Menu
Close

VPNとWiFiの違いとは?初心者向けにわかりやすく説明します

目次

VPNとWiFiの基本解説

VPNとWiFi、これらの用語について詳しく解説していきます。VPNとWiFiは共通点を持ちつつも、それぞれ特異な機能と役割を果たしています。初めてこれらの用語に触れる方も理解できるよう、明確な言葉で説明します。

VPNの基本的な仕組みと役割

VPN(Virtual Private Network)は、インターネット上で仮想的に構築された専用線のような役割を果たす技術です。通常のインターネット接続と異なり、外部からのアクセスが困難であるため、安全性が高まります。例えば、外出先からオフィスのネットワークに安全に接続する場合に使われます。

WiFiの基本的な仕組みと役割

WiFiは、無線通信によってデバイス同士を接続する技術です。コンピュータ、スマートフォン、タブレットなど、さまざまなデバイスで利用されています。ケーブルが不要なため、場所を選ばず接続が可能で、家庭内や公共施設などで広く利用されています。

VPNとWiFiの共通点

VPNとWiFiはどちらもインターネット接続に使われる技術で、デバイス間の通信を可能にします。それぞれ特有の機能があるものの、通信を安定化させる役割も果たしています。適切に使い分けることで、より快適なネットワーク環境を構築できるでしょう。

VPNとWiFiの相違点

VPNとWiFiの違いは、目的と利用シーンです。VPNは通信の安全性を重視し、外部からの不正アクセスを防ぐ役割があります。一方、WiFiは無線通信による便利さを追求し、場所を問わずにインターネット接続を可能にしています。両者の違いを理解することで、適切に利用する道が開かれます。

VPNの活用シーン

VPN技術は、様々な場面で活用されています。企業での使用や個人での利用、海外旅行時の接続など、多岐にわたるシーンでその効果を発揮します。以下で具体的な活用例を説明していきます。

企業での使用

企業では、VPNはセキュリティ対策として頻繁に採用されます。従業員が外出先から会社のネットワークにアクセスする際、VPNを通すことで安全な通信路を確保します。情報漏洩のリスクを最小限に抑えつつ、遠隔地からでも業務の効率化が図れるのです。

個人での利用

個人ユーザーでもVPNの利用が増えています。公共のWiFiスポットなどを利用する際、VPNを経由することで通信の暗号化が行われ、個人情報の保護が強化されます。インターネットのプライバシーを高めるために重宝されています。

海外旅行時の接続

海外旅行中でもVPNは有用です。一部の国では特定のウェブサイトへのアクセスが制限されている場合があるため、VPNを使うことで、制限を回避し、普段通りのインターネット環境を手に入れることが可能です。旅先での安心な通信をサポートします。

WiFiの活用シーン

WiFi技術も日常的に利用される通信手段です。家庭での利用や公共施設での利用、カフェなどでの利用など、多岐にわたります。具体的なシーンでの利用を以下に解説します。

家庭での利用

家庭内でWiFiは一般的です。無線ルーターを設置することで、家中どこでもスマートフォンやパソコンからインターネットへの接続が可能になります。設定も容易で、様々なデバイスとの親和性も高いため、多くの家庭で採用されています。

公共施設での利用

駅や空港などの公共施設でもWiFiの利用が広がっています。無料で提供されることが多く、外出先でも手軽にインターネット接続ができるのが魅力です。ただし、セキュリティ面での注意が必要な場合もあるため、適切な設定と利用が求められます。

カフェなどでの利用

カフェやレストランなどでもWiFiサービスが提供されることが増えました。作業や休憩の際にインターネットを利用する客にとって、非常に便利なサービスです。お店側としても、客の滞在時間の延長やリピート利用の促進につながります。

VPNとWiFiの安全性について

インターネットの世界では、安全性が常に重視されるテーマです。VPNとWiFiにおいても、それぞれの安全性とその確保方法は、利用者にとって非常に関心のある話題でしょう。このセクションでは、それぞれの安全性と、それを高めるための方法を説明します。

VPNの安全性

VPNはその構造上、通信内容を暗号化し、外部からの不正アクセスを阻止する特性があります。このため、企業の機密情報など、重要なデータの取り扱いに用いられることが多いです。しかし、安全なVPNを構築するには適切な設定と管理が不可欠で、次のような点に注意することが望まれます。

  • 強固な暗号化方式の選定
  • 最新のセキュリティパッチの適用
  • アクセス権限の厳格な管理

WiFiの安全性

WiFiの利用が広まる一方で、その安全性への懸念も増しています。特に公共のWiFiスポットなどでは、セキュリティが弱い場合があるため、以下のような対策が効果的です。

  • 不明なWiFiには接続しない
  • セキュリティソフトの活用
  • 重要な情報の送信は避ける

VPNとWiFiの組み合わせ

VPNとWiFiを組み合わせることで、更なる安全性が得られます。例えば、公共のWiFiを利用する際にVPNを通すことで、通信内容の暗号化が図られます。このように、両者の良い点を組み合わせることで、より強固なインターネット環境を構築することが可能です。

最新のセキュリティ動向

セキュリティは日々進化しています。最新のセキュリティ対策を取り入れることで、更なる安全なインターネット利用が可能となります。最新の技術動向に目を向け、自身のインターネット環境に合わせたセキュリティ対策を検討することも、今後の課題となるでしょう。

VPNとWiFiの今後の展望

テクノロジーは日々進化しており、VPNとWiFiの分野も例外ではありません。未来におけるこれらの技術の進展と、どのような変化が予想されるのかについて、以下の見解を展開していきます。

VPNの進化

近年、遠隔での仕事やオンラインセキュリティへの関心の高まりから、VPNの利用が一段と広がっています。今後のVPNは、さらなる暗号化技術の強化や、接続速度の向上が期待されます。

  • 暗号化技術の強化:より高度なセキュリティを提供するための暗号化の進化。
  • 利便性の向上:設定の容易さや接続の安定性の強化など、利用者にとって使いやすいVPNが求められます。

WiFiの進化

WiFiもまた、その規格と技術が進化しています。特に次世代のWiFi規格には、以下のような特徴が期待されます。

  • 通信速度の向上:より多くのデバイスとの同時接続を可能にする技術の発展。
  • エリア拡大:より広いエリアで安定した接続を提供する技術の導入。

セキュリティの未来

セキュリティは、テクノロジーが進展するにつれて、より複雑で高度なものとなります。新たな脅威が現れる一方で、それに対抗する技術も同時に進化しています。

  • 人工知能を用いたセキュリティ対策:迅速に脅威を検知し、対応する新技術。
  • クラウドベースのセキュリティ管理:より柔軟かつ効率的なセキュリティ対策の提供。

今後の選択と利用

今後もVPNとWiFiは、それぞれの進化に応じて、私たちの生活に欠かせない存在となるでしょう。利用者としては、進化する技術に合わせ、適切な選択と利用が求められます。

  • 最新の情報収集:新しい規格やセキュリティ対策についての知識の更新。
  • 適切なプランの選択:用途に合わせたVPNやWiFiのサービスを選ぶ。

 

「VPN」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • リモートVPN
    • Webアクセスセキュリティ対策
    • コンテンツフィルタ
    • トンネリング
    • ウィルスプロテクション
    • 暗号化
    • ファイアウォール
    • カプセル化
    • 端末セキュリティ対策
    • ロードバランサー
    • メールセキュリティ対策
    • ウェブフィルター
    • マネージセキュリティレポート
    • LAN監視
    • マルチホーミング
    • ホットスタンバイ
    • セカンドHQ
    • 拠点間VPN
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
使用料金 要相談
1年間
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 70,000円
ギャランティタイプ 48,000円〜
スピードタイプ 210,000円〜
バリュータイプ 87,000円〜
ベストエフォートタイプ 39,800円〜
ギャランティボイスタイプ 58,000円〜
スピードボイスタイプ 252,000円〜
バリューボイスタイプ 105,000円〜
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 1~5万円
備考
プランによって異なります。
スターター:1万円
スタンダード:2万円
ハイスペックモデル:5万円
ハイスペックモデル 46,000円~
備考
V-edge利用料が月額4万円
V-Client 10デバイス利用料が月額6000円~
スタンダード 26,000円~
備考
V-edge利用料が月額2万円
V-Client 10デバイス利用料が月額6000円~
ベーシック 8,000円
備考
V-edgeレンタルの場合になります。
30日
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
スタンダード:スモールエッジモデル 17,000円/月額
スタンダード:ミドルエッジモデル 43,000円/月額
備考
別途、24時間365日オンサイト保守のお申し込みが必要になります。
クラウドコネクタ 17,000円/月額
オーバレイゲートウェイ:SRA接続 17,000円/月額
備考
別途、セキュア・リモートアクセスのお申込みが必要です。
制限なし
クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用(基本料金) 100,000円~/1契約ごと
エントリーパック 17,850円~
備考
要相談
リモートアクセス 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
使用料 0円
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
使用料金 要相談
要相談
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
ユースケースによって異なります。
利用プラン 要相談
備考
ユースケースによって異なります。
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 6,930円~
備考
別途で回線初期費用・オプション初期費用がかかります。
使用料金 11,000円
備考
別途で回線使用料・オプション使用料がかかります。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

まとめ

この記事では、vpnとwifiの違いに焦点を当て、それぞれの特性、利用方法、安全性、そして未来の展望について詳細に説明しました。vpnは通信の暗号化を強化する一方、wifiは便利な接続を提供する点で異なります。これらの理解と適切な利用は、インターネットの世界での安全かつ効率的な活用への道筋となります。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる