Menu
Close

AUTOROの導入事例

個人の生産性を高めたい その他 属人化を解消したい

経理部門の慢性的な人手不足をAUTOROで解消

※出典:経理部門の慢性的な人手不足をAUTOROで解消

最終更新日: 2022/03/08

この導入事例のポイント

  • 経理部の慢性的な人手不足、業務を効率化するためにRPAの導入を検討したい
  • 「マネーフォワードクラウド会計」と相性が良い「AUTORO」を導入
  • 照合・判断・分析のための処理作業を全自動化、付加価値作業に専念できるように
  • Robotic Crowdは開発・改良スピードがとても速く、業務が迅速になった
  • 属人化した業務を一般化することもでき、会社としての安定感が全体的に増した

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

オートロ株式会社のAUTOROは、各種データ連携を実現するクラウド型システムで企業や個人、チームでの業務効率化や成長戦略推進のツールとして導入されています。大量のデータ転機やデータアップロードなどの事務作業をロボットが代わりに行い、作業効率やスタッフの負担軽減に繋がります。視覚的に操作ができ、一連の業務フローを記録することができるので、誰でも簡単にすぐに使い始めることができます。

製品のおすすめポイント

  • 安心かつ充実のサポート体制で継続率99%
  • クラウド型RPAなのでいろいろな業務を 自由に自動化できます
  • 分かりやすい導入フローで気軽に始めることが可能
運営企業情報 オートロ株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 スケジュール設定 データの転記作業 紙資料の電子化 テキストのチェック エラー処理 メール送信 メールのファイル保存 PDF変換 スクレイピング データ集計 タスクレポート
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 その他 広告・放送・出版 IT・情報通信
よく導入している企業の規模 101名-300名 301名-1,000名 不明

導入前に知っておきたい基礎知識

「RPAツール」とは

RPAとはRobotic Process Automationの略です。直訳すれば、「ロボットによる工程の自動化」となり、仮想知的労働者とも呼ばれています。今まで人間が手作業で行っていた業務をロボットが代行し効率化をするわけですが、ここで言うロボットというのは実際に形ある機械ではなく、アプリケーションのことを指します。

つまり、実際に営業に出向いたり店舗でモノを売ったり、お茶出しや来客対応をするツールではなく、主に事務作業を中心とした定型作業を自動化します。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

AUTORO

オートロ株式会社

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • 安心かつ充実のサポート体制で継続率99%
  • クラウド型RPAなのでいろいろな業務を 自由に自動化できます
  • 分かりやすい導入フローで気軽に始めることが可能

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「RPAツール」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1586件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる