Menu
Close

Red Hat OpenShiftの導入事例

その他

Employers、モダナイゼーションにより 3 年間の売上を 40% 増加

※出典:Employers、インフラストラクチャをモダナイズして運用を高速化 | Red Hat

最終更新日: 2022/07/01

この導入事例のポイント

  • 既存プロセスでは手作業を必要とし、クライアントへのサービス提供に遅れが生じていた
  • 中央のアプリケーション環境を構築し、処理を自動化できる同社のサービスを導入
  • 応答性に優れたワークフロー基盤を確立した結果、 3 年間の売上が 40% 増加

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

RedHatのRed Hat OpenShiftは、オープン・ハイブリッドクラウド戦略向けに構築された、エンタープライズ対応 Kubernetes コンテナ・プラットフォームです。ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、エッジデプロイメントを管理する一貫したアプリケーション・プラットフォームです。開発者向けのセルフサービス・プロビジョニングにより、複数のチームが連携して、開発からプロダクションへとアイデアを効率的に展開できます。

製品のおすすめポイント

  • 従来のアプリ、モダナイズされたアプリ、クラウドネイティブのアプリと連携
  • Red Hat OpenShiftによるエッジコンピューティング
  • 開発者に自動化された防護機能を提供します
運営企業情報 RedHat
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 ライフサイクル管理
推奨環境 なし 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 金融 IT・情報通信
よく導入している企業の規模 1,001名以上 301名-1,000名

導入前に知っておきたい基礎知識

「PaaS」とは

PaaSとは、Platform as a Serviceの略で、クラウド上のプラットフォームを利用できるサービスのことです。読み方は「パース」と読みます。

企業などが開発を行う際に、PaaSにて用意されたプラットフォームを利用して開発していきます。他に似た言葉として「SaaS」や「IaaS」がありますが、これらの違いは利用者とクラウド提供者の作業・責任範囲が変わってくるといった認識で問題ないでしょう。
PaaS代の表的な例として、「Amazon Web Services(AWS)」や「Microsoft Azure」、「Google Cloud Platform」などがあります。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

製品のおすすめポイント

  • 従来のアプリ、モダナイズされたアプリ、クラウドネイティブのアプリと連携
  • Red Hat OpenShiftによるエッジコンピューティング
  • 開発者に自動化された防護機能を提供します

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「PaaS」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1555件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる