Menu
Close

Sisenseの導入事例

業務・情報を可視化したい 社員の能力を向上したい 個人の生産性を高めたい その他 属人化を解消したい

新人でも膨大なデータ上から問題発見できる仕組み作りを 「次世代BIテクノロジー[Sisense]の活用インタビュー」

※出典:新人でも膨大なデータ上から問題発見できる仕組み作りを 「次世代BIテクノロジー[Sisense]の活用インタビュー」|MarTechLab(マーテックラボ)

最終更新日: 2022/05/31

この導入事例のポイント

  • 膨大なデータに対する集計や問題発見にかかる工数を削減し、属人化を解消したい
  • 一度に大量のデータを取り扱い、問題点の素早い発見を期待できるSisenseを導入
  • 経験者が3時間かかっていた分析作業を、新人が短時間で対策発見ができるようになった

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

株式会社ギャプライズのBIツールSisenseは、世界で4,000社が導入する第三世代のビジネスインテリジェンステクノロジーです。今までの一般的なものより約100倍の処理速度で、独自のAIアルゴリズムにより面倒なデータ成型を必要とせず簡単に、データの可視化を実現します。さらに、データの可視化からビジネス活用、マネタイズまで、各ステップに対応しているので、気軽に試したい方だけでなく、業務へのより深い組み込みをしたい方にもおすすめです。

製品のおすすめポイント

  • 「GIAS」でBIツール導入時のよくある悩みを解決
  • 「Sisense Analytics」の簡単な仕組みで高度な分析を可能に
  • Embeded Analyticsで様々なサービスのデータを活用したマネタイズが可能に
  • 100以上のコネクターを用意しており数分でデータ連携が可能
  • プロフェッショナルがダッシュボードの構築からサーバー管理までサポート
運営企業情報 株式会社ギャプライズ
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 共同分析可 現状のリアルタイム把握 自社システム連携 行動サポート モバイル端末対応 AI自動分析 kintone連携 ノーコード可 モバイルアプリあり テンプレートコードの組込み可
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ Windowsアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 IT・情報通信
よく導入している企業の規模 301名-1,000名

導入前に知っておきたい基礎知識

「BIツール」とは

BI(ビジネスインテリジェンス)ツールとは、ビジネスにおいて重要なデータを自動分析し、経営を支援するツールのことです。

近年のマーケティングシーンでは、蓄積された膨大なデータから顧客のニーズなどを読み解く必要があり、迅速な経営判断・行動が難しくなってきています。そこで活躍するのがこのBIツールであり、データ抽出や加工、レポート自動作成からデータの自動ダウンロードまで様々な作業を迅速に自動で行ってくれます。
データの可視化によって各部署の諸情報や経営情報がシームレス化され、問題点の早期発見が可能になり、課題解決のスピードが向上すると言うメリットも持ち併せています。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

Sisense

株式会社ギャプライズ

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • 「GIAS」でBIツール導入時のよくある悩みを解決
  • 「Sisense Analytics」の簡単な仕組みで高度な分析を可能に
  • Embeded Analyticsで様々なサービスのデータを活用したマネタイズが可能に
  • 100以上のコネクターを用意しており数分でデータ連携が可能
  • プロフェッショナルがダッシュボードの構築からサーバー管理までサポート

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「BIツール」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1493件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる