Menu
Close

承認TIMEの導入事例

ペーパーレス化したい 財務・経理・総務 業務を効率化したい 外部からのセキュリティを高めたい 社内資産を一元管理したい

社内文書の運用ルールを統一し業務改善をスタート

※出典:社内文書の運用ルールを統一し業務改善をスタート

最終更新日: 2022/08/31

この導入事例のポイント

  • 承認ルートの整備・データの管理体制を構築し、社内文書の統一化と業務改善を図りたい
  • サーバー設置が不要、セキュリティが強固で簡単に導入できる『承認TIME』を選択
  • 簡単な操作で文書フォームを登録することが可能になり、社内文書を統一することに成功
  • 承認ルートを自由に設定できるようになり、社内フローを明確にすることにも成功
  • データ紛失の心配もなく、過去の書類も多彩な検索で呼び出せることが可能になった

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

ワークフローシステム

SBIビジネス・ソリューションズ株式会社の承認TIMEは、社内文書の申請と決裁業務を電子化できる、最短1週間で導入可能な、1アカウント月額300円から使えるワークフローシステムです。稟議以外にも議事録や営業報告のフローを設定でき、外出先でも申請・承認をおこなえます。実務に即した保管者、閲覧者を設定して文書を回、複数の拠点でもシームレスに承認を回せます。結果的に紙を減らしてペーパーレス化が実現できます。

製品のおすすめポイント

  • ペーパーレスでいつでもどこでも申請・承認
  • マウス操作だけでできるかんたん文書フォーム作成
  • 複数言語に翻訳可能で、多言語対応のワークフローシステム
運営企業情報 SBIビジネス・ソリューションズ株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 外国語対応 インポート・エクスポート マルチデバイス対応
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 製造 広告・放送・出版 運輸・物流
よく導入している企業の規模 51名-100名 101名-300名

導入前に知っておきたい基礎知識

「ワークフローシステム」とは

ワークフローシステムとは、ワークフロー(一連の業務の流れ)をルーティン化し、承認作業や報告書、伝票などを電子化して自動化・管理できるシステムのことを指します。

ワークフローシステムを導入することで、紙の申請書などを大幅に削減でき、ペーパーレス化が期待できます。
また、入力内容を自動でチェックできる機能もあり、記入ミスの防止、テキストチェック時間の大幅削減が期待でき、業務効率の改善が見込めるでしょう。集計されたデータの活用により、業務のリソース配分の見直しも可能となります。
近年推進されているテレワークへの活用も期待できるため、社員の働き方改善にも大きく貢献できるツールです。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

承認TIME

SBIビジネス・ソリューションズ株式会社

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • ペーパーレスでいつでもどこでも申請・承認
  • マウス操作だけでできるかんたん文書フォーム作成
  • 複数言語に翻訳可能で、多言語対応のワークフローシステム

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「ワークフローシステム」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1492件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる