Menu
Close

製品の紹介

緊急連絡・安否確認システム【NEC】

日本電気株式会社

日本電気株式会社(NEC)の緊急連絡・安否確認システム【NEC】は、東日本大震災の被災経験をもとに作られた安否確認システムです。安否確認の回答は少ないステップで行え、利用者の運用に合わせてメールなどの通知方法を選択可能。またマスタメンテナンスが不要であり、社内のシステム情報と連動することができます。安心の自社設計であるため、社員の安否情報をいち早く確認し、事業継続を支援、社員の安全を守りながら、適切な対応を行えるサポートをします。

最終更新日: 2022/05/02
情報更新者: デジタル化の窓口
情報取得元

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

  • この導入事例のポイント
    • 自然災害等で出社が難しい状況でも、工場の生産ラインに支障がでないようにしたかった
    • 簡単な操作で安否確認と出社人数の把握が可能な「緊急連絡・安否確認システム」を導入
    • 安否確認と共に出社人数の確認ができ、工場ラインの人員配置を迅速に図ることができる

    製品を導入することになった背景

    災害時には、自分や家族の安全確保が最優先となり、そのためには簡便な安否確認手段が求められます。特に、工場環境では1人1台のパソコンがなく、携帯電話での簡単な操作が必要でした。このような背景から、NECの「緊急連絡・安否確認システム」の導入が決定されました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    工場では、災害時に従業員の安否と出社人数を迅速に把握する必要がありました。しかし、従業員が自宅から動けない状況下でも、安否の確認ができる手段が不足していました。

    導入前の課題に対する解決策

    NECの「緊急連絡・安否確認システム」を導入することで、管理者が発信する「安否確認メール」に1クリックで返信するだけで、従業員の安否や出社可否を登録することができるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    システム導入後、ライン上長は従業員の安否と共に出社人数の確認が容易になりました。これにより、事業継続のための工場ラインの適正な人員配置を迅速に行うことが可能となり、業務効率が大幅に向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 自然災害等で立ち往生となったドライバーの安否確認とともに運転要員の確保をしたい
    • 簡単な操作で安否確認と出社可否の把握が可能な「緊急連絡・安否確認システム」を導入
    • ドライバー安否の確認と、車両把握ができ、次のアクションを早期に講じることができる
  • この導入事例のポイント
    • 各地に分散している建設現場の従業員の安否確認を、速やかに実施したかった
    • 安否確認と稼働可能な人員の把握が可能な「緊急連絡・安否確認システム」を導入
    • 従業員の安否とともに、活動人数の確認ができ、適正な人員配置を図ることができる

    製品を導入することになった背景

    建設業界は災害時において復旧活動の中心的役割を果たすため、事業継続と早期再開が社会的に求められています。このような状況下で、各現場の従業員の安否確認と活動可能な人数の把握が重要となります。特に建設現場では一人一台のパソコン環境が整っていないため、携帯電話で簡単に操作できる安否確認方法が必要でした。

    導入前に企業が抱えていた課題

    建設業界においては、災害時に迅速な復旧活動が求められる一方で、従業員の安否確認が難しく、活動できる人数も不明確でした。また、多くの現場ではパソコンが一人一台提供されていないため、従業員が自らの安否を簡単に報告できる手段が不足していました。

    導入前の課題に対する解決策

    NECの「緊急連絡・安否確認システム」が導入されました。このシステムは、管理者が発信する「安否確認メール」に従業員が1クリックで返信するだけで、安否や出社(活動)可否を登録できるというものです。この機能により、本社の管理者は各現場の従業員の安否と出社(活動)人数を確認し、事業継続やインフラ復旧のための人員配置を適切に行えるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    「緊急連絡・安否確認システム」の導入により、従業員の安否確認が劇的にスムーズになりました。また、出社(活動)人数の確認が容易になり、事業継続やインフラ復旧に必要な人員を効率よく配置できるようになりました。さらに、現場からの各施工中の工事現場の状況報告も本社に容易に行えるようになり、全体の業務効率が向上しました。
  • この導入事例のポイント
    • 災害時に各店舗の従業員の安否および店舗の被災状況を迅速に把握したかった
    • 簡単な操作で安否確認と被災状況の把握が可能な「緊急連絡・安否確認システム」を導入
    • 従業員の安否とともに、店舗状況の確認ができ、適正な人員配置を図ることができる

    製品を導入することになった背景

    外食業の企業は多くの店舗を運営しており、災害時には本部の管理者が各店舗の従業員の安否確認や被災状況を把握する作業が非常に困難です。特に、エリアマネージャーも状況を把握する必要があり、そのためには手間のかからないシンプルな安否確認の方法が求められました。

    導入前に企業が抱えていた課題

    各店舗では1人1台のパソコン環境が整っていないため、スマートフォンや携帯電話での操作が必須でした。また、地域内の店舗を統括するエリアマネージャーも状況を把握する必要があり、そのためには迅速な情報共有が不可欠でした。

    導入前の課題に対する解決策

    「緊急連絡・安否確認システム」を導入することで、従業員はスマートフォンや携帯電話から「安否確認メール」に1クリック返信するだけで、安否状況や出社可否を登録することができるようになりました。

    製品の導入により改善した業務

    本部管理者やエリアマネージャーは、刻々と変わる安否状況を随時確認することができ、復旧のための適正な人員配置を図ることが可能になりました。さらに、安否確認だけでなく、平常時でも一斉メール送信やアンケート機能を利用することで、店舗ごとの対応状況を把握することができるようになりました。
  • よく比較されている
    「安否確認システム」の製品:28件

    28件中 1~4件表示

    株式会社ネットウエルシステムの緊急メール連絡版は、安否確認クラウドサービスです。緊急時安否確認・連絡手段確保と通常時連絡手段にも対応しています。地震・台風の自然災害の発生など、緊急事態が発生した場合は、従業員に対して迅速に連絡手段を確保し、安否・状況の確認ができます。緊急メール連絡版は危機管理、事業継続計画の一環として重要なツールとなります。通常時も緊急連絡網や一斉メールよる情報展開にも使えます。

    製品のおすすめポイント

    • 通常用と緊急用と二つの連絡先の設定が可能
    • 回答結果の自動集計によりいつでも一覧参照が可能
    • 気象庁のシステムと連携した自動発信が可能
    • 専用スマートフォンアプリでより確実、便利
    • バックアップ・データセンター運用による信頼性向上
    運営企業情報 株式会社ネットウエルシステム
    ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 自動集計 自動一斉送信 緊急連絡網 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 6ヵ月
    よく導入している業種 IT・情報通信
    よく導入している企業の規模 不明

    株式会社アクリートのアクリートSMSアラートは、自然災害等の緊急事態発生時に緊急連絡や安否確認をSMSで行えるサービスです。管理者はクラウトサーバーにログインすることで、SMSを一斉送信できます。受信者は送られてきたSMSを確認し、自身の被害状況等の現況に当てはまる選択肢を1つ選び、そのまま返信することが可能です。また、管理者は送達及び返信の状況や返信内容をグラフや表形式で確認でき、返信がない受信者には簡単な操作で再送信が可能です。

    製品のおすすめポイント

    • 国内最大規模のSMS配信を支える大規模配信プラットフォームを提供
    • 行政専用ネットワークに対応、自治体として被害状況を把握
    • ユーザーフレンドリーなウェブ管理画面で直感的な操作を
    運営企業情報 株式会社アクリート
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 自動集計 マルチデバイス メールテンプレート 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    安否確認システム

    株式会社ラビックスのe安否は、気象庁から発法される緊急地震速報を受信すると同時に、安否確認メールを自動配信するサービスです。緊急地震速報に連動してメールが送信されるので、地震の揺れが到達し、混線の影響を受ける前に、ユーザーに安否確認のメールを届けることができます。また、緊急地震速報の予測震度が5弱以上の時、安否確認メールを自動配信するというように、しきい値を設定することで弱い地震でのメールの自動配信連発を防ぐことができます。

    製品のおすすめポイント

    • メールと同時に位置情報を報告、迅速な避難指示へ
    • 組織図で社員の管理を見える化、組織間のユーザー移動も簡単
    • チャット機能・掲示板を活用し、情報共有をスムーズに
    運営企業情報 株式会社 ラビックス
    ソフト種別 クラウド型ソフト 
    基本的な機能 掲示板機能 位置情報通知 自動集計 自動一斉送信 日時予約送信 掲示板 グループ管理 GPS安否確認 ユーザー情報連携 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート メール 
    トライアル
    最低利用期間 1か月
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    安否確認システム

    株式会社エクスリンクのEXLIK SMSは、SMSをパソコンやシステムから個人の携帯、スマホに個別もしくは一斉に送信することができるソリューションです。管理画面で指定した携帯番号宛てにSMSの個別送信が可能である他、登録した電話帳を呼び出し、個別または条件で送信先を選択し、指定したグループ単位での一斉送信を行うことができます。また、携帯電話番号のリストをCSVファイルやエクセルファイルをアップロードすることで一斉送信できます。

    製品のおすすめポイント

    • URLの開封確認機能で、自社の戦略を強化
    • IVRへ電話を掛けるだけでSMSを自動送信
    • API機能を利用することで貴社システムと連携したSMSを送信
    運営企業情報 株式会社エクスリンク
    ソフト種別 オンプレミス型ソフト 
    基本的な機能 外部サービス連携 マルチデバイス ユーザー情報連携 メールテンプレート 
    推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
    サポート 電話 メール 
    トライアル
    最低利用期間 最低利用期間の制限なし
    よく導入している業種
    よく導入している企業の規模

    おすすめ比較一覧から、
    最適な製品をみつける

    カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
    1485件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

    すべてみる