Menu
Close

無料で使えるVPN6選を紹介|比較表で機能や料金プランを比較

目次

この記事では、VPN 無料について徹底的に解説します。無料VPNのメリット・デメリットや選び方、導入手順、注意点に加え、有料VPNへの移行についても考察します。オンラインセキュリティを強化し、地域制限を回避するためのVPNに関する情報を、読者のニーズに合わせて分かりやすくお伝えします。

VPNとは何か

VPNの基本概念

VPN(Virtual Private Network)は、インターネット上で安全に通信するための仕組みです。ユーザーは自宅やオフィスなどのプライベートなネットワークと同様のセキュアな通信環境を構築できます。

VPNの仕組みと動作原理

VPNは暗号化技術を活用してデータを保護します。ユーザーのデバイスはVPNサーバーに接続し、その後インターネットにアクセスします。データは暗号化されて送信され、第三者による盗聴やデータ改ざんを防ぎます。

VPNの主な用途と導入目的

VPNは、オンラインセキュリティの強化や地域制限の回避だけでなく、リモートワーク時の社内システムへの安全なアクセスにも用いられます。個人利用では、プライバシー保護や公共Wi-Fiのセキュリティ確保に役立ちます。

無料VPNの特徴とメリット・デメリット

無料VPNのメリット

個人情報保護とセキュリティ向上

無料VPNは、個人情報を保護し、公共Wi-Fiネットワークの脆弱性から身を守るのに役立ちます。セキュリティ対策が不十分な場合でも、有料プランよりも安全なことがあります。

地域制限を回避

無料VPNを使用すると、地域制限によって制約されたコンテンツへアクセスできるようになります。海外のサーバーに接続することで、視聴したい動画やウェブサイトに自由にアクセスできます。

無料VPNのデメリット

速度や帯域幅の制限

無料VPNは利用者が多いため、速度制限がかかることがあります。高速な通信が必要な場合は、有料プランを検討することが重要です。

広告やトラッキングの問題

無料VPNは広告収入に頼ることがあるため、広告の表示や個人情報のトラッキングが行われる場合があります。プライバシー保護を重視する場合は注意が必要です。

プライバシーへの懸念

無料VPNは、個人情報の取り扱いに注意が必要です。サービス提供者によっては、データを第三者に提供することがあるため、プライバシーに対する懸念があります。

無料VPNの選び方

信頼性と評判の確認

VPNサービスの信頼性と評判は重要な要素です。信頼性の高いVPNプロバイダーを選ぶために、ユーザーレビューや専門家の評価を参考にしましょう。

サーバーの数と位置

サーバーの数と位置は、VPNのパフォーマンスに影響します。多くのサーバーがあるほど、より高速な接続と地域制限回避が可能になります。

プロトコルと暗号化のサポート

VPNサービスが提供するプロトコルと暗号化方式はセキュリティに関わる重要な要素です。強力な暗号化とセキュリティプロトコルのサポートが必要です。

制限やデータ収集に関するポリシー

VPNサービスの利用制限やデータ収集ポリシーを確認しましょう。ログの保存や個人情報の取り扱いに関する明確なポリシーを持つプロバイダーを選ぶことが重要です。

クライアントアプリの使いやすさ

使いやすいクライアントアプリは、VPNの設定と接続を簡単に行える点で重要です。直感的で使いやすいアプリを提供するプロバイダーを選ぶことが良いでしょう。

無料VPNの導入手順

アカウント登録とセットアップ

まず、選んだ無料VPNサービスにアカウントを作成します。登録に必要な情報を入力し、メール認証を完了させましょう。アカウントができたら、対応するデバイス向けのクライアントアプリをダウンロードしてインストールします。

デバイスへのインストール

インストールしたいデバイスにVPNクライアントをダウンロードし、インストールします。多くのVPNプロバイダーはWindows、Mac、iOS、Androidなどに対応しています。デバイスごとの適切なインストール方法に従って進めましょう。

接続方法と設定の調整

インストールが完了したら、VPNアプリを起動します。アカウント情報でログインし、利用したいサーバーに接続します。一部のVPNサービスは、自動接続オプションを提供しており、セキュリティを自動的に確保します。

無料VPNの注意点と解決策

セキュリティ上の注意事項

不正なアクセスポイントの回避

公共Wi-Fi環境でのVPN接続は安全ですが、偽のアクセスポイントに注意が必要です。確実な接続先を選び、信頼性のあるWi-Fiを利用しましょう。

フィッシング詐欺からの保護

VPNを使用しても、フィッシング詐欺に注意が必要です。不審なリンクや情報の入力を避け、正規のウェブサイトにのみアクセスしましょう。

VPNの制限と解消方法

制限回避のための対策

一部の公共ネットワークではVPNの使用がブロックされる場合があります。その場合は、TCPポート80や443を使用するように設定変更することで制限を回避できることがあります。

制限の影響を最小限にする方法

多くの無料VPNは制限があるため、高速な接続を必要とする場合は有料プランを検討しましょう。有料プランでは制限が緩和され、快適なVPN接続が可能です。

トラブルシューティングとサポート

VPN接続の問題解決

接続に問題が発生した場合は、まずサーバーの切り替えを試してみましょう。また、VPNプロバイダーの公式サポートページを参照することで、一般的なトラブルシューティング方法を確認できます。

サポートへの問い合わせ方法

問題が解決しない場合は、VPNプロバイダーのサポートへ問い合わせましょう。メール、チャット、または電話を通じて、専門家によるサポートを受けられます。

無料プラン・トライアルがあるVPN6選を紹介

SoftEther VPN

筑波大学のSoftEther VPNは英語および日本語の Web サイトで公開されている、誰でも自由に利用可能なフリーVPNソフトウェアです。ファイアウォール、プロキシおよびNATとの互換性という面において非常に優れており、PC間やリモートアクセスだけでなく、LAN間ブリッジ接続も可能になりました。ユーザー認証においても複数の方法で対応することが可能でパケットフィルタ機能も標準装備されているので、セキュリティ対策や信頼性も期待できます。

SoftEther VPNの製品詳細はこちら

マネージドUTM ビジネスセキュリティ

株式会社 USEN ICT SolutionsのマネージドUTM ビジネスセキュリティは、UTMアプライアンスとソフトウェア、さらに保守がパッケージになったサービスです。世界基準のICSA Labs Firewall認定を日本で唯一取得しており、導入から運用まで一括にワンストップ対応されます。オプション機能が豊富で組み合わせて契約することが可能でニーズに合わせたカスタマイズで簡単に利用でき、手厚い運用サポートを受けることが可能です。

マネージドUTM ビジネスセキュリティの製品詳細はこちら

クラウドVPN Verona

株式会社 網屋のクラウドVPN Veronaは、2,900社の導入実績を誇るオンデマンドVPNサービスです。アクセスが大量に集中する拠点に適したハイスペックモデル、リモートアクセスに適したスタンダード、拠点間通信に適したベーシックの3つのタイプがあり、単独でのスモールスタートなど多様化する業務形態やニーズに応じて利用できます。VeronaUserViewを活用して社外からでも通信状況の把握でき、技術的サポートから運用サービスまで利用可能です。

クラウドVPN Veronaの製品詳細はこちら

Pulse Connect Secure

Ivanti Software株式会社のPulse Connect Secureはセキュアアクセスに関わる15年以上の実績と200件以上の特許を持つ簡単で柔軟性の高いゼロトラストのVPNサービスです。社外ネットワークや様々な端末から社内ネットワーク・クラウドへのリモートアクセスが可能です。エンタープライズモビリティ管理におけるプラットフォームの統合によって機密性の高いセキュリティレベルを向上して管理の効率・合理化を実現できます。

Pulse Connect Secureの製品詳細はこちら

Any Connect

シスコシステムズ合同会社のAny Connectは、ネットワーク業界において大規模なシェアを誇り世界170カ国で展開されているVPNサービスです。セキュリティ機能に優れているため機密性が重要視される企業内ネットワークの保護の強化が期待できます。クラウドセキュリティによって、いつでもどこでもマルチデバイスで社内ネットワークにアクセスできるため、ニューノーマルには欠かせない在宅ワークのための必需ツールです。

Any Connectの製品詳細はこちら

Cato SASEクラウド

Cato Networks株式会社のCato SASEクラウドは、評価額25億ドルを獲得しユニコーン企業入りを達成して近年急成長しています。安全に短期間で簡単に行える「ワンネットワーク」が特徴です。すべてのネットワークが、専用回線よりも安価にSD-WAN機能で構築できます。セキュリティの一元管理、ワンポリシーで社外も社内もすべて、全部1つのSASEのクラウドとして利用することが可能です。有人監視サービスもあり、しっかりとしたセキュリティ対策が期待できます。

Cato SASEクラウドの製品詳細はこちら

「VPN」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • マルチホーミング
    • ウィルスプロテクション
    • セカンドHQ
    • ロードバランサー
    • リモートVPN
    • 拠点間VPN
    • コンテンツフィルタ
    • トンネリング
    • 暗号化
    • LAN監視
    • ファイアウォール
    • カプセル化
    • Webアクセスセキュリティ対策
    • 端末セキュリティ対策
    • メールセキュリティ対策
    • ウェブフィルター
    • マネージセキュリティレポート
    • ホットスタンバイ
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
使用料金 要相談
1年間
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 70,000円
ギャランティタイプ 48,000円〜
スピードタイプ 210,000円〜
バリュータイプ 87,000円〜
ベストエフォートタイプ 39,800円〜
ギャランティボイスタイプ 58,000円〜
スピードボイスタイプ 252,000円〜
バリューボイスタイプ 105,000円〜
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 1~5万円
備考
プランによって異なります。
スターター:1万円
スタンダード:2万円
ハイスペックモデル:5万円
ハイスペックモデル 46,000円~
備考
V-edge利用料が月額4万円
V-Client 10デバイス利用料が月額6000円~
スタンダード 26,000円~
備考
V-edge利用料が月額2万円
V-Client 10デバイス利用料が月額6000円~
ベーシック 8,000円
備考
V-edgeレンタルの場合になります。
30日
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
スタンダード:スモールエッジモデル 17,000円/月額
スタンダード:ミドルエッジモデル 43,000円/月額
備考
別途、24時間365日オンサイト保守のお申し込みが必要になります。
クラウドコネクタ 17,000円/月額
オーバレイゲートウェイ:SRA接続 17,000円/月額
備考
別途、セキュア・リモートアクセスのお申込みが必要です。
制限なし
クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用(基本料金) 100,000円~/1契約ごと
エントリーパック 17,850円~
備考
要相談
リモートアクセス 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
使用料 0円
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
使用料金 要相談
要相談
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
ユースケースによって異なります。
利用プラン 要相談
備考
ユースケースによって異なります。
1か月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 6,930円~
備考
別途で回線初期費用・オプション初期費用がかかります。
使用料金 11,000円
備考
別途で回線使用料・オプション使用料がかかります。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

VPN10選を比較

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • VSRシリーズ採用でしっかりとしたセキュリティ
  • しっかりとした連携と運用・サポート体制
  • 様々な機能によって簡単に業務移行が可能に
トライアル 無し
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • VPN設計の簡略化でマルチアクセスが可能に
  • トータル管理と個人管理でカスタマイズ
  • プロビジョニングと独自技術で防御性と安定化
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • オールインワンのクラウド管理で簡単に運用
  • 独自で高度なセキュリティ対策で安全な通信
  • 目的に合わせたクラウドへのアクセス手段
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • アプリケーション可視化と制御で輻輳の回避
  • 社内システムと連携・一元管理により業務を効率化
  • ファイアウォール機能実装で安全な通信
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 一元管理でしっかりとしたセキュリティ対策
  • オーダーメイドのネットワークで最適化
  • リモートアクセスで安心安全な在宅ワーク
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 高速なスルートップと強力な接続性
  • シンプルな仮想化で簡単に管理ができる
  • しっかりしたセキュリティ対策による信頼性
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 全世界からアクセス可能で効率化の向上
  • 強力な認証装備とアクセス管理で安全な通信
  • 誰でも簡単接続と分かりやすい管理画面
トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • NWの可視化による特定と制御で高い安全性
  • ISEとDNSレイヤによる包括的なユーザー保護
  • エンドポイントの可視性でコンプライアンスを最適化
トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 65拠点を同一ネットワークに、クラウド管理で操作も簡単
  • サービスだけではなくICT全般の相談も可能
  • 通信の制御でセキュアなネットワーク構築
トライアル 有り
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • マルチデバイスにおけるアクセスの最適化
  • クラウドデータセンターをエージェントレスで統合
  • グローバルプラベートバックボーンで低コスト

有料VPNへの移行と選び方

無料VPNから有料VPNへの切り替え理由

無料VPNの制約やセキュリティ上の懸念を解消するため、有料VPNへの切り替えが適切な場合があります。高速で安全な接続、広範なサーバー選択、優れたカスタマーサポートなどが、有料VPNの利点として挙げられます。

有料VPNの選び方と注意点

有料VPNの利点とオプション

有料VPNは高速で安定した接続を提供し、広範なサーバー選択が可能です。加えて、追加のセキュリティ機能やトラッキング防止機能を持つプランもあります。

月額料金と長期契約の比較

VPNサービスは月額料金が異なります。適切なプランを選ぶために、長期契約の割引や返金保証の有無を考慮し、複数のプロバイダーを比較してください。

トライアルや返金保証の有無

信頼性のあるVPNプロバイダーは、トライアル期間や満足保証を提供しています。サービスの質を確かめるため、トライアルや返金保証のあるプロバイダーを選択することが重要です。

おさらいと選択肢の考察

無料VPNと有料VPNの比較

無料VPNは初めて利用するユーザーや軽度のプライバシー保護が必要な方に適しています。一方、有料VPNは高度なセキュリティを求めるユーザーや高速で安定した接続を必要とする方に適しています。

読者に合ったVPNの選択

読者は自身のニーズに応じてVPNを選択すべきです。無料VPNで十分な場合は、メリットとデメリットを理解した上で選択することが大切です。一方、高度なセキュリティや高速接続を必要とする場合は、有料VPNを検討しましょう。

今後のVPN市場の動向

VPNの需要はますます高まり、市場は拡大しています。プロバイダーはより安全で高速な接続を提供するために技術を進化させることでしょう。また、プライバシー保護に関連する法律や規制の変化にも注意が必要です。</p

まとめ

この記事では、VPN 無料について詳しく解説しました。無料VPNのメリットとデメリット、選び方のポイント、導入手順、注意点、そして有料VPNへの移行についても取り上げました。

無料VPNは個人情報保護や地域制限回避に役立ちますが、速度制限やプライバシーへの懸念もあります。信頼性の高いプロバイダー選びやセキュリティ対策が重要です。

VPNの導入手順は、アカウント登録からデバイスへのインストール、接続方法の調整までのステップを端的に示しました。また、セキュリティ上の注意事項とトラブルシューティング方法にも触れました。

無料VPNの制限やデータ収集に対する解決策として、有料VPNへの移行が選択肢として挙げられます。高速で安全な接続を求める場合は、有料プランを検討しましょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1493件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる