導入により、研究開発の時間を3/4節約し、コールセンターの応答率を30%向上させ、意思決定の所要時間を半分に短縮することができました。また、FineReportのビッグスクリーン機能を使用して、業務データの分析や監視を行う部門が増え、業界からの注目を集めるようになりました。
  • この導入事例のポイント
    • データ処理能力とリアルタイム分析能力が不足し、レポート作成にも手間がかかっていた
    • レポート作成をFineReportに移行・工場のダッシュボードを開発しDX化
    • 業務レポートの作成時間を90%まで短縮させ、生産管理コストを200万円以上も節約

    製品を導入することになった背景

    成都タバコ工場は、四川中煙工業会社のタバコ生産工場として1952年に設立されました。工場は年間90万箱の生産能力を有し、業界トップクラスの地位を確立しています。しかし、従来の情報システムはデータ処理能力とリアルタイム分析能力に欠け、大量のデータ処理が効率的に行えない状況でした。このような背景から、FineReportのITソリューションを導入し、生産管理水準を向上させる決断を下しました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    成都タバコ工場は、主にMESシステムや全国タバコ生産管理システムなどの情報システムを用いて業務を展開していました。しかし、これらのシステムはデータ処理能力が不足しており、大量のデータを効率よく処理できない問題がありました。また、レポート作成に手間がかかり、業務の柔軟な調整ができない状況が続いていました。

    導入前の課題に対する解決策

    成都タバコ工場は、FineReportによるレポート自動化を実現することで、データ処理の効率を向上させる解決策を採用しました。FineReportは各システムのデータベースを統合し、データの一貫管理を実現する機能を有しています。これにより、データの掘り下げ分析と可視化が可能となり、生産管理がよりスマートに行えるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    FineReportの導入により、成都タバコ工場はレポート作成にかかる時間を90%以上短縮することができました。また、生産管理モジュールのコストを少なくとも200万円節約し、生産と管理の効率が大幅に向上しました。FineReportを用いてデータの自動収集、高速計算、可視化展示を行い、統計作業の手間を削減しました。これにより、データ集計の質とスピードが向上し、生産部門のデジタル化が進展しました。
  • よく比較されている
    「BIツール」の製品:16件

    16件中 1~4件表示

    SCSK株式会社のナレコレBI(ナレコレビーアイ)は、小売業の店舗運営改善にむけて必要となる、標準的なデータ分析機能を提供するBIツールです。活用するデータは、POS データなど 16 種類と定め、そのデータは「経営分析」「販売分析」「商品・店舗分析」「顧客・従業員生産性分析」の 4 カテゴリ計21画面の標準的な画面で分析できます。また、「ナレコレBI」はカスタマイズの必要はなく、即時に店舗別の売上実績や予測、顧客種別や購入率、来店状況が把握できます。

    製品のおすすめポイント

    • 必要な機能を標準装備 同業他社のナレッジをすぐに活用できます
    • CSVデータをアップロードするだけで 事業の現状と問題点を見える化できます
    • BIをどのように業務に活用すれば良いか 明確にわかる業務フローを整備
    • 導入時研修と定着化研修を 標準サービスとして提供しています
    運営企業情報 SCSK株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 BIツール 国内メーカー 帳票出力システム連携 共同分析可 自社システム連携 行動サポート 現状のリアルタイム把握 モバイル端末対応 ノーコード可 
    推奨環境 PCブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間  
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    Microsoft 社のBIツール「Power BI」は、個人・法人に向けて提供されている統合型データ分析プラットフォームです。消費財業界や自動車メーカー等、様々な業界から導入実績があり、データ分析を基にしたビジネスの意思決定に活用されています。中でもPower BIは直感的に扱える手軽さに定評があり、IT リテラシーさえあれば誰でも使うことができる所が特徴です。初心者でも手軽に扱え、迅速なデータ収集と分析ができるツールとして多くの企業が利用しています。

    製品のおすすめポイント

    • 様々なデータソースと連携が可能
    • 様々なデバイスから情報共有が可能
    • 高度なセキュリティを担保
    運営企業情報 日本マイクロソフト株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 AI自動分析 モバイル端末対応 モバイルアプリあり 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    ラクスル株式会社のノバセルアナリティクスは、これまで難しかったテレビCMの効果を番組別・クリエイティブ別にリアルタイムに可視化し、効果に基づいた高速検証を行うことで、テレビCMの広告効果を最大化する効果分析ツールです。テレビCMのCV・CPAをリアルタイムに把握、現在の代理店を変えずに分析ツールのみの利用も可能です。テレビCMの効果を最大化するクリエイティブ×番組×エリアの組み合わせが分かります。

    製品のおすすめポイント

    • テレビCMの効果を事業数値に紐づく指標で計測可能
    • 独自ツールと専門人材による効果分析や施策立案で効果を最大化
    • 高精度のレポートを放映後にすぐ作成、素早く一目で効果がわかる
    運営企業情報 ラクスル株式会社
    ソフト種別 なし 
    基本的な機能 広告の最適化 現状のリアルタイム把握 
    推奨環境 なし 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    ウイングアーク1st株式会社のMotionBoard Cloudは、データ活用に必要な機能を1つのプラットフォームで提供するBIツールです。属人化しやすい集計・分析業務を誰でも気軽に行えるようになります。また、組織全体で共通の指標を見える化することで、行動につなげます。小売流通業向けには地図やカレンダー、製造業向けには管理図やガントチャートなど、より業務に役立つ表現が可能です。全社でデータ活用を推進するために最適なプラットフォームです。

    製品のおすすめポイント

    • 安心利用継続できる自社開発・充実したサポート体制、成功に向けたノウハウ提供体制
    • 業界特有のニーズもカバーした多彩な表現力
    • データ活用を加速させる豊富な機能が揃っています
    運営企業情報 ウイングアーク1st株式会社
    ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 帳票出力システム連携 kintone連携 
    推奨環境 なし 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    おすすめ比較一覧から、
    最適な製品をみつける

    カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
    1485件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

    すべてみる