Menu
Close

ソーシャルリスニングツールの導入事例7選|導入前の課題や導入後の効果を紹介

目次

本記事では、企業がソーシャルリスニングツールを導入することで、どのような効果を得られたのかについて紹介します。導入した企業の業種と規模を確認し、導入前の課題から改善の施策、導入後の効果を知ることでソーシャルリスニングツールを導入する際の参考にしましょう。

導入事例1:住友ゴム工業株式会社
(導入製品:Social Insight)

わかりやすい管理画面、使いやすい機能が充実。SNSのデータ分析もレポート作成もミスなく飛躍的に効率化!

※出典:住友ゴム工業株式会社 スポーツ事業本部様 – わかりやすい管理画面、使いやすい機能が充実。SNSのデータ分析もレポート作成もミスなく飛躍的に効率化! | ソーシャルメディア解析ツールのソーシャルインサイト(Social Insight)

業種 企業規模
製造 1,001名以上

導入前の課題

弊社では、2019年6月までSNS運営を行っていましたが、月次レポートや報告書を作成するために手作業で各SNSのインサイトにアクセスし、エンゲージメントをチェックする必要がありました。このデータの集計とレポート作成の手間と時間が大きな課題でした。データ分析にかかる工数が多すぎて、SNS運用に十分なリソースを割くことが難しくなっていました。

改善の施策

こうした手間と時間を解消し、作業の効率化を図るために、2019年6月にSocial Insightの導入を決定しました。この導入によって、投稿管理機能が活用できるようになり、SNS運用が大幅に楽になりました。複数のSNSアカウントへの予約投稿が可能で、アカウントごとに管理できるため、ツイート漏れやテキストのミスを防ぐことができます。また、弊社製品を使用するプロの試合情報なども365日配信できるようになりました。

導入後の効果

Social Insightの導入によって、データ分析の工数が削減され、SNS運用によりリソースを注ぐことができるようになりました。投稿予約画面を見れば、SNS投稿の戦略やタイミングを把握できるため、効果的な運用が可能になりました。競合他社の動向もリアルタイムに把握できるため、戦略の立案や企画提案に役立ちました。フォロワーの反応や話題のキーワードをリアルタイムで把握し、企画に活用することで説得力のある提案ができるようになりました。さらに、レポート作成やキャンペーンの集計作業も大幅に削減され、作業効率が向上しました。キャンペーン分析機能を使用することで、ハッシュタグ連動のキャンペーンの集計作業も簡単になりました。

導入した製品:Social Insight

Social Insightの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/33952/

Social Insightの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=33952

導入事例2:株式会社ちぼりホールディングス
(導入製品:Keywordmap for SNS)

Twitter運用開始1か月で9,000フォロワー獲得!老舗お菓子メーカーの新たな挑戦

※出典:Twitter運用開始1か月で9,000フォロワー獲得!老舗お菓子メーカーの新たな挑戦 – Keywordmap for SNS

業種 企業規模
製造 51名-100名

導入前の課題

ちぼり様がTwitterアカウントを立ち上げる前に直面していた課題は、ブランド認知度を高める必要があることでした。現状の認知度は主に50代以上のお客様に限られており、若年層の認知度を上げる必要があったため、SNSの活用を考えるようになりました。特にTwitterを選んだ理由は、拡散性が高く、幅広いユーザーに情報を届けられるメリットがあると判断されたためです。若年層とのコミュニケーションを活性化させ、親近感を醸成するために、Twitterの活用が最適だと考えました。

改善の施策

Twitterアカウントを開設後、具体的な施策として以下の点が挙げられます。まず、SNSツールの導入に際しては、Keywordmap for SNSを選択しました。このツールは、競合アカウントの動向を把握することができるため、競合他社の成功事例を参考にしながら自社の運用戦略を立てることができます。また、インフルエンサー検索機能を活用して、オーディエンスリストの抽出を行い、広告のターゲティングに役立てました。影響力のあるアカウントに配信することで、二次拡散を促進し、広告の効果を最大化させる施策も取り入れました。

導入後の効果

ツール導入後、ブランド認知度の拡大に成功しました。特に若年層の認知度を向上させることで、ターゲット層を広げることができ、新たな顧客層の獲得に成功しました。キャンペーンや広告の最適化により、拡散度合いが高まり、効果的なターゲティングを行った結果、フォロワーの増加と親近感の醸成が進みました。また、CS(カスタマーサクセス)のサポートにより、効果的な運用や施策の立案が可能になりました。

Twitter運用において、Keywordmap for SNSの導入は効果的な戦略立案に大きく寄与しており、競合他社の情報やターゲティングの最適化により、ブランド認知度の拡大とコミュニケーションの活性化を実現しています。

導入した製品:Keywordmap for SNS

Keywordmap for SNSの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/33752/

Keywordmap for SNSの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=33752

導入事例3:株式会社ミクシィ(導入製品:Brandwatch)

Brandwatchなら、ゲーム開発の企画におけるユーザーのニーズ調査からプロモーションの効果測定までをスピーディーかつ正確に実行できる

※出典:ミクシィ – 【公式】Brandwatch – ソーシャルアナリティクス | ブレインパッド

業種 企業規模
IT・情報通信 1,001名以上

導入前の課題

モンスト事業本部では、有望な企画を選定するために外部の調査会社にユーザー調査を依頼していました。しかし、調査会社による調査は高額であり、予算的な制約からすべての企画に対して調査を行うことは不可能でした。また、一般的な調査会社はゲーム業界に詳しくないため、調査票の作成に時間がかかり、納得のいく分析結果を得ることが難しい場合もありました。調査の過程で2ヶ月程度の時間がかかり、変化の激しいスマホゲームの世界では機会損失につながる懸念がありました。

改善の施策

モンスト事業本部は、これらの課題を解決するためにソーシャルリスニングツール「Brandwatch」の導入を決定しました。Brandwatchを活用することで、ユーザーのニーズ調査を内製化し、高額な外部調査の回数を削減しました。このツールはリアルタイムにSNSデータからユーザーニーズの分析を行えるため、スピーディーに正確な調査結果が得られるだけでなく、企画の精度を向上させることが可能です。モンスト事業本部はBrandwatchの柔軟なカスタマイズ機能を活用して、ゲーム業界特有の切り口やユーザータイプを自社内で設定し、深掘りしたユーザーニーズを把握できるようにしました。

導入後の効果

Brandwatchの導入により、モンスト事業本部は市場調査をより効率的かつ格安に行うことができるようになりました。外部調査にかかっていた費用を大幅に削減し、企画段階からリアルタイムにユーザーニーズを把握できるようになったため、モック開発の段階での無駄な費用や時間を削減することができました。

また、Brandwatchの使いやすいUIや柔軟なデータ活用により、調査の効果的な実施と分析が可能になりました。これにより、モンスト事業本部はより的確な企画を立案し、ユーザーニーズを満たすゲーム開発に取り組むことができるようになりました。さらに、プロモーションの効果測定や本体のSNSモニタリングにもBrandwatchを活用することで、より包括的かつ効果的なゲーム開発とマーケティングが実現できました。

導入した製品:Brandwatch

Brandwatchの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/33432/

Brandwatchの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=33432

導入事例4:株式会社サンリオ(導入製品:Meltwater)

Meltwaterを使えば、オンライン上の会話から明確かつ迅速にインサイトを引き出すことができます。

※出典:株式会社サンリオ

業種 企業規模
小売・流通 301名-1,000名

導入前の課題

サンリオのマーケティング本部キャラクター推進部(CP部)は、サンリオキャラクターの人気を支えるファンを理解し、時代のニーズにマッチしたキャラクタービジネス展開を目指していました。しかし、広大なSNSの世界において、サンリオキャラクターに関する大量の投稿が行われており、その中から明確で迅速なインサイトを引き出すことが課題でした。また、各イベントの成功率を定量化することも難しく、社内全体のDX化に向けた効果的な施策が求められていました。

改善の施策

これらの課題に対し、Meltwaterの導入が行われました。Meltwaterは、ソーシャルメディア上でのキャラクターごとの認知度や投稿を測定することが可能であり、UGC(ユーザー生成コンテンツ)から派生した問題への迅速な対応も可能です。さらに、各イベントのエンゲージメント率を測定し、その成功度合いをソーシャルメディア上の認知度という観点から定量化することができるようになりました。これにより、サンリオはイベントの企画・実施においてより効果的な戦略を立てることができるようになりました。

導入後の効果

Meltwaterの導入により、サンリオはSNS上の投稿から得られるインサイトを明確にかつ迅速に把握できるようになりました。サンリオキャラクターに関するファンの理解が深まり、時代のニーズに合ったキャラクタービジネス展開がより実現しました。また、各イベントの成功率の定量化により、効果的なイベント戦略を立案し、社内全体のDX化に寄与しています。サンリオはこれらの施策により、ソーシャルメディアを活用したキャラクタービジネスをより戦略的に展開し、世界中で広く認知されるキャラクター達の活躍をさらに広げることができました。

導入した製品:Meltwater

Meltwaterの製品情報はこちら→https://digi-mado.jp/products/33178/

Meltwaterの事例一覧はこちら→https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=33178

導入事例5:株式会社ソニー・ミュージックマーケティング
(導入製品:Boom Research)

培ってきた感性にデータを組み合わせ、より効果的なマーケティング戦略を実現

※出典:導入事例|株式会社ソニー・ミュージックマーケティング様 | ソーシャルリスニングツール【ブームリサーチ】

業種 企業規模
広告・放送・出版 301名-1,000名

導入前の課題

以前は特定のアーティストの過去の反響や要因、起点となったクチコミを把握できず、また現状のクチコミも欠如していたため、マーケティング戦略において勘や経験、感性に頼る傾向が強くありました。

改善の施策

そこで、ブームリサーチの導入を実施しました。このツールを利用することで、ソーシャルメディアのクチコミを把握でき、過去の反響と要因を明確にし、さらに他のデータと組み合わせることでクロスオーバー分析を可能にしました。また、ウェブ上の反響やクチコミをマーケティング現場で活用し、勘や経験、感性にデータを加えることでより効果的な戦略・戦術を構築することができるようになりました。

導入後の効果

ブームリサーチの導入により、我々のマーケティング戦略は大きく改善されました。UIの見やすさと高速な検索機能により、初めて触れるユーザーやチームメンバーもストレスなく利用でき、効率的な意思決定と情報共有が可能になりました。ソーシャルメディア上のクチコミデータと他の情報を組み合わせることで、過去の反響や要因がより明確になり、より客観的かつ効果的なマーケティング戦略を策定できるようになりました。結果として、よりターゲット読者に対して効果的なメッセージやアプローチを行い、アーティストに対する関心や支持を高めることができました。マーケティング活動全体のROIも向上し、結果的により成功したキャンペーンを展開することができました。

導入した製品:Boom Research

Boom Researchの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/32405/

Boom Researchの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=32405

導入事例6:株式会社ガイアックス
(導入製品:BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長)

SNSのクチコミから企業のマーケティング課題を発見する

※出典:SNSのクチコミから企業のマーケティング課題を発見する | 株式会社ガイアックス様 | BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長 – 業界No1のソーシャルリスニングツール|ホットリンク

業種 企業規模
IT・情報通信 101名-300名

導入前の課題

以前の社内では、ソーシャルリスニングを行っていましたが、エンジニアに必要なデータを出してもらう際に手間がかかり、欲しいデータへのアクセスが容易ではありませんでした。また、競合他社のSNSアカウントを調査する方法にも限界を感じ、ユーザー視点で企業のSNSアカウントを設計する必要性を強く感じていました。

改善の施策

BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長を導入することで、必要なデータに簡単にアクセスできるようになり、素早くグラフ化も可能になりました。これにより、提案書作成時にはまずクチコミから該当商材やカテゴリの傾向を把握し、見えたインサイトを提案に結びつけることができるようになりました。さらに、クライアント企業様の抱えるマーケティング課題をクチコミから発掘し、具体的な提案に活かすことができるようになりました。

導入後の効果

導入後は、商談時にBuzzSpreader Powered by クチコミ@係長を活用して商材に対する深い知識を持ち、より濃い会話ができるようになりました。クライアント企業様が抱える課題を把握できるため、より適切な提案を行えるようになり、クライアントとの距離が縮まった印象です。特定商材については、競合との比較を通じてブランドの立ち位置を把握し、施策の方向性を明確化することができました。また、SNSキャンペーンの企画においては、ソーシャルのクチコミがキャンペーンの成功に大きく寄与した事例もありました。ファンが作成したハッシュタグを活用することで、参加者の盛り上がりを生み出すことに成功しました。

導入した製品:BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長

BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長の製品情報はこちら→https://digi-mado.jp/products/32385/

BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長の事例一覧はこちら→https://digi-mado.jp/products/32385/

導入事例7:ライオン株式会社(導入製品:Buzz Finder)

ソーシャルリスクへのアラートだけでなく、 トレンド分析や業界動向、社員の勉強会などにも 情報が活かされている

※出典:ライオン株式会社様:導入事例 – ソーシャルリスニング | NTTコム オンライン

業種 企業規模
製造 1,001名以上

導入前の課題

従来のお客様センターでは、お客様の声を把握する際に、主に電話やメールでの直接的なコミュニケーションが主流でした。しかし、近年ではソーシャルメディア上での情報発信が増え、特に若い世代の方々を中心にその影響力が拡大していました。この新たな情報発信の場に対応するため、他社の検索システムを使用して調査を試みましたが、個々の声を拾うことはできても、全体の傾向やボリューム感を把握することが難しかったです。また、24時間の監視体制の確立や適切なリスク判断も課題として浮かび上がりました。

改善の施策

これらの課題を解決するために、専門的な知見を持つ外部パートナーとしてNTTコム オンライン様を迎え入れることとなりました。NTTコム オンライン様の「ソーシャルリスニングサービス」を導入することで、ソーシャルメディア上での情報発信を包括的に監視できるようになりました。AIのアルゴリズムなどの監視技術を活用しつつ、目視によるチェックも重視し、効果的な情報収集とリスク判断が可能になりました。さらに、海外の情報も含めて広い視点で情報共有するため、グローバルな視野を持つことができるようになりました。

導入後の効果

ソーシャルリスニングサービスの導入により、24時間体制でソーシャルメディア上の情報を監視し、重要な案件を素早く発見できるようになりました。社内統括・リスク対応チームに通知される仕組みが構築され、適切な対応が迅速に行えるようになりました。また、報告会や勉強会を通じて社内の理解が深まり、ソーシャルリスクに対する意識が高まっています。さらに、ソーシャルリスニングによりお客様との双方向のコミュニケーションが強化され、お客様からの声をより積極的に受け入れる姿勢が醸成されました。ソーシャルメディアを通じて「ライオンのファン」を増やすことが目指されており、継続的な学習と情報共有を通じて、社内の良い習慣を育んでいく取り組みが行われています。

導入した製品:Buzz Finder

Buzz Finderの製品情報はこちら→https://digi-mado.jp/products/32363/

Buzz Finderの事例一覧はこちら→https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=32363

ソーシャルリスニングツール14製品の比較一覧

ソーシャルリスニングツール

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 口コミの可視化、口コミを把握し店舗の課題・改善に繋げます
  • 口コミ件数・評価改善、ブランディング向上・集客アップ
  • 多店舗の口コミ管理・分析、煩雑な業務の工数削減

ソーシャルリスニングツール

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • AIが投稿を6段階で評価することで、インサイトが簡単に見つかります
  • 消費者の利用状態ごとに自動分類し、購買行動に沿って投稿を一覧
  • 投稿からインサイトの発見を支援するワークショップも実施

ソーシャルリスニングツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 作業を一部自動化する「SNSキャンペーン機能」
  • 複数のSNSアカウントへの予約投稿が可能な「投稿管理機能」
  • ビッグデータで自社や競合を一括比較する「SNSアカウント分析機能」
  • 調査キーワードのポジションを可視化する「クチコミ分析機能」

ソーシャルリスニングツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 独自の全量SNSデータ分析・モニタリング技術
  • 投稿量の変化や拡散プロセスを追い、インフルエンサーマーケティングをサポート
  • 強固なバックグラウンドの力もあり、数多くの導入実績あり

ソーシャルリスニングツール

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 1.4兆件以上のデータをリアルタイムに収集&分析
  • ターゲット分析や影響力の高いインフルエンサーの発掘を実現
  • 外部レポートもまとめてBrandwatch環境内に配置

ソーシャルリスニングツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • SNS投稿や口コミ仕分けにかかる時間を削減
  • 分析精度の高さと、業界初の「投稿自動カテゴリー分け」機能
  • 簡単な導入で、手間なく&素早くスタートできる手軽さも魅力

ソーシャルリスニングツール

トライアル 有り
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • 幅広いモニタリング対象をベースに、マーケティング課題を解決
  • 膨大なデータ量を活かす、分析力とレポート作成
  • メディアやSNS上の危機と原因を素早く把握する

ソーシャルリスニングツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • クローリングにより、膨大なデータを収集し解析する
  • 最先端の、自社開発AIテクノロジーを搭載
  • 自動レポート作成で作業効率アップし、共有も簡単

ソーシャルリスニングツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 高度な自然言語処理で分析を行い、権威ある評価を受ける
  • Twitterのオフィシャルパートナーとして、豊富なソーシャルデータソースを持つ
  • 圧倒的な処理スピードと、多彩なフィルタリング機能

ソーシャルリスニングツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • マーケターにとって本当に必要な機能を搭載
  • 投稿活動やエンゲージメントの傾向を知ることができる
  • シンプルな操作性で、クイックな探索を支えるユーザーインターフェース

ソーシャルリスニングツール

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 見やすく分かりやすいインターフェースで、スピーディな分析が可能
  • 過去3年2か月間のデータを自由に分析できる
  • SNSを熟知した専属スタッフがサポートするので安心
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 国内最大級のボリュームを誇る、590億の口コミデータ量
  • 分析結果をスピード表示し、ダッシュボードでリアルタイムモニタリング
  • ソーシャルリスニングのノウハウを重ねた、充実のサポート体制

ソーシャルリスニングツール

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • ほぼリアルタイムのデータを検出することで、迅速な危機管理が可能に
  • 手軽に、デイリー状況を把握できるトピックメール
  • 関連語やトレンドなどの多角的な分析が可能

ソーシャルリスニングツールについての詳しい記事はこちら

ソーシャルリスニングツール比較14選|成功事例と選び方

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1521件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる