Menu
Close

InterSafe FileProtectionの導入事例

外部からのセキュリティを高めたい 内部のセキュリティを高めたい コンプライアンスを強化したい

InterSafe ILPの活用により、ネットワーク分離された環境間でファイルを安全にやり取りする仕組みを実現

※出典:八戸市教育委員会 | 導入事例 | ALSI (アルシー)

最終更新日: 2022/05/31

この導入事例のポイント

  • 校務内外PC間でデータ授受をする際に発生するリスクを防ぐ仕組みが必要だった
  • 既存製品との相性がよい「InterSafe FileProtection」を導入
  • 本格利用はこれからだが、導入を機に利用者のセキュリティ意識が高まることを期待

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

アルプス システム インテグレーション株式会社のInterSafe FileProtectionは、高速でファイルを自動で暗号化する、暗号化ソフトです。万が一社内のデータが流出しても、高度な暗号化(AES256bit)技術によってデータを保護できます。また暗号化に関する機能が豊富なだけでなく、ファイルの操作性を損なうことなく自動で暗号化可能です。拡張子やアイコンが変更されないため、ソフトを導入することによる混乱を避けられます。

製品のおすすめポイント

  • 次世代暗号化エンジンなので高速で処理し、幅広い環境で利用可能
  • 権限の設定と、自動バックアップによってデータを守る
  • InterSafe WorkFlowと連携可能
運営企業情報 アルプス システム インテグレーション株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
基本的な機能 ウイルス対策 フォルダ暗号化 バックアップ ファイル暗号化
推奨環境 PCブラウザ Windowsアプリ 
サポート メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 公共機関・非営利団体 IT・情報通信 教育
よく導入している企業の規模 1,001名以上 不明

導入前に知っておきたい基礎知識

「暗号化ソフト」とは

暗号化ソフトとは、ファイルなどのデータを第三者に読まれることを防ぐために、ファイル内容を暗号化してくれるツールのことです。

データを暗号化することで、ユーザーのみが知る鍵でしか解除できないようになります。初心者でも簡単にセキュリティ対策ができるため、セキュリティ対策が急務になってきている昨今では非常に重宝されるツールとなってきています。ファイルの暗号化の方法は様々存在しますが、主に「Zip形式」にパスワードを設定する方法、EFS機能を利用する方法、暗号化ツールを利用する方法などがあります。
企業のセキュリティの強化を図る上で、暗号化ソフトは非常に重要なものとなってきています。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

InterSafe FileProtection

アルプス システム インテグレーション株式会社

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • 次世代暗号化エンジンなので高速で処理し、幅広い環境で利用可能
  • 権限の設定と、自動バックアップによってデータを守る
  • InterSafe WorkFlowと連携可能

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「暗号化ソフト」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる