Menu
Close

無料のヒートマップツール8選を比較|比較表で機能や料金プランを確認

目次

この記事では、ヒートマップツールについて詳しく解説します。無料で利用できるヒートマップツールの導入目的や機能、メリット・デメリット、選び方、導入手順、注意点などを分かりやすく紹介します。ヒートマップの活用方法やビジネスへの影響について理解を深めていただけるような内容となっています。ユーザーの行動を把握し、ウェブサイトの改善に活かすことができるヒートマップは、ビジネスにとって貴重な情報源です。

ヒートマップツールとは?導入目的とは何かを解説

ヒートマップツールの基本的な概念と仕組み

ヒートマップツールは、ウェブサイト上で訪問者の行動を視覚化する効果的な手段です。クリックやスクロールなどのアクションを集計し、ユーザーの注目箇所を色分けで表示します。これにより、弊社のウェブサイトでのユーザーエクスペリエンスの理解が深まります。

ビジネス上の導入目的とその効果

ヒートマップツールの導入目的は、弊社のウェブサイトを改善するために、ユーザーの行動パターンを把握することです。具体的なクリック数やスクロール深度を知ることで、コンテンツの改善やコールトゥアクションの最適化が可能になります。

ヒートマップツールの活用事例

ヒートマップツールの活用事例として、ランディングページの効果測定が挙げられます。どの部分が最も注目され、コンバージョンにつながるのかを把握し、ページの再設計を行うことで、効率的なキャンペーンが展開できます。

ヒートマップツールのメリット

ヒートマップツールを活用することで、顧客行動の可視化による効果的な改善が行えます。データに基づく意思決定が可能となり、顧客ニーズを満たすウェブサイト構築につながります。

ヒートマップツールの導入が適していないケース

ヒートマップツールは主にウェブサイトの改善に利用されますが、重要な機密情報や個人情報を扱うページでは使用を避けるべきです。また、トラフィック量が極端に少ないサイトではデータの信頼性に欠ける場合があります。

主な無料のヒートマップツールの機能と特徴

ヒートマップの種類と表示されるデータの違い

主なヒートマップにはクリックマップとスクロールマップがあります。クリックマップはクリック回数を示し、スクロールマップはページ全体でのスクロール深度を示します。

クリックマップとスクロールマップの利点と欠点

クリックマップはユーザーの興味を示すのに有効で、スクロールマップはコンテンツの閲覧率を把握するのに役立ちます。ただし、クリックマップではなぜクリックされたかが分からないため、スクロールマップとの併用が望ましいです。

訪問者の行動を把握するためのキーファクター

訪問者の行動を把握するためには、特定のページにどれだけの時間滞在したかや、どの要素に興味を示したかなどのデータが重要です。これにより、ユーザーのニーズを理解し、UXの向上に繋げられます。

ヒートマップツールの追加機能とその活用法

ヒートマップツールには追加機能としてA/Bテストやセッション録画などがあります。これらを活用することで、より詳細なデータ分析が可能となり、改善施策の検証がスムーズに行えます。

ヒートマップツールの制約や注意点

ヒートマップは訪問者のクリックやスクロールといった行動を分析するため、ユーザーが直接アクションを起こさない場合はデータが得られません。また、リアルタイムのデータではないため、即座に改善が必要な場合には注意が必要です。

ヒートマップツールの選び方と比較ポイント

ヒートマップツールを選ぶ際の基準と重要な要素

ヒートマップツールを選ぶ際には、まずデータの精度と安定性が重要です。また、利用料金やデータ保存期間、カスタマーサポートなども検討すべき要素です。さらに、ヒートマップの種類や解析機能もチェックしましょう。

無料ヒートマップツールと有料ツールの違いと選択肢

無料ヒートマップツールは基本的な機能を提供しますが、制約があることが多いです。一方、有料ツールは高度な機能や大量のデータ解析が可能です。予算と必要な機能を考慮し、最適な選択肢を検討しましょう。

ユーザーインターフェースの使いやすさとカスタマイズ性の比較

ヒートマップツールの使いやすさは効率的な分析に欠かせません。視覚的で直感的なインターフェースを持つツールや、カスタマイズ性が高いツールを選ぶことで、よりスムーズなデータ解析が可能になります。

ヒートマップツールのデータ解析とレポーティング機能

データ解析機能が充実しているツールは、集めたデータから洞察を得ることが容易です。また、データを分かりやすいレポートにまとめる機能も重要です。効果的なデータ解析とレポーティングができるツールを選びましょう。

ヒートマップツールの評価と口コミを活用した選択方法

ヒートマップツールの評価や口コミを調査することで、他のユーザーの使用体験や評判を知ることができます。信頼性のあるレビューサイトや業界関連のフォーラムを参考にし、実際のユーザーの声を活用してツールを選びましょう。

ヒートマップツールの導入手順と設定方法

ヒートマップツールのアカウント登録とウェブサイト連携

まず、選んだヒートマップツールにアカウントを作成し、ウェブサイトと連携させます。アカウント作成時に必要な情報を入力し、提供されたコードをウェブサイトに埋め込んで連携を確立させます。

ヒートマップの設置とデータ取得の準備

ウェブサイトに連携されたヒートマップツールは、訪問者の行動を記録し始めます。設置後は、ウェブページが正しく表示されることやデータの取得が確認できるかを確認しましょう。

ヒートマップの適切な期間とデータサンプル数の設定

データ解析には適切な期間とデータサンプル数が必要です。解析の目的やウェブサイトの特性に応じて、適切な期間やデータ収集のサンプル数を設定しましょう。

ヒートマップの解析結果の読み取り方とインサイトの抽出

ヒートマップの解析結果を理解し、有益なインサイトを抽出することが重要です。最もクリックされた箇所やスクロールが途切れるポイントを特定し、ユーザー行動のパターンを把握しましょう。

ヒートマップを活用した改善施策の立案と実行

得られたデータをもとに、ウェブサイトの改善施策を立案します。例えば、クリックが少ないエリアの改善やCTAの最適化などが考えられます。立案した施策を実行し、結果をモニタリングして改善を試みましょう。

ヒートマップツールのメリットとデメリットの総合評価

ヒートマップツールの利点とビジネスへの影響

ヒートマップツールの最大の利点は、顧客行動を客観的に把握できることです。データに基づいた意思決定により、ウェブサイトの改善が効果的に行えます。改善されたユーザーエクスペリエンスは、コンバージョン率の向上や顧客満足度の向上に繋がります。

データ解析による新たな気付きと改善の成果

ヒートマップツールによるデータ解析は、ウェブサイトの効果的な最適化に役立ちます。意図せずに注目されている箇所やボタンの効果などを発見し、改善を行うことでコンバージョン率や売上の向上が期待できます。

ヒートマップツールの導入に伴う課題と注意点

ヒートマップツールを導入する際には、データの解釈に注意が必要です。視覚化されたデータだけでなく、背後にある背景やユーザーの意図を理解することが重要です。また、データの収集にかかる時間やリソースにも留意しましょう。

ヒートマップツールの競合手法と比較

ヒートマップツールはウェブサイトの分析手法の一つであり、他にもウェブアナリティクスやユーザーテストなどの手法が存在します。これらの手法との比較検討を行い、最適な分析手法の選定を行いましょう。

ヒートマップツール導入の継続性と将来的な展望

ヒートマップツールはウェブサイト改善の重要なツールであり、継続的な導入が推奨されます。さらなる技術の進化やビジネスニーズの変化に対応して、ヒートマップツールの発展が期待されます。

ヒートマップツールの成功事例と失敗事例

ヒートマップツールを活用して成功した企業の事例

あるECサイトでは、ヒートマップツールを用いてショッピングカートページの改善を行いました。ヒートマップデータから、ボタン配置の最適化と不要なフォームの削除を実施。結果として、顧客の離脱率が大幅に減少し、売上が向上しました。

ヒートマップツールの導入による失敗とその原因

ある情報サイトでは、ヒートマップツールを導入したものの、データ解析の誤った結果からホームページの大幅な改善を行いました。しかし、実際のユーザーからは不評となり、結果としてアクセス数が減少してしまいました。

成功事例から学ぶヒートマップツールのベストプラクティス

成功事例から学ぶヒートマップツールのベストプラクティスとしては、データの正確性を重視し、複数の視点からデータを解釈することが挙げられます。また、小さな改善からスタートし、慎重な施策実行が重要です。

失敗事例から見えるヒートマップツールの注意点

失敗事例から見えるヒートマップツールの注意点として、データの解釈にあたっては慎重さが必要であり、ただデータを追い求めるだけではなく、背後にある意図やユーザーの心理を考慮することが大切です。

成功確率を高めるための戦略とトラブルシューティング

成功確率を高めるための戦略としては、複数のデータを総合的に分析することや、ユーザーのフィードバックを取り入れることが挙げられます。トラブルシューティングでは、データの信頼性を高めるためのテストや検証が重要です。

無料で使えるヒートマップツール8選を紹介

Microsoft Clarity

日本マイクロソフト株式会社のMicrosoft Clarityは、実際のユーザーがサイトを実際にどのように使用しているのかをキャプチャする使いやすいツールです。Clarity でユーザーが求めているものを理解できます。セットアップは簡単で、数分でデータの取得を開始できます。Clarity のすべての機能は無料です。トラフィックが制限に達したり、有料バージョンに強制的にアップグレードさせられたりすることはありません。

Microsoft Clarityの製品詳細はこちら

CONTENT ANALYTICS

株式会社 UNCOVER TRUTHのCONTENT ANALYTICS(コンテンツアナリティクス)は、ユーザー体験分析ツール(UX分析ツール)です。コンバージョンだけにとどまらず各種ビジネスゴールへの貢献度をスコアリングします。一目であなたの求めるゴールへ貢献しているコンテンツが分かります。これまでのツールに加え、コンテンツアナリティクスを併用することで、より精度の高いユーザー体験向上の施策が可能となります。

CONTENT ANALYTICSの製品詳細はこちら

SiTest

株式会社グラッドキューブのSiTestは、ウェブサイトの解析から改善までを一元化できる国内唯一のLPO(ランディングページ最適化)ツールです。ヒートマップ×A/Bテスト×EFO(エントリーフォーム最適化)でWEBサイトの収益を最大化します。SiTest(サイテスト)はIT導入補助金2022の対象ツールとして認定されました。中小企業の皆様はツール・コンサルティングをお得にご導入いただけます。アジアでの導入数600,000サイト突破しました。

SiTestの製品詳細はこちら

QA Analytics & Heatmap

株式会社ウェブジョブズ(WebJobs)のQA Analytics & Heatmapは、簡単・シンプル・タグいらずのアクセス解析ツールです。アカウント登録不要のWordPress公式プラグインのアクセス解析ツールです。月間10万PV未満のサイトはすべて無料で使えます。サイトが成長してきたら、必要なときに必要な機能だけを手軽に追加してアクセス解析をパワーアップできます。おかげさまで1000ユーザーを突破しました(2022年2月)。

QA Analytics & Heatmapの製品詳細はこちら

Mouseflow

株式会社APOLLO11のMouseflow(マウスフロー)は、ユーザーのストレスを取り除き、コンバージョンを増加させる為の、高機能ウェブサイト分析ツールです。月額3,103円※から 使用できます。ユーザーひとりひとりの行動をつぶさに可視化し、必要なデータをより詳しく、より正確に見える化します。Microsoft,Costco,PHILIPSなど世界で有名な企業を含め、200,000社以上の企業に導入実績があります。

Mouseflowの製品詳細はこちら

User Heat

株式会社ユーザーローカルのUser Heat(ユーザーヒート)は、だれでも簡単に無料で使えるヒートマップ解析ツールです。ページ内のユーザー行動を可視化しWebサイト改善できます。無料なのに多くのページ数・ページビューに対応します。UserHeatでは1サイトあたり月間30万PVまで分析することできます。30万PVを経過後は計測が止まり、自動で課金されるようなことはありません。入力フォームに解析したいサイトのURLを登録後すぐに使えます。

User Heatの製品詳細はこちら

Ptengine

株式会社PtmindのPtengineは、たった一つのタグをサイトに設置するだけで、直感的な分析と直感的なサイト最適化を可能にする、サイト運営プラットフォームです。多くのお客様に信頼いただいております。全世界で20万以上の利用者実績、国内利用者数・顧客数No.1 出典:Builtwith社調査、利用満足度 93.4%以上2020年調査、資本調達額 34億円です。直感的な操作で顧客を知り、体験を向上させます。

Ptengineの製品詳細はこちら

ミエルカヒートマップ

株式会社Faber Companyのミエルカヒートマップは、導入企業累計1,300社を突破したコンバージョンを最大化する無料のヒートマップツールです。サイト訪問ユーザーの行動を、アテンションヒートマップ、スクロールヒートマップ、クリックヒートマップ、この3つの機能で見える化できます。コンバージョン率、ユーザーインターフェース/ユーザーエクスペリエンスの改善に役立つシンプルな操作性にこだわったツールです。

ミエルカヒートマップの製品詳細はこちら

「ヒートマップツール」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 無料トライアル
    • 国産製品
    • コンサルティングサポート
    • 登録サイト・URL無制限
    • 自動キャプチャ機能
    • 期間比較可能
    • セッションのグラフ化
    • アテンションヒートマップ
    • スクロールヒートマップ
    • マウスフローヒートマップ
    • クリックヒートマップ
    • タッチアクションヒートマップ
    • マルチデバイス対応
    • ユーザーセグメント機能
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 0円
無料 0円
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
プレミアムプラン 95,000円/月額~
エンタープライズプラン 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
無料プラン 0円
スタンダードプラン 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
「初期費用」は発生いたしませんが、「計測データ保守管理料」として6,600円(税込)をお申し込み時に原則一括にて必要です。
無料トライアル 0円
料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
無料 0円
備考
10万PV未満までです。
ゴールドパック 27,500 円(税込)/年額
プラチナパック 55,000 円(税込)/年額
ゴールドパック 単体購入 52,800円
備考
アップグレードは必要に応じてピンポイントで強化することができます。費用は要相談です。
プラチナパック 単体高購入 184,800円
備考
アップグレードは必要に応じてピンポイントで強化することができます。費用は要相談です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
無料トライアル 0円
スタータープラン Starter 3,752円/月額
備考
2022年05月16日 07時25分04秒の為替レートにて計算しています。
グロースプラン Growth 12,807円/月額
備考
2022年05月16日 07時25分04秒の為替レートにて計算しています。
ビジネスプラン Business 25,743円/月額
備考
2022年05月16日 07時25分04秒の為替レートにて計算しています。
プロプラン Pro 51,616円/月額
備考
2022年05月16日 07時25分04秒の為替レートにて計算しています。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期設定 0円
無料 0円
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
Insight Free 0円
Insight Growth 3,000 PV 4,980円/月額
Insight Growth 10,000 PV 9,980円/月額
Insight Growth 50,000 PV 19,800円/月額
Insight Growth 100,000 PV 29,800円/月額
Insight Growth 200,000 PV 49,800円/月額
Insight Growth 500,000 PV 69,800円/月額
Insight Growth 500,000∔  PV 従量課金
Insight Premium 従量課金
Experience Free 0円
Experience Growth 3,000 PV 7,980円/月額
Experience Growth 10,000 PV 14,800円/月額
Experience Growth 50,000 PV 29,800円/月額
Experience Growth 100,000 PV 49,800円/月額
Experience Growth 200,000 PV 79,800円/月額
Experience Growth 500,000 PV 109,800円/月額
Experience Growth 500,000∔  PV 従量課金
Experience Premium 従量課金
Bundle Pack Free 0円
Bundle Pack Growth 3,000 PV 9,980円/月額
Bundle Pack Growth 10,000 PV 19,800円/月額
Bundle Pack Growth 50,000 PV 39,800円/月額
Bundle Pack Growth 100,000 PV 59,800円/月額
Bundle Pack Growth 200,000 PV 99,800円/月額
Bundle Pack Growth 500,000 PV 149,800円月額
Bundle Pack Growth 500,000∔  PV 従量課金
Bundle Pack Premium 従量課金
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
無料 0円/月額
ミニマム 9,800円/月額
ビジネス 19,800円/月額
ファースト 49,800円/月額
エキスパート 99,800円/月額
スーパー 149,800円/月額
無料プラン→最低利用期間の制限なし 有料プラン→最低6ヶ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

ヒートマップツール12選を紹介

ヒートマップツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • インスタント ヒートマップでユーザーの思考を可視化します
  • セッションのレコーディング(視聴と学習)
  • パワフルな分析情報とGoogle アナリティクスの統合

ヒートマップツール

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • TwinHeatは他のヒートマップツールとの違い
  • 圧倒的な読み取りやすさ、改善への活かしやすさ
  • 見比べるとヒートマップの違いがはっきり現れる

ヒートマップツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • パワフルなアプリ可視化解析のプラットフォーム
  • ユーザがアプリを実際にはどのように利用しているのか可視化します
  • インサイトからユーザエクスペリエンスを改善

ヒートマップツール

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • コンテンツ毎、各種ビジネスゴールに対しての貢献度を分析
  • ページ単位の分析では埋もれていた、コンテンツ毎の成果をあきらかに
  • れまでのヒートマップツールとコンテンツアナリティクスとの違い

ヒートマップツール

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 自動化されたインサイトを手軽に活用できます
  • 誰にでも理解できる指標、直感的に使えるビジュアルレポーティング機能
  • 収益に影響を及ぼす前にエラーを発見できます
  • Contentsquareがデジタルチーム全体で活用できる顧客のインサイトを提供

ヒートマップツール

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 誰でもわかる!簡単な解析。10種類のヒートマップでUI/UX改善
  • 訪問者属性分析しリアリティのあるペルソナを想定
  • 訪問者の動きを可視化するヒートマップです

ヒートマップツールABテストツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • ヒートマップ解析と録画再生機能(セッションリプレイ)でウェブサイトを解析する
  • A/Bテスト機能とパーソナライズ機能でウェブサイトを改善する
  • ポップアップ機能とEFO(エントリーフォーム最適化)
  • 広告連携機能(AIリターゲティング)とレポート機能
トライアル 有り
サポート メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • グ不要・すぐ使える見慣れたアクセス解析ビュー
  • セッションリプレイ&必要なときに必要な機能を追加できます
  • 日本のユーザーの利用しやすさとサポートに強い公式WordPressプラグイン

ヒートマップツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • Mouseflowでコンバージョンを増やします
  • Mouseflow(マウスフロー)導入後のサポートも安心
  • Mouseflow(マウスフロー)社とは?

ヒートマップツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • Webサイトにおける無料で使えるヒートマップとは
  • 5種類のヒートマップを無料で利用可能です
  • PCとスマートフォンのヒートマップ解析ができます

ヒートマップツールABテストツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • タグ1つで誰もがサイトの力を最大限に引き出す環境へ
  • ノーコードでWebサイトの改善や指標の計測ができる
  • 企画・制作・プロダクトを一貫した顧客体験を届けられる

ヒートマップツールABテストツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 3つのヒートマップで、多角的な視点でユーザー行動が可能になります
  • 登録サイト数・URL数無制限で、マルチデバイス対応
  • イベントセグメント機能と自動キャプチャ機能
  • コンバージョンを増やすためのページデザインを簡単検証!

ヒートマップツールの今後の進化と活用の可能性

ヒートマップツールの最新技術と機能の動向

ヒートマップツールは常に進化を遂げており、AIや機械学習の応用が進んでいます。将来的には、より高度なパターン認識や顧客の行動予測が可能となり、データ解析の精度が一層向上すると予想されます。

AI・機械学習との連携による進化と将来像

AIや機械学習技術との連携により、ヒートマップツールはさらなる進化を遂げます。例えば、AIによる自動的なインサイト抽出やパーソナライズドな改善提案が可能になります。これにより、ユーザーエクスペリエンスの最適化がより効率的に行われるでしょう。

ヒートマップツールの活用が拓く新たなビジネス領域

ヒートマップツールの進化により、新たなビジネス領域が拓かれると考えられます。例えば、リアル店舗でのヒートマップツール活用による来店者行動の把握や、製品の使用体験に関するデータ収集など、さまざまな領域での活用が期待されます。

ヒートマップツール以外のトレンドとの比較

ヒートマップツール以外のトレンドとしては、ビッグデータ分析やユーザーエクスペリエンス調査が挙げられます。これらの手法とヒートマップツールを組み合わせることで、より多角的な視点から顧客行動の理解が可能となります。

ヒートマップツール活用による未来の成長戦略と展望

ヒートマップツールの活用は、企業の成長戦略において不可欠となるでしょう。データに基づいた意思決定が進み、顧客中心のアプローチが加速されることで、競争力のあるビジネス展開が可能となります。将来的には、ヒートマップツールがさらなる進化を遂げ、ビジネスの成果を最大化することが期待されます。

まとめ

この記事では、無料で使えるヒートマップツールについて、導入目的や主な機能、メリット・デメリット、選び方、導入手順、注意点などを解説し、ヒートマップツールの活用法や重要なポイントをわかりやすくお伝えしました。ユーザー行動を視覚化し、ウェブサイトの改善に役立つヒートマップは、ビジネスにとって貴重なツールです。無料のヒートマップツールを活用することで、顧客のニーズを把握し、ウェブサイトの最適化を図ることが可能です。これからも進化し続けるヒートマップツールは、ビジネス戦略の成果を最大化する一助となることでしょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる