Menu
Close

FutureStageの導入事例

顧客満足度を高めたい 業務・情報を可視化したい 作業を自動化したい 個人の生産性を高めたい コストを削減したい

この導入事例のポイント

  • システム連携が出来ないなど、既存システムが業務ニーズに対応出来なくなっていた
  • 自社業務との適合性が高く、完成度が高かった「FutureStage」を導入
  • データを自由に出力出来るようなり、証憑の作成業務が2日から半日へ短縮された
  • 各種データをリアルタイムに把握できるようになり、顧客問合せ対応などが迅速化された
  • システム連携が可能となった結果、EDI受注の処理が数分で完了できるようになった

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

生産管理システム

⽇⽴システムズのFutureStageは中堅・中小規模の製造業、卸売業、小売業のために開発された基幹業務パッケージです。生産管理と販売管理を中心として業務系システムを統合管理することで、企業全体の業務効率アップ、経営効率アップを実現します。「システム同士の連携がうまくいかない」を解消。在庫、現場、経営状況を「見える化」し、戦略的な経営を強力にアシストします。また、卸売業版にはBI機能も搭載。データを多面的に分析できるようになりました。

製品のおすすめポイント

  • 在庫、現場、経営、あらゆる情報を「見える化」
  • 生産、販売から輸出入まで豊富な機能を搭載しました
  • 25年以上のノウハウと安定したサポート体制
運営企業情報 株式会社日立システムズ
ソフト種別 オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 卸売業向け 品質管理 複数業種対応 複数の生産方式に対応 製造業向け 海外工場対応 グループ工場の管理可 カスタマイズ可
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 製造 卸売 小売・流通
よく導入している企業の規模 101名-300名 21名-50名 51名-100名

導入前に知っておきたい基礎知識

「生産管理システム」とは

生産管理システムとは、生産管理業務(納期管理・工数管理・工場情報など)を効率化し、生産管理の業務負担を軽減するためのツールです。

生産管理システムを導入するメリットとして、製品がいつまでにどれだけ必要なのか、またそれにかかる正確な費用をを容易に把握することができるという点が挙げられます。また、見積もりや受注情報、売り上げや出荷などの販売管理機能に加え、作業指示や進捗などを確認できる製造管理機能なども利用することが可能です。
導入の際の注意点として、生産管理システムは業種によって必要な機能が大きく異なるため、機能面を考慮し自社に合った製品を選ぶことが重要です。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

FutureStage

株式会社日立システムズ

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • 在庫、現場、経営、あらゆる情報を「見える化」
  • 生産、販売から輸出入まで豊富な機能を搭載しました
  • 25年以上のノウハウと安定したサポート体制

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「生産管理システム」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1527件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる