Menu
Close

WOVN. ioの導入事例

業務・情報を可視化したい 属人化を解消したい コストを削減したい

WOVN.io 導入後、海外からの閲覧数は12%増加 ~滞在時間も伸びたことにより、コンテンツがしっかり読み込まれていることを実感~

※出典:WOVN.io 導入後、海外からの閲覧数は12%増加(合同会社DMM.com) | 導入事例 | WOVN.io

最終更新日: 2022/06/30

この導入事例のポイント

  • 海外向けの資料が多言語対応されておらず、 都度一時的な資料を作成していた
  • コストとリソースをかけずに多言語対応できる『WOVN.io』を導入した
  • 外国語での閲覧数が12%増加・ 問合せから案件の話がよりスムーズに進むようになった

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

Wovn Technologies株式会社のWOVN. Ioは、Webサイトのあらゆる言語の翻訳に適した翻訳システムです。Webサイトやアプリの多言語化に強みを持ちます。開発段階で多言語化する必要がないため、対象のサービスが海外展開する際の翻訳コストや開発コスト、管理負担を軽減することができます。なお、ノーコードなのでエンジニア不要でテキストの翻訳修正が可能です。PCのブラウザのみならず、スマートフォンのブラウザにも対応しているため、幅広いサービスに対応できるのも魅力の翻訳システムです。

製品のおすすめポイント

  • どんなWebサイトにも対応可能!翻訳制度やセキュリティが強固
  • 多言語翻訳でもメンテナンスが簡単。運用コストの削減に
  • Webサイトだけでなくスマートフォンアプリにも対応可能
運営企業情報 Wovn Technologies株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 多言語対応 装飾引継ぎ 用語管理機能
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 IT・情報通信 旅行・宿泊・飲食 不動産
よく導入している企業の規模 1,001名以上 不明 101名-300名

導入前に知っておきたい基礎知識

「自動翻訳」とは

近年、自動翻訳・機械翻訳という単語を耳にすることが多いのではないでしょうか?翻訳システムは、法務や貿易関係といったグローバル業務を中心に活躍してきました。しかし、今は利用者が 急増しているのです。これには、新型コロナウイルスの影響によって多くの国で行われた入国制限が影響・関係しています。海外出張が難しくなり、連絡・コミュニケーション手段がオンラインへと移っていきました。ニューノーマルの働き方としても「Web会議システム」や「ビジネスチャットツール」が普及し、リモートワークが推進されています。多くの企業が「不必要な海外出張」の存在を実感し、入国制限が緩和された今でもオンラインコミュニケーションの需要が高いことが現状です。また、英語・中国語やその他言語に対して簡単にコミュニケーションが取ることができるようになり、海外進出やグローバルな取引などの選択肢の拡大が期待できます。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

WOVN. io

Wovn Technologies株式会社

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • どんなWebサイトにも対応可能!翻訳制度やセキュリティが強固
  • 多言語翻訳でもメンテナンスが簡単。運用コストの削減に
  • Webサイトだけでなくスマートフォンアプリにも対応可能

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「自動翻訳」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる