Menu
Close

無料のプロジェクト管理ツール9選を比較|比較表で機能や料金を確認

目次

この記事では、プロジェクト管理ツール無料版について、導入目的や主な機能、選び方、導入手順、注意点などをわかりやすく解説します。無料で使えるツールの活用方法や将来展望も含め、効率的なプロジェクト遂行に役立つ情報をお届けします。

プロジェクト管理ツールの重要性とは?

ビジネスパーソンにとってのプロジェクト管理の意義

プロジェクト管理ツールは、多くのタスクやメンバーを効果的に統合し、プロジェクトの成功に欠かせない重要な要素です。タスクの進捗状況をリアルタイムで把握し、スケジュールの遅延やリソースの浪費を防ぐことで、効率的なプロジェクト遂行が可能となります。

プロジェクト管理ツール導入のメリットとは?

プロジェクト管理ツールの導入により、チームのコラボレーションが強化され、タスクの割り当てや優先順位の設定が簡単に行えます。また、進捗レポートやグラフィカルな表示により、プロジェクト全体の可視化が可能となります。これにより、意思決定が迅速化し、品質の向上にも寄与します。

無料ツールの利用価値と有料ツールとの比較

無料のプロジェクト管理ツールは初期導入コストが低く、小規模プロジェクトに適しています。有料ツールは高度な機能とサポートを提供しますが、プロジェクト規模や予算に応じて選定することが重要です。

プロジェクト管理の成功事例に学ぶ

有名企業のプロジェクト成功事例を挙げることで、プロジェクト管理ツールの有用性を具体的に示します。彼らがどのようにツールを活用し、成果を上げたのかを分析することで、読者にとっての理解が深まるでしょう。

無料プロジェクト管理ツールの主な機能

タスク管理機能の活用方法

タスク管理機能を利用して、担当者や期限の設定、優先度の付与を行い、スケジュールの遅延を防止します。タスクの進捗を逐一更新し、課題の早期発見に役立ちます。

チームコラボレーション機能の効果的な使い方

チームコラボレーション機能を活用して、チャットやファイル共有を行い、リアルタイムなコミュニケーションを促進します。メンバー間のコミュニケーションが円滑になるため、タスクの誤解や重複を回避できます。

プロジェクト進捗の可視化とレポート機能

進捗状況をグラフやダッシュボードで視覚的に表現し、プロジェクトの全体像を把握します。レポート機能により、経営陣や関係者への報告が容易となります。

通知機能とスケジュール管理の最適化

通知機能を設定し、締切や重要なイベントを逃さずに把握します。スケジュールの最適化により、リソースの有効活用やタスクの優先順位付けが行えます。

カスタマイズ性と拡張性の重要性

ツールのカスタマイズ性が高いと、企業独自のワークフローや要件に適合させることができます。また、拡張性に富んだツールは、将来の業務変化にも対応可能です。

無料プロジェクト管理ツールのメリットとデメリット

メリット

費用削減と利便性

無料ツールの導入により、ライセンス料などのコストを節約できます。また、オンライン上で利用可能なため、利便性が高まります。

オンラインツールの柔軟性

インターネット接続さえあれば、場所を問わずにツールにアクセスできます。リモートワークに適した柔軟な作業環境を提供します。

小規模プロジェクトへの適用

無料のプロジェクト管理ツールは、小規模プロジェクトに特に適しています。大規模なツールよりも軽量で、プロジェクトの規模に合わせて必要な機能を選択できます。これにより、導入や運用の負担が軽減され、スムーズなプロジェクト管理が実現します。

デメリット

セキュリティ対策とリスク管理

無料ツールは、セキュリティ対策が有料ツールほど厳格ではありません。重要なプロジェクト情報や機密データの取り扱いには十分な注意が必要です。セキュリティリスクを最小限に抑えるために、パスワード管理やデータ暗号化を徹底しましょう。

機能の制限とスケーラビリティ

無料ツールは、有料ツールと比べて機能が制限されていることがあります。大規模プロジェクトには、より高度な機能やカスタマイズ性が必要となる場合があります。ツールのスケーラビリティを事前に評価し、将来的な拡張に対応できるかを考慮しましょう。

無料プロジェクト管理ツールの選び方

ビジネスニーズに合ったツールの選定

プロジェクトの性質や規模に応じて、必要な機能や拡張性を確認しましょう。短期的なプロジェクトならシンプルなツールで十分ですが、複雑なプロジェクトにはより高度な機能を備えたツールを選択する必要があります。

ユーザーインターフェースと使いやすさの比較

ユーザーインターフェースが直感的で使いやすいことが重要です。複雑な操作や学習コストを最小限に抑え、メンバー全員が円滑にツールを利用できるようにしましょう。

カスタマーサポートとコミュニティの重要性

問題が発生した際に頼りになるカスタマーサポートがあるかを確認しましょう。また、ユーザーコミュニティに参加することで、他のユーザーの経験やヒントを得ることができます。

インテグレーションとAPIの可用性

他のビジネスツールとの連携が必要な場合、インテグレーション機能やAPIの提供状況を確認しましょう。シームレスなデータ連携が、プロジェクトの効率向上に貢献します。

導入前のトライアルとユーザーレビューの参考

複数のツールを試用し、実際の操作感や機能を確認するトライアルがあるかを確認しましょう。さらに、他のユーザーのレビューや評価を参考にして、適切なツールを選定します。

無料プロジェクト管理ツールの導入手順

導入前の準備と計画

プロジェクト管理ツールの導入には、事前の計画が欠かせません。プロジェクトのニーズを明確化し、ツール選定の基準を設けましょう。また、ユーザーへのトレーニングやデータ移行の準備も必要です。

データ移行とシステム連携のステップ

既存のプロジェクトデータを新しいツールに移行する際には、データの整合性やセキュリティを確保することが大切です。必要に応じてAPIを利用し、他のシステムとの連携を構築します。

ユーザートレーニングと教育の重要性

ツールの使い方や機能について、プロジェクトメンバーに十分なトレーニングを行いましょう。適切な教育があれば、ユーザーのモチベーションが高まり、ツールの効果的な活用が期待できます。

導入後のツール活用と改善策

プロジェクト管理ツールの導入後も、定期的なモニタリングと評価を行い、問題点や改善点を把握しましょう。ユーザーのフィードバックを取り入れることで、ツールの活用度が向上します。

成果評価とプロジェクト管理の改善

プロジェクト管理ツールの導入効果を評価する際には、定量的な成果だけでなく、プロジェクトの進捗やチームの満足度など、質的な側面も考慮しましょう。改善点を洗い出し、次のプロジェクトに活かすことが大切です。

注意点と回避すべき問題

セキュリティ対策とリスク管理

無料ツールの場合、セキュリティの面でリスクがあるため、外部からの不正アクセスやデータ漏洩に備える必要があります。重要な情報は適切に暗号化し、アクセス制限を設定しましょう。

データバックアップと復元の重要性

プロジェクトデータの損失を防ぐため、定期的なデータバックアップと復元手順を設けておくことが重要です。万が一の際にも、迅速な復旧ができるように準備しましょう。

ツール導入時の組織内調整とコミュニケーション

新しいツールの導入には、組織内のステークホルダーとの適切な調整が必要です。関係者への説明やコミュニケーションを丁寧に行い、ツール導入に対する理解を得ましょう。

過度な機能の追加とスコープクリープへの対応

ツールに過度な機能を追加することは、使い勝手を複雑にする原因となります。必要な機能に絞り、スコープクリープを避けるように注意しましょう。

ツールの定期的なアップデートとセキュリティパッチ適用

ツールのセキュリティを確保するためには、定期的なアップデートとセキュリティパッチの適用が必要です。最新の機能や改善点を活用することで、プロジェクト管理の効率を向上させましょう。

無料で使えるプロジェクト管理ツール9選

Time Krei

株式会社テンダのTime Kreiは、管理職と従業員、経営者3者の視点で情報を管理、分析し生産性を向上するプロジェクト管理ツールです。プロジェクトを効率よく回すために、マネジメント層の知りたい情報を見える化し、課題解決を手伝うことができます。またカスタマイズで外部連携が可能なため、グループウェアと併用し予実管理を効率化、プロジェクトの一元管理を可能にします。経営者はコスト削減のメリット、管理職はタスクの進捗管理、従業員は作業進捗の見える化が可能です。

Time Kreiの製品詳細はこちら

タスクワールド

Taskworld Inc.のタスクワールドは、圧倒的に使いやすいことが強みのプロジェクト管理ツールです。世界基準のタスク管理ツールで、コンテンツ制作から医療、教育までさまざまな現場で使用することができます。海外も含め多くのレビューサイトで高い評価を得ており、ガントチャートやプロジェクト管理だけでなく、チャットやタイム計測、ログ機能と言った便利な機能もついていることが特徴です。部署間とスタッフを連携し、プロジェクトの感性スピードを向上させます。

タスクワールドの製品詳細はこちら

Brabio!

ブラビオ株式会社のBrabio!は、必要な機能をシンプルにまとめた、スケジューラー・タスク管理を行えるプロジェクト管理ツールです。クラウドで利用できるので、インストールやサーバーの設定は不必要、1分で使えます。達成率の表示や、タスク同士のリンクなどプロジェクト管理に必要なツールが一通り備わっており、取引先とも共有して使えることが特徴。サーバーは自社運用されているので、セキュリティ性も高いことが売りです。

Brabio!の製品詳細はこちら

Asana

Asanaは、Facebook社員の生産性向上に貢献したDustin Moskovitzと元エンジニアのJustin Rosensteinによって創設されたプロジェクト管理ツールです。小さなタスクからビジネスの全体像まで、Asanaを使い仕事を整理することで、チームがToDoを把握し業務を行うことができます。退屈な作業に囚われることなく、クリエイティブな仕事にこれまで以上に取り組めるようになるツールです。

Asanaの製品詳細はこちら

Jira Software

AtlassianのJira Softwareは、ソフトウェアチームの全員が素晴らしいソフトウェアを計画・追跡・リリースできるようにされたプロジェクト管理ツールです。Jira Softwareによって、チームのアジャイル開発を可能にします。Tempo Timesheetsなどのアプリで拡張、カスタマイズが可能で、あらゆる用途に向けて適切にソフトウェアをカスタマイズできるようになります。モバイル端末にも対応しており、どこでも利用可能です。

Jira Softwareの製品詳細はこちら

Wrike

Wrike Inc.のWrikeは、タスク管理の側面からチーム改革を助けるプロジェクト管理ツールです。GoogleやSIEMENSなどの大企業など2万社以上から信頼を得ており、チームの働き方をよりスマートにします。業務内容を徹底的に見える化し、部門の枠を超えたコラボレーションを促進。組織の生産性を高める事が可能です。情報を偏在させず、一元管理することでチームの改革を達成、タスク漏れをなくし、事業を成長させます。

Wrikeの製品詳細はこちら

Jooto

PRTIMESが運営しているJootoは、三菱地所ホームやPASONAなど大企業にも利用されている、プロジェクト管理ツールです。本格的な管理ツールでありながら、4人までは利用が無料。ガントチャートや複数のプロジェクトを一元管理できる機能が備えられており、タスク管理を効率化、プロジェクトサクセスに一歩近づくことができます。実際に導入した企業では、マネージャーの87%が業務の改善効果を実感しているソフトです。

Jootoの製品詳細はこちら

Stock

株式会社StockのStockは、ITに詳しくない人でも説明なしで簡単に使えるプロジェクト管理ツールです。チャットだと流れてしまい、ファイル管理ソフトは面倒だと感じたことのある方に向けて、これ以上なくシンプルなツールとして開発されました。チームの情報ストックやタスク管理、メッセージといったDXの基本となるものを、誰でも簡単に利用できるようデザインされています。旧来の情報共有においてストレスに感じていたものを取り除くことができます。

Stockの製品詳細はこちら

Trello

アトラシアンのTrelloは、世界の数百万を超えるユーザーに信頼され、使用されているプロジェクト管理ツールです。クラウドを利用しコラボレーションやプロジェクト管理を実行、生産性を向上させられます。「作業を終わらせらるツール」としてだけでなく、共に仕事をするための方法としてTrelloはあり、ボードとリスト、カードを利用し使い勝手を確認することが無料でできます。チームの作業が増えたら、プロジェクト管理やタスクの整理と言った機能を増やし導入可能です。

Trelloの製品詳細はこちら

「プロジェクト管理ツール」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • アクセスログ管理
    • 国産製品
    • ログインログ表示
    • コメント追加
    • プロセス管理
    • 進捗レポート表示
    • ファイル添付
    • 実行予算策定
    • 進捗報告要求
    • 予算実績対比
    • チャットツール連携
    • 閲覧権限設定
    • 原価計算
    • タスクテンプレート
    • 経費管理
    • メールでタスク追加
    • 購買管理
    • ドラッグ&ドロップで進捗編集
    • 案件管理
    • 物品管理
    • 時間報告
    • システムのバグ管理
    • チャット機能
    • リスク管理
    • ソースコードレビュー
    • グループウェア
    • 顧客管理
    • モバイルアプリあり
    • タスク管理
    • ワークフロー
    • 課題管理
    • 在庫管理
    • スケジュール管理
    • 時間計測機能
    • リソース管理
    • ガントチャート
    • フィルタ機能
    • 日報管理
    • 工程管理
    • カレンダー連携
    • 時系列ガントチャート作成
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
料金 4万円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
Minimum ¥300/月・人
備考
QAサポート 年6回まで
Standard ¥400/月・人
備考
QAサポート 無制限
無料定期面談
項目間連携機能
Premium ¥800/月・人
備考
QAサポート 無制限
無料定期面談
項目間連携機能
画面カスタマイズ可能
初期費用 ¥500,000
備考
金額は1名あたりの月額の料金
最低契約人数は100名から

制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
通常オンライン版 500円/月額
備考
1ライセンスごとの料金です。プロジェクト数とファイル容量は無制限です。閲覧のみのユーザは無料です。
オンプレミス版 360,000円/年額
備考
自社サーバーへのインストールプランです。150ライセンスや不具合対応のサポートは料金込みです。契約中のアップデートは無料で、インストール作業費別別途50,000円です。
プライベートクラウド版 600,000円/年額
備考
AWS上に企業専用のインスタンスを構築するプランです。150ライセンス込みで、サーバ構築・監視運用・アップデートは提供社で実施。IPアドレス/VPN によるアクセス制限可能で、監査用のアクセスログも対応可能です。
1年
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用はかかりません。
料金 要相談
備考
利用機能や人数によって異なります。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
ベーシックプラン 要相談
備考
工数管理、プロジェクト管理の基本機能をご利用いただけます。
プレミアムプラン 要相談
備考
外部ツールとのAPI連携や部署別の設定など複数の部署での100名以上ご利用いただけます。
最低利用期間の制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
ベーシック 1,100円/月額
備考
1ユーザーあたりの料金です。
スタンダード 1,400円/月額
備考
1ユーザーあたりの料金です。
プロ 2,700円/月額
備考
1ユーザーあたりの料金です。
エンタープライズ 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
Quip Starter 10ドル/月額
備考
チームや少人数企業向けです。
Quip Plus 25ドル/月額
備考
複数チームでの共同作業向けです。
Quip Advanced 100ドル/月額
備考
Salesforceのサービス付きです。
最低利用期間の制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
初期登録作業やご担当者様へのレクチャーなどの費用がかかります。
利用料金 要相談
備考
月額費用とオプション費用がかかります。
費用はプランによって異なります。詳しくはお問い合わせください。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
トライアル 600円/月額
備考
3ヶ月より契約可能です。
エントリー 800円/月額
備考
6ヶ月より契約可能です。契約期間によって金額は変動します。
ビジネスS 1,600円/月額
備考
6ヶ月より契約可能です。契約期間によって金額は変動します。
ビジネスM 3,200円/月額
備考
6ヶ月より契約可能です。契約期間によって金額は変動します。
ビジネスL 6,400円/月額
備考
6ヶ月より契約可能です。契約期間によって金額は変動します。
最低利用期間の制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
トライアル 無料
クラウド 2,980円/月額
備考
1ユーザーの価格です。
シングルテナント お問い合わせ
1ヶ月間
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
Basic Edition 10ライセンス 50,000円/月額
Limited Edition 10ライセンス 75,000円/月額
Enterprise Edition 50ライセンス 250,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
フリー 0円
備考
ユーザー数:上限5人までです。
プレミアム 880円/月額
備考
Googleとの連携が可能。
ビジネス 1,650円/月額
エンタープライズ 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
Project Plan 1 1,250円/月額
備考
クラウドベースのソリューションです。
Web ブラウザーを使用して、すぐにプロジェクト管理を開始できます。
1ユーザーあたりの価格です。
Project Plan 3 3,750円/月額
備考
クラウドベースのソリューションです。
使い慣れたスケジューリング ツールでプロジェクトを実施します。好みのブラウザーからでも、デスクトップ クライアントでも可能です。
1ユーザーあたりの価格です。
Project Plan 5 6,880円/月額
備考
クラウドベースのソリューションです。
プロジェクト ポートフォリオを最適化してイニシアティブの優先順位を決定し、目標とする結果を達成します。好みのブラウザーからでも、デスクトップ クライアントでも可能です。
1ユーザーあたりの価格です。
Project Standard 2021 120,780円/月額
備考
オンプレミスでプロジェクトを管理します。コラボレーション ツールやその他の高度な機能は必要ない場合に適しています。
Project Professional 2021 201,490円/月額
備考
オンプレミスでプロジェクトを管理するための総合的なソリューションです。
Project Server 要相談
備考
プロジェクト ポートフォリオ管理に加えてプロジェクトと作業の日常的な管理を行うための、柔軟性と拡張性に優れたオンプレミス ソリューションです。
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
フリープラン 0円
備考
5人まで利用可能。
エントリープラン 要相談
備考
お仕事でご利用頂く方向けのプランです。
10人単位でご利用でき、最大50人までのプランがあります。
ユーザー10人につき、3,300円/月額です。
ミッドレンジプラン 要相談
備考
中規模以上の会社の方へおすすめのプランです。
100人単位でご利用でき、最大300人までのプランがあります。
ユーザー100人につき、33,000円/月額です。
エンタープライズプラン 要相談
備考
カスタマイズが必要なお客様向けのプランです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
Basic 0円
Premium 1,200円/月額
備考
タイムライン機能や管理者コンソール、ワークフロービルダーが利用可能です。
Business 2,700/月額
備考
ポートフォリオやワークロード、校正が利用可能です。
Enterprise 問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
My Redmine スタンダード(S)プラン 8,000円
備考
民間企業・個人向けクラウドプランです。
My Redmine ミディアム(M)プラン 14,000円/月額
備考
民間企業・個人向けクラウドプランです。
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
Free 0円
備考
作業を計画して追跡する効率を上げる小規模なチーム向け、10ユーザーまで可能。
Standard 920円/月額
備考
さらに多くのものを協力して構築することに重点を置く成長途中のチーム向けです。
Premium 1,810円/月額
備考
作業のコラボレーションと追跡の方法を拡大する必要がある組織向けです。
Enterprise お問い合わせ
備考
グローバルな拡張、セキュリティ、ガバナンスの各ニーズのある企業向けです。
ボリューム ディスカウント 累進価格
備考
ユーザー数を増やすとボリューム ディスカウントが提供されます。
詳しくはこちら
https://www.atlassian.com/ja/licensing/jira-software#what-does-a-jira-software-cloud-standard-subscription-cost
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
プラチナプラン 82,500円/月額
備考
より高度なセキュリティやサポートで管理できます。
プレミアムプラン 29,700円/月額
備考
社内に加え社外ともスムーズにタスクを管理することが可能です。
スタンダードプラン 17,600円/月額
備考
少数のチームで初めてプロジェクト管理を始められます。
スタータープラン 2,970円/月額
備考
個人のタスクを管理する用です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
Free $0
備考
活動を開始したチーム向けです。
Professional $9.80/月額
備考
成長を遂げているチーム向けです。
1ユーザーあたりの価格です。
Business $24.80/月額
備考
企業全体のあらゆるチーム向けです。
1ユーザーあたりの価格です。
Enterprise 要相談
備考
堅固なセキュリティが必要な企業におすすめです。
Pinnacle 要相談
備考
より複雑な業務ニーズを満たしたい企業におすすめです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
無料プラン 0円
スタンダードプラン 500円/月額
エンタープライズプラン 1,300/月額
タスクDXプラン 要お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
フリープラン 無料
備考
ノート数:20ノートまでです。
ビジネス5 年間一括払い 1,980円/月額
ビジネス10 年間一括払い 3,480円/月額
ビジネス20 年間一括払い 6,480円/月額
より大人数でご利用される場合 別途お見積り
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
FREE $0
備考
業務を整理したい個人または小規模なチーム向け。
STANDARD $5USD/月額
備考
より多くの作業を管理し、コラボレーションを拡張する必要があるチーム向けです。
PREMIUM $10USD/月額
備考
エンタープライズチームや管理者がプロジェクトを管理するために必要なすべてを用意しました。
ENTERPRISE $17.50USD/月額
備考
セキュリティとコントロールを強化してチーム間で作業をつなげる必要がある企業向けです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

プロジェクト管理ツール23選を紹介

プロジェクト管理ツールタスク管理ツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 直感的に理解しやすいモバイルタスク管理機能
  • プロジェクトの可視化による業務の効率化が可能
  • プロジェクトの問題解決をオンラインで一元的に行える

ERPプロジェクト管理ツール

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 豊富な標準機能から必要な機能を選択して利用可能
  • 上場企業も安心、内部統制を強化する機能が充実
  • 会計システムと連携可能により、煩雑な連携作業は不要

プロジェクト管理ツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • ITの専門家がシステム開発会社のために開発
  • 認証を取得済み、品質・情報セキュリティに関するマネジメントシステムの構築
  • スキル管理、アサイン管理業務における課題を解決します

プロジェクト管理ツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 5つのビューでプロジェクトを多角的に把握し、個々のタスクも明確に
  • 議事録やフィードバックをログとして保存するので、振り返りも容易に
  • プロジェクトメンバーの入れ替えも、適切に管理

プロジェクト管理ツール

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 広告業界に特化!難しい案件管理がしやすい
  • 上場企業でも安心!内部統制の強化機能が充実
  • 導入と運用サポートでシステムに自信がない方でも安心

プロジェクト管理ツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 工数管理が簡単!見やすい画面と直感的な操作で誰でも管理できる
  • プロジェクト管理で進捗から損益まで幅ひろく状況確認可能
  • 脱表計算&脱自社システム 入力・管理の手間を削減

プロジェクト管理ツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 複数の案件管理も一目で簡単に!一元管理で無駄な手間がない
  • 自動化機能を搭載!常に最新の状態で工数の大幅削減に
  • 外部連携可能で利用しているサービスを統一管理できる

プロジェクト管理ツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • ドキュメント管理に特化!関係者とのチャット機能つき
  • Salesforceのサービスが使える!ネットワークに強い
  • QuipVPCの利用でセキュリティが万全!サポートもあり安心体制

施工管理アプリプロジェクト管理ツール

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 建設業界の施工管理業務を一元化!クラウドで楽々管理
  • 現場関係者全員に素早く連絡できる、チャット機能付き
  • 電子黒板と写真添付機能で、写真撮影から台帳作成を一元管理
  • 現場カレンダーで手配と情報共有を一気に効率化

プロジェクト管理ツール

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 多人数のプロジェクト管理におすすめ!見やすいガントチャート
  • 通信の暗号化とIP制限でセキュリティも万全
  • プロジェクト管理だけでなく、課題管理も共有できる

プロジェクト管理ツール

トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • プロジェクトや作業者の予定を瞬時に把握することが可能
  • 予定と実績のギャップをすぐに把握し、運営に生かせる
  • 業務コストを見える化し、分析が可能になる

プロジェクト管理ツール

トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 非効率的な管理をなくし、プロジェクトの失敗を無くすことができる
  • 組織的、総合的なプロジェクト管理を行い、合理化を進める
  • OBPM Neoでプロジェクトを見える化し、標準化も進める

プロジェクト管理ツールタスク管理ツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • かゆい所に手が届く実践的な機能が搭載されている
  • チャット機能によりチーム間、他部署との連携を可能に
  • 案件ごとにチャット可能、タイムラインを視覚的に管理できる

プロジェクト管理ツール

トライアル 有り
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • プロジェクトを手間をかけず予定通りに進めることが可能に
  • ビジネスインテリジェンスビジョンを共有し生産性を向上する
  • 自動化機能により社員のイノベーション力を向上し、活用できる

プロジェクト管理ツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 達成率の表示やタスク同士のリンクができる
  • 4つのユーザーモードを設定して、情報共有をスムーズに
  • Excelやcsvファイルにも対応可能し汎用性が高い

プロジェクト管理ツールタスク管理ツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • チームの連携を支援し、仕事を整理することができる
  • ルーチン作業を自動化し、クリエイティブな作業に注力できる
  • 1つのプラットフォームで200を超えるアプリと連携可能

プロジェクト管理ツールタスク管理ツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • オープンソースなので自由に誰でも利用可能
  • プロジェクト管理や業務を一元管理し、チームで共有可能
  • ソースが公開されており、業務にあわせてカスタマイズ可能

プロジェクト管理ツールタスク管理ツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • ワークフローを選択、それぞれのチームにあったものにカスタマイズ可能
  • 既存のツールと連携し、ワークフローを改善できる
  • SAML SSO、2 段階認証などを使用した高いセキュリティ性

プロジェクト管理ツールタスク管理ツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • シンプルなデザインによりコラボレーションを促進
  • プロジェクト管理に必要な機能がオールインワンされている
  • androidやスマートフォンでも利用可能、いつでも管理できる

プロジェクト管理ツールタスク管理ツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 複数部門のタスクをまとめてスムーズに進行できる
  • ガントチャートやカンバン表示をフル活用し全体像を把握
  • 高いセキュリティ性により、利用者の情報を強固に守る

プロジェクト管理ツールタスク管理ツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 4人まで無料で利用可能でありながら、充実したサポート体制
  • スマホでのタスク管理にも対応、リアルタイムで確認
  • タスク管理を4つの方法で可能、一目でわかりやすい

プロジェクト管理ツールタスク管理ツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • チームの情報をストックし、情報を流さない
  • チームのタスクを誰でも手軽に管理できるようになる
  • メンバー間でのメッセージのやり取りが可能に

プロジェクト管理ツールタスク管理ツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • チームの生産性を向上できる機能にあふれている
  • コード不要で自動化が可能、人的ミスを減らし、生産的な活動を行える
  • DropboxやSlackといった人気の仕事ツールを統合可能

無料プロジェクト管理ツールの将来展望

テクノロジーの進化とツールの進化

テクノロジーの進化により、無料プロジェクト管理ツールもますます高度化していくでしょう。AIや自動化技術を活用した新機能の開発が期待されます。

モバイル対応とリモートワークへの適応

モバイル端末の普及に伴い、無料ツールもモバイル対応が進んでいます。ユーザーはスマートフォンやタブレットからもプロジェクト情報にアクセスできるため、場所や時間に制約されずに作業ができる便利さが増しています。さらに、リモートワークが一般的になる中で、複数の拠点にまたがるチームのコラボレーションをサポートするツールとして需要が高まっています。

人工知能と自動化の導入可能性

人工知能(AI)技術の進化により、プロジェクト管理ツールはさらに高度な自動化が可能になっています。AIによって、タスクの優先順位付けやリソースの最適化、リスクの早期警告などが行われ、プロジェクトの効率と正確性が向上します。

クラウドベースのプロジェクト管理とその利点

無料ツールの多くはクラウドベースで提供されており、プロジェクトデータの保存や共有がオンライン上で行われます。クラウドベースのツールは、データのバックアップやセキュリティの強化が行われ、データの損失や漏洩のリスクを低減します。また、複数のデバイスからの同期も容易で、柔軟性とアクセス性が高まっています。

ユーザーフィードバックと改善のサイクル

無料ツールは多くの場合、オープンソースやコミュニティによって開発・運用されています。そのため、ユーザーのフィードバックを重視し、積極的な改善を行うサイクルが確立されています。ユーザーの声を反映させることで、ツールの機能や使い勝手の向上に努めています。

まとめ

この記事では、プロジェクト管理ツール無料版の魅力や活用方法について詳しく解説しました。無料ツールは小規模プロジェクトに適し、ビジネスニーズに合わせて選定することが重要です。タスク管理やチームコラボレーション、プロジェクト進捗の可視化など、無料ツールの主な機能を把握しましたね。また、費用削減やモバイル対応、セキュリティ対策の重要性も理解しました。

無料ツールの導入手順と注意点も紹介し、スムーズな導入と効果的な活用をサポートします。さらに、将来展望ではAI技術やクラウドベースの利用が進むことを予測しました。ユーザーフィードバックを活用し、ツールの改善を進める姿勢も重要です。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる