Menu
Close

クラウド型生産管理システム15選を比較|機能や価格、注意点を解説

目次

この記事では、クラウド型生産管理システムについて徹底的に解説します。生産管理システムの概要や主な機能、メリット・デメリット、選び方、導入手順、注意点などを詳しく紹介します。クラウド型生産管理システムの効果的な活用により、生産プロセスを効率化し、生産性を向上させることが期待できます。セキュリティ対策やリスクマネジメントの重要性にも触れながら、生産管理の最適化に向けた具体的な手段をご紹介します。

クラウド型生産管理システムとは

クラウド型生産管理システムの基本的な定義と仕組み

クラウド型生産管理システムは、生産活動を効率的に管理するためのオンライン上で提供されるシステムです。製造工程の監視から在庫管理、品質評価までの一連のプロセスを統合し、リアルタイムに可視化できる特長があります。従来のオンプレミス型システムとは異なり、クラウド型は導入が迅速で、運用コストの削減が期待できます。

クラウド型生産管理システムの重要性と利点

クラウド型生産管理システムの最大の利点は、生産データをリアルタイムに共有できる点です。これにより、製造現場の全体像を把握し、生産計画の最適化や問題の早期発見が可能となります。また、柔軟性に富み、拡張性が高いため、成長するビジネスにも適しています。

クラウド型生産管理システムの一般的な導入事例

クラウド型生産管理システムは製造業だけでなく、食品産業や医薬品業界、さらには自動車産業など、多岐にわたる分野で導入されています。生産プロセスの改善、品質管理の強化、生産効率の向上など、様々な課題解決に活用されています。

クラウド型生産管理システムの主な活用業界

クラウド型生産管理システムは特に、中小企業から大企業まで幅広い規模の製造業界で利用されています。また、複数拠点を持つ企業やグローバル展開する企業にとっても、情報共有と効率化が重要となるため、特に適しています。食品、医薬品、電子機器、自動車、化学など、多様な製品を製造する企業で広く活用されています。

クラウド型生産管理システムの導入目的

生産管理における課題とその解決

多くの企業が生産管理において直面する課題は、生産スケジュールの調整、在庫管理の最適化、品質の一貫性確保などです。クラウド型生産管理システムを導入することで、これらの課題を効率的に解決し、生産プロセスの円滑化を図ることができます。

クラウド型生産管理システム導入の期待効果

クラウド型生産管理システムの導入により、生産計画の精度向上とリードタイムの短縮が期待できます。また、リアルタイムなデータ分析によって生産工程の効率改善やムダの削減が可能となり、生産全体のパフォーマンス向上が見込まれます。

生産管理改善の具体的な目的と成果

クラウド型生産管理システムの導入により、製品の品質向上と不良品の削減、生産コストの最適化、在庫の適正化などが期待されます。また、生産プロセスの可視化により、問題点を素早く把握し、迅速な改善策の実施が可能となります。

導入目的に合わせたシステムの選定ポイント

クラウド型生産管理システムを選定する際に重要なポイントは、自社の生産状況や課題に合った機能を備えたシステムかどうかです。具体的な導入目的を明確にし、必要な機能や拡張性、運用サポートなどを検討して、最適なシステムを選ぶことが重要です。

クラウド型生産管理システムの主な機能

生産計画立案とスケジューリング機能

クラウド型生産管理システムでは、需要予測や生産能力を考慮して生産計画を立案し、最適なスケジュールを作成できます。リアルタイムな情報共有により、変動する需要にも迅速に対応できるため、生産計画の精度向上に寄与します。

在庫管理と資材調達機能

クラウド型生産管理システムでは、在庫レベルの可視化と適切な資材調達が可能です。在庫不足や過剰在庫のリスクを低減し、適切なタイミングで資材を調達することで、生産コストを最適化し、スムーズな生産を実現します。

品質管理と品質データの分析機能

クラウド型生産管理システムでは、生産工程ごとの品質データをリアルタイムに収集・分析し、製品の品質を確保します。不良品の発生原因を特定し、品質改善に向けた対策を講じることで、品質向上とコスト削減を実現します。

作業員の生産状況確認と生産性評価機能

クラウド型生産管理システムでは、作業員の生産性をリアルタイムで把握することができます。生産状況の可視化により、作業効率の向上やトレーニングの必要性の把握が可能となります。生産性評価データを元に、生産プロセスの改善に活用します。

生産分析と改善提案機能

クラウド型生産管理システムでは、生産データを継続的に分析し、生産プロセスの改善点を発見します。生産データの傾向やパフォーマンスを把握することで、効果的な改善策を提案し、持続的な生産管理の向上を図ります。

クラウド型生産管理システムのメリットとデメリット

メリット:生産管理の効率化とコスト削減

クラウド型生産管理システムにより、生産プロセスの自動化やリアルタイムな情報共有によるコミュニケーション改善が実現します。これにより、人的ミスを削減し、生産効率を向上させることができ、コスト削減につながります。

メリット:リアルタイム情報の可視化と意思決定の迅速化

クラウド型生産管理システムでは、リアルタイムで生産状況や在庫状況などの情報を可視化できます。これにより、問題点や機会を迅速に把握し、迅速な意思決定と対応が可能となります。

メリット:スケーラビリティと柔軟性の向上

クラウド型生産管理システムは、必要に応じてシステムの拡張や機能の追加が容易です。ビジネスの成長に合わせてシステムを柔軟に適応させることができ、将来的な変化にも対応できます。

デメリット:セキュリティとプライバシーへの懸念

クラウド型システムはインターネット経由でデータがやり取りされるため、セキュリティ面やプライバシー保護の対策が重要です。適切なセキュリティ対策やデータ暗号化を行うことで、情報漏洩などのリスクを低減する必要があります。

デメリット:既存システムとの統合課題

既存の生産管理システムやERPとのデータ連携やシステム統合には課題が生じることがあります。システム間の連携をスムーズに行うためには、事前の計画と適切な対策が必要となります。

クラウド型生産管理システムの選び方

導入前のニーズと要件定義の重要性

まず、導入を検討する前に、自社の生産管理におけるニーズと課題を明確にしましょう。それらを基に、具体的な要件定義を行うことで、必要な機能や性能、導入後の効果を明確に把握できます。

ベンダー選定のポイントと評価基準

複数のクラウド型生産管理システムベンダーを比較する際は、評価基準を設けましょう。信頼性、セキュリティ、運用サポート体制、価格などが選定のポイントとなります。ベンダーの実績やカスタマーレビューも参考にしましょう。

クラウドサービスの信頼性とサポート体制

クラウドサービスの信頼性は、システムの安定稼働に直結します。過去の障害発生履歴やSLA(サービスレベルアグリーメント)を確認し、信頼性の高いサービスを提供しているベンダーを選びましょう。また、導入後のサポート体制も重要な要素です。

カスタマイズ性と将来的な拡張性の検討

自社のニーズに合わせてシステムをカスタマイズできるかどうかを確認しましょう。また、将来的な事業拡大や変化に対応できる柔軟性も考慮する必要があります。拡張性が高いシステムを選ぶことで、長期的な利用価値を高めることができます。

ユーザーレビューや評判の参考にする方法

クラウド型生産管理システムの利用者の声を参考にすることで、実際の使い勝手や利点、欠点を知ることができます。ユーザーレビューサイトや業界の口コミを参照し、幅広い視点から情報収集しましょう。

クラウド型生産管理システムの導入手順

導入計画の立案とプロジェクトマネジメント

クラウド型生産管理システムの導入は計画的なスケジュールが必要です。プロジェクトのマネジメントを確立し、役割と責任を明確にしたうえで、スムーズな導入を実現しましょう。

データ移行とシステム連携の準備

既存の生産データやシステムとの連携が必要な場合は、データ移行とシステム連携の準備を行いましょう。データの適切な整形とシステム間のインターフェース確認を行い、データの正確な移行を実現します。

ユーザー教育とトレーニングの実施

システムを利用するユーザーに対して、十分な教育とトレーニングを実施しましょう。システムの操作方法や機能の使い方、トラブルシューティングなどを十分に理解させることで、スムーズな運用が期待できます。

テスト環境での検証と問題解決

クラウド型生産管理システムの導入前に、テスト環境での動作検証を行いましょう。システムの動作確認と問題の洗い出しを実施し、導入後にトラブルを最小限に抑えるための対策を講じます。

本番稼働と監視体制の構築

テストが完了したら、クラウド型生産管理システムを本番環境に導入します。同時に、システムの監視体制を構築し、運用時のトラブル対応やセキュリティの確保に努めましょう。

クラウド型生産管理システムの注意点

セキュリティ対策とリスクマネジメント

クラウド型生産管理システムの導入に際しては、セキュリティ対策とリスクマネジメントが不可欠です。機密情報や製品データの保護、不正アクセスやデータ漏洩への対策が重要です。適切なアクセス制御やデータ暗号化、定期的なセキュリティチェックを行うことで、情報セキュリティを強化しましょう。

サービス提供契約と料金体系の把握

クラウド型生産管理システムを提供するベンダーとのサービス提供契約をしっかり把握しましょう。料金体系や利用規約、契約期間などを明確に理解し、不明点や疑問点があれば事前に質問することが大切です。契約内容を把握することで、トラブルを未然に防ぎます。

システム障害への備えと対応策

クラウド型システムはインターネット経由で提供されるため、システム障害やネットワークの問題が発生する可能性があります。システムダウンやデータ喪失などのリスクに備え、バックアップとリカバリー対策を確実に行いましょう。また、サービス提供契約内での障害対応についても確認しておきます。

ベンダーとのコミュニケーションの重要性

クラウド型生産管理システムの導入は長期的な取引になることが多いため、ベンダーとのコミュニケーションが重要です。問題発生時の連絡先や対応スケジュールなどを確認し、円滑なコミュニケーションを築きましょう。信頼関係を構築することで、トラブルの早期解決につながります。

システムの定期的な評価と改善

クラウド型生産管理システムは、ビジネス環境の変化に合わせて定期的な評価と改善が必要です。導入後の効果をモニタリングし、不要な機能の削除や新たな要件の追加などを行い、システムの最適化を図りましょう。持続的な改善を行うことで、生産管理の向上が続くことになります。

「生産管理システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 全業種対応
    • 製造業向け
    • 複数業種対応
    • 生産計画の自動立案
    • 加工業向け
    • 消費期限管理
    • 小売業向け
    • 設備管理
    • 卸売業向け
    • 品質管理
    • 金型管理
    • グループ工場の管理可
    • BOM統合
    • 不具合解析
    • ガントチャート表示
    • 使用エネルギーの監視
    • カスタマイズ可
    • 個別生産に特化
    • 複数の生産方式に対応
    • 海外工場対応
    • 発注業務の自動化
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
備考
導入には別途諸経費が必要となります
料金 要相談
備考
WorkGear-X(生産&業務総合システム)
5ライセンス: 3,800,000-
WorkGear-UZ (ユニット在庫生産管理システム)
5ライセンス:4,800,000-
制限なし
オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
月額費用 33,000円~
備考
企業毎に発行。1ユーザーを含みます。
※追加ライセンスは、3,000円/月
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
料金 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
要相談 要相談
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
問合わせ後に見積。
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 1,100,000円(税込)
備考
・システム購入の場合
・タイプにより購入価格は異なる
・年間保守を追加することも可能
・別途同時稼働ライセンスが必要
サブスクリプション 45,000円/月額(税込)
備考
・タイプにより価格は異なる
・別途同時稼働ライセンスが必要
サブスクリプション 495,000円/月額(税込)
備考
・タイプにより価格は異なる
・別途同時稼働ライセンスが必要
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
問合わせ後に対応。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
問合わせ後、調査・見積もりとなります。
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
問合わせ後にヒアリングの後、見積
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
見積り依頼後にデモ導入可能
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
備考
見積り依頼後プランニング
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 2,500,000円
備考
・パッケージ料金
・別途、導入費用・オペレーション指導が必要となります。
・カスタマイズが発生した場合、別途お見積りとなります。
・ハードウェア費用、諸経費は含まれておりません。
制限なし
オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

クラウド型生産管理システム15選

受発注システム生産管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 必要な機能をフル装備した超低価格システム
  • オーダーメイドの様なシステムが低価格、短納期で実現
  • 使う人の立場に立った人にやさしいシステム作り

受発注システム生産管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 月額33,000円から利用できます
  • 個別・連続生産どちらも対応可能なハイブリットタイプ
  • 2か月間無料でお試しできます
  • 自由にカスタマイズできます
  • バージョンアップの費用は無料です

生産管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • OA(オートメーション)効果による工数削減、ミス防止効果
  • 進捗・納期管理の強化と原価の低減効果を実現
  • 会社の品質を向上させ、利益体質への改善を実現
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 中堅・中小製造業が必要とする基幹システムの機能がすべて組み込まれています
  • 得意先との企業間EDI連携、ファイル転送型とWEB型に対応しています
  • 最小限の在庫で納期を守る製品在庫引当・生産計画引当
  • 「照会遷移機能」と「EXCEL連携機能」で社内の情報共有を簡単に実現

生産管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 進化するリアルタイム統合部品表を採用しています
  • 設計~保守まで、幅広い業務機能に対応しています
  • 各部門間の壁を取っ払い、全社業務の最適化を実現します
トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 安定した品質を持つ、生産性が高いシステム
  • QCDの効果的・効率的な運用とKPI作成を支援
  • 企業の成長に合わせた事業展開を容易に実現
  • グループ会社の生産管理業務を統制管理できます

生産管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 製造業における生産管理システムとして必要な基幹機能はすべて標準装備
  • 販売管理システムや生産管スケジューラなどと連携も可能
  • 受注、出荷、発注、受入などの基幹業務のみでの利用も可能

生産管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 製造現場の実務経験者が作った高機能で柔軟性の高いシステム
  • 情報の鮮度と活用方法にこだわったシステム
  • ご利用方法に合わせたご提案が可能なシステム

生産管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 製造業の生産管理に必須である3つの管理機能を搭載
  • サプライチェーン全体にまたがる在庫を一元管理
  • 期限管理・鮮度管理・トレーサビリティなど高度な在庫管理を実現

生産管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 選択できる価格形態と徹底した導入コストの低減
  • 要望・変化に素早い対応が可能な生産計画作成機能
  • 他システムとの連携インタフェースを標準装備

生産管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • OA(オートメーション)効果による工数削減、ミス防止効果
  • 進捗・納期管理の強化と原価の低減効果を実現
  • 会社の品質を向上させ、利益体質への改善を実現

生産管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • インターネットを介してどこからでも利用可能で多言語・多通貨対応
  • ノンプログラミングでカスタム可能なABBRを搭載
  • サブスクリプションモデル採用で、初期導入コストを大幅に抑制

生産管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 日本国内の製造現場の実情にベストマッチな提案
  • 時代のニーズに応えて変革し続けるパッケージ
  • 導入だけで終わらない、稼働後も安心のサポート体制

生産管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 在庫、現場、経営、あらゆる情報を「見える化」
  • 生産、販売から輸出入まで豊富な機能を搭載しました
  • 25年以上のノウハウと安定したサポート体制
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • タイトルや項目の名称を「使いやすい言葉」に変更可能
  • 統計・集計できるBIツール(分析機能)を標準装備
  • オプションででハンディ―ターミナル入力、Web入力を実現

生産管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • リアルタイムでのオーダー・工程の見える化を実現
  • 生産実績のロット管理を搭載。トレーサビリティ機能も実現
  • 使いやすさを追求したインタフェースを実現

生産管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 見積から受注の入力が簡略化。作業指示もスムーズに
  • 作業指示や材料受入の手間を簡略化。進捗状況も一目で管理可能
  • 進捗状況の確認画面と得意先への進捗状況の公開も可能に
  • 過去のトラブル表示機能で再発防止、クレーム防止対策が可能

まとめ

この記事では、クラウド型生産管理システムの概要から導入目的、主な機能、メリット・デメリット、選び方、導入手順、注意点まで詳しく解説しました。クラウド型生産管理システムは、生産活動を効率的に管理し、生産プロセスの可視化と改善に大きな効果があります。リアルタイムな情報共有により、スケジューリングや在庫管理、品質管理などが最適化され、コスト削減にも寄与します。ただし、セキュリティ対策とリスクマネジメントの徹底、ベンダーとのコミュニケーションの重要性、定期的な評価と改善の実施が必要です。導入前の要件定義やベンダー選定、ユーザー教育なども慎重に行い、クラウド型生産管理システムの効果的な活用を目指しましょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1555件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる