Menu
Close

クラウドVPN Veronaの導入事例

外部からのセキュリティを高めたい 内部のセキュリティを高めたい テレワーク対応したい 社内資産を一元管理したい

この導入事例のポイント

  • 各店舗のインフラ環境は個別に構築しているので、統一してリモートで管理したい
  • 店舗間でも情報共有するために「フルメッシュ型VPN」のVeronaを導入
  • 運用の負荷軽減のみならず、出張経費が削減できてコストを抑えることができた

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

株式会社 網屋のクラウドVPN Veronaは、2,900社の導入実績を誇るオンデマンドVPNサービスです。アクセスが大量に集中する拠点に適したハイスペックモデル、リモートアクセスに適したスタンダード、拠点間通信に適したベーシックの3つのタイプがあり、単独でのスモールスタートなど多様化する業務形態やニーズに応じて利用できます。VeronaUserViewを活用して社外からでも通信状況の把握でき、技術的サポートから運用サービスまで利用可能です。

製品のおすすめポイント

  • オールインワンのクラウド管理で簡単に運用
  • 独自で高度なセキュリティ対策で安全な通信
  • 目的に合わせたクラウドへのアクセス手段
運営企業情報 株式会社網屋
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 拠点間VPN リモートVPN 端末セキュリティ対策 マルチホーミング ファイアウォール 暗号化
推奨環境 Windowsアプリ Macアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 30日
よく導入している業種 製造 IT・情報通信 公共機関・非営利団体
よく導入している企業の規模 1,001名以上 不明 51名-100名

導入前に知っておきたい基礎知識

「VPN」とは

近年、テレワークの促進によって社外からのアクセスが増えています。しかし、無料・公衆Wi-Fiなどを利用することによって、情報漏洩などのセキュリティ面における危険性があることも事実です。そこで、情報セキュリティ対策の1つとして『VPN』が注目されています。VPNは企業の拠点間を専用線で接続するのではなく、仮想的な専門ネットワークで接続する方法です。しかし、種類やオプションが多すぎたり、運用や管理が複雑であったりと煩わしいポイントもあります。そこで、本記事ではVPN製品選びを失敗しないために、VPN製品の仕組みから種類と選び方、各製品の比較と導入の注意点を説明します。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

製品のおすすめポイント

  • オールインワンのクラウド管理で簡単に運用
  • 独自で高度なセキュリティ対策で安全な通信
  • 目的に合わせたクラウドへのアクセス手段

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「VPN」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1491件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる