Menu
Close

Zoho Analyticsの導入事例

営業プロセスを最適化したい 市場・顧客分析したい 業務・情報を可視化したい その他

広告施策や営業施策の効果をリアルタイムで分析 常識を覆す気付きによって商機をつかむ!

※出典:BIツールで2週間のタイムラグをゼロに|Zoho Analytics 導入事例

最終更新日: 2022/05/31

この導入事例のポイント

  • データ管理が手作業で分散化し、集計に時間がかかりタイムリーな施策を打てなかった
  • データ視覚化/分析ツールZoho Analytics導入、集計のタイムラグを削減
  • 2週間サイクルで回していたPDCAサイクルを、ほぼリアルタイムで回せるようになった
  • 客観的なデータに基づいた対策ができ、来館予約のキャンセル率を50%も削減できた

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

ゾーホージャパン株式会社のZoho Analyticsは、巨大なデータを集約し、様々な角度から分析・可視化するためのBIツールです。また分析結果を社内外とスムーズに共有でき、迅速な意思決定をサポートします。これまでに全世界で50万社の企業が導入、利用ユーザーは1,000万人以上、作成レポート数は5000万件を達成していて、B to B・B to Cを問わず幅広い業種で導入できます。さらに500を超えるビジネスアプリと連携できるので、ビジネスに合わせたカテゴリーの分析を行うことが可能です。

製品のおすすめポイント

  • ビジネスに関する総合的な洞察を引き出すことが可能
  • 多彩な可視化ツールを使用し、様々な切り口からデータを視覚的に分析
  • 高い拡張性と柔軟性を誇るプラットフォーム
  • 強力なセキュリティとガバナンスでデータの持続的な管理と運用を行える
  • テクノロジーでデータ分析を強化し、データからすばやく洞察を取得
運営企業情報 ゾーホージャパン株式会社 (英文名: ZOHO Japan Corporation)
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 共同分析可 行動サポート 現状のリアルタイム把握 モバイルアプリあり モバイル端末対応 AI自動分析 ノーコード可
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 医療・化学 旅行・宿泊・飲食
よく導入している企業の規模 1,001名以上

導入前に知っておきたい基礎知識

「BIツール」とは

BI(ビジネスインテリジェンス)ツールとは、ビジネスにおいて重要なデータを自動分析し、経営を支援するツールのことです。

近年のマーケティングシーンでは、蓄積された膨大なデータから顧客のニーズなどを読み解く必要があり、迅速な経営判断・行動が難しくなってきています。そこで活躍するのがこのBIツールであり、データ抽出や加工、レポート自動作成からデータの自動ダウンロードまで様々な作業を迅速に自動で行ってくれます。
データの可視化によって各部署の諸情報や経営情報がシームレス化され、問題点の早期発見が可能になり、課題解決のスピードが向上すると言うメリットも持ち併せています。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

Zoho Analytics

ゾーホージャパン株式会社 (英文名: ZOHO Japan Corporation)

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • ビジネスに関する総合的な洞察を引き出すことが可能
  • 多彩な可視化ツールを使用し、様々な切り口からデータを視覚的に分析
  • 高い拡張性と柔軟性を誇るプラットフォーム
  • 強力なセキュリティとガバナンスでデータの持続的な管理と運用を行える
  • テクノロジーでデータ分析を強化し、データからすばやく洞察を取得

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「BIツール」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1485件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる