Menu
Close

MotionBoardの導入事例

業務・情報を可視化したい 作業を自動化したい

ETL、データウェアハウス、ダッシュボードをワンストップで導入し、財務、教育、サービス関連のレポート・分析業務を自動化 今後は他部門からのシステム化要求にも対応

※出典:日本トランスオーシャン航空株式会社 | 導入事例|ウイングアーク1st

最終更新日: 2022/09/30

この導入事例のポイント

  • 手作業のデータ集計やレポート作成などのノンコア業務に多大な工数を費やしていた
  • ETL、DWH、ダッシュボードの3つの機能を提供している同社のツールを導入
  • 予実差異分析の効率化し分析精度の向上とスピードアップを実現することができた

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

ウイングアーク1st株式会社のMotionBoardは、国内シェア率No.1(2021年度)を誇りデータ活用に必要な機能をプラットフォームで提供するBIツールです。2000社以上の導入実績があります。社内に散在するさまざまなデータを、MotionBoardを利用することで集約し、誰でもわかりやすい操作で必要なデータを自由にカスタマイズして分析することができます。レポートなどで社内外に共有することが可能。経営やマーケティング、営業から人事、製造まで幅ひろい業務でご活用いただけます。

製品のおすすめポイント

  • 各業界特有のニーズにも対応できる多様なデータ表現力
  • データ活用機能が豊富!全社で利用できるプラットフォームを提供
  • 多様なプランでぴったりな利用環境を選べる
運営企業情報 ウイングアーク1st株式会社 (英文表記:WingArc1st Inc.)
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 現状のリアルタイム把握 国内メーカー kintone連携 ノーコード可
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 製造 IT・情報通信 教育
よく導入している企業の規模 1,001名以上 301名-1,000名 不明

導入前に知っておきたい基礎知識

「BIツール」とは

BI(ビジネスインテリジェンス)ツールとは、ビジネスにおいて重要なデータを自動分析し、経営を支援するツールのことです。

近年のマーケティングシーンでは、蓄積された膨大なデータから顧客のニーズなどを読み解く必要があり、迅速な経営判断・行動が難しくなってきています。そこで活躍するのがこのBIツールであり、データ抽出や加工、レポート自動作成からデータの自動ダウンロードまで様々な作業を迅速に自動で行ってくれます。
データの可視化によって各部署の諸情報や経営情報がシームレス化され、問題点の早期発見が可能になり、課題解決のスピードが向上すると言うメリットも持ち併せています。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

MotionBoard

ウイングアーク1st株式会社 (英文表記:WingArc1st Inc.)

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • 各業界特有のニーズにも対応できる多様なデータ表現力
  • データ活用機能が豊富!全社で利用できるプラットフォームを提供
  • 多様なプランでぴったりな利用環境を選べる

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「BIツール」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる